栄養失調のデブ

ちは。前回の続き的な話です。2型糖尿病のデブを表す言葉としてピッタリな言葉が「栄養失調のデブ」です。デブのくせに栄養失調になっている状態が、正に2型糖尿病です。糖尿病になると、インスリンという同化ホルモンの作用が低下するので、身体の中では異化が亢進しています。そんな時に、糖質制限や有酸素運動など行おうものなら、更に異化が亢進して行きます。結果として、脂肪もろとも筋量も減ってしまい、貧相なモヤシやひょ...

続きを読む

誰も治らない糖質制限

ちは。今回は、みんな大好きな糖質制限ネタです。糖質制限関係の記事を書くと、急にブログのアクセスが上がります(笑)今回は時間をググっと前に戻し、私が糖尿病を発症した頃のお話を致しましょう。副題としまして、「何故私は糖質制限をしなかったのか?」です。「何故私はカルトに騙されなかったのか?」と置き換えても構いません(笑)以前ブログにも書きましたが、私が糖尿病になった時、知り合いのひょうたん親父から糖質制...

続きを読む

糖尿病に最も効果がある筋トレ法(たぶん)

ちは。高強度筋トレと言っても、糖尿病の皆さんの場合、筋力自慢が目的ではないので、高重量を扱えるということよりも、如何に対象筋に効かせるかということの方が重要な訳です。(かと言って、軽過ぎてはお話にならない。)で、対象筋に効かせるという点で言えば、以前にも紹介したことがあるドロップダウン法というのが、最も効果があると思います。例えば、私の場合、ジムのマシンだとおもりが足りないものが多いので、限界重量...

続きを読む

圧倒的な筋量は糖尿病を凌駕する

ちは。我々が摂取した糖質の約8割は骨格筋が吸収します。通常「身体が糖を吸収する」と言うところの「身体」とは、ほぼ骨格筋のことです。つまり、糖を吸収する最大の臓器は「筋肉」ということです。一概に筋肉と言っても種類がありまして、骨格筋線維はその特性により、速筋線維(TypeII線維)と遅筋線維(TypeI線維)に分類でき、TypeII線維は、さらにTypeIIAとTypeIIBのサブタイプに分けられます。TypeⅠの遅筋は、ミトコンドリ...

続きを読む