糖質制限とDPP-4阻害薬

ちはっす。食事を摂ると小腸から分泌され、インスリンの分泌を促進する働きをもつホルモンをインクレチン(腸管ホルモン)といいます。インクレチンには、GIPとGLP-1があり、GLP-1は、血糖値が高い場合にのみインスリンを分泌させるという特徴があります。このGLP-1の不活化を行う酵素がDPP-4で、DPP-4阻害薬というのは、この酵素を阻害することにより、GLP-1の分解を抑制しようとするものです。糖尿病の方々が病院で処方されるジ...

続きを読む

スウェーデンが食事ガイドラインを変更し糖質制限を推奨! ← 嘘こけ、ばか(笑)

ちはっす。糖毒信者によりますと、世界の潮流は今や「糖質制限」であり、糖尿病治療において「カロリー制限」を頑なに主張し推奨しているのは、日本糖尿病学会だけ、という独特の世界観があります。頭のデキが悪いと、デタラメな世界観しか持てないという、良い見本です。そんな中、2013年の秋だったか、スウェーデンがこれまでの低脂肪食の推奨を取りやめ、糖質制限(高脂肪・低糖質)食を推奨し、食事ガイドラインの変更を行った...

続きを読む

糖質制限で糖尿病になる仕組み

ちはっす。今回は前回の記事、【糖質制限で耐糖能悪化】の言い訳がオカルト過ぎる(笑)の続きです。糖尿病の方、あるいは健常者の方で、糖質制限を行って耐糖能が悪化する場合があります。過去、当ブログにコメントやメールを頂いた方々の中にも、糖質制限を行い糖尿病予備軍になってしまった人や、そのまま糖尿病になってしまった人もいらっしゃいます。ほとんどの場合、久しぶりに糖質を食べ血糖値を測ってみたら、血糖値が爆上...

続きを読む

【糖質制限で耐糖能悪化】の言い訳がオカルト過ぎる(笑)

ちはっす。最近、取り立ててブログネタもないので、久しぶりに糖毒真理教総本山公式ブログを見てみたら、信者と教祖の珍問答が掲載されていました。まだ、ご覧になっていない方は、どうぞ↓糖質制限食実践中の糖質摂取で、一見耐糖能低下にみえることがあるが?β細胞を休ませ過ぎるとインスリンを分泌できなくなるというところ。確かにほんの少しの糖質摂取でも血糖値は凄く上がります。私は、糖質制限でβ細胞を休ませ温存して、長...

続きを読む

糖質制限すると糖尿病になる!

ちはっす。ここんとこ、すっかり「ベトナムの真実ブログ」ばかり更新していたので、すっかりご無沙汰しております。決してブログをやめた訳ではありません。ちょっと忘れていただけです(笑)ところで、週刊ポスト9/22号に、健康常識を疑え!糖質制限ブームで糖尿病が増えていた!という記事が掲載されました。私の住むハノイでは手に入らないので、タイトルだけで中身は読んでいません。Newsポストセブンにも、糖質制限すると糖尿...

続きを読む