動脈硬化、高血圧、EDに効くサプリメント

ちは。
今回は一部マニアの皆様向のお話です。

インスリンは、血管内皮細胞からNO(一酸化窒素)を産生させます。
糖尿病や肥満になると、インスリン抵抗性状態になり、インスリンによるNO産生・放出が低下することが解っています。
NO(一酸化窒素)は、それ自体は気体ですが、NOが産生されることにより、グアニレートシクラーゼが活性化され、それによりcGMPが上昇し、更に細胞内から細胞外にCa2+が流出し、その結果、血管平滑筋が弛緩します。
つまり簡単に言うと、血管拡張作用があるのです。
NOの産生レベルが低下すると、動脈硬化のリスクが高まったり、高血圧になったり、ED(勃起障害)になったりします。

で、そのNOは、L-アルギニンを基質として、NO合成酵素により生成されます。
アルギニンはアミノ酸の一種で、肉や魚、大豆、ナッツ、牛乳等に含まれ、成人になると生体内でも生成されます。
L-アルギニンを強化した食餌を与えられたウサギは、血管内皮細胞機能が改善したという研究報告もあります。
そんな訳ですから、アルギニン入りのサプリメントも色々と市販されています。

実は、筋トレマニアの間でも、NOサプリメントと呼ばれ、プレ・ワーク用のサプリメントとして人気があります。
プレ・ワーク用というのは、トレーニング前に飲むサプリメントのことです。
何故トレーニング前に飲むと効果があるのかと言いますと、血管拡張作用により、パンプ(筋肉に血液が充満した状態)を持続させたり、血流量を増やし酸素の供給を高め全身の回復を促進する、と言われています。

ただ、これは額面通りに受け取れない部分もあります。
と言いますのも、アルギニンというのは、体内に吸収しにくいという問題があるのです。
トレーニング前の30分~1時間前にサプリメントとして摂った程度で、超人ハルクみたいになるのだろうか?
と、些か眉に唾をつけたくなります。

そこで、NOサプリメントを製造する各メーカは色々と工夫しています。
例えば、アルギニンの体内吸収を高めるため、アルギニンα-ケトグルタル酸という形態でサプリメントを製造していたりします。
アルギニンα-ケトグルタル酸とは、アルギニン分子2個にα-ケトグルタル酸〈グルタミンの前駆体〉分子1個が結合したもので、この形態の方がアルギニンの吸収を高めると考えられています。

が、しかし、ここでも少々問題があります。
実際に吸収が高まるかどうかというのは、本当のところは、よく解らないのです。
米国テキサス州のBaylor Universityでは、アルギニンα-ケトグルタル酸の効果を調べた結果、効果が謳われている血流改善効果が認められなかったとの研究結果を報告しています。
Baylor Study Finds Popular Muscle-Boosting Supplement Does Not Increase Blood Flow

一方で、「NO産生増加を目的としたアルギニンα-ケトグルタル酸を含む製品による有害事象の症例報告(100105)」において、アルギニンα-ケトグルタル酸を含む製品摂取との因果関係が疑われる有害事象が3例報告されており、その原因を「NO産生が増加し、血管拡張が起こったことに関連すると考えられる。」としています。

片や「効果はない」と言い、片や「効果があったからおかしくなった者が出た」と言い、一体どっちなのでしょうか?(笑)

こういう場合は、自分で使ってみるに限ります。(笑)

という訳で、トレーニング前にNOサプリメントを使ってみました。
確かに、以前よりトレーニングは追い込め、身体も熱くなり、効いてる。(ような気がします。笑)
ただ、これにも少々問題がありまして、たいていのNOサプリメントには、アルギニン以外にもいろいろな成分が入っています。
カフェイン等が入っていると、実際にNOが産生されているのか、カフェインで身体が興奮しているだけなのか、本当のところは、よく解らないのです。

ただ一つ、ハッキリと言えることがあります。

それは下半身が急に元気過ぎるようになりました(笑)
勃起というのは、最初に性的な刺激により、陰茎の神経末端でNOS-1(神経型一酸化窒素合成酵素)が活性化されNOが産生されます。
そのNOにより、陰茎の血管が拡張し、同時に陰茎の平滑筋が弛緩することで血流が増大し、それにより血管のNOS-2が活性化され、NOが持続的に産生・放出され、平滑筋の弛緩が維持されるということです。
つまり、NO無くして勃起無し、ということなのです(笑)

今日も元気だ!パンツがキツい!









スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

糖質制限から筋トレへ

秋にHbA1c13超えで入院していた2型親父です。
退院後、糖質制限をはじめてデブからひょうたんになりました。
しかし、一ヶ月もするとなぜか冷凍庫のふすまパンを見るだけで気分が悪くなるようになってしまい困り果て、運良くこのサイトに辿り着いて筋トレ+カロリー制限に転向しました。

しょぼいマシントレですが、開始二ヶ月弱でロイヤルホストのジャワカレー糖質120gを食べても血糖値があがらなくなりました。
まだ体脂肪率が高いのでカロリー制限は続けていますが、HbA1c、血糖値、肝臓数値、中性脂肪、コレステロール全部正常値です。ありがとうございます!

ただ血液検査でBUN値が基準値をちょっと超えた(23くらい)ので、自分のようなひょうたんに一日三度のプロテインは多すぎたかなとしばし様子見することに。
トレーニング後以外のプロテインをいったん中止して、そのぶん食べられるようになった糖質をとりだしたところ、摂取カロリーは同じなのに猛烈にリバウンドして腹がたるんできましたw
いったん入信したカルトから足抜けするのって面倒だなあ~と思いました><
やっぱり寝る前にプロテインとかペプチドとったほうがいいでしょうか。

2013/01/17 (Thu) 19:29 | あらぶる #LqW8C66Q | URL | 編集
Re: 糖質制限から筋トレへ

あらぶるさん、こんばんは。

最近、糖質制限から筋トレに転向という方々からのメールや相談も多く頂きます。
糖質を摂らずにモヤシやひょうたんになった自分の姿を鏡で見れば、「何かおかしいな?・・」と普通なら考えますから、そういう意味では洗脳は解け易いかもしれません(笑)

ただ一旦モヤシになってしまうと、社会復帰に苦労します。
失った筋量を取り戻したり、増やしたりというのは、結構努力が必要なのです。
とは言え、努力さえすれば何とかなるというレベルですから、大したことはありません。

あらぶるさんの場合は、筋トレを開始して2ヶ月弱ということですから、そろそろ強度も上げ、本格的にやり始めても良いのではないでしょうか?

寝る前にプロテインというのは、絶対に必要という訳ではないですよ。(特に初心者の頃は)
初心者の方は、初回ボーナス特典として比較的筋肉がつき易いですから、そう神経質になる必要はありません。
カロリー制限している場合は、カロリー量にも気をつけて下さい。
まぁ、摂らないよりは摂った方が良い程度の話と思って下さい。

それよりも、リバウンドが強烈ということは、まだまだ筋量を増やす必要はありますね。
そこそこ筋肉がついてくると、ちょっと食べる量が減っただけで、すぐに体重が落ちてしまいます。
逆に体重を増やそうとすると、かなり食べなくてはなりません。
とりあえず、そのレベルを目指して頑張りましょう!


2013/01/17 (Thu) 20:45 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

糖質制限をやめるというのはいいですがとりすぎもよくないですよ。カロリー制限だけでなく、糖質のコントロールは大事だと思います。体に取り込める糖質量は筋肉の量によって変わります。筋肉がついてないうちに一気に糖質をとると太りますよ。糖質を一度にとる量は上限100g、平均60gくらいがチョウドいいと思います。筋肉が増えてしまえば少しずつ取れる量は多くなりますけど。ただしトレーニング前後は100g以上取るのも可能ですが。
明日はノロ後二回目のトレーニング。なんとか筋力回復の努力します。

2013/01/17 (Thu) 21:20 | タクヤン #- | URL | 編集

お返事ありがとうございます。
仰るとおり、プロテインやサプリに凝るまえに筋トレのスキルアップですね。ジムのインストラクターさんに相談してスクワット等に挑戦し、脱ひょうたんと脱カロリー制限をめざします。

王城さん式は、理論がいちいち正しいだけでなく、治療にゴールがあるのがすばらしいです。治ったら筋トレはそのまま趣味にできますし、糖質とるたびに町を徘徊しなくてよくなったので毎日ちゃんと仕事ができるようになりました。

2013/01/17 (Thu) 21:33 | あらぶる #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

タクヤンさん、こんばんは。

病院で寝たきりの人に、1日50~60gの糖質を投与すると体重の減少が止まるそうです。

ちなみに、きょうは、
朝:起きてすぐに、あんぱん1個、シリアル40g&ミルク、プロテイン&ミルク。その後、喫茶店でモーニング、トースト&卵、コーヒー
昼:松屋の豚バラ定食(ご飯大盛)、プロテイン&ミルク
夕方:シリアル40g&ミルク、プロテイン
夜:ミートソースパスタ(1.5人前)、プロテイン&ミルク、マルチビタミン&ミネラル、フィッシュオイル
たぶん寝る前:プロテイン&ミルク、クレアチン

きょうはトレーニングもなかったので、思ったほど食っていませんが、糖質はまぁまぁ摂ってますね(笑)
何gになるのか解りませんけど。

> 明日はノロ後二回目のトレーニング。なんとか筋力回復の努力します。

無理せず、頑張って下さい!

2013/01/18 (Fri) 00:19 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

あらぶるさん、こんばんは。

そうですね。
2型の糖尿病でしたら、ベンチプレス、スクワット、デッドリフト、ローイングの4種目だけでとりあえず治すことはできます。
このままカロリー制限をしながら筋トレを続ければ、とりあえず脱ひょうたんはチョロいです。

>糖質とるたびに町を徘徊しなくてよくなった

ゾンビみたいですね(笑)

2013/01/18 (Fri) 00:27 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する