【糖質制限で耐糖能悪化】の言い訳がオカルト過ぎる(笑)

ちはっす。最近、取り立ててブログネタもないので、久しぶりに糖毒真理教総本山公式ブログを見てみたら、信者と教祖の珍問答が掲載されていました。まだ、ご覧になっていない方は、どうぞ↓糖質制限食実践中の糖質摂取で、一見耐糖能低下にみえることがあるが?β細胞を休ませ過ぎるとインスリンを分泌できなくなるというところ。確かにほんの少しの糖質摂取でも血糖値は凄く上がります。私は、糖質制限でβ細胞を休ませ温存して、長...

続きを読む

糖質制限すると糖尿病になる!

ちはっす。ここんとこ、すっかり「ベトナムの真実ブログ」ばかり更新していたので、すっかりご無沙汰しております。決してブログをやめた訳ではありません。ちょっと忘れていただけです(笑)ところで、週刊ポスト9/22号に、健康常識を疑え!糖質制限ブームで糖尿病が増えていた!という記事が掲載されました。私の住むハノイでは手に入らないので、タイトルだけで中身は読んでいません。Newsポストセブンにも、糖質制限すると糖尿...

続きを読む

血糖値を上げるのは糖質だけ!

ちはっす。糖尿病は糖代謝が異常になる病気です。つまり、糖を正常に吸収できないポンコツになるので、血糖値が上がり出します。食後ともなると、更に血糖値は跳ね上がります。そしてこの高血糖状態を放置しておくと、網膜症になったり、神経障害が起きたり、手足が壊疽したり、様々な合併症を引き起こしたりします。そこで糖質制限派の人達は、糖質を摂らないことにより高血糖状態を避け、合併症を回避する道を選択しました。つま...

続きを読む

低炭水化物高脂肪食は除脂肪体重を減少させ心機能を損なう【スウェーデンの研究】

ちはっす。以前の記事、糖質制限・ケトンダイエットは体重が減少しても体脂肪が減りにくいというエビデンスにおきまして、同カロリーの高炭水化物食とケトン食において、どちらが体脂肪が減るか?という、The American Journal of Clinical Nutrition に掲載された論文を紹介しました。結果はと言いますと、高炭水化物食の方がより脂肪は減り、ケトン食の方はより除脂肪体重(脂肪以外の筋肉等)がより減った、ということです。「...

続きを読む

24Kg痩せても糖尿病が改善しない実例

ちはっす。前々回の記事では、米国糖尿病学会と欧州糖尿病学会のサイトに掲載された論文を紹介し、β細胞の機能不全と委縮は可逆的であり、よって糖尿病は完治できる、というお話をしました。2型糖尿病は可逆的か?【β細胞機能の正常化を実現した研究論文】欧州糖尿病学会の論文によれば、2型糖尿病の肥満者に急激なカロリー制限を行うことにより、結果的に肝臓、すい臓の脂肪が減り、β細胞が増殖に転じた、というものです。そして...

続きを読む