誰も治らない糖質制限-3

ちは。

ブログネタに困った時は、みんな大好きな糖質制限ネタに限ります(笑)

糖質制限というのは、皆さんご存知のように糖質がほとんど食べられません。
とは言え、困ったことに糖質というのは、ほとんどの人が嫌いな訳ではありません。
どっちかと言えば、余程の偏屈でもない限り、ラーメンやカレーライス、ご飯、パン、ケーキ等の糖質は好きです。
無きゃ無いで気にもならないようなものなら、人工甘味料、低糖質なパン・ケーキ・パスタ、大豆粉、その他諸々等、売れる訳がありません。
ほとんどの人が、本当は糖質が食べたいんだけど、バッタもんで我慢する訳です。

つまり、糖質制限を始めると、

1.糖質制限を行う
2.糖質が食べられない(食べたい)

という二つの矛盾した事柄を、ほとんどの人が自身の内面に抱えることになります。

このような「人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態、またそのときに覚える不快感」のことを社会心理学用語で認知的不協和と言います。

ほとんどの人は、認知的不協和を内面に抱えると、これを解消するために無意識に自己の行動や思考を変更します。
↑の場合で言えば、「糖質は毒で、そもそも健康に悪い。」とすれば、不協和は低減されます。
もっと突っ込んで、「そもそも私は糖質が好きではない。」と思い込めば、矛盾は解消されます。
もちろん、糖尿病というものを運命的に受け入れ、糖質制限致し方なし、と生きていくこともできます。
こちらの方が生き方としては厳しいですが、へんてこりんな思考に陥ることもなく、途中で間違いに気付けば容易に修正することもできます。

認知的不協和というのは、その度合いが大きければ大きい程、不協和を低減させる圧力は大きくなります。(不協和を低減させる圧力の強弱は、不協和の大きさの関数)

例えば、

1.糖質制限こそが糖尿病を改善する。
2.糖尿病学会、その他オーソリティーはカロリー制限と運動療法を勧める(糖質制限は認めていない)

この二つの事実は、糖質制限に価値を置けば置くほど、深刻な不協和を発生させます。
時として、糖質制限者の中で、糖尿病学会に対し過度に攻撃的であったり、「医者や病院は金儲けのためにカロリー制限を勧める!」などと真顔で語っている人達は、それで精神のバランスを保っていると言えます。
(無論、本人は真剣にそう思っている。)
とは言え、一般的な常識人からしてみれば、確かに世の中には金儲けのために医者をやっている輩もいるかもしれないが、カロリー制限を勧める医者が金儲けのためには人の命など歯牙にもかけないなんていう荒唐無稽な話は、阿呆らしくて到底話になりません。
そんなこと言い出したら、私の知り合いの医者は全員悪徳医師になってしまいます(笑)

認知的不協和が根底にある思考というのは、一見論理的な装いをしていますし、本人はもちろん非の打ち所がない理論だと考えています。
しかしながら、そうでない人にとっては、簡単に見破ることはできます。

例えば、ここで、我らがドクター江部のブログをご紹介しましょう。

「平均血糖変動幅増大」と「食後高血糖」という最大の酸化ストレス(*)リスクを
従来の糖尿病食(カロリー制限・高糖質食)で防ぐことは不可能だからです。
高糖質食では、必然的に「平均血糖変動幅増大」と「食後高血糖」が生じるのです。

「平均血糖変動幅増大」と「食後高血糖」を改善できるのは、
唯一糖質制限食だけです。
これらは、生理学的事実であり、論争の余地などありません。
糖尿病の人が、普通に糖質を摂取する食事療法は、
このように理論的に破綻しているのです。
糖尿病学会は、合併症の悲劇を予防するために、
速やかに生理学的事実を受け入れて欲しいものです。

(引用終わり)

りっぱなお医者さんから「論争の余地のない生理学的事実」等と言われれば、情弱の阿呆、じゃなかった、気の弱い人なら、震え上がって信じることでしょう。
しかしながら、これは別の見方をすれば、たかだか街の臨床医如きが気付くような論争の余地のない生理学的事実を、最先端の基礎研究を行っている人達や、あるいは糖尿病学会の重鎮達は、何十年にも渡り何ゆえ気づかなかったのか?という疑問も湧きます。

更には、世の中にはカロリー制限と運動で血糖コントロールができている人も大勢いますし、私に至ってはカロリー制限すらしていませんが、1年以上に渡って食後高血糖など起きたことがありません。
「論争の余地のない生理学的事実」のはずなのに、生理学的事実を超越したオカルト現象はあちこちで起きています(笑)

2型糖尿病のデブ(肥満型)というのは、多くの場合、初期の頃には血中インスリン濃度が高くなっています。
インスリン感受性が悪くなっているため、身体は高血糖を解消しようと更にインスリンを分泌するからです。
インスリン感受性が悪化する支配的な原因は肥満(脂肪の過多)と言われており、この理由は既に解っています。
肥満型の2型糖尿病の病態解明】御参照

つまり、デブは糖質制限だろうがカロリー制限だろうが、何とかダイエットだろうが、とりあえず痩せれば(脂肪が落ちれば)インスリン感受性は回復します。
とは言え、単に痩せてしまうと(体重が減ってしまうと)、如何なるダイエット法を駆使しようとも、同時に筋量も減ります。
血糖の7~8割は骨格筋が吸収する訳ですから、これは糖尿病患者にとっては、非常に具合の悪いことです。
インスリン感受性が回復したものの、耐糖能は逆に悪化してしまうからです。
そうなると、ちょっと食べ始めればすぐに脂肪がつき易い身体になり、即効でリバウンド、再びインスリン感受性も悪化します。

これを避けるためには、筋量の減少を極力抑えながら脂肪を減らす、ということが必要になります。
しかしながら、ここで3つの問題があります。

1.糖尿病患者はインスリンが働かない(働きにくい)ため、筋肉の同化作用も劣る
2.インスリン抵抗性は、高血糖をもたらす(血糖が取り込めない。筋グリコーゲン貯蔵量が減る。)
3.運動の種類(有酸素運動では筋量は増えない)

↑の3つの内、2は、ドクターが言うところの、

> 高糖質食では、必然的に「平均血糖変動幅増大」と「食後高血糖」が生じるのです。

と同じことです。
そして、ドクターは、

> 「平均血糖変動幅増大」と「食後高血糖」を改善できるのは、唯一糖質制限食だけです。
> これらは、生理学的事実であり、論争の余地などありません。

と、続けますが、この部分は論争の余地があるどころか、全くのデタラメであることは、以前の記事で指摘した通りです。
【カロリー制限食なら必ず食後高血糖を生じる】という大嘘 ご参照)

↑の記事中、「たった3分20秒の高強度運動で16時間後のGULT4が34%増加した」とあるように、運動による糖の取り込み(AMPK経路でのGLUT4発現量)は、運動の強度(AMP/ATP比)によります。
つまり、運動は高強度であればある程、GLUT4の発現量は長時間に渡り増加し、糖を取り込み続けるということです。
したがって、食後高血糖は理論的にも防げるし、実際やってみれば上がらないことも確認できます。

糖質制限で血糖値が上がらないというのは、そもそも糖質を摂らないんだから当たり前のことで、これは紛れもなく生理学的事実です。
しかしながら、

> 「平均血糖変動幅増大」と「食後高血糖」を改善できるのは、唯一糖質制限食だけです。

というのは、生理学的事実を無視した、ただのドクターの願望です。
そんなものを真に受けて、糖質制限でモヤシ化したらどうなるかと言いますと、ドクターのように本当に糖尿病は治らなくなります。









▼記事が面白かったらクリック。つまらなかったら懲らしめのためにクリック!

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



▼注目ブログ!












スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

糖質制限するとLDLが上がる人が多い。

王城先生、糖質制限するとLDL200以上になる人が多そうです。要は糖質以外はガンガン食べて当然高コレステロール食になりがちな結果だと思います。
AB先生はLDLの件は2、3年経過すれば平均値に戻ると書いてますが、妙に怪しい書き方です。
糖質を摂らないのだから血糖値は下がるのは当然ですが、LDLがモヤシ状態で上がれば大変ですよね。

2013/07/28 (Sun) 05:51 | スキンヘッド #- | URL | 編集
ジャヌビアで頑張ります。

王城様から「もうちょい賞」をいただいたtanakaです。スキンヘッドさんからも励ましていただいてありがとうございます(*^_^*)←(キモイ?)
やっとアマリールから卒業できたので、これからは低血糖に怯えることなくガンガンやれそうです!今後もご助言よろしくお願いします。
ところで、私もエビは大好きですが1kgってすごいですね。私なら絶対腹こわしてますよ。スキンヘッドさんは胃腸が強そうで羨ましいです。

2013/07/28 (Sun) 20:55 | tanaka #- | URL | 編集
Re: 糖質制限するとLDLが上がる人が多い。

> LDLの件は2、3年経過すれば平均値に戻る

これ何の根拠もないですね(笑)

たいがいのデブは痩せれば下がりますから、2、3年の内に痩せれば下がるかもしれないってことですかね?

2013/07/29 (Mon) 06:09 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: ジャヌビアで頑張ります。

そう言えば、私もアマリール→ジャヌビアのコースでしたよ(笑)
次は、いよいよ薬なしです。

日曜はモンスターファクトリーの日でした。
我らがY本っちゃんとボビー最高師範は、ベンチプレス10セットからインクライン5セット、ペッグデッキ、あと三頭筋やら二頭筋やら肩やら延々とやってました。

絶対やり過ぎだと思います。
ベンチプレス10セットなんて考えられないですよね(笑)

私は総裁権限で別メニューです(笑)

ベンチプレス ウォームアップ 2セット、本番セット 2セット
インクライン ベンチプレス 5セット
インクライン ダンベルベンチプレス 3セット
プルオーバー 4セット

以上で疲れた。

月曜は熊ちゃんとこのジムで背中です。

2013/07/29 (Mon) 06:35 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
人体実験

王城先生、プロテイン抜き、フリーウエイト抜き、バーンマシンとブルワーカートレーニングのみでどの程度筋肉が落ちるのか肥大するのか
人体実験してみます。ジムに行けない多くの糖尿仲間が部屋で楽してトレーニングして効果がだせるのか身を呈して試します。
実はうちのトレーニングルームが改装で使えないためなのですが?

2013/07/29 (Mon) 18:21 | スキンヘッド #- | URL | 編集
血液検査がすべて正常値に(*^◯^*)

クレアチン抜きが功を奏して、ついに血液検査の結果
オール正常値になりました。ありがとうございます。
注射のバイエッタから飲み薬のエクアに移行したのでもうちょっと悪化するかもと担当医に言われていましたが、やはり関係ありませんでした(笑
エクアもまあ半年くらいで終わりになりそうです。

今後は二ヶ月に一度くらいの検査でいいと言われたので
クレアチンを一ヶ月とって一ヶ月オフにする、というローテで
全力をもって筋トレにはげめます(*^◯^*)
今後、血糖値測定キットの保険がきかなくなりましたが
まあもう測定せんでいいので(上昇すると眠くなるように)。
カゼインで下痢問題は、マッスル北村先生推奨の
強力わかもとを飲むことで解決しました。わかもとすごい。

2013/07/29 (Mon) 19:14 | あらぶる #- | URL | 編集
Re: 人体実験

筋肉量をビフォア・アフターでちゃんと測ったほうが良いと思われます。
カットが出ると一見筋量が増えたように見えるけど、実は増えてなかったということがよくあります。

2013/07/29 (Mon) 22:53 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 血液検査がすべて正常値に(*^◯^*)

あらぶるさん、こんばんは。

素晴らしい!

たぶん早晩、薬もいらなくなると思います。

クレアチンは飲んでいる間に血液検査をすれば、クレアチニンが異常を示す場合がありますが、止めれば元に戻ります。
水分をたくさん摂るようにすると良いと思います。

故マッスル北村先生の食事は無茶苦茶でしたから、協力わかもとも必要かと思います(笑)

2013/07/29 (Mon) 23:12 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
ブルースリーも?

王城先生、あのブルースリーもブルワーカーの愛用者だったようです。僕も彼のようなやせマッチョを狙います。無理ですよね⁈

2013/07/30 (Tue) 23:02 | スキンヘッド #- | URL | 編集
Re: ブルースリーも?

あの程度なら、そこそこ筋肉付けて脂肪落とせば大丈夫じゃないでしょうか?

ハッキリ言って、あんなのモヤシです(笑)

やはり、男子たるもの、どうせ目指すなら「オーガの背中」を目指して下さい。

http://matome.naver.jp/odai/2134647079424909201

こんなのとか(笑)

冗談です(笑)

2013/07/31 (Wed) 03:53 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

10kg痩せたら、全ての数値が正常値に戻り、
栄養士に、私よりも健康な体ですね。と言われました。
モンスターファクトリー西日本総支部長(グリーン帯3級)の
デーブです。

鰯の頭も信心から・・・ですね。

世の中いろんな人が居て、いろんな考えがあって、
どれを取捨選択するかは自由ですし本人が幸せなら・・・

しかし糖質制限は、
糖尿病学会も推奨しないと見解出しましたし、
私の通っている病院も、糖質制限は非推奨で、
有酸素運動と筋トレ併用を勧める、まあ真っ当な病院ですが、
未だに糖質制限勧める病院も結構あるみたいですね。

2013/08/03 (Sat) 08:42 | デーブ西本 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

デーブ支部長(グリーン帯・3級)、(・ω・)ノシ

最近音沙汰がなかったので、治ったか死んだかのどっちかだとは思っていました(笑)
治って何よりです。

カルト諸君に言わせると、「未だにカロリー制限を勧める病院がある」ということになるらしいんですが、やればやるほど治らなくなる糖質制限など、普通の感覚では勧めません(笑)

2013/08/03 (Sat) 17:02 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する