筋トレでガン予防

ちは。
今回は「筋トレでガン予防」という如何にも胡散臭いというか、カルトっぽいタイトルですが、内容は真面目です(笑)

ところで、メトホルミンという糖尿病の薬をご存知でしょうか?
昔は、これを飲むと何故血糖値が下がるのか、その理由はよく解っていなかったのです。
しかし、最近ではその理由は解明されています。
簡単に説明しますと、AMPKを活性化し、インスリン経路とは別にGLUT4を発現させ筋肉が糖を取り込むのです。

AMPKというのは、AMP活性化プロテインキナーゼという蛋白リン酸化酵素のことです。
このブログでは何度か出てくる単語なので、覚えている方もいらっしゃるかもしれません。
今一度説明しますと、我々は筋肉を動かす時にエネルギーが必要です。
このエネルギーはATP(アデノシン三リン酸)からリン酸が一つ取れてアデノシン二リン酸に分解される時に発生します。
ほんでもって、このATPが分解されると前出のAMPKが活性化され、このAMPKが活性化されると、GLUT4というグリコーストランスポーターのトランスロケーションが起こり、筋肉の細胞内へのグルコース取り込みを促進するのです。
筋収縮(AMPK経路)がインスリン経路とは別に糖を取り込む機序というのは、こういうことです。

さて、このAMPKですが、腫瘍抑制因子LKB1がAMPKの上流調節因子であることが確認されています。
つまり、抗腫瘍作用、ガンを抑制する作用があるのです。
実際、2型糖尿病患者を対象として実施された観察分析では,AMPKを活性化するメトホルミンベースの治療を受ける患者における癌死亡率が他の治療法の患者と比較して有意に低いことが明らかになっています。
(これらのことは、糖尿病専門医向けに書かれた「Metformin The Gold Standard」のThe potential of metformin for the treatment of neoplastic diseaseのセクションにあります。)

したがいまして、ATPを大量に消費する筋トレを行えば、AMPKは活性化され、糖を取り込みながらガンを予防できるという一石二鳥のお話なのです。



スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

こんばんは、メトホルミンを飲むと暁現象を抑える事は実証しましたが、薬を又飲むのも癪なので、寝る前にワインビネガーをお猪口一杯飲んで寝ると翌朝112でした。
以前は122とかでしたから間違いなく効果はあるようです。薬が良いか酢が良いか迷うところです。
メトファルミンでは翌朝98でしたが。

2013/02/21 (Thu) 20:04 | スキンヘッド #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

スキンヘッドさん、こんばんは。

メトホルミンは、SU薬と違ってインスリン分泌を促しませんから、膵臓に余計な負担もありませんし、AMPKを活性化しガン予防にもなります。
インスリン感受性自体も高めます。
但し、滅多にありませんが、腎臓が悪い人で、メトホルミンが体外に排泄できず、体にどんどん溜まってしまうと、血液中の乳酸が過剰になり「乳酸アシドーシス」を起こす場合があります。
病院で処方されたなら、その辺のことは医師がチェックしているので、心配はないと思います。
糖尿病の薬の中では、かなり使える良い薬です。

2013/02/21 (Thu) 20:52 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

有難うございます。メトファルミンは老化抑制効果も高いようです。少し酢で様子みてみます。
薬をのむと息子の勃ちが悪いので。

2013/02/21 (Thu) 22:11 | スキンヘッド #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

スキンヘッドさん、こんばんは。

NO(一酸化窒素)なくしてボッキなし、です(笑)
http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-108.html御参照)

まずは、eNOS(一酸化窒素合成酵素)を活性化するため、早急に余分な脂肪を落としましょう。
次に、NO産生の材料となるアミノ酸(L-アルギニン)を摂取しましょう。
肉や魚を食べても摂取できます。
(アルギニンαケトグルタル酸の入ったサプリを摂取しても可)
更に、テストステロンレベルを高めるために、筋トレは継続しましょう。
(同時に、亜鉛などのミネラルを摂取しましょう。)

↑を行えば、ビンビンになると同時に、血管平滑筋は弛緩し易くなり、結果血流が良くなり、高血圧は解消、動脈硬化のリスクも減ります。

2013/02/21 (Thu) 23:04 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
カロリー制限三ヶ月

王城さんメソッドをはじめて三ヶ月が経過しました。
途中で引っ越しがあり2週間休んでしまい、正確に言えば筋トレは三ヶ月やれていないのですが、カロリー制限はずっとやっています。
最近、筋トレの際のスタミナがまるでなくなってしまいました。BCAAを飲んでもへろへろです。
※食事での糖質は、制限カロリー内でそれなりに摂っています。
もしかしたら限界?そろそろ摂取カロリーを増やしたほうがいいのでしょうか。

2013/02/23 (Sat) 13:24 | あらぶる #- | URL | 編集
Re: カロリー制限三ヶ月

あらぶるさん、こんにちは。

ついに来たかもしれませんね(笑)
私の場合も、カロリー制限と筋トレを始めてちょうど3ヶ月になろうとしていた頃、風邪をひいたかのような身体のだるさが続き、病院へ行きました。
病院へ行く前に、異様に腹が減っていたのでジャンボ海老フライカレーを食べました。
が、しかし、病院で診察を受ける頃にはそれまでのだるさが嘘みたいになくなり、むしろ全身にパワーがみなぎってくる感じでした。
念のために血糖値を計ると、117~8ぐらいだったと思います。(食後2時間程)
結局その日は、休もうと思っていたトレーニングにも行き、帰りに牛丼大盛も食いました。
私がカロリー制限をやめたきっかけです。

あらぶるさんも、カロリー(糖質)を増やしてみてはどうでしょうか?
もしそれで疲れが解消するなら、血糖値も上がらないはずです。

疲れが残っていたり、だるいまま筋トレを続けても効果はありませんし、むしろ風邪ひいたり、怪我したりしますから、休養も重要です。

もしカロリー制限を外しても血糖値が上がらないようでしたら、そのまま筋トレを3ヶ月ぐらい続ければ、今以上に筋量は増えます。
その後更に増やしたいなら、そのまま続ければいいですし、維持だけでいいなら週2回にトレーニングを減らしても大丈夫です。

たぶん、一旦筋量を増やすと、更に増やしたくなります(笑)

2013/02/23 (Sat) 16:55 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する