筋トレと有酸素運動

ちはっす。

良い子のみんなのご質問にお答えするコーナーです。

ブロクの記事で、筋トレと有酸素運動を一緒にしてはいけないとありましたが、筋トレとコアトレもしくは体感トレーニングも同じですか?

「やってはいけない」という話ではなくて、有酸素運動をやる余力があるなら高強度の運動で追い込んだ方が効果がある、ということです。
つまり、効率の問題です。

例えばこれが、趣味で運動をされている方とか健康のために運動をされている方なら、全く問題ではないことで、筋トレの後に有酸素運動でも凧揚げでも双六でも何の問題もありません。
しかしながら、糖尿病治療を目的とするなら、高強度の運動で追い込んだ方が短時間で済ませられるし、早く改善できるのです。
もちろん、如何なる運動もやらないよりはやった方が効果がありますが、早く治った方が良いに決まってますから。
その辺の理由については、
血糖コントロールには有酸素運動よりも高強度運動の方が優れている
か、またはその他過去記事をご参照下さい。

但し、筋トレ初心者の場合、「追い込む」ということが感覚的に解らない場合があります。
何を何kgで何セットやれば追い込めるという訳ではないからです。(個体差がある。)
簡単に見極める方法は、動けなくなれば完全に追い込めてる訳ですが(笑)、これ以上持ち上げられなくなっていれば、追い込めてると言えます。
初心者の場合は、なかなか追い込んだ状態まで持って行くのが難しいかもしれませんから、最初の内は筋トレ後エアロバイクやトレッドミルをやるのも一つの手です。
当然その場合は、チンタラやるのではなく、ダッシュを繰り返すインターバルエアロビクスでやった方が効果があります。

MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック。つまらなかったら懲らしめのためにクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ





twitterでフォローしたい奇特な方は


▼ホエイ・プロテインが安い!特用5kg!


















海外で流行りのダイエット薬や食欲抑制剤の個人輸入代行・通販
正規品保証つきの海外医薬品なので、ダイエットや食欲抑制で薬やサプリの補助がほしい人にとって安心できます。

スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

王城さん こんにちは。

以前、ブログでたしか「糖尿病はスクワットとデッドリフトだけで治せる!」とおっしゃっていましたが、
実際、スクワットとデッドリフトだけで糖尿病を完治させようとする場合、
セット数や週何回くらいがいいですか?

あれもこれも・・・は面倒くさいし(笑)、時間ももったいないので
キツイけどスクワットとデッドリフトで完治させたいです。

2014/08/04 (Mon) 12:13 | モモ #- | URL | 編集
右肩を痛めました(ToT)

王城先生こんにちはです。

とうとう右肩をやってしまいました^_^;
今までも痛みはあったのですが、だましだましやってましたがフロントレイズで少し無理をしてしまいました。
ズボンの後ろポケットの財布が取り出せない等、日常生活でもかなり影響が出たので先日整骨院に行ったところアウターとインナーマッスルとのバランスが非常に悪い為関節に筋肉が挟まり炎症がおきているようです(*_*;
肩に関してはしばらくアウターよりインナーを中心に鍛えるよう切り替えます。
せっかく肩もいい感じで大きくなってきていたので残念ですが・・・
早く痛みがマシになるように頑張ります<(_ _)>

2014/08/04 (Mon) 12:46 | 米ちゃん #- | URL | 編集

度々スイマセン・・・

やっぱり何セットくらいとはいえないですよね。
追い込めるまでですよね・・・

しっかり追い込めるのなら、週3回くらいでも大丈夫でしょうか?

2014/08/04 (Mon) 15:05 | モモ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

モモさん、こんちは。

もし私が再び糖尿病になったら、スクワットとデッドリフトだけで余裕で治せます。

これを行う場合、当然高強度でやるのは当たり前のことなんですが、スクワットの場合は、自重のちんたらスクワットではなく、バーベルかついでのフルスクワットです。
(巷のスポーツジムで爺がやってるようなカクカクスクワットではなく、フルスクワットです。笑)

デッドリフトも、バーベルでの床引きになります。

何故ダンベルでなくてバーベルかと言いますと、ダンベルの場合、セット数を増やして行くと先に手が疲れてしまいますし、高重量を扱えないからです。
二種目に限定する訳ですから、最大負荷をかけられるようにします。

セットの考え方は、ウォームアップセットから徐々に重量を上げて行き、2~3回が限度の重量まで上げて行きます。
そこまで行ったら、今度は徐々に重量を下げながらセットをこなします。
重量を下げながらやる場合は、回数に関係なく毎セット限界回数までやります。
そして、逆さに振っても鼻血も出なくなったら終了です(笑)
(つまり、セット数は関係ない。)

当然のことながら、週2~3回が限度です。
(筋肉痛が残るのでできない。)
私なんぞは、足のトレーニングは今でも週1回しかやってません。

2014/08/04 (Mon) 19:26 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 右肩を痛めました(ToT)

米ちゃん、こんちは。

肩は痛め易いですから、ストレッチとウォームアップを念入りにやらねばなりません。
特におっさんやジジイは。

しばらく安静にすべきでしょう。
その間、足とデッドリフトやればいいじゃないですか。

私も、今、肩と膝の調子が悪いので、往生こいたです(笑)

2014/08/04 (Mon) 19:32 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

わざわざお返事ありがとうございます。

2~3回が限度の重量ではまだやったことがないので
少しずつ挑戦していきたいと思います。

ありがとうございました。

2014/08/05 (Tue) 21:19 | モモ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する