インスリン不足はアルツハイマー病の危険因子

糖尿病ブログらしいタイトルになってきましたね(笑)University of Ulsterという英国の大学のホームページに「アルツハイマー病研究における進展」と題するレポートがありました。(原題はBreakthrough in Alzheimer's Research 13th September 2012)ちなみに、この大学は英国大学総合ランキング65位の大学です。大したことないですね(笑)そんな四流大学のレポートですが、いきなり冒頭に恐ろしいことが書いてありました。2型...

続きを読む

足の運動は最も重要なトレーニング!だけどみんな嫌いだし、私も嫌い(笑)

足のトレーニングは、筋トレの中でも最も重要ですし、糖尿病の方なら更に重要です。なにしろ大腿四頭筋というのは、身体の中で最も大きな筋肉ですから、これを鍛えて歩いたり、自転車に乗るだけでカロリー消費量が全然違ってきますし、これを鍛える筋トレというのは、ほとんど身体中の糖をすべて使い切るぐらいのエネルギーを使います。だからこそ、しんどいので、足の筋トレはみんな嫌いですし私も嫌いです(笑)加えて、大腿四頭...

続きを読む

食後血糖値が何故上がらないのか?

先日、「週3回しかトレーニングしないのに、何故食後血糖値が上がらないのか?」という質問を頂きました。鋭い質問です。不思議でしょう?(笑)糖質制限カルト派のひょうたん親父も「カロリー制限では、必ず毎回食後高血糖になる!」と、糖質制限の優位性の根拠にしています。「糖質制限以外では合併症は避けられない!」なんて言い切るところが、カルト臭くてイヤですね。ま、所詮、知恵足らずの遠吠えなんですけど(笑)無論、...

続きを読む

デブは自己責任か?

今回はデブの話です。とかくデブというのは、世間から「自己責任」と言われ、自己管理能力のない駄目人間というレッテルを貼られたりします。しかしながら、最近の研究では、そうでもないことが解って来ています。例えば、β3アドレナリン受容体遺伝子が変異(ホモ型・Arg64Arg)である場合、基礎代謝が200kcal低下すると考えられています。(β3アドレナリン受容体遺伝子は、簡単に言えば脂肪代謝に関わる遺伝子です)他にも肥満...

続きを読む

糖質制限、その論理と情熱-6

ここんとこ、糖質制限と筋トレについて、似たような質問をいくつか頂きました。そこで今回は、ひょうたん親父の筋トレのその後をご報告しつつ、その辺を語りたいと思います。以前にお知らせしてから、ひょうたん親父が糖質制限をしながら筋トレを始め1ヶ月半ほどが経過しました。で、その途中経過を発表したいと思います。一応、ひょうたん親父にはこのブログも知らせてありますが、どういうメニューでやっているのか、その内容ま...

続きを読む

低血糖に注意すべし

きょうは、三頭筋のトレーニングの日で、モンスターファクトリー(筋トレ同好会)のメンバーのキングコング親父と一緒にジムでトレーニングしました。種目は4種類ぐらいで、インターバルが短かったせいか40分弱で終わりましたが、終わった直後、キングコング親父は低血糖になり、倒れそうになりました。笑い事じゃないですが、笑いました(笑)幸い、私はブドウ糖を持っていたので、飲んだら15分後ぐらいに回復したようです。...

続きを読む

筋トレは週三日以上やっても良いですか?

Q:筋トレは週三日以上やっても良いですか?A:やらない方が良いです。筋肥大を目的として高強度でやる限りは、やらない方が良いです。筋肉というのは、ダメージを負って再合成(これを超回復と言います)を待ってトレーニングしてやらないと、効果的な筋肥大ができません。超回復というのは、もちろん個人差もあり、部位にもよりますが1~3日ぐらいかかります。休むことも重要なのです。どうしてもやりたい方は、例えば、胸、...

続きを読む

高齢者や女性でも高強度筋トレはできますか?

Q:高齢者や女性でも高強度筋トレはできますか?A:できます。意外と知られていないかもしれませんが、筋肉は何歳になっても負荷をかければ発達するのです。もちろん、女性でも全然問題ありません。74歳のボディビルダーの方とかもいらっしゃいます。↓http://youtu.be/FT9yxGOkRGE最近お姉ちゃんができて筋トレを始めたY本っちゃんも60歳を過ぎています。筋トレというのは、自らやめない限り、何歳になってもできます。...

続きを読む