高脂肪食で膵臓の機能障害が増す理由

ちはっす。

一部マニアの皆様に好評の「誰も治らない」シリーズです。
今回紹介する内容は、以前の記事でサラっと紹介したんですが、今回はもう少し突っ込んでご紹介します。
インスリン抵抗性のある糖尿病患者が、高脂肪食を摂り続けるとどうなるか?というお話です。

糖質制限食というのは必然的に高脂肪食になる、というのは以前にも触れた話題です。
糖毒カルトの中には「高脂肪食万歳!」と喜んでいる阿呆もいます(笑)
もっとも、糖質制限で脂肪の割合を減らしてしまえば、いよいよカロリー不足になり、モヤシどころかカイワレぐらいになってしまい、サルコぺニアが進行し耐糖能も悪化します。
かと言って、脂肪を増やしてカロリー調節すると、膵臓のβ細胞は徐々に機能障害を起こし、やっぱり耐糖能は悪化します。

糖毒カルトは、よく「糖質制限で膵臓を休ませる!」などと夢見ています。
これが本当なら、10年以上も糖質制限を続けているモヤシ教祖は、少しぐらいは耐糖能が改善しても良さそうなものですが、全く改善する気配すらありません。
実際には、「休ませる」どころか、火に油を注いでいるのです。

今回問題とするのは、パルミチン酸という脂肪です。
パルミチン酸は牛脂、豚脂のほか綿実油、大豆油、コーン油、オリーブ油、パーム油などに多く含まれているので、特に「脂肪」を増やそうと意識しなくとも、牛肉や豚肉等の食べる量を増やすだけで自動的に増えていきます。

パルミチン酸を多く含む食品

ご存知の通り、糖尿病というのは、インスリンの作用が低下します。
インスリンというのは、主要なアンチ・カタボリックホルモン(異化を抑制するホルモン)で、この作用が低下すると、脂肪の合成が滞りがちになり、結果、血中の遊離脂肪酸が増えます。
ただでさえ遊離脂肪酸が増えている中で、高脂肪食で更に増えます。
飽和脂肪酸であるパルミチン酸は、膵臓のβ細胞でTLR4を活性化します。

TLR4というのは、細胞表面にある受容体タンパク質であるToll様受容体の一種で、様々な病原体を感知して自然免疫を作動させる機能があります。
この受容体に、特異的な物質が結合することにより、下流のシグナル伝達経路を経て免疫系が機能するという段取りになっています。
TLR4があるなら、TLR1やTLR2もあるのか?というと、あります。
この受容体に特異的に結合する物質をリガンドというのですが、そのリガンドの種類によって、現在知られているのは、TLR1~TLR11まであります。
もちろん、下流のシグナル伝達経路もそれぞれ違います。

TLR4は、TLR4-Myd88というシグナル伝達経路を介し、ケモカインを産生します。
ケモカインとは、サイトカインの一種で、細胞から放出され、種々の細胞間情報伝達分子となるものです。
TLR4-Myd88を介したケモカインは、M1型マクロファージを膵島に呼び込みます。
M1型マクロファージは、インターロイキン1βやTNFαといった炎症性サイトカインを分泌し、膵島に炎症を引き起こし、膵臓の機能障害をもたらします。
そして、炎症性サイトカインが更にケモカインの分泌を促進し、膵島の炎症は更に悪化するという悪循環になります。

ま、要するに、同化もできないポンコツが高脂肪食などと身の程知らずなことをして、「血糖値が上がらない!」と喜んでいる内に、膵臓もポンコツになって行く、ということです。

参考文献:
Saturated Fatty Acid and TLR Signaling Link β Cell Dysfunction and Islet Inflammation.

MonsterFactory









▼記事が面白かったらクリック。つまらなかったら懲らしめのためにクリック!

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



▼完全無料の注目アプリ!








テレビ番組表


TV 番組表 アプリの決定版!
一度好きなキーワード(出演者、TV 番組名など)で設定すれば自動的にアラームでお知らせします!
また、キーワードや出演者名で検索、アラーム設定も可能ですのでタレントの名前で検索すればそのタレントの今後一週間の出演テレビ番組が一覧で表示されます。
アンドロイド版の無料ダウンロードはこちら!

iPhone版の無料ダウンロードはこちら!












スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

ようするに。

こんにちわ。
最近、脳みそまで筋肉になってきた私には理解不能でした。
ようするにダンベル振り回して鍛えろ!って事ですよね?

2014/01/10 (Fri) 12:59 | 自宅ダンベル王 #- | URL | 編集
Re: ようするに。

自宅ダンベル王さん、こんちは。

まぁ、そうとも言います(笑)

2014/01/10 (Fri) 15:46 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
有り難うございました。

王城先生押忍。
先日はクレアチンの解説有り難うございました。

早速飲んでますが、トレ後プロテインとクレアチン合わせて700ccくらい飲んだら気持ち悪くなりました(笑)

てゆーか、これ糖尿の方は使用できないんですね。。。

2014/01/10 (Fri) 19:13 | ウシジマ #OciHcNdw | URL | 編集
Re: 有り難うございました。

ウシジマくん、押忍。

クレアチン系やNOブースターみたいなプレ・ワークアウト系のサプリは、たいていのものが注意書きに「糖尿病の方は飲んだら駄目」と書いてあるよ。

同化できないポンコツが、クレアチンなんか飲んで良い訳がないというは解りますが、NOブースターでNOを産生するなら、むしろ糖尿病には良いのではないか?と思いがちですけど、「駄目」というのは、自ら「この商品はインチキです。」と、言ってるようなものです(笑)

つまり、NOブースターというのは、NOを産生しているのではなく、カフェインやその他で交感神経を刺激しているだけなのです。
(だから、血糖値が上がる。)

ま、とは言え、私は糖尿は治ったので、両方飲んでますけどね(笑)
特に問題ないです。

2014/01/11 (Sat) 12:52 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する