糖尿予備軍の主婦は糖質制限でどうなったのか?

ちはっす。

メールを頂きました。

こんばんは。いつも拝見しています。
3ヶ月ほど前、食後何気なくやった尿糖検査紙で緑色になり、病院へ行きました。
空腹時血糖値、ヘモグロビン値は正常。後日負荷試験をしましょう。ということになりその日から、糖質制限に手を出してしまいました。
1ヶ月半ほどして、負荷試験をしてみると、驚くほどの結果が出てしまいました。先生もビックリ。このヘモグロビン値では、あり得ない。あって境界型ぐらいだとおもってた。と言っていました。

その後、この方はネットでいろいろ調べる内に、このブログを発見したそうです。
なんて運が良い人なんだ!(笑)
で、早速ジムへ入会し、トレーニングを始めると、あっという間に食後高血糖は解決、今では食後に血糖値を計っても正常ということです。

また一人、カルトの犠牲者を当ブログが救い出しました(笑)

境界型の人が糖質制限に手を出すなんてことは、わざわざ自ら糖尿病になりに行くようなものです。
糖質制限で激痩せすれば耐糖能は悪化、痩せなきゃ脂肪太りのひょうたんでインスリン抵抗性は改善できず、膵臓の機能障害は進んでいきます。
どちらの場合も、血糖値自体は上がらないので、「HbA1cが改善した!」と喜んでいる内に、気付かないままポンコツに成り果てます。

筋金入りのカルトともなると、糖質を食って血糖値が上がると、「やっぱり糖は毒だ!」と糖毒真理教の教義を再確認して喜んだりしますから、こうなるともはや人間終わりです。
糖質を摂って血糖値が上がるのは、「病気」なのです。

それ「糖尿病」です。(笑)

MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック。つまらなかったら懲らしめのためにクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ





twitterでフォローしたい奇特な方は


▼ホエイ・プロテインが安い!特用5kg!

















スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

継続は力なり

おはようございます。いつもありがとうございます^^

またまた吉報ですね! この方もこのブログに出会えてツイてますね、また一人お救いになられましたね(笑)

私も今週に3か月目の検診です、吉報をご報告できますように、「継続は楽しみ」で頑張っています(笑)

ありがとうございます、感謝しています。^^

2014/07/13 (Sun) 00:23 | 55歳のデブジジィ #bPqjyi3g | URL | 編集

こんにちは!
暑いですね

私はアイス日和だー!喜んでいますが
軽度糖尿病の友人から、血糖値あがるからアイスは食べられない、というのを聞くと大変だなぁと思ってしまいます・・・

一生付き合う病気ではなく、治せる〔可能性〕病気だと広まるといいなぁ
糖尿病の女性には筋トレ、高強度なるとなかなか好まないかもしれません。筋力不足、糖分大好き女性こそ大事かと思いますが。。。

私いまや筋トレオタクになりそうです
ビキニ選手の動画やブログ見てモチベアップしてます笑

ちなみに王城さん
早起きですか?
いつも朝みるとブログ更新されてるような
なので毎朝のチェックリスト入ってます☆

2014/07/13 (Sun) 11:15 | えり #- | URL | 編集
Re: 継続は力なり

55歳のデブジジィさん、こんちは。

検査ですか。
ドキドキしますね(笑)
吉報が出るように南無八幡大菩薩にお祈りしときます。

2014/07/14 (Mon) 02:10 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

えりさん、こんちは。

私は今日、コメダでカツサンドとシロノワール食ったんですけどね(笑)

ビキニ動画(女性の)を見ると、いろんなモチベーションがアップします(笑)

ちなみに、私は早起きではなく、朝方近くまで起きてる日がある、ということです。

2014/07/14 (Mon) 02:25 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

おはようございます、南無八幡大菩薩ありがとうございます。
昨夜は家族で(犬2人も含む)お台場のテラスで、
フルコースを腹いっぱい食べました。
そして明日の検査に臨んでやろうと思います(笑)
さあ、どこからでもかかってきなさい。てな気分です(笑)
こんな気分になれたのも、王城師範のおかげです。感謝しています^^

2014/07/14 (Mon) 09:03 | 55歳のデブジジィ #bPqjyi3g | URL | 編集
おめでとうございます。

 糖尿病サバイバーの皆さん本当におめでとうございます。
 
 私ごとですが、私の元パートナーは気づいたときにはすでに糖尿病性腎症を発症していました。なかなか治らない靴擦れで皮膚科を受診して発覚しました。完治まで8か月かかりました。
勧められて目の検査を受けると網膜症も起こしていました。そのころ私も糖尿病という病名しか知らず急いで学習しました。
 
 8年間ほど食事療法で頑張りましたがついに透析を受けることになりました。
 若いころは格闘技をやっていて体力には自信があっただけに腎症、網膜症、脳梗塞などの合併症が一気に押し寄せた時には憔悴しきっていました。
 腎症はたんぱく質を制限しなければならないので王城メソッドを取り入れるには工夫が必要かもしれませんが、20年前に王城さんのブログがあったら・・と思います。
 
 今も糖尿病の女友達がいますが自己憐憫が強く、手を差し伸べることもできずにいます。
 こちらのブログを娘さんに見せてもらうようには伝えましたがどうしたことか。
 
 こちらへお邪魔するたびに、明るく力強く、糖尿病患者を
叱咤激励される王城さんに感心しています。
 ひとりでも多くの方がサバイバーになられるように
祈っています。
 ご自愛ください。
 

2014/07/14 (Mon) 18:03 | ポルコ・サルコぺニア #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

55歳のデブジジィさん、こんちは。

あ、今日が検査だったんですね。
前日にそんな食っていいんでしょうか?(笑)

2014/07/14 (Mon) 18:28 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: おめでとうございます。

ポルコ・サルコぺニアさん、こんちは。

そうですかぁ・・。
若い頃運動していた人というのは、その時の自分のイメージがあるので、逆にそれが災いしたりしますね。
ガンガン食っても太りませんし。
(運動してるからなんですが。)
その後デブになっても、あまりデブに見えませんしね。(実際にはデブなんですが)
私も服着ていれば、全くデブには見えませんでしたからね(笑)

糖尿病も合併症が出てしまうと、それ自体は筋トレでは何ともなりませんから、病院で治療するほかありません。
そうなる前に何とかしなければなりません。
ただ、私は合併症が出てしまったからと言って諦めることはないと思います。
今の状況の中で、自分ができることを精一杯やることが肝要だと思います。
これができない人というのは、糖尿病初期だろうが後期だろうが、結局何もやらないので同じことです。

何もできない奴は、大きな声で挨拶する。
まずはここからです。

2014/07/14 (Mon) 19:26 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

そういえば、私も糖質制限に手を出したことあるわと思い出しました。
何かを何気なく見て(あんまり覚えてない)、タンパク質とビタミンだけ食べれば良いのかーと、面白そうなのでやってみたけど、
やたら炭水化物が食べたくなったのと、たぶん体に合わないと感じたのとでさっさと止めちゃったので(一週間もやってない。5日くらいかなぁ)記憶の彼方だったんですよね~。

その後、体重が増量して、余計なことするんじゃなかったと後悔したっけ。あの時、疲れやすくなったんだっけ。
全くけしからん!医者がデタラメを吹聴するとは!

あの時、このブログがあれば(笑)

2014/07/14 (Mon) 22:13 | めろん #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

めろんさん、こんちは。

まぁ、5日ぐらいならいいじゃないですか(笑)
許したってください。

炭水化物でも何でも、食い過ぎれば良くないのは間違いないです。
ま、しかし、「糖は毒」なんて言い出すと、普通の人に気持ち悪がられますけどね(笑)

2014/07/14 (Mon) 22:47 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

勉強不足で申し訳ないのですが……


耐糖性とは何ですか?


糖を取るほどそれは強くなるのですか?

2014/07/15 (Tue) 23:49 | 匿名のモヤシ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

あなたの場合は、まずインスリンとグルカゴンを調べなさいってば。

ちなみに、糖を摂ったからと言って直接的に耐糖能が強くなる訳ないでしょうが。

2014/07/17 (Thu) 15:44 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
匿名のモヤシ様へ

匿名のモヤシ様。耐糖性とか耐糖能とか言った場合、糖の負荷(例えば炭水化物の摂取など)があった時に、血糖値の急上昇や過剰な上昇を抑えられる、また適切な時間内に血糖値を下げられる能力の事を指しています。『筋トレによって耐糖性が向上した』と言った場合の意味は、簡単に言えば『筋トレで、食後血糖値の過剰な上昇が抑えられるようになった』というような事を言っている事になるかと思います。王城先生のおっしゃるように、まず大切なのはご自分の身体の状態を正確に把握する事です。インスリン量が減少しているのか、インスリンは出ているが抵抗性が増しているだけなのか。

2014/07/17 (Thu) 22:38 | クロ #- | URL | 編集
Re: 匿名のモヤシ様へ

クロさん、こんちは。

この人、名前が未入力だったので「匿名のモヤシ」になってますが、「悟のパパ」さんです(笑)

2014/07/17 (Thu) 23:33 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
インスリンとその周辺知識

王城先生、ご指摘ありがとうございます。
過去の『悟のパパさん』のコメントを読んできました。

悟のパパ様、急に勉強されて、かなり混乱しているようですね。そして王城先生の『実践を疎かにして、やたら理論武装したがる人』に対する厳しさが出ているようです( ̄▽ ̄) 私があなたのコメントを読んで、まず感じたのは、同じ糖尿病でも、インスリン抵抗性を生じているがインスリン分泌能は全く衰えていない状況と、インスリン分泌自体が減っている状態では、身体の生理的状態がかなり異なる事を理解されていないのではないか、という事です。さらに『血中遊離脂肪酸がβ細胞を障害する』という趣旨のコメントもありましたが、これも違うのでは?遊離脂肪酸は、インスリン刺激によるGLUT4のトランスロケーションを阻害する事によってインスリン抵抗性を生むのです。何か色々と根本的に勘違いされていて、どこから指摘すれば良いのか王城先生も困っているのだと思います。一般の方がインスリンとその周辺知識について勉強されるのに適したホームページを発見しましたので、貼っておきますね。
http://hobab.fc2web.com/sub4-insulin.htm

2014/07/18 (Fri) 04:49 | クロ #- | URL | 編集
モチベーションの為の理論

連投失礼します。

悟のパパ様。

私の個人的な見解ですが、我々のように健康な身体づくりを目指す人間にとって、理論とは実践しながら学べば良いのだと思います。私は、大学でこのような生理学を専門にしていましたが、今でも最新のエビデンスだけでなく生理学の基礎についても学び直したりしています。それは今、自分の実践している筋トレのモチベーションを維持させる為です。大切なのは『実践』であり、実践の為に理論を学んでいます。重い合併症や酷い高血圧が出ていない限り、筋トレが非常に有効な手段である事は簡単な理屈です。①筋肉という糖の貯蔵タンクが増大する②GLUT4という貯蔵タンクの入り口が増大する③高強度の筋収縮によるエネルギー枯渇刺激がAMPKを活性化し、エネルギー代謝を改善する、、これらの小学生でも納得できる理屈なので、恐れず実践すれば良いのです。実践しながらモチベーション維持の為に王城先生のブログを読みましょう。

2014/07/18 (Fri) 05:09 | クロ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する