糖質が足りないと持久運動もできなくなるという研究結果が!あわわ・・・。

ちはっす。以前の記事で、ケトン脳は何故馬鹿になるのか?という内外の論文を紹介しました。ケトン脳は何故馬鹿なのか?難治性てんかんにケトン食が保険適用グリコーゲンが胎児の脳の発育に大きく関与今回は、ケトン脳は運動もできなくなるという恐ろしい研究を紹介します。運動持久性を担う新たな脳機構を解明 ―脳グリコーゲン由来の乳酸が運動時の脳における重要なエネルギー源となる―研究成果のポイントマラソンのような長時間...

続きを読む

そろそろ高血圧も何とかしてみないか?

ちはっす。おっさんともなると、高血圧の方々も多いと思います。私の身の回りのおっさん連中も、降圧剤を飲んでる人がちょくちょくおります。考えてみれば、高血圧ということは常に血管に圧力がかかっている状態ですから、良いか悪いかと言えば悪いに決まっています。例えるならそれは、ホースの中の水が猛烈な勢いで流れているのと同じ様なものです。新品のホースなら問題もないでしょうが、絶えずそんな圧がかかっていては、すぐ...

続きを読む

たまにはストレッチをやってみないか?

ちはっす。筋トレをやる人は、あまりストレッチには力を入れない人が多いようです。かくいう私も、筋トレをする時はアップの重量が準備運動代わりで、まともに準備運動すらやりません。これではいけません。昨年私は、ここハノイにおいてキックボクシングのジムにも通い始めましたが、昔やっていた頃の柔軟性がなくなり愕然と致しました。人間の身体というのは、ある程度のグータラ期間で、あっという間に固くなるようです。昔の様...

続きを読む

ハノイな銀行再び

ちはっす。お待たせ致しました。前回に引き続き、真実のベトナムをお伝えするコーナーがやって参りました。ベトナムネタの場合、思い出すと腹の立つことが多いので、しばらく置いてから報告しなければなりません(笑)前回は、ATMからニセ札を出すというファンキーな銀行を紹介しましたが、今回もパンチの効いた銀行ネタです。3か月ぐらい前のことです。突然、ATMでお金がおろせなくなりました。家の近所のATMを2、3軒行ってみまし...

続きを読む

ハノイないろいろ

ちはっす。お待たせしました。一部マニアの皆様に好評の「真実のベトナム」をお伝えするコーナーがやって参りました。ハッキリ言って、これほどまでに客観的で正確無比なベトナムレポートは、他にないと自画自賛しております(笑)他のブログやサイトなど、バイアスがかかり過ぎて話半分以下で聞いておいて間違いありません。無論、当ブログは事実をありのままにお伝えしています。そんな訳で、最近ハノイの身の回りで起こった出来...

続きを読む

糖質制限・ケトンダイエットは体重が減少しても体脂肪が減りにくいというエビデンス

ちはっす。スーパー糖質制限やケトンダイエットでは、インスリンの追加分泌を抑え、脂肪組織からの脂肪動員を増加させ脂肪酸化を高めることで、体脂肪の減少を加速させる、と言われています。(主催者側発表)一方で、カロリー制限は、インスリンの追加分泌により、余った糖が脂肪に変換され脂肪合成が増え、体脂肪が増加すると言われています。(糖毒教団側発表)本当でしょうか?(笑)まず、糖質制限やケトンダイエットを行うと...

続きを読む

糖尿病発症から1ヶ月でHbA1c 9.6 から 6.9 で完治目前!

ちはっす。今回は、Twitterでダイレクトメッセージを頂いた方をご紹介します。この方は、1ヶ月ほど前にHbA1c9.6というりっぱな数字で糖尿病を宣告されたデブ型の人です。そして先日、病院で検査され、HbA1c6.9と劇的改善中です。もちろん、カロリー制限と筋トレです。このペースなら来月にもHbA1cは、正常値に収まるような勢いです。今の状態でも、糖代謝は改善しているはずですから、恐らく食後高血糖にもならないのではないでし...

続きを読む

糖質+オレイン酸は、β細胞の増殖を促進する

ちはっす。今回は、欧州糖尿病学会の学会誌・Diabetologia 2017年5月に掲載されたカナダの研究を紹介します。Glucose and fatty acids synergistically and reversibly promote beta cell proliferation in ratsこの研究は、インスリン抵抗性下にあるラットのすい臓・β細胞にグルコースと脂肪酸の両方、またそれぞれ単独で付加し、β細胞の状態を調べたものです。脂肪酸はオレイン酸が65%、リノール酸が20%、パルミチン酸が15%と...

続きを読む

中高年の2型糖尿病リスクは筋肉量と関係している

ちはっす。アジア人は西洋人と比べ、BMIが低くても2型糖尿病を発症する傾向があります。大して肥満でもなく、むしろ痩せ型であるにも関わらず糖尿病を発症する人が多いということです。この違いは、体脂肪(または内臓脂肪)および筋肉量の差に起因する可能性があります。私が現在住んでいるベトナムでも、近年糖尿病が増えていますが、BMI25以下で発症する人の割合がかなり多く見られます。私はBMIで言えば、27、28ぐらいあるの...

続きを読む

ハノイでロシア料理の巻

ちはっす。お待たせしました。一部マニアの皆様に好評の「真実のベトナム」をお伝えするコーナーです。早いもので、ハノイに来てから、かれこれ2年半になります。その割には、ベトナム語は「はい」と「いいえ」すら解りません(笑)ま、覚える気は皆無なんですが。で、今回はロシア料理を食べるという企画です。ザッと探すと、ハノイでも何軒かあるんですが、その中でも知る人ぞ知らない超どローカルの店、その名もCCCP(ソビエト...

続きを読む

総カロリーの55%を脂肪摂取にすると5日間で骨格筋の糖代謝に異常を来たす

ちはっす。日本はゴールデンウイークらしいです。糖尿病ネットワークにも↓の記事がありました。連休は血糖コントロールを乱しやすい 8つの対策で休日を乗り切るわずか5日間、高脂肪の食事をとっただけで、筋肉がブドウ糖や脂肪酸を代謝してエネルギーに変えるメカニズムに異変が起こることが、ヴァージニア工科大学の研究で判明した。 「通常の食事では、脂肪のエネルギー比率は30%程度です。これを超える量の脂肪をとり続けると...

続きを読む