うさぎと亀

ちはっす。

全然関係ないんですが、皆さんご存知の「うさぎと亀」の話です。
今更あらすじは必要ないと思います。

私が初めてこの話を知った時(当然幼少の頃ですが)、「うさぎと亀は共に阿呆」という話かと思ったのです(笑)
うさぎが阿呆なのは、皆さん容易にご理解頂けるかと思いますので、亀が阿呆な理由をご説明致しましょう。
ご存じのように、亀はうさぎから足が遅いことを馬鹿にされます。
その時、亀は何と答えたか?

「なんとおっしゃる?うさぎさん。それなら私と駆け比べ!」

あほか(笑)

せめて、「だったら泳ぎで勝負しようじゃないか。」と、何故言わない?
と、その時は思いましたが、今なら、せめてトライアスロンで勝負すればフェアな戦いになると思います(笑)
そしてこの話の顛末は、この阿呆な亀が、更に阿呆なうさぎのおかげで勝ってしまいます。

「こんなの、阿呆が更なる阿呆に勝ったというだけの話ではないか。」

と、神童と呼ばれた王城少年は思う訳ですが、如何せん幼少時代というのは今より馬鹿でしたから、上手くそれが説明できません(笑)
すると、周りの先生なんかは、私が「努力」とか「脇道に逸れず一生懸命頑張る」ということを否定しているかと思い込み、えらくご立腹される訳です。

例えばこれが、苦節30年、努力に努力を重ねた結果、ついに亀がうさぎに走り勝った!という話なら解りますよ。
しかしながら、単に小馬鹿にされて、売り言葉に買い言葉的に始まった駆けっこで、たまたま間抜けなうさぎが寝てくれたおかげで勝った話の、どこに「努力」とか「一生懸命」なんていう概念が入り込む余地があるのでしょうか?(笑)

ま、百歩譲って、この話に教訓があるとすれば、「過信して油断してはいけない」ということでしょうか。
実際、この話は明治時代の初等科の国語の教科書には「油断大敵」というタイトルで掲載されていたそうです。

割と油断しっ放しの私は、気を付けなければなりません(笑)

MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック。つまらなかったら懲らしめのためにクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ





twitterでフォローしたい奇特な方は


▼ホエイ・プロテインが安い!特用5kg!

















スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

お疲れ様です!

実は王城先生のブログの中で関係ない話シリーズは糖毒系と同じくらい好きです。(笑)
小生もうさぎと亀の話は子供ながらにどこか腑に落ちない話だと思っていましたがそうことだったと納得しました(笑)。
まぁ本来の意味合いや本当に伝えなければならない逸話等は戦後まずGHQに焚書坑儒され残ったのもトンチンカン日教組等が歪めてしまい現在はへんてこりんになってしまっているのでしょうね。

2014/07/28 (Mon) 19:37 | 越後の健康豚 #- | URL | 編集
Re: お疲れ様です!

越後の健康豚さん、こんちは。

この話は、考えれば考えるほど亀の愚鈍さが際立つ話です(笑)

仮にもし、うさぎが途中で寝ないでそのまま勝ってしまったら、恐らく亀は、
「自分らしい走りができなかった・・。」とか、訳の解んないことを言い出すでしょう(笑)

話の発端というのは、「足が遅い」ということをうさぎに指摘(小馬鹿に)されたことです。
馬鹿が「馬鹿」と言われたり、モヤシが「モヤシ」と言われると悔しくてしょうがないように、恐らく亀も同じような心境で、およそその場で取ってはいけない最も最悪な選択をしてしまう訳です。
仮に冷静にそんな判断をしたとしたら、正真正銘の馬鹿ということです(笑)

別に「悔しく思うな!」とか、「怒るな!」という話ではありません。
たいていの馬鹿は、物事を考える時に、感情と事実を切り離せないのです。
ですから、事実や理論を積み立てて結論に至る訳ではなく、自分の願望やら、こんなの嫌だとか、こうあるべきだなんていうことに都合の良い話や屁理屈にもならんことを集めては、理論だと言い張ります。
通常こんなのは、その通りやってみれば望んだ結果にはならないので、すぐに解ることです。

ところが、この話というのは、間抜けなうさぎのおかげで臨んだ結果になってしまうのです(笑)
阿呆が更なる阿呆に勝っただけ、というのはそういうことです。
この間違った成功体験(?)というのは、その後の亀の人生を狂わせるであろうということは容易に想像できます。
恐らく今頃は「糖質制限で痩せても筋肉は減らない!」とモヤシ亀になっているか、糖質食ったら血糖値爆上がりのくせに「糖尿病が改善した!」と本でも出していることでしょう(笑)
はたまた、「集団的自衛権の行使で日本は危険だから海外に脱出する!」と、朝日新聞に投書しているかもしれません(笑)

2014/07/28 (Mon) 21:00 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
あ、そう言えば

少し話が違うのですが糖毒ドクターebブログにマラソンで糖質制限食のランナーが普通の食事のランナーより記録が良かったと喜んでましたよ(笑)。
こいつは一般的にマラソンランナーがレース中にどれだけ糖分補給しながら走っているのか分かってるんでしょうかね(笑)。
まさか記事で紹介されてたランナーが糖尿病とは考えにくいですし、まぁどちらにせよこいつら本人ではないのに「マンセー、マンセー」と自分のことのように喜んでましたわ…哀れですなぁ。

2014/07/28 (Mon) 21:34 | 越後の健康豚 #- | URL | 編集
間違いでした。

先生、すいません、先程の話間違いでした。マラソンじゃなくてチャリでした。うさぎと亀の話から何となくマラソンを連想してしまいました(笑)。まぁこの紹介記事や糖毒ドクターの見解等はどうでもよいのですが、結論として日教組じゃなかった、糖毒教祖は糖質制限食の方がマラソン等の長時間競技は強いそうです。(笑)。
ぷっ。
そう言えば小生は糖毒教祖が実践している「スーパーポンツク食」っていうのを聞くと「スーパーコサックダンス←CRスキージャンプ参照」を連想してしまい吹き出してしまいます。



2014/07/28 (Mon) 22:56 | 越後の健康豚 #- | URL | 編集
糖質制限について

初めてこのブログにたどり着いた者です。
今年1月に糖尿の発症が確認され、それ以降今流行りの糖質制限をやっていました。体重が93→78㎏になり、ヘモグロビンも9.5→5.6になっていて、そのことには満足していたのですが、こちらの内容を知り、驚いています。
こちらのブログを読んで一つ質問がございます。
こちらのメソッドをやった場合には、筋肉増強により短期中期的には血糖値が改善されるのは理解できるのですが、糖分摂取に伴うインシュリンの分泌増加により長期的にβ細胞の機能低下が進むということはないのでしょうか?

2014/07/29 (Tue) 01:28 | yamada #- | URL | 編集
Re: 糖質制限について

yamadaさん、こんちは。

質問の意味がよく解らなかったのですが、糖分を摂取してインスリンの分泌が増加するのは、普通に健康であるか、膵臓が正しく機能しているからです。
それ自体がβ細胞の機能低下になるなら、健常者や普通に炭水化物を食べている私などは、確実に機能低下が進んで行かなければなりません。
当然のことながら、β細胞の機能低下というのは別の理由からです。


2014/07/29 (Tue) 05:45 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 間違いでした。

越後の健康豚さん、こんちは。

「お前がやってみせろ、馬鹿。」という話ですね(笑)

まぁ、しかし、マラソンやチャリンコというのは、小男でモヤシの方が圧倒的に有利ですから、あながち間違いでもないかもしれません(笑)
市民マラソンレベルの話ですが。

とは言え、ライオンのようなしなやかな筋肉(?)では、マラソンはできないんですけど、言ってることがチグハグというか滅茶苦茶ですね(笑)

2014/07/29 (Tue) 06:05 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

いつもありがとうございます^^

この暑さ耐え切れずに、葉山の海へ銛突きに二日連続行ってきました

残念ながら魚はつけませんでしたが

サザエさん、たくさん。鮑さん2つ。大漁でした(密漁?笑)

海っておなかがすきますね

帰りに背油こってりのラーメンや、大盛り餃子定食など糖質バンバンいきました。(笑)

これも、先生のメソッドを実行していなければ、一生不可能でした、感謝してまーす。

次回は集団的自衛権を行使いたします(笑)

2014/07/29 (Tue) 14:23 | 55歳のデブジジィ #bPqjyi3g | URL | 編集
Re: タイトルなし

55歳のデブジジィさん、こんちは。

昔、知り合いのおっさんから釣りに誘われた時、
「魚釣りに行くなら、最初から魚屋で買えばいいじゃん。」と言ったら、
「魚屋は風俗、釣りはキャバクラなの!」と言われ、なんとなく納得しました(笑)
キャッチ&リリースなんて、正にキャバクラの醍醐味のような気がします(笑)

最近、暑いんで毎晩アイスチョコモナカを食ってます。
これひとえに私のおかげと感謝しています(笑)

2014/07/29 (Tue) 19:42 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

こんばんは、王城先生

バーベルが届くのにしばらくかかるので

公営のジムへ行ってきました。

ジムの機材を見てショボっと思ったんですが

自分には十二分すぎました。

半年後を夢見て精進します。

2014/07/29 (Tue) 20:05 | モビリオ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

モビリオさん、こんちは。

名古屋の公営ジムは区ごとにあるんですが、ウエスティンホテルのジムより広くて設備が良いです(笑)
1カ月1600円で、使いたい放題です。
難点は、いつ行っても混んでることでしょうか。
ウエスティンホテルは、日曜の夜に行けば私一人しかいません(笑)
別の意味で使いたい放題です。

ホームトレーニーの方は、たまにジムへ行くと刺激になりますよ。

2014/07/30 (Wed) 01:31 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する