自宅でできる運動や筋トレ-3 【自重スクワット編】

ちは。最近、仕事・その他色々な事情でジムに通えない方々からのメールやコメントをよく頂きます。中には、自宅の運動や筋トレだけで三ヶ月で医者から「完治」を宣告された方もいらっしゃいます。素晴らしい!何かと言い訳をこしらえて、いつまで経っても運動しないデブのみんなも見習って欲しいものです。さて、今回は諸事情でジムに通えない方々のために、自宅でできる運動と筋トレ第3弾、自重スクワットをご紹介します。デブの...

続きを読む

糖尿病と一酸化窒素

ちは。今回は、以前書いた「肥満型の2型糖尿病の病態解明」という記事の補足的な話です。簡単に振り返りますと、デブというのは血管内皮細胞のeNOS(一酸化窒素合成酵素)が十分に活性化されず、NO(一酸化窒素)が産生されないため、毛細血管の拡張が起こらず、筋肉へのインスリン移行ができないために、インスリンによる糖取り込みが低下してしまうということです。で、結論として、デブは、はよ痩せろということでした。今回は...

続きを読む

筋トレでガン予防

ちは。今回は「筋トレでガン予防」という如何にも胡散臭いというか、カルトっぽいタイトルですが、内容は真面目です(笑)ところで、メトホルミンという糖尿病の薬をご存知でしょうか?昔は、これを飲むと何故血糖値が下がるのか、その理由はよく解っていなかったのです。しかし、最近ではその理由は解明されています。簡単に説明しますと、AMPKを活性化し、インスリン経路とは別にGLUT4を発現させ筋肉が糖を取り込むのです。AMPK...

続きを読む

筋量と糖尿病の関係

ちは。今回は「糖尿病になると、もれなく筋量が減る」という、お得なようでお得でないお話です。糖尿病になれば異化が亢進して筋量が減るのは当たり前、と言ってしまうと話が続かなくなってしまうので、一応それっぽい研究を紹介しますので、「え、えぇぇっ!!そうだったの!?」と驚いてみて下さい。理学療法科学 27巻3号にある「男性2型糖尿病者における筋量と血糖コントロールに関する検討」というタイトルの報告です。簡単に...

続きを読む

肥満型の2型糖尿病の病態解明

ちは。インスリン感受性の悪化の支配的な原因は肥満(脂肪過多)と言われています。何でそうなるかは、よく解っていなかったのですが、何となく解ってきたという話です。http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S155041311100043X↑は、「Cell Metabolism」という雑誌のWeb版で、ここに天下の昌平坂学問所(東京大学)の論文があります。(タイトルは、Impaired Insulin Signaling in Endothelial Cells Reduces Insulin...

続きを読む

自宅でできる運動や筋トレ-2【腕立て伏せ編】

ちは。グータラのみんなのためにお送りする「自宅でできる運動」第二弾は、腕立て伏せです。腕立て伏せと言えば、自宅でできる筋トレの王道ではないでしょうか。「自重トレでは大して筋肉は付かない」などとモヤシやデブが偉そうに言ってはいけません。だいたい、デブは自重の方がむしろ高強度です(笑)腕立て伏せも工夫次第で結構使えるのです。馬鹿にしてはいけません。例えば、手を置く位置を肩幅より広めに取れば胸に効きます...

続きを読む

自宅でできる運動や筋トレ

ちは。今回は、「忙しくてジムへ行く暇がない」と何かと言い訳が多いグータラの皆さんのために、自宅でできる運動をご紹介したいと思います。皆さんの中には、ジョギングやウォーキングをされている方も多いと思います。当然のことながら、ジムへ行く時間がなければこれらの運動もできませんが、10分程度で代用できる運動をご紹介します。ロープ(縄跳び)です。慣れない内は、ただ跳ぶだけになりますが、慣れてくると↓のビデオの...

続きを読む

【糖質制限で痩せても筋量は減らない】訳がない。

ちは。最近、筋トレ同好会のモンスターファクトリーに新メンバーが増えました。M瀬くんとミスターホイです。M瀬くんはモヤシですが、水泳とマラソンをやっているので持久力が凄いです。ミスターホイは小デブで、香港映画に出てくる中華料理屋の店主みたいな感じなので、私がそう名付けました(笑)モンスターファクトリーには時々新メンバーも入ってきますが、ボビーという怪獣親父が苛める、じゃなかった、厳しく指導するので、...

続きを読む