糖質制限を正しく理解する-2

ちはっす。

お待たせしました。前回の続きです。
前回はこちら↓
http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-294.html

今回は、いよいよ2型糖尿デブが糖質制限を行うと、どうなるか?というお話です。
今までにメールを頂いた人の中から、一旦は糖毒真理教に入信したものの脱会し、立派に社会復帰された方の実例を見ながら、解説致しましょう。

まず、このデブ、じゃなかった、このお方は、170cm84kgで糖尿病を発症します。
当初、薬を飲みながら、カロリー制限を行い、HbA1cは、7.6から7.0まで下がりますが、そこからがなかなか下がりません。(運動なし)
そんな時、運が悪いことに、たまたま書店で見つけた「糖尿病がどんどんよくなる何とかかんとか」という糖毒系のインチキ本に出会ってしまいます。
そして、試しに糖質制限をやってみると、あれよあれよと言う間にHbA1cは5.5まで下がります。
これぞ正しく、糖質制限のおかげです。
病院に通っても下がらなかったHbA1cは、わずか数カ月から半年の間に正常値にまで下がり、食後にも高血糖になりません。

たいていの馬鹿、じゃなかった、人々は、これでコロっと騙されます。
血糖値だけを見れば、糖尿病が改善どころか、ほとんど治ってしまっているかのようです。
しかしながら、糖質を摂らないことによって血糖値が上がらないからと言って、必ずしもインスリン抵抗性やインスリン分泌不全が解消されたとは限りません。
当然のことながら、糖尿病が改善するとか治ると言うなら、根本的な原因であるインスリン抵抗性や、あるいはインスリン分泌不全が解消されて、初めて「治った」と言えるのです。
事実、ドクターもやし教祖は、12年間糖質制限を続けても、糖質食ったら血糖値爆上がりです。
つまり、血糖値が上がらないのは、単に糖質を摂っていないというだけで、インスリン抵抗性あるいはインスリン分泌不全というのは、何ら解消されていないということです。
こうなると、もはや「糖は毒」と信じて生きていく以外に方法はなくなります。
そして、いよいよ狂信も極まると、「糖質制限食こそ人類本来の食事」などという、およそまともな人間からは正気の沙汰とは思えないようなトンチンカンなことを言い出します。
そもそも、「病人だから食えない」という病人食が、人類本来の食事とは本末転倒も甚だしい。
わずか数%しかいない病人のモヤシやひょうたんが、人類本来の姿と言ってるようなものです。
インスリン抵抗性があったり、インスリン分泌不足のポンコツが、人類本来の姿とでも言うのでしょうか?

さて、件のデブのお方は、HbA1cも正常値に収まり、糖質制限を続けます。
が、しかし、元々が食い意地の張ったデブなので、体重は75kg前後で下がらなくなります。

更に半年以上が過ぎた頃、徐々に異変が起こりつつありました。
最初の異変は、病院での検査結果です。
HbA1cは、5.7に微増し、コレステロール値は基準値よりも増え出します。
試しに、早朝血糖値を計ってみると、それまでは100前後で落ち着いていたものが、時々140~150という数字が出るようになりました。
更に、炭水化物を摂って血糖値を計ってみると、200オーバーという数字が現れました。

結局のところ、糖質制限でもカロリーオーバーになれば、当然体重など減りませんし、必然的に高脂肪食になります。
体脂肪と高脂肪食が合わさり、知らない間にインスリン抵抗性は悪化、「膵臓を休ませる!」なんて夢見てる内に、β細胞の機能障害は益々進行して行きます。
理論的に考えて、糖質制限でインスリン抵抗性を改善しようと思えば、カロリー減にして脂肪を減らす(モヤシになる)しか、道はありません。
しかしながら、モヤシになってもドクターモヤシ教祖のように、糖質摂れば血糖値爆上がりの人は大勢います。
これは、インスリン抵抗性が改善していないのか、あるいはインスリン抵抗性は改善したにも関わらずβ細胞の機能障害が進んだのか、私には解りません。
まぁ、本人たちは「血糖値が下がった!」と喜んでいますから、それはそれでいいですし、モヤシの膵臓なんて私は興味はありませんから、どうでもいいです(笑)

ただ、これから糖質制限を行おうと思っている方々は、注意が必要です。

1.糖質制限のような高脂肪食でインスリン抵抗性を改善しようと思えば、確実にカロリー減にし、体脂肪・内臓脂肪を減らさなければならない。

2.1の結果、モヤシになり、運が良ければ糖尿病は改善する。12年間続けても全く改善しない場合もあるが、その場合は、とりあえず血糖値が上がらないことを喜び、「糖は毒」と信じて生きる。

3.運がよく改善できても、炭水化物の摂取は極力少なくする。
(モヤシになって、普通に食いだせば、即効でリバウンドする。)

次回、糖質制限を正しく理解する-3【糖毒真理教脱会・社会復帰編】につづく

MonsterFactory









▼記事が面白かったらクリック。つまらなかったら懲らしめのためにクリック!

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



▼完全無料の注目アプリ!








テレビ番組表


TV 番組表 アプリの決定版!
一度好きなキーワード(出演者、TV 番組名など)で設定すれば自動的にアラームでお知らせします!
また、キーワードや出演者名で検索、アラーム設定も可能ですのでタレントの名前で検索すればそのタレントの今後一週間の出演テレビ番組が一覧で表示されます。
アンドロイド版の無料ダウンロードはこちら!

iPhone版の無料ダウンロードはこちら!




スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

今一番ホットな糖尿病の話題です

 週刊誌の話題を独り占めしている?元野球選手のK・K氏が「ワイは薬物はやらん、糖尿病や!」と言っていました。業界で争奪戦が起こるだろうな、と下世話な捨鉢屋は見ています。
 ただ、不安です。糖質制限は早く”結果”が出るため(利点はこれしかないのだが)もしこれに彼が手を出したらと思うと。知名度絶大ですしあまり考えることが好きな人ではないし。”ニンニクの芽(捨鉢屋が自身につけたあだ名です)”が心配することではないのですが。

2014/03/16 (Sun) 13:11 | 初代捨鉢屋蛟十郎 #5bIQRZKQ | URL | 編集
Re: 今一番ホットな糖尿病の話題です

初代捨鉢屋蛟十郎 さん、こんちは。

運動選手→引退→エネルギー過剰状態続く→糖尿病
という典型的なパターンですね。

ま、しかし、元運動選手ですから、最終的には運動で改善すると思いますよ。
糖質制限というのは、どっちかと言うと、運動嫌いの駆け込み寺みたいな面もありますし。
モヤシになったK選手というのは、あまり見たくないですしね(笑)

2014/03/16 (Sun) 15:04 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
北のデブ代表

王城さん

ご無沙汰してます。
お得意の、デブの糖質制限ネタですね(笑)
毎回楽しませてもらっています。

糖質制限で痩せられるデブのお方たちに、いつも疑問があるのですが、糖質制限という方法はともかく、痩せる意思があるデブは最初からデブをやる必要はないと思うのですが?

私のような真性デブから見れば、糖質制限で痩せることができるデブは偽者だとおもいます。(断言)

以上、糖質制限を36時間で断念したデブでした(笑)

2014/03/17 (Mon) 16:06 | 糖尿取締役 #- | URL | 編集
Re: 北のデブ代表

糖尿取締役さん、こんちは。

真性デブというのは、たぶんリミッターが外れ、羞恥心を置き去りにしてしまったデブだと思います(笑)
ま、しかし、そういうデブでもデブという自覚があるので、まだマシです。

モヤシの場合も、ほとんどの人は、モヤシという自覚があるので、更生可能です。
しかし、糖毒カルトだけは、モヤシやひょうたんのくせに「筋肉」などと夢見ているので、治療不可です。

2014/03/17 (Mon) 17:30 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

インスリン抵抗性、もっとも重要な課題ですね。
糖質制限では、改善されないということでしょうか?
やせれば多少の臓器内脂肪がとれるかと思ったのですが。
やはり、筋肉量が減ってしまうだけで、脂肪の蓄積は思ったより改善されないのでしょうか?
臓器内脂肪、筋肉内脂肪改善には、やはり筋トレが一番なのでしょうか?次回が楽しみです。

2014/03/18 (Tue) 20:48 | ann #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

annさん、こんばんは。

糖質制限でもカロリーオーバーになっていれば、当然脂肪も減りませんから、インスリン抵抗性も改善できません。
それでも食後高血糖にはならないので、やってる本人は「改善している」と勘違いしてしまうのが恐ろしいところです。
その実、じわりじわりと悪化して行き、気が付いた時にはどうにもならないポンコツになります。

糖質制限でカロリー減になっていれば、脂肪も減り、モヤシにはなりますが、改善できるはずです。
が、しかし、ドクターもやし教祖、他、大勢の方は、改善できていません。
(糖質を食べたら、高血糖になる。)
何故かは、私にも解りません。

考えられる理由としては、
1.糖新生が亢進し、PEPCKとG6Paseという酵素の発現が増加するとインスリン抵抗性が高まる。
2.体内でケトン体が増え、PHが酸性に傾くと、インスリン抵抗性が高まる。
3.インスリンの働きが低いと、遊離脂肪酸の放出が増え、高脂肪食と合わさり、インスリン抵抗性を高め、β細胞の機能障害を惹起する。
4.体脂肪が減ったものの、筋量も減り、エネルギー過剰状態に成り易くなっている。

ちなみに、内臓脂肪や体脂肪を減らすだけなら、筋トレでなくとも、運動全般なら何でも良いです。
(強度は高いほど効果あり。)

2014/03/18 (Tue) 22:16 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
モヤシ

王城さんこんばんは、ジムから帰ってきました!最近はジム後のすき家の唐揚げがマイブームです。安くておいしいです、あとはモヤシを茹でて食べるラー油と醤油をかけて食べるのもハマってます!
体までモヤシにならないように気をつけてます、あと最近は嫁がチキンピカタ?なるものをよく作ってくれます。美味しいですよ、王城さんもお試しくださいね!

2014/03/18 (Tue) 23:48 | いままん #- | URL | 編集
Re: モヤシ

いままんさん、こんばんは。

すき屋の唐揚げって美味しいんですか?
私は、すき鍋定食をよく食べます。ご飯大盛りで。
うどんまで入って、糖尿殺し定食です(笑)

チキンピカタは私も好きです。
不良外人の巣窟と化しているマイバーという店の糖尿病のシェフが作るチキンピカタが大変美味しいです。

モヤシは、あまり食べないです(笑)
別に嫌いではないのですが、特に好きでもないです。

2014/03/19 (Wed) 02:33 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する