肥満パラドックス【しぶといデブ】

ちは。

デブに優しい王城です。

デブの糖尿病というのは、ひと言で言えば「グ~タラ病」です。
別の言い方をすれば「同化し過ぎて同化できなくなった間抜け」とも言えます(笑)

ところが最近、心不全や動脈硬化症、腎臓病、高血圧、糖尿病等ほとんどの病症において、モヤシよりもデブの方が長生きするというデータが報告されています。

http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2012/002124.php

この記事には、「肥満パラドックス 太っていたほうが長生き」なんていうのんびりとしたタイトルがついていますが、元のノースウェスタン大学の記事を見ると、「やせ型糖尿病患者は高死亡率に直面する」という恐ろしいタイトルがついています。

それにしても、デブは、しぶとい(笑)

↑の記事によれば、標準体重の人間とデブを比べた場合ですら、年間死亡率は倍近く違います。
もう、モヤシなんか座して死を待つのみです。
何という憎たらしい現象でしょうか(笑)
グ~タラのくせに長生きするなんて、モヤシの皆さんにすれば不条理極まりないことでしょう。

何でそうなるかという原因は、イマイチよく解ってないらしいです。
とは言え、直感的に考えると解らんでもない話です。
だいたい、突然死を除けば、病床に伏している病人が丸々と太って死んで行ったなんて話は聞いたことがありません。
たいていの場合、ガリガリのモヤシになって死んで行きます。
同化できなくなるというのは、生命体としては終わって行くということです。

研究では、BMI25以上をデブ、18.5~24.99を標準体重としていますが、ノースウエスタン大学のMercedes R. Carnethon氏が言うように、BMIよりも肥満の質が問題というのは、その通りだと思います。
BMIというのは、単純に身長と体重から求めた指数なので、体組織の割合は全く解らない訳です。
糖尿病患者というのは、異化が亢進しているので、たとえ標準体重であっても、発覚した時点ではかなり筋量が減ってしまっています。

「筋肉と脂肪の比率は、糖尿病の発症や進展において、重要な意味をもつ。筋肉の量は、血糖コントロールに大きく影響する。」

と、メルセデス博士もおっしゃっておられます。

この辺がモヤシ糖尿病の皆さんが、生き延びるためのヒントです。
モヤシこそ、同化を取り戻さなければ、ジリ貧で終わって行ってしまうのです。

モヤシこそアナボリックに生きよ。

とは言え問題は、デブと違って、モヤシの場合、筋肉が増えにくいということに加え、糖尿病で同化しにくい身体になってしまっていることです。
とにかく、血糖さえ身体に取り込めないようなポンコツになってしまっている訳ですから、筋肉の同化なんてのは、おととい来やがれという話です。
モヤシにとっては、困難極まる道のりですが、不可能ではありません。
もちろん、「そんなのイヤ」と思えば、やらなくたって全然構いませんし、↑のデータが示す通り、明日死ぬという話ではありませんから、遺言を書くぐらいの時間は残ってます(笑)

ちなみに、「迷った時は、困難な道を選べ。」と、うちの死んだ祖父ちゃんが言ってました(笑)

人間の身体というのは、甘やかせば甘やかしただけショボくれますし、厳しく鍛えれば鍛えただけ強くなります。
これは、どんなヘタレでも運動音痴でも、デブでもモヤシでも同じです。
如何なる人間でも、鍛え続ければ脛で野球のバットぐらいは折れるようになります。
でも、今からバット折りを目指しても痛いですから、筋肉増強を目指した方がマシです(笑)

筋量増加というのは、正しいトレーニングと正しい食事(栄養)、諦めない心です。
流した汗は、絶対に嘘をつきません。(サウナ除く)

No pain, No gain.
筋肉は一日にしてならず。

MonsterFactory









▼記事が面白かったらクリック。つまらなかったら懲らしめのためにクリック!

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



▼完全無料の注目アプリ!








テレビ番組表


TV 番組表 アプリの決定版!
一度好きなキーワード(出演者、TV 番組名など)で設定すれば自動的にアラームでお知らせします!
また、キーワードや出演者名で検索、アラーム設定も可能ですのでタレントの名前で検索すればそのタレントの今後一週間の出演テレビ番組が一覧で表示されます。
アンドロイド版の無料ダウンロードはこちら!

iPhone版の無料ダウンロードはこちら!











スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

デブで良かった(^O^)

王城先生、デブで良かったです。一見痩せたし、40インチのジーパンが36インチになりましたが、現在87kg177cmのデブです。
しかし、快調な毎日過ごせてます。
プログの話ですいませんが、千超えは一日だけでした、七百、五百と見事に落ちています。中身のなさの反映です。

2013/12/12 (Thu) 19:21 | スキンヘッド #- | URL | 編集
Re: デブで良かった(^O^)

スキンヘッドさん、こんばんは。

スキンヘッドさんの場合、発症時もデブでしたし、今筋トレやってますから、250歳ぐらいまでは大丈夫です(笑)

2013/12/12 (Thu) 22:35 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
点滴胃ろうIVH

いまは、食べられなくても点滴しますし、胃ろうから栄養補給できますし、中心静脈から高カロリー輸液も出来ます。肥ったまま、(浮腫んでもいますが)栄養満点でも亡くなる方は亡くなります

2013/12/12 (Thu) 22:56 | TY #HXm2Vybg | URL | 編集
Re: 点滴胃ろうIVH

そりゃデブでも死ぬ時は死ぬと思いますよ(笑)
死亡率の問題ですから。

2013/12/12 (Thu) 23:08 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
デブと聞いて

北のデブ代表
糖尿取締役です
王城先生もホントにデブがお好きなのですね~
そこまで私(デブ)を愛されたら、興奮しちゃいます(意味深)

2013/12/13 (Fri) 04:10 | 糖尿取締役 #- | URL | 編集
Re: デブと聞いて

糖尿取締役さん、こんばんは。

デブは、いじり易いですよね(笑)
デブ專かもしれませんね、私(うそ)

2013/12/13 (Fri) 05:31 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
モヤシスタートのいままんです!

王城さんこんばんは、今日の記事を読み、まだまだモヤシな自分はデブの皆さんがうらやましく思いました… ですが先日は熱く主治医に相談したところ遅延の薬ももうしばらく様子を見ようと言ってもらえました。
食後はあやしいですが、早朝、空腹時は全く問題の無い数値でいます。

根性で治します!治らなかった場合は薬に頼ります(笑) モヤシでも頑張って早くデカい筋肉が欲しいです!

2013/12/13 (Fri) 21:37 | いままん #- | URL | 編集
Re: モヤシスタートのいままんです!

いままんさん、こんばんは。

食後の方が減らし易いですから、心配ないです。

デブなんか羨ましがってはいけません(笑)

筋肉が付くと改善に向かい、改善すると筋肉が付きやすくなる、という好循環ですから、頑張りましょう!

2013/12/14 (Sat) 02:36 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
はじめまして

王城 様。お初にお目にかかります。

糖尿病関連の知識をネットで収集していたところ、
王城 様のブログにたどり着きました。
同時に、ダイエットサイトで糖質制限によるダイエッターさん
の記事も見つけたのですが、
これって、王城 様的には、どう思われますでしょうか?

http://www.mamegra.com/pgm/DIET/DIARY/90808

2013/12/14 (Sat) 12:40 | ネットサーファー #.2QM50xE | URL | 編集
Re: はじめまして

ネットサーファーさん、こんにちは。

よくある糖毒系ブログだと思いますが、何について思うところを書けばいいでしょうか?

2013/12/14 (Sat) 16:45 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

王城 様、ご回答ありがとうございます。
質問内容に触れていませんでした(汗)

たとえばこの日記にあるように、
>糖質制限で体脂肪が減っていくのは、夜、寝ている間に肝臓が一生懸命、脂肪を分解してブドウ糖を作るからです。(糖新生)

あと、

>医者の世界は、本当にまだまだ閉鎖的です。お偉いさんに逆らうと学会からは除名されるは、専門医も剥奪です。


これは事実なのでしょうか?


2013/12/14 (Sat) 18:25 | ネットサーファー #.2QM50xE | URL | 編集
Re: タイトルなし

ネットサーファーさん、こんちは。

> たとえばこの日記にあるように、
> 糖質制限で体脂肪が減っていくのは、夜、寝ている間に肝臓が一生懸命、脂肪を分解してブドウ糖を作るからです。(糖新生)

嘘ではないですけど、ほとんど事実誤認です(笑)

糖新生でグリセロールや乳酸が使われるのは、全体の10%ぐらいです。
残りの90%はアミノ酸が使われます。
寝ている時というのは、食事ができないので、糖新生が起これば筋肉を分解してアミノ酸を材料とします。

糖質制限で脂肪が減るのは、痩せれば減るのは当たり前です。

> あと、
> 医者の世界は、本当にまだまだ閉鎖的です。お偉いさんに逆らうと学会からは除名されるは、専門医も剥奪です。

私は医者ではないので、詳しいことは解りませんが、知り合いの医者の話なんかを聞くと、閉鎖的であるのはそうだと思います。
ま、ただ、開業医になれば、ほとんど関係ないんじゃないでしょうか。
適当に距離おけますから。

ま、ただ、糖毒カルトが言うような話だと、学会の偉い人は無条件で馬鹿で、製薬会社と共謀する悪人でないと話が成り立たないんですが、わたし的には、患者に無条件で糖質制限を勧めるような医者の方が余程馬鹿だと思います(笑)
臨床医なんて阿呆が多いんです(笑)

2013/12/14 (Sat) 19:14 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

迅速なご回答、ありがとうございました。

大変参考になりました。
今後も引き続き、王城 様のブログを拝見させていただきます。

2013/12/14 (Sat) 19:22 | ネットサーファー #.2QM50xE | URL | 編集
Re: タイトルなし

ネットサーファーさん、こんちは。

答えになっていて安心しました(笑)

2013/12/14 (Sat) 21:14 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
筋肉

いつも、楽しく、真剣に、見ながら参考にさせて頂いています。このサイト以外でこんな事が記載されていました。「ボディビルダーには糖尿病が多い」との内容です。高血糖だから筋トレするのではなく、筋肉を維持する為に高血糖が続いて糖尿病になりやすいとの事です。信じていませんが、どうなんでしょうか?

2013/12/16 (Mon) 09:24 | ヒロ #- | URL | 編集
Re: 筋肉

ヒロさん、こんちは。

時々、そういうオカルト話が出ますね(笑)

糖尿病患者というのは、人口比で見れば8%ぐらいですから、「ボディビルダーには糖尿病が多い」ということが成り立つためには、ビルダー100人につき糖尿病が8人以上という有り得ない数字になります。
ちなみに、私が行ってるボディビルのジムには、糖尿病は一人もいませんが、元糖尿病なら一人います。(私。笑)

インスリン分泌不全やインスリン抵抗性があれば、確実に異化が亢進するので、あそこまでバルクアップできませんし、逆にそれがないから、あそこまでバルクアップできるのです。

ビルダーというのは、考えられないほど食事に気を使っているので、意外に炭水化物量は少ないです(私より。笑)
炭水化物というのは、多過ぎても少な過ぎてもダメなのです。

ビルダーに限らず、運動選手で糖尿病になる人の多くは、現役を退いてぶくぶく太りだしてからです。
(もしくは、現役の時から食い過ぎ)
運動をやめたら、意識して食事の量を調節しないと、とんでもなくカロリーオーバーになってしまうのです。

もしくは、適度に運動して、適度に食うかです。

ま、もちろん、プロのボディビルダーというのは、日本人ではほとんどいませんから、ベンチ豚でもモヤシでも自分で「ボディビルダー」と言えば、ボディビルダーなんですけど(笑)

2013/12/16 (Mon) 17:09 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する