たった6秒の高強度運動で健康を維持できる!

ちはっす。

糖尿病改善のための筋トレというのは、「筋トレ」ではなく「高強度筋トレ」です。
筋量増加のための筋トレも同様に、「筋トレ」ではなく「高強度筋トレ」です。
何が違うのか?というと「高強度」で行うのです。
何のこっちゃ?と思われる方は、再び説明するのが面倒臭いので、過去記事をご参照下さい(笑)

で、これも過去に書いたことですが、有酸素運動というのも普通にチンタラやるよりも、インターバルエアロビクスという手法でやった方が効果があります。
インターバルエアロビクスというのは、高強度と低強度を交互に繰り返すという手法です。

結局、運動というのは何をやるにせよ高強度でやった方が効果が上がるのです。
当たり前と言えば、当たり前ですが。

ま、あと、高強度運動のメリットは短時間で済ませられることです。
毎日30分、深夜徘徊のようなウォーキングをやるよりも、週3回30分の高強度運動をやった方が圧倒的に効果が違います。

更に、高強度運動は、精神が鍛えられます。
本来なら糖尿デブのようなグ~タラこそ、高強度運動で根本から精神を鍛え直すべきです(笑)
もちろん、カルトに走る様な精神が歪んだ者も、高強度運動で更生すべきです。
健全な精神は、健全な肉体に宿るのです。
ただ、残念なことに糖毒カルトの場合、筋グリコーゲン不足で高強度の運動ができません(笑)

そんな訳で、↓の記事です。

たった6秒激しく運動すれば健康を維持できることが明らかに

ソース記事はこちら↓
Six seconds of exercise 'can transform health'

6秒ぐらいなら、糖毒カルトでもできるのではないでしょうか?(笑)

MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック。つまらなかったら懲らしめのためにクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ





twitterでフォローしたい奇特な方は


▼ホエイ・プロテインが安い!特用5kg!

















スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

おはようございます。王城先生。

一月程前からTABATA式トレーニング

(20秒ダッシュ10秒レストを8セット)を

2日から3日に1回取り入れてるんですがこれは

高強度トレーニングの部類に

入るんでしょうか?

2014/07/30 (Wed) 09:40 | モビリオ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

モビリオさん、こんちは。

20秒ダッシュして10秒しか休んでいないのですから、十分高強度ですよ。

2014/07/30 (Wed) 17:42 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

この記事とコメントを拝見してtabataトレーニングに興味を持ったのですが、ダンベルデッドリフトとスクワットをtabata式で行うのは有効でしょうか?
ちなみに膝蹴りと中腰でのシャドーボクシングで8回1セットで凄い息切れでした。体脂肪落とすにはいいかなと思ってます。

2014/08/01 (Fri) 16:25 | にゃじら #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

にゃじらさん、こんちは。

デッドリフトとスクワットをTabata式で行うというのは、具体的にどういうトレーニングになるのでしょうか?

と言いますかですね、この二種目の場合、普通に重量を上げてやれば十分高強度だと思うんですが、更に強度を上げるとか?


2014/08/01 (Fri) 19:48 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

tabatで検索しましたら、デッドリフトやスクワットのハイインパクトトレーニングにも有効と記載があったのですが、具体的な方法が書いてなかったので質問してしまいまし。そこで質問できたらや良かったんですがコメント欄等無かったので、こちらに質問してしまいました。
現状は自宅トレでダンベルは最大10キロ(片方)まで増やせますが、数年前に手根管症候群になり、その為腕や手に負荷を賭け過ぎると痛みや痺れが起こります。そのため現在は片方8.5キロで限界、というか痺れが時々出ます。手と腕以外はもっと重量増やしていい感じなんですが。
スクワットは余り好きではないんですが、デッドリフトは割と好きなので、なんとか手に負担にならずに高負荷にできないかと思ったんです。

2014/08/01 (Fri) 22:57 | にゃじら #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

にゃじらさん、こんちは。

そうすると、やはり、20秒間ひたすら続け10秒休憩を8セットということになるのでしょうか。
超短時間でできますが、かなりキツそうですよね。
一度やってみて感想下さい。
高強度であることは間違いなさそうです。

2014/08/02 (Sat) 07:00 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

度々ご返答ありがとうございます。
実は昨日既に試してみました。
デッドリフトに関しては、20秒という時間制の為つい焦りがちになりフォームを保つ事が頭から離れがちになるため、今後気をつけなきゃと思いました。
スクワットは自重で両腕で反動を付けたテンポの速いやり方で行いました。
キツイはキツイですけど私は少しせっかちなのでインターバルが少なく短時間は良いです。
あと最近殆ど筋肉痛が出なかったのですが、今朝久々に出ました。
ちなみにやり方が下手なのか今までデッドリフトで背中に筋肉痛は出た事ないんですが、今朝から脇腹辺りが痛いです。ただ腰椎付近が痛いのはフォームが崩れていたせいかと。
とにかくしばらくtabata式取り入れ試行錯誤しつつやってみます。

2014/08/02 (Sat) 09:42 | にゃじら #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

にゃじらさん、こんちは。

私が思うにですね、「20秒」にこだわる必要はないと思いますよ。
要するに、如何に高強度でやるか、ということなので、30秒でも40秒でも良いと思います。
それよりも、フォームが崩れるほうがよろしくないと思います。
筋トレで対象筋にしっかりと効かすには、やはり正しいフォームが重要です。
特にデッドリフト、スクワット系はフォームが悪いと、腰や間接に負担がかかり痛めたりします。
ですから、フォームだけは、いつ何どきでもしっかりと意識しながらやるようにしましょう。

2014/08/02 (Sat) 18:28 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する