ステロイド糖尿病について

20170315.jpg


ちはっす。

先月、私はステロイド(グルココルチコイド)の投薬を受けました。
減薬期間も含めると3週間ほどです。
せっかくですから、今回はステロイド糖尿病についてのお話をしたいと思います。

グルココルチコイドは糖質コルチコイドとも呼ばれ副腎皮質ホルモンの一種で、抗炎症効果や免疫抑制効果があり、医薬品としても使われます。
元々の働きは、インスリンに対する拮抗ホルモンで、糖新生を亢進したり、タンパク質を糖化して血糖値を上昇させたり、全身の細胞増殖や成長を抑制(筋肉が減少)したりと、インスリンとは真逆の働きをします。

上記の働きは、すべてが糖尿病患者で亢進している働きなんですが、当然のことながら糖尿病患者の体内でもグルココルチコイドは増加しています。
糖尿病患者の場合、インスリン抵抗性あるいはインスリン分泌不足のため糖が取り込めず、身体は慢性的なエネルギー不足に陥り、それを解消するため、身体はあらゆる手段で糖新生を亢進させようとし、これがグルココルチコイドが過剰に分泌される一つの原因で、結果的に、益々高血糖になります。
他方で、筋肉の異化を亢進させる作用があるため、分泌が増えれば、筋肉が減ってしまい、益々耐糖能は悪化します。

そんなグルココルチコイドですから、糖尿病患者に投与すれば糖尿病が悪化したりしますし、健常者に投与しても糖尿病を発症したりする場合があります。
健常者でどれぐらいの割合で発症するか?というのは、糖尿病ネットワークに記事があります。

ステロイド糖尿病

私の場合で総量は1000~2000mgでしたから、9.1%の割合で糖尿病を発症するそうで、2000~5000mgでは14.4%、5000mg以上投与で17.6%と、投与量が多くなるほど発症の割合が増えています。
1日の投与量で見ると、51mg以上は22%と跳ね上がります。
ちなみに私は最初の1週間は1日80mg飲んでました(笑)
更に投与日数で見ると、540日で100%と恐ろしい結果となっています。

で、ステロイドを飲んで私に現れた副作用というのは、まず血圧が上がりました。
上がったと言っても、普段の110-70から、120-80ぐらいになっただけですが。
血糖値は全く上がりませんでした。
これひとえに、私の聖なる筋肉のおかげです(笑)

大して副作用がなかったので、ほんとに薬が効いているのか不安になりましたが、2~3日ぐらいしたら効き始め、1週間後には劇的に改善していました。

但し、目に見えない副作用があります。

筋肉が減るのです。
見た目には解りませんが、筋トレをやってみると解ります。

2~3週間ぐらいトレーニングをやらないことは私は時々あるのですが、通常それぐらいで挙上重量がかなり下がるなんてことは、少なくとも私にはあまりないのです。
ところが、リハビリで筋トレをやってみると、劇的ビフォア・アフターみたいに普段の重量が上がりません。
結局、リハビリにも2~3週間かかります。

そんな訳ですから、ステロイドの投薬を受けた方は、リハビリで筋トレを行った方が良いと思います。

糖尿病の方はステロイド投薬をどうすれば良いのかと言いますと、とりあえず早く糖尿病を治しておけば問題ありません(笑)



o-Method

2型糖尿病の完治を目指す会

糖尿病の完治を目指す人と完治した人が集まってます。


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly







スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

Theme: 糖尿病 | Genre: 心と身体

コメント

No title

王城様、ステロイドの投薬、大変でしたね。大きな後遺症がないようでよかったです。

私も以前「私も治りました!」で記事にしていただいたとおり、突発性難聴と尋常性乾癬の治療のため、大量のステロイド投薬を行い、結果として糖尿病を発症してしまいました。

ステロイド投薬を止めれば治る、という説も聞いたのですが、糖尿病を発症してしまったということは二型糖尿病発症のリスクも高いんじゃないかという思い、あと、「筋肉が減る」と記載されていらっしゃいますが、私もまさに同じようなことを当時感じており、口癖が「代謝が落ちている感じ」でした。

私は王城メソッドで回復し、本当によかったと思っていますし、ステロイドについてもステロイド投薬がなかったら難聴も乾癬も治らなかったと思っているので、使ったことについては後悔していません。

ステロイドは賛否両論ありますしここで論じるべきことではないですが、自分自身については今後何らかの病気に罹患した際に「ステロイド治療」というカードを切ることができるよう、引き続き筋トレに励んでいきたいと思います。

2017/03/16 (Thu) 08:54 | ぎりぎりアラサー女 #- | URL | 編集
Re: No title

ぎりぎりアラサー女さん、こんちは。

炎症による神経損傷というのは、回復できるレベルで止めておかないと後遺症が残ったりするので難しいところですね。
私の場合は、躊躇なく投与でした。
その結果糖尿病が発症したとしても、また治せばいいやと思ってましたから(笑)

結果的には何も起こらず、とりあえず良かったです。

2017/03/16 (Thu) 15:33 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
近況

王城先生こんにちは

王城メゾットを実施して5ヶ月ほど経ちました。
体重は20キロ以上落ちて服のサイズが変わって職場でも痩せたと評判になってます。
トレーニングも義務感ではなく楽しんでやっています。
さて、3月の頭に病院で血液検査を受けて来ましたがドクターが前回の血液検査でa1cが5.4だったので必要ないとの判断で実施しませんでした。
職場の健康診断で気になったら来て下さいとのことで食い下がってもしてはくれませんでした。
血液検査の結果としては中性脂肪とか肝臓とか腎臓の値全てが改善していました。
このままドクターの判断でしなくてもいいのでしょうか?
御助言をいただきたいです。
よろしくお願いします。

2017/03/16 (Thu) 16:37 | 境界人 #- | URL | 編集
Re: 近況

境界人さん、こんちは。

正常値になったのでしたら、半年あるいは年に1回ぐらいの検査でいいんじゃないでしょうか?
心配でしたら、わざわざ病院でなくとも近所の内科のお医者さんでも検査してもらえるはずですよ。

2017/03/17 (Fri) 00:00 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

自分は1型糖尿病なのですがステロイドによる筋肉補強は良くないですか?

2017/03/20 (Mon) 09:07 | たろ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

この記事はアナボリックステロイドの話とは違いますよ。
アナボリックステロイドの話でしたら、良くないと言うか意味がないです。

ああいうものは、自分の才能の限界の先が見たい人だけが使うものです。
ベンチプレス100kg~120kgやデッドリフト150kg~160kgが上がらない人が使っても、その負荷や副作用に耐えられないと思います。
そもそも、その程度なら、どんな人間でも努力だけでできるレベルですし。

2017/03/20 (Mon) 14:24 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する