能書き垂れても糖尿病は治らない-1

ちはっす。

連休特別企画です。

コメントのやり取りをしていたら、お釈迦様の教えを思い出しました。
ちなみに、私は仏教徒ではありませんが、10代や20代の頃に、中央公論社の世界の名著シリーズ・大乗仏典とか、鶴舞の古本屋で買った小乗仏教の本とか読んだことがあるというだけです。

こういう話になると、勢いカルトっぽい話になるかと思われるかもしれませんが、それは皆さんの勘違いです(笑)
そもそもお釈迦様というのは、霊魂とか死後の世界とか、そういう与太話は一切語っていないのです。
あちこちに伝搬する内にトンチンカンな話になっただけです。

お釈迦様の教えというのは、究極的には次の言葉に集約できます。

これあれば、かれあり。
これなければ、かれなし。
これ生ずれば、かれ生ず。
これ滅すれば、かれ滅す。

これ以上のことも、以下のことも言っていません。
彼岸の境地(悟りの境地)というのは、これを体得した境地のことです。
その後、2千数百年経ち、この教え(考え)はヨーロッパの孤高の天才・ショーペンハウエルの名著「意志と表象としての世界」に引き継がれます。

ま、そんなことはどうでもいいんですが、お釈迦様の教えの中に「マールンキアの毒矢の話」というのがあります。
ネットでも調べられると思いますので、興味のある人は調べて下さい。
(マールンキアの表記はマールンクアかマールンキャで探した方が良いかもしれません。)
簡単に説明しますと、マールンクアという阿呆な弟子への説教で、例えば毒矢が刺さってる時に、誰が何のために矢を射たか?なんて阿呆なことを考えてないで、とりあえず、矢を抜いて治療せよ、という話です。

ごもっともな話です(笑)

こんな至極当たり前のありがたい話を、二千五百年ぐらい前に既にインド人のおっさんが語っているのに、糖毒カルトを始めとする、治りもしないくせに「糖質ガーーー」等と薀蓄を語ってる連中というのは、二千五百年前の阿呆と全く変わらぬ進歩がない阿呆ということです。

まずは治せ。
まずは、まんじゅう食って血糖値計ってから能書き垂れよ。

ということです(笑)

そんな訳で、前置きが長くなりましたが(前置きだったの??)、今回は、白米食っただけで高血糖になるくせに「糖尿病が改善!」と喜んでいる糖毒間抜けの連中が、如何にトンチンカンな話ばかりしているかということを、皆さんとともに見て行きたいと思います。

何ぶん、この手の話を書くと、ブログのアクセスが急上昇するのです(笑)
「デッドリフトの正しいやり方」みたいな記事は、わたし的には非常にためになる記事だと思うんですが、意外とアクセスが伸びません。
お前ら、本当に治す気あるんか?と言いたくなる時があります(笑)

とは言え、前口上だけで疲れてしまったので、

-つづく-

MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック。つまらなかったら懲らしめのためにクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ





twitterでフォローしたい奇特な方は


▼ホエイ・プロテインが安い!特用5kg!

















スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

いつもありがとうございます^^

今日はお釈迦様など、自分には見解がないので難しくよくわからないですが、最近思うことは自分は糖尿病になって良かった、と思うことがあります。

食事制限や筋トレなどつらいこともあるのですが、自分の意志でやる、やった後の爽快感は、糖尿病にならなかったら死ぬまで味わうことができなかった、と思うことです。

最近厳格だった父がアルツハイマー痴呆症になり、日々進行していく中で、一緒に幼稚園児のドリルをしたり、折り紙を折ったり、軽い運動や散歩をしたりして治療をしています。おそらく完治はしないでしょうが、その病気を受け容れて、あの父とこんな時間が持てることが幸せだな、って思える時がよくあります。


アルツハイマーでなかったらこうゆう幸せな時間がなかったかもしれない。と同じように糖尿病になったことに感謝しています。王城さんのブログと出会い、筋トレの楽しさを味わうことができ、自分の好きなことにも発見し幸せな時間をくれたのも糖尿さんのお蔭です。


前にがんと闘う米国の少年のお話のように、筋トレは癌細胞が大っ嫌いみたいで消えてなくなるように、高血糖さんも筋トレが大っ嫌いみたいです。(笑)

糖尿病を受け容れず糖摂取から逃げていると、そのエネルギーは逆に栄養剤として体をむしばんでいく、ということですね。(笑)

本当にいつもありがとうございます、感謝しています。

2014/07/22 (Tue) 23:49 | 55歳のデブジジィ #bPqjyi3g | URL | 編集
Re: タイトルなし

55歳のデブジジィさん、こんちは。

そうなんですよね。
私も糖尿病になって良かったことがたくさんあります。
逆に悪かったことが見つからないのです(笑)
その辺のところは、あらためて記事に書きたいと思います。

糖尿病というのは、「まんじゅう怖い!」と逃げ回ったところで、そんなものは試合をやらないボクサーが「俺は試合で負けたことがない!」と自慢するようなものです。

「こそこそ逃げ回って判定で勝つより、前出て負けろ!」
と、私の通ってたキックのジムのトレーナーもおっしゃっておられました(笑)

糖尿病というのは、真っ向勝負こそが完治への道です。
「死ぬか、治すか」ぐらいの決意を持った奴は、絶対に治ります(笑)

2014/07/23 (Wed) 02:43 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

おはようございます^^

真っ向勝負を毎日楽しんで生きます。
本当に楽しいです、ありがとうございます。!(^^)!

2014/07/23 (Wed) 09:53 | 55歳のデブジジィ #bPqjyi3g | URL | 編集
Re: タイトルなし

55歳のデブジジィさん、

梅雨明けもしたことですし、今年の夏はブイブイ言わせて下さい(笑)

2014/07/23 (Wed) 18:04 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する