有酸素運動は時間の無駄【ダイエット・糖尿病運動療法】

ちはっす。前回の記事を踏まえ、今回は5年ぐらい前に書いた記事の改訂版です。前回の記事↓インスリン分泌能力を改善する運動療法のエビデンス今回のタイトルも過激ですが、糖尿病治療に励む方々を腐らせる意図ではありません(笑)如何なる運動もやらないよりはやった方が効果がある。↑はダイエットや運動療法の鉄則です。どんな運動でもやらないよりはやった方が効果があるのです。とは言え、それは言葉通り「やらないよりはやっ...

続きを読む

インスリン分泌能力を改善する運動療法のエビデンス

ちはっす。血糖コントロールの良し悪しは運動の強度で決まる。というのは、糖尿病運動療法の鉄則です。何故これが正しいと言い切れるのか?と簡単に説明しますと、非インスリン経路での糖の取り込みはGLUT4の発現量に依存しており、GLUT4の発現量はAMPK(AMPプロテイン活性化キナーゼ)の活性化に依存し、そのAMPKの活性化はAMP/ATP比の増加(AMPの増加)、即ちATPを如何に消費したか?(エネルギーを如何に消費したか)で決定され...

続きを読む

なぜ糖尿病患者は筋肉が減るのか?

ちはっす。糖尿病の主症状の一つに「筋肉の減少」というものがあります。以前にも何度か話題にしたことはあります。厳密に言えば「糖代謝異常が起こると筋肉が減少する」ということなんですが、これには困った問題があります。何しろ糖代謝の7~8割は筋肉で行っていますから、筋肉が減少すると益々糖代謝が悪化するという悪循環になるからです。ほんじゃぁ、何故糖代謝が異常になると筋肉が減少するんでしょうか?前回の記事、糖...

続きを読む

糖代謝異常、とりわけインスリン抵抗性は何故起こるのか?

ちはっす。前回からの続きです。今回は、いよいよ諸悪の根源である糖代謝異常、とりわけインスリン抵抗性は何故起こるのか?というお話です。恐らくこれは一番皆さんが想像し易い理由だと思います。病院で糖尿病と診断されたら、まずはカロリー制限と運動で「痩せろ」と言われますね。要するにこれは「脂肪を減らせ」という意味なんですが、インスリン抵抗性の支配的な原因というのは、脂肪過多による肥満だからです。但し、脂肪過...

続きを読む

糖尿病患者は何故高血糖&脂まみれになるのか?

ちはっす。前回の続きです。今までの話を見逃してしまった残念な方は、まずは前回までを読んで勉強して下さい。このシリーズを読み終えると、何故私が糖尿病完治の境地に辿り着けたがご理解頂けるシステムになっています。まぁ、言ってみれば、糖尿病完治究極の奥義と言ってもよいです(笑)あ、そう言えば、早いもので、私は今年で糖尿病完治から丸5年になります。もちろん、「糖質さえ摂らなければ健康体です!」なんて悔し紛れ...

続きを読む