絶対に糖尿病が治るトレーニング【200%保証付き】

ちは。
今回は、インスリン感受性が悪いだけのデブ2型糖尿病の方なら、絶対に治る究極のトレーニングをご紹介したいと思います。
もしこれをやって治らない人がいたら、東京~大阪間を飛び込み前転で往復して差し上げます。

実は、私は、糖尿病になって高強度筋トレを始めた訳ですが、万が一上手く結果が出なかったら、最後の手段としてこれをやろうと思っていました。
幸いにも、高強度筋トレで完治できたので、これをやる必要がなくなり、正直ホッとしています(笑)

それは何かと言いますと、キックミットです。(↓のビデオご参照)
ビデオを見ると、そんなにしんどそうに見えませんが、3R(9分間)もやれば、口から心臓が飛び出しそうになります。
(初心者の方は1R持たないと思います。)
運動強度としては、高強度なんてものを通り越して、これを延々とやらされたら、高強度筋トレがレクリエーションに思えてくるでしょう(笑)

運動の種類としては、無酸素運動と有酸素運動の両方ですが、途中で呼吸が追いつかなくなるので、ほとんど無酸素運動の状態になります。
運動強度は超高強度で、全身の筋肉を使います。
わずか数ラウンドで、膨大なATPを消費し、筋グリコーゲンは枯渇し、GULT4のトランスロケーションが活発になり、また、GULT4の発現量は翌日以降も増大するでしょう。
(無論、GULT4の絶対量は筋量によります。)

もっとも、これをやろうと思ったら、キックボクシングのジムに入会しなければなりません。
私がキックをやっていた頃は、当地の名古屋にはジムが二つしかありませんでしたが、今ではたくさんあります。
一昔前は、キックのジムというと、ほとんどマニアの集まりで、入門すると延々と左ジャブとワンツーだけを来る日も来る日もやらされましたが、今では初心者の方が入門すると一から十まで懇切丁寧、至れりつくせりで教えてくれます。
(会員を逃がさないように。笑)
最近では、初心者の方にもフレンドリーで、健康維持を目的のおっさんや女性の方もいます。
キックのジムの良いところは、ジムが開いてる時間なら何時に行って何時に帰ってもいい点です。

↓のビデオは、私が通っていた大和ジムというキックボクシングジムです。
ミットを受けているヒゲの人が会長です。
会長は大変面白くて優しい人ですが、現役時代は全戦全勝という凄いお方です。
引退後40歳を過ぎてから、タイのルンピニースタジアムで試合をしたこともあります。
この時は、私もタイまで応援に行きました。
残念ながら判定で敗れましたが、試合を見て勇気と感動を頂きました。

後ろでもう一人ミットを持っている青いパンツの人は、鬼コーチです(笑)
こちらは怖いお方です。
私がジムに入会して始めてスパーリングをやった時、タイガーマスクの必殺技のローリング・ソバットをやったら、見ていた鬼コーチに怒られました(笑)
コーチは、ワンツーとミドルキックというキックボクシングの基本を大切にするお方です。
コーチがいる時は、ローリングソバットや真空飛び膝蹴りは使えません(笑)
スパーリングの時も、カウンター狙いで待っていると怒られます。
「とにかく攻めろ!下がるな!」
という、漫画に出てきそうな鬼コーチです(笑)
あと、この人は、人が疲れている時を見計らったようにキックミットに誘います(笑)
一応ミットを持ってもらう立場なので、断る訳にはいきませんから大変です。
毎回吐きそうになります。

てゆーか、今回はビデオを見ていたら懐かしくなって書いただけの記事です(笑)



キックミット





スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

ムエタイの本場のバンコクに居住しながら、格闘技が嫌いなため無視してましたが、手首に1kg両手で2kgのウエイトをつけ簡単なボクササイズをしましたが、効きますね。室内でできるハードな有酸素運動ですね。
ハマりそうです。

2013/03/03 (Sun) 20:07 | スキンヘッド #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

スキンヘッドさん、こんばんは。

タイのムエタイのジムへ行ったことがありますが、究めて衛生状態がよろしくないので、家でボクササイズが正解です(笑)

2013/03/04 (Mon) 00:58 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
完治率9割くらいでした

先日、飢餓状態が続いてカロリー制限解除するかどうか迷ったあらぶるです。
2000ではもう体力がもたないので、一日だけ3000キロカロリーどか食い、以後2200-2500キロカロリーに増やしたところ主観的にはジャックハンマーのドーピング前ドーピング後くらい身体が変りましたが、鏡を見るとひょうたんがむっちりひょうたんになった程度の上、まだお腹がすいています(笑)。

今日は、病院で月に一度の血液検査でした。
つばめグリルでビーフシチューハンバーグ+バター乗せたじゃがいも一個まるごと+ライス+コーンポタージュのセット、サラダなし、推定1000キロカロリー以上、糖質軽く見積もって130gオーバー……をドカ食いしてから病院で2時間後血糖値を測定したところ、惜しくも126でした。
あ、あと7低ければ。残念です。
とはいえ、糖質制限していた頃にはこんなものを食べられるとは想像もできませんでした。ほんとうにありがとうございます。
※以前筋トレしたあと血液検査して大騒ぎされたので、検査前は筋トレを5日ほど休んでいます
ちなみにHbA1cは5.4でした。
食後高血糖が完全になくなれば5.0前後になるでしょうから、いまのところ耐糖能回復率は9割くらいのようです。
まだ体脂肪率が20%近くあるのであと2,3キロ減量するか、もうだいたい治ってるからそろそろ筋肉増量期間に移るか、微妙な数値で迷っています。

2013/03/04 (Mon) 20:13 | あらぶる #- | URL | 編集
Re: 完治率9割くらいでした

あらぶるさん、こんばんは。

>主観的にはジャックハンマーのドーピング前ドーピング後くらい身体が変りましたが

凄いじゃないですか(笑)
次は「オーガの背中」を目指して頑張りましょう(笑)

>ビーフシチューハンバーグ+バター乗せたじゃがいも一個まるごと+ライス+コーンポタージュのセット
>惜しくも126でした

これも凄いですよ。
ビーフシチュー、じゃがいも、ライス、コーンポタージュ、全てに糖質含まれてます。

>まだ体脂肪率が20%近くあるのであと2,3キロ減量するか、もうだいたい治ってるからそろそろ筋肉増量期間に移るか、微妙な数値で迷っています。

これは難しい問題ですね。
せっかくだから、完全に治した方がいい気もしますし、かと言って、筋量を増やした方が結果的に早く治る場合もあるかもしれません。
私の場合は、カロリー制限を解除した時も、食後高血糖にはなっていなかったので、問題はありませんでした。
いずれにしても、↑の食事をして食後血糖値が126なんですから、快方に向かっているのは、確かです。
モヤシ諸君なら、卒倒するような食事内容です(笑)

2013/03/04 (Mon) 21:30 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

うわーっ、つばめグリルの大ファンです。
日本出張に行ったときは必ず立ち寄ります。
熟年ウエイターの方のサービス最高ですね。
昨日夜寝る前にアイスクリームとマンゴを腹一杯食べて朝の血糖値164慌てて自重トレとボクササイズで112迄落ちました。ボクシング系の運動効きますね。
何と開始前と後で700gも減量してました。たかだか45分程度です。ビックリです。もう寝る前のアイスクリームは食べません。本日の夕食前食前102でした。よかった。

2013/03/04 (Mon) 21:46 | スキンヘッド #Bm7MIwtI | URL | 編集
Re: タイトルなし

スキンヘッドさん、こんばんは。

アイスクリームとマンゴー腹いっぱいて・・(笑)
80kgまでダイエットしてから食ってください。

2013/03/04 (Mon) 23:58 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

こんばんは。
発病してからずっとカタボモードだった身体が王城メソッドでようやくアナボリックに向かってきたと思いますので、食事と間食にささみを採り入れて摂取タンパク質を増やしつつ、脂質は控えめにして、日々の体脂肪率と筋量の推移を一週間ほど観察しようと思います。
で、身体が減量と増量どっちに傾いているか見極めて今月の方向性を定めようと思います。
ツナは苦手なのですが、最近ではささみフレーク缶やささみハム、ささみソーセージなどがネット通販で簡単に手に入り、ツナや肉のかわりに食べられます。どれも鶏好きにはなかなか美味です。

なお、今までは一日に一度インクレチンアナログのバイエッタという注射を打っていたのですが、この頃これを打つと大盛りカップ焼きそばマヨネーズ乗せを食べても「一蘭」の具材全部乗せとんこつラーメンを食べても食後血糖値が80まで落ちるようになり、よほどドカ食いいしないと低血糖になりそうなので、もうやめます。

>ビーフシチュー、じゃがいも、ライス、コーンポタージュ、全てに糖質含まれてます

言われてみれば、たしかに糖毒のかたまりフルコースでした! 生野菜サラダくらいつけてくれても罰はあたらないのにと思いました。

ただ、寝る前にアイスクリームとマンゴを腹一杯……はまだ無理だと思いますw

2013/03/06 (Wed) 20:45 | あらぶる #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

あらぶるさん、こんばんは。

良い傾向ですね。
意外と皆さん気付いていませんが、糖尿病というのは身体がカタボリックな状態(異化が亢進)になっているんですね。
ですから、有酸素運動や糖質制限を行っても、更に異化が亢進してしまうのです。
無論、「デブが痩せる」という点と「血糖値を下げる」という点においては、意味はあります。
しかしながら、糖尿病というのは、薬の力無しでアナボリックな状態になれて始めて快方へ向かっていると言えるのです。
これは、まぁ、当たり前と言えば当たり前のことなんですが、身体が糖を吸収するというのは同化作用ですからね。
こんな当たり前のこともできないモヤシが、「糖質制限で高血糖にならない!」なんて誰でも彼でもに勧めるのは阿呆の為せる技です(笑)
治る可能性のある者までもが、治らなくなってしまいます。

> ツナは苦手なのですが、最近ではささみフレーク缶やささみハム、ささみソーセージ

ささみは脂質も少なく、大変良質なタンパク質です。
私も好きです。

ちなみに、野菜もほとんどが水分と炭水化物です。
ただ、グリセミック指数が低いものが多いので、超大量に摂取しなければ、血糖値も上がらないんです。

2013/03/07 (Thu) 00:33 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する