ハノイな銀行再び

20170519.jpg



ちはっす。

お待たせ致しました。
前回に引き続き、真実のベトナムをお伝えするコーナーがやって参りました。

ベトナムネタの場合、思い出すと腹の立つことが多いので、しばらく置いてから報告しなければなりません(笑)

前回は、ATMからニセ札を出すというファンキーな銀行を紹介しましたが、今回もパンチの効いた銀行ネタです。

3か月ぐらい前のことです。
突然、ATMでお金がおろせなくなりました。
家の近所のATMを2、3軒行ってみましたが、どれもダメです。

さては、ベトナムの悪口ばかりブログに書いていることが、ついに共産党本部にバレて口座を凍結されたのか?

ま、しかし、ベトナムの口座なんか凍結したって大した金預けてないぞ(笑)
私の資産を凍結したいなら、スイスプライベートバンクのロンバーオーディエの口座が凍結されない限り痛くも痒くもないが、そんな力はベトナム共産党ごときにはあるまい。

などと妄想しつつ、

たまたま行員のお姉ちゃんがいたので聞いてみると「窓口は既に閉まっているので、明日パスポートとカードを持って窓口に来て下さい。」と言われました。

そんな訳で翌日、念のため会社のベトナム人の通訳のおばはんを同行し、銀行へ向かいました。

で、結局解ったことは、ATMのシステムに何らかのバグが発生し、カードの種類によっては使えないATMと使えるATMがあるらしい。
たまたま私が持っていたのは使えない種類のカードらしいということです。
使えるATMの一覧表を銀行が持っていたので、事象自体は銀行側も把握しているようです。
しかし、これがまた嫌がらせのように家の近所のATMでは使えません(笑)

いつ直るの?

と聞くと、

解りません。

という答えが(笑)

そら、ATMから偽札も出てくる訳です(笑)

と、それから3ヶ月ほど経ったつい先日、家の近所のATMへ行くと、まだ使えません。
さすがに仏の王城にも我慢の限界があります。

銀行のサポートセンターに電話して事情を説明し、「すべてのATMで使えるカードを再発行して送るように。」と言いました。
するとあろうことか、交換手は、

「その場合は最寄りの支店で再発行手続きをして下さい。手数料は10万ドン(500円)かかります。」

お前はイカレポンチか?
おまえんとこの不手際で、この俺様が不便極まりないのに、支店に出向いて金払えと抜かすか、この馬鹿。
3回死ね。


と言うも、「規則ですからそうして下さい。」の一点張りです。

このままこいつとしゃべっていると、電話や身の回りのものを壊しそうだったので(笑)、とりあえず、

OK, Fuck you very much.

とお礼を言い、電話を切りました(笑)


やはり、この国は国ごと性根を叩き直さないと駄目なようです。
この国に必要なものはODAでも投資でもありません。
戸塚ヨットスクールと佐山道場こそ、この国に必要なのです(笑)

ちなみに佐山道場↓



私も心を新たに、ふざけたベトナム人への折檻と鉄拳制裁を強化する所存でございます。

文句がある奴は、どこからでもかかって来なさい。



o-Method

2型糖尿病の完治を目指す会

糖尿病の完治を目指す人と完治した人が集まってます。


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly







スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

Theme: ベトナム | Genre: 海外情報

コメント

腹かかえて笑わせて頂きました(笑)。

こんばんは、
いつも楽しくブログを拝読させて頂いています。

いつもながらベトナムのアバウトさに腹かかえて笑わせて頂きました(笑)。
王城さんの文章は判り易くて簡潔で本当に面白いです。

なかなかこういう外国の内状は実際に住んでみないとわからないですよね、
お陰様で非常に楽しい気分になれましたよ。

2017/05/19 (Fri) 22:55 | えむ #bCX/9bio | URL | 編集

王城さんこんにちは。
ベトナム便りいつもたのしく拝啓してます。
王城さんのような仏の心をお持ちの方を怒らせるとはベトナム恐るべしですね。
私なら怒りに任せてドカ食いして糖尿を悪化させそうです(笑)

ところでこの間また血液検査してもらい、ヘモも僅かではありますが減り、血糖値も空腹時は正常となりました。
先生からもお褒めの言葉を頂いたのですが、更に効果を発揮させたいなら薬を処方するけどどうする?と聞かれ、なんでも痩せる効果があると説明を受けました。
そんな魔法のような薬があるならもっと早く欲しかったなんて思いながら2つ返事で貰ったものの家に帰って調べてみるとどうも糖を遮断し、糖質制限をしている状態にする薬のようで。
SGLT2阻害薬のジャディアンスというお薬なのですがこれはどうなのでしょうか?
やはり薬に頼らず汗を流すべきですか?

2017/05/20 (Sat) 08:25 | ぐでぶた #- | URL | 編集
Re: 腹かかえて笑わせて頂きました(笑)。

えむさん、こんちは。

そう言って頂けると、私も少しは怒りが収まるというものです(笑)

2017/05/20 (Sat) 15:43 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ぐでぶた さん、こんちは。

SGLT2阻害薬は、一般的に高血糖の場合しか糖を遮断しません。
ですから、食後に高血糖になる場合は飲む意味があります。
どのみち、高血糖になるのなら糖を吸収できていないということですから、糖質制限やっているのと大して変わりませんから。

しかしながら、基本はしっかり筋トレができていれば、その後食事を摂っても高血糖にはなりませんから、この状態を目指すべきです。
もちろん、筋トレ初心者の方や、糖尿病成り立ての方は、最初の内はなかなかうまく行かないかもしれないので、薬も意味があるのです。

2017/05/20 (Sat) 15:54 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する