誰も治らない糖質制限

ちは。

今回は、みんな大好きな糖質制限ネタです。
糖質制限関係の記事を書くと、急にブログのアクセスが上がります(笑)

今回は時間をググっと前に戻し、私が糖尿病を発症した頃のお話を致しましょう。
副題としまして、「何故私は糖質制限をしなかったのか?」です。
「何故私はカルトに騙されなかったのか?」と置き換えても構いません(笑)

以前ブログにも書きましたが、私が糖尿病になった時、知り合いのひょうたん親父から糖質制限を勧められました。
で、ひょうたん親父推薦の糖質制限関係の本を何冊か借り、糖質制限関係のブログも紹介されました。
ま、今となっては、あんなくだらない本を自分で買わなくて良かったと思ってます(笑)

全てに目を通した上での第一印象と言いますか、私の感想は、

「結局キミら、一人も治ってねーじゃん。」

というものです(笑)
糖質制限を提唱するモヤシ教祖を始め、有り難がって集う信者の誰一人として、糖尿病が治ったという人はいないのです。
全員が全員、単に糖質を摂らないから血糖値が上がらないというだけの話です。
治りもしない奴の話を聞いて、治ってもいない奴が有りがたがるというのは、もはや、へんてこりんな壷を買わされて有りがたがっているカルトと大して変わりません。
そのくせ、糖質制限をしない人や糖質制限を提唱しない医師や病院に対しては、過度に批判的です。
こんなもの「治らないのはお前らも同じだろう。」という話です。
「カツ丼の大盛とうどん食ってから言え、ばか。」、という話です(笑)

そんな訳で、私が望んでいたものは、糖尿病発症以前と全く変わらない状態、つまり何を食べても、食後に運動しなくても血糖値が上がらない状態ですから、糖質制限には用はなかったということです。

「糖尿病は治らない」と言われていますが、糖尿病を全て一つの括りとして捉えるという点において、明らかに間違っています。
インスリン感受性が悪いだけの2型糖尿病のデブなら、体質さえ変えればあっさり治ります。

ま、その辺のところ、次回につづく。







▼記事が面白かったらクリック。つまらなかったら懲らしめのためにクリック!

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ









スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

《糖質制限しての筋トレ》
これはどういう時に行うのが有効で、どういう効果があるのでしょうか?

単に肥満すぎる人が速やかに体重を落とし最低限の筋量を維持するための手段?

吉川メソッドは糖質抜きですし最近はジムでも食事指導のうちに入ってたりするようです。。。

すごい痩せそうですが
リバウンドのリスクも高い気がします

2013/04/21 (Sun) 17:35 | えり #- | URL | 編集

僕も6年前発症した時は、体重112kgで糖質制限で1年後86kgまで音しましたが、結果頚椎、肘、膝と関節が痛くなり車の運転もできなくなりました。
体重が落ちると同時に筋肉も落ちてしまった悲劇です。
整形外科に通いつめ、牽引とかなんとかリハビリしましたが良くならず、食事を普通食に戻して体重を94kgまで戻すと痛みが消えました。しかし血糖値はまた高くなりました。でお決まりの有酸素運動で水泳やスロジョグ等をやりましたが、運動すると下がるが休むとすぐ上がるの連続でした。今筋トレをする事で血糖値は間違いなく安定しています。又暁現象原因は夕食後のお煎餅だという事が判りやめました。今はプロテインとピーナッツで
暁現象は乗り越えられそうです。
お煎餅で暁現象とは情けない話でした。

2013/04/21 (Sun) 18:49 | スキンヘッド #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

えりさん、こんばんは。

> 《糖質制限しての筋トレ》
> これはどういう時に行うのが有効で、どういう効果があるのでしょうか?
> 単に肥満すぎる人が速やかに体重を落とし最低限の筋量を維持するための手段?

そういうことです。
栄養摂取不足のような状態でも、運動をすることにより、筋量の減少は(運動しないよりも)抑えられるということです。
http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

一般論で言えば、痩せたい人に糖質制限を勧めるのは、かなり有効です。
何故かっつうと、糖質制限というのは炭水化物量が極端に少ないので、食べたつもりでも意外と摂取カロリーは少ないからです。
摂取カロリーが少なければ、地球上の如何なるデブでも痩せることができます。
まぁ、これは、糖質制限のトリックみたいなものですが、「短期間で確実に痩せる!」を看板にしている商売人なんかには、結構ありがたいことです。
どんな痩せ方でも、とりあえずデブは納得しますから(笑)

2013/04/21 (Sun) 20:43 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

スキンへッドさん、こんばんは。

やはり、おっさんになって筋量が減ると、間接痛めますよね。
私の行ってるジムにも膝関節が痛いというジジイがいますが、スクワット、レッグエクステンション、レッグカール等をやらせたら、膝の調子が良くなったと喜んでいます。
何年かぶりにゴルフができるようになったと、大そう感激していました。
その割には、菓子折りの一つも持って来ません(笑)

筋量の減少というのは、即ち老化ということですから、ろくなことはありません。

それにしても、お煎餅が原因でしたか・・・。
お願いしますよ・・(笑)
まぁ、原因が解ってよかったです。

2013/04/21 (Sun) 20:54 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
試してみようか・・・

どうも!
モンスターファクトリー西日本総支部長なのに無級のデーブですw

最初の3ヶ月過ぎて6月にオレンジ帯貰ったら、
次の3ヶ月は、糖質制限試してみようかな、とか思ったり。(*^。^*)

「あと30kg痩せてやっと普通のデブ」
という私にとっては、惹かれるものが・・・www
早く普通のデブになりたいw

でも筋トレした日は糖質多めに摂取しよう。
インチキ糖質制限www

2013/04/23 (Tue) 21:08 | デーブ西本 #- | URL | 編集
Re: 試してみようか・・・

デーブ支部長、こんばんは。

問題:
糖質制限とカロリー制限(どちらもカロリー摂取量は同じ)で筋トレを行うと、どちらが痩せるか?

答え:
たぶん、糖質制限で筋トレ。

理由:
1.糖質制限しながら筋トレを行えば、筋グリコーゲン不足になる。グリコーゲンはブドウ糖1gにつき2.7gの水と結合して、筋中に蓄えられている。よって水分量も減るのでその分体重も減る。
(2011年5月31日~6月4日、米国デンバーにおいて第58回American College of Sports Medicine:ACSMで発表された研究結果による)

2.糖質制限を行えば糖新生は亢進するので、カロリー制限に比べ、筋量は減る。

3.筋グリコーゲン不足になると、筋トレの強度は下がる。
よって、カロリー制限に比べれば、筋肉の同化も落ちる。

総評:
ま、つまり、体重の増減に一喜一憂しているようでは、まだまだ青いということです。
理想は、体重100kgのままで脂肪だけ落とすということなんですが、これは現実的には無理です。
ですから、脂肪を落としつつ、筋量の減少は最小限に留めるという努力が必要なのです。
そしてその努力こそが「ミスター・アンチェイン、ビスケット・オリバ」に近づく唯一の方法なのです。

私の場合、この2週間で、あらゆる種目でドロップダウン法を繰り返した結果、体重は2.4kg増え、上腕は1cm、太腿は2cm、胸囲は4cm大きくなるという、ジャック・ハンマーもびっくりの超アナボリック・モードです。
同化できて初めて糖尿病は完治すると思って下さい。
圧倒的な筋量は糖尿病を凌駕するのです。

2013/04/24 (Wed) 00:19 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
糖質制限止~めたw

目指せアンチェイン!
しかし、2週間でその成果・・・
羨ましいいいいいい。

ところで質問なんですが、
あと30kg体重を落とした場合、
素人が筋トレやりながらなるべく筋肉落とさないように
頑張ったとして・・・
脂肪と筋肉どれぐらいの割合で落ちるものなんでしょう?
6分4分の割合で落とせたら喜んでいいものなのでしょうか?
上級トレーニーの人ってどれくらいの割合で、
体重落とせるんですかね?8:2くらい?

2013/04/24 (Wed) 07:32 | デーブ西本 #- | URL | 編集
Re: 糖質制限止~めたw

デーブ支部長(無級)、こんにちは。

大変、難しい質問です。
その割合がピタっと解るなら、誰も苦労しないのです(笑)

ただ、上級者の方が筋量が多い分、筋量が犠牲になる割合は大きいと言うか、苦労すると思います。
オンシーズンのビルダーが糖質制限等で絞ると、強度が下がったり、バルク自体もオフシーズンよりも明らかに小さくなります。(その分カットが出る)

初心者の場合、元々の筋量が少ないので、減ったところで、少々筋トレで追い込めばその程度のものならすぐに取り戻せます。

2013/04/24 (Wed) 12:01 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
薬物

秘密の話です?暁現象に一番効果のある薬が判りました。ロラゼパンという睡眠誘導剤です。
これ飲んで寝るとグッスリ寝られ(当たり前ですが)何と暁現象が全く起きないのです。
就寝前血糖値より起床時血糖値の方が普通に低いです。
メトフォルミンも必要ありません。暁現象と睡眠の質は関係するようです。僕はうつ病なのかな?!

2013/04/24 (Wed) 17:16 | スキンヘッド #- | URL | 編集
Re: 薬物

スキンヘッドさん、こんにちは。

ここに書いた時点で秘密でなくなっちゃうじゃないですか(笑)

私はそっち系の薬は全く知らないので、どういう機序でそうなるのかサッパリ解りません。
偶然でなくて、毎回そうなるんですか?

何も考えずに筋トレでもやってた方が鬱にならないと思います(笑)

2013/04/24 (Wed) 18:48 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
つねづね思っていることですが聞いてくだされ

 はじめまして、初代捨鉢屋蛟十郎と申します。ダイエットの電子書籍を書いたのですが(自分的にはサラリーマンに最適だと思っている)これがさっぱり売れないよー、困った。
 さて流行の糖質制限ですが、捨鉢屋は否定派です。当然やりません(体脂肪率1ケタにはあれじゃあなれないもん)。しかしそれとは別にかなり疑問があるのです。
 江部氏といい、白澤氏といい、遅れて市場に参入した夏なんとか氏といい、”糖質制限を提唱するモヤシ教祖”もとい糖質制限提唱の医師は情報公開に消極的なのですが、誰もそれを指摘しない。
 捨鉢屋は”体重・体型・体力・健康の四つをコンプしてはじめてダイエットと言える”と世間的にアホなことをほざいているのですが、彼ら彼女らはせいぜい「減った目方の量」しか公開していない。「そんなもの公開するまでもなく良いに決まっている!」なんて方便は通じない。”決定的な証拠”を突きつけたほうがどう考えたって商売に有利でしょうから(本当に効果があるならね)。
 彼らが捨鉢屋程度の身体能力と体型を持ってたらわいせつ物陳列罪寸前まで見せびらかすと思うんですよ、多分(失笑)。
 あと糖質制限で儲けようとしている桐山某氏は「体重が68kg、体脂肪率が20%台前半になった!」などと鬼の首でも取ったかのように言ってますが体重は十人並み、脂肪率は平均を超えてます(軽肥満)。元が悪すぎただけで自慢できることじゃないんですよね。
 安易な方法で”減量に成功”するとかえって生活スタイルの見直しにブレーキがかかるので危険ではないか、と心配するのですが・・・。
 長くなってしまってごめんなさい、最後に。”捨鉢屋のブログに遊びに来てください”。

2014/02/04 (Tue) 03:37 | 初代捨鉢屋蛟十郎 #esmGNC0Q | URL | 編集
Re: つねづね思っていることですが聞いてくだされ

初代捨鉢屋蛟十郎さん、こんちは。

ブログ面白いです(笑)

あと、私の持論として、起業するなら大卒→即起業というのが理想だと常々思っているので、その部分でも共感できます。
サラリーマンの経験は、起業には全く必要ないと思います。
もっとも、就職できなかったから企業という側面はあるとは思いますが(笑)、理由は別に何だっていいのです。

ところで、糖質制限についてですが、糖質制限には糖尿病治療という面と、純粋にダイエットという2つのポイントがあると思います。
糖尿病治療という点で言えば、12年間糖質制限を続けても、糖質を摂って高血糖になってしまう江部教祖を見れば明らかのように、提唱する本人ですら、何ら糖尿病は改善していません。
(単に糖質を摂らないから高血糖にならないだけ)
そして、それを有難がって集う信者も、同様に何も改善しません。
こんなものは、ただのカルト集団です。

次に、ダイエットという点で言えば、ブログでも書いたことですが、結局はカロリー収支でしかありません。
何とかと言う作家のように、元々デブであれば、糖質を抜けば確実にカロリーは減るので、痩せるでしょうが、カロリー収支が拮抗する状態になれば、もはや痩せませんし、痩せ方もデブ→ひょうたんという、みっともない痩せ方になります。

糖質制限ダイエット派の中には、「高タンパク食はすばらしい!」と喜んでいる人もいますが、高タンパク食が意味を成すのは、高強度の運動をしている場合です。
運動もせずに高タンパク食を摂っても、我々の身体には、アミノ酸を恒常的にプールする場所がないので、余ったアミノ酸は糖に変換され、最終的には脂肪として蓄えられるだけです。
そんなことなら、最初から糖質を摂った方が遥かに効率的ですし、安上がりです。
わざわざこんな非効率なことをやって喜べるのは、世界広しと言えども馬鹿しかいません(笑)

2014/02/04 (Tue) 16:46 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する