膵臓のβ細胞は再生できるのか?

ちは。

糖尿病入門シリーズの続きです。

前回で、ついに膵臓のβ細胞は機能障害を起こし、果てはβ細胞が委縮して行くという、にっちもさっちも行かない状況になりました。
ここまで来ると、ほとんど糖尿病が治る可能性があるようには思えませんし、元亀元年信長包囲網のような状況です(笑)

ま、とは言え、どんな人でも糖尿病を発症すれば、一旦はここまでの状況にはなります。
慰めになってないかもしれませんが。(笑)
血糖値の上下というのは、数値を目で見て確認できるので判りやすいのですが、実はそんなものは数ある症状の一つに過ぎないのです。

では、ここから完治できる人とできない人では何が違うのか?

という問題へ行く前に、そもそも膵臓のβ細胞は再生または新生することができるのでしょうか?

これは、昔は「できない」ものと考えられていましたが、最近では新生できることが解っています。
前回の記事で紹介しましたように、β細胞はインスリン受容体・IRS2以下のシグナル伝達を介し、増殖することができます。(インスリンが必要だけど)
他にも、生後の成長期、妊娠、肥満、インスリン抵抗性等の反応によって増殖します。
生後の成長期に増殖するというのは解るとしても、妊娠、肥満、インスリン抵抗性で増殖するというのはどういうことでしょうか?

人間の身体というのは上手くできたもので、インスリン抵抗性が体内で生じると、一旦はβ細胞を増殖させてインスリン分泌を増やすのです。
妊娠の場合は、胎児にブドウ糖を優先的に供給するため、母体ではインスリン抵抗性が生じます。
しかし、そのまま放っておくと、糖尿病になってしまうので、β細胞を増殖し、インスリン分泌を増やして対応しているのです。
肥満や糖尿病初期にインスリン抵抗性を生じた時も、同様にβ細胞は増殖し、インスリン分泌は増えます。

従来の説明ですと、インスリン抵抗性が生じると、β細胞を酷使してインスリンを分泌すると言われていましたが、実はそうではなく、β細胞を増殖してインスリン分泌を増やしているのです。
当然のことながら、β細胞を酷使しているから萎縮するのではなく、機能障害がどんどん進行して萎縮して行く訳です。
一旦は、β細胞が増殖し、血中のインスリンが増えたたデブも、糖尿病の罹病期間が長くなればなるほど、機能障害は進行し、β細胞数は減少し、インスリン分泌も減って行きます。

では、β細胞の増殖にインスリンが関与しているなら、インスリンを投与すればβ細胞は増えるのでしょうか?

と、考えがちですが、実は大して増えないのです。
インスリンアナログというのは100%ヒトインスリンに対し、インスリン受容体との親和性が低く(27%)、リン酸化誘発力や細胞増殖誘発能力が低いため(11~14%)、β細胞を増加させる能力がない、と考えられています。
と言うか、そもそもβ細胞の機能障害を止めないことには、結局はβ細胞は委縮して行くことになります。
膵臓だろうが筋肉だろうが皮下脂肪だろうが、人間の身体というのは、結局は同化が異化を上回った時しか細胞数は増えないのです。
(当たり前中の当たり前。)

だんだん煮詰まってきたところで、次回はサクっと、糖尿病を治してみましょう。

-つづく-

参考文献:
膵臓β細胞の新生と環境

MonsterFactory









▼記事が面白かったらクリック。つまらなかったら懲らしめのためにクリック!

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



▼完全無料の注目アプリ!








テレビ番組表


TV 番組表 アプリの決定版!
一度好きなキーワード(出演者、TV 番組名など)で設定すれば自動的にアラームでお知らせします!
また、キーワードや出演者名で検索、アラーム設定も可能ですのでタレントの名前で検索すればそのタレントの今後一週間の出演テレビ番組が一覧で表示されます。
アンドロイド版の無料ダウンロードはこちら!

iPhone版の無料ダウンロードはこちら!







スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

ドクターよりも。。。

王城さんのブログで、いつも元気が出ます。
ドクターより詳しくてわかりやすい!
本当は何者なんですか?

私の報告ですが、力持ちになるのが恥ずかしくて、ジムに行ってないんです。
で、スクワットとか腕立てとか、まじめに。

今まで、歩くより転がるほうが早い状態だったから、これでも少しやせて、エイワンシーも7切りました。
とはいえ、ブリッジができません。
多分体型のせい?痩せたつもりだけど、まだまだデブだから?
どうしたら、できるでしょう???

2014/02/11 (Tue) 15:39 | 恐るべしカバ(元シナモ) #- | URL | 編集
Re: ドクターよりも。。。

恐るべしカバ(元シナモ)さん、こんばんは。

私は、ただのスケベ親父です(笑)

ところで、ブリッジは手で支えるやり方と首で支えるやり方があるんですが、とりあえず、デブが首で支えると首が折れてしまいそうなので、手で支えるやりかたですよね?(笑)

これがなかなか広範囲に鍛えないといけないんですが、
ざっと考えただけでも、脊柱起立筋、ハムストリングス、大殿筋、上腕三頭筋、三角筋、背中いろいろみたいな感じです。
これだけ鍛えようとすると、ジムに行った方が早いですよ。

脊柱起立筋はデッドリフト、ハムストリングスはレッグカールやその他マシンがジムにあります。
大殿筋は、スクワットを深くしゃがみ込むまで行うと鍛えられます。
手っ取り早くやるなら、ジムのレッグプレスを膝が胸に当たるまで曲げて行うと、次の日ケツが痛くて泣きそうになります。
上腕三頭筋は、腕立て伏せの手幅を狭くしてやっても鍛えられます。
三角筋は肩全般の筋トレです。
背中は、ローイング系やラットプルダウンのようなマシンです。
あと、背中を反らすようなストレッチを毎日やった方が良いです。

上海雑技団目指して頑張りましょう!

2014/02/11 (Tue) 22:30 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

詳しくありがとうございます!!
すごい難しい。でも、励みます。

手で支えたまま頭が上がらないです。
背中の肉がぷよぷよだからかな?

今気が付いたけど、腕立て伏せもきっと
自己満足だけで、普通の人みたいにできてないはず。
じゅうぶん疲れるけど。。。

2014/02/12 (Wed) 14:05 | カバだけどコアラに(元シナモ) #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

カバだけどコアラに(元シナモ)さん、こんばんは。

腕立て伏せは、真面目にやると結構しんどいのです。
なかなか侮れません。
自重トレの基本です。

2014/02/12 (Wed) 21:20 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する