糖は毒

ちはっす。

今回は、「糖は毒」ということについて述べてみたいと思います。
ご存じの通り、「糖は毒」というのは、糖毒真理教の第一教義です(笑)
何を差し置いても、糖は毒です。
これがなければ、全ての辻褄が合わなくなってしまうぐらいの神聖にして不可侵の教義です。
そもそも、この教義があるからこそ、ドクターモヤシ教祖が糖質食って血糖値爆上がりでも、信者は有難がってくれるのです。
糖質食って高血糖になるのは、悪いのは「糖」なんですから、むしろ教祖はそれを体現してくれている有難い存在なのです。
普通の人に「糖質制限13年続けて糖尿病改善しました!(糖質食ったら高血糖になるけど)」なんて言っても、
「糖質食って高血糖になるのを糖尿病っつうんだ、この馬鹿。」と言われるのが関の山です(笑)

糖毒カルトは、よく「必須アミノ酸や必須脂肪酸はあるけど必須糖質はない!」と、得意げに語っています。
たいていの信者は馬鹿ですから、「おお!なるほど!パラダイムシフトだ!」と、おしっこちびりそうになっています。
「必須糖質」なるものがないからと言って、それが全く不必要なものかどうかというのは、人間の身体の仕組みをちょっと考えてみれば阿呆にでも解ることです。

必須アミノ酸や必須脂肪酸なんかは、摂らなかったからと言ってすぐには死にません。
じわりじわりと弱って行って、その内病気になるぐらいのもんです。(最終的には死ぬ。笑)
もし仮に、人間の体内で糖を作ることができず、糖を摂取しなければ即効で死ねます。
それぐらい緊急を有するものなので、生物の長い進化の過程で体内で糖を作るシステムが出来上がったと言えます。
実際、血糖低下に対する身体のバックアップシステムは、何重にもなっています。
最初に血糖が低下してくると、インスリンの分泌が極端に低下します。
次にグルカゴン、アドレナリンが大量に放出され始めます。
更に、成長ホルモンが放出され、コルチゾールの分泌が亢進します。
こうして、ありとあらゆる手段を使って、肝臓の糖放出と糖新生を促します。
かくも重要なものを「毒」とは、その内連中には仏罰でも当たるに決まってますが、そもそも毒を体内で作るか、馬鹿、という話です(笑)

当然のことながら、糖質を摂らないからと言って糖尿病が治らないことは、モヤシ教祖並びに数々の信者のポンコツぶりを見れば明らかなことです。
もう、連中の存在自体がエビデンスです(笑)
では、糖質を摂りさえすれば糖尿病が治るのか?というと、当然そんな訳はありません。
糖質というのは、我々にとって欠くことができないエネルギーであり、摂り過ぎればデブになり、摂らなさ過ぎればモヤシになります。
これ究めて当たり前のことなんですが、当たり前のことというのは突拍子もないことに比べると、世間的な受けが悪いと言いますか、インパクトに欠けるのです(笑)
どちらかと言えば、突拍子もないことを「パラダイムシフトだ!」なんて言った方が、馬鹿は喜びます。
そういう意味では、実は私は糖毒カルトの皆さんには、本当に感謝しているのです(笑)
もし彼らがいなかったら、このブログは当たり前のことを当たり前に書いてるだけのつまんないブログになっていたと思います。
「糖質制限で糖尿病が改善!と言いながら、糖質食ったら高血糖」という最高のボケ方をしてくれるからこそ、私のツッコミが生きる訳です。
往年の「てんやわんや」の漫才も、瀬戸わんや師匠がいたからこそ、獅子てんや師匠が輝いていたのです(笑)

ところで、このブログを最初から読んでくれている良い子のみんなは既にご存じだとは思いますが、私は実は、糖質制限そのものを全否定している訳ではありません。
私が嫌いなのは、カルトと馬鹿です(笑)
私のスタンスというのは、どちらかと言えばADA(全米糖尿病協会)のそれと似ています。
(詳しくは、【全米糖尿病協会(ADA)が糖質制限を認める!】をご参照)
ADAの言っていることは、簡単に言えば、「デブはカロリー制限でも、地中海ダイエットでも、糖質制限でもいいから、とりあえず痩せろ。」ということです。

ちなみに、ADAが言う糖質制限というのは、糖毒カルトのような「糖質を絶て!」というものではなく、「糖質を減らす」ものです。
糖質制限を行う場合でも、「飽和脂肪の摂取量は、総カロリーの7%未満にすべきである。」と言っています。
まぁ、糖尿病患者に高脂肪食を勧める馬鹿なんてのは、糖毒カルトぐらいのものですが(笑)

MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック。つまらなかったら懲らしめのためにクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ





twitterでフォローしたい奇特な方は


▼ホエイ・プロテインが安い!特用5kg!


















海外で流行りのダイエット薬や食欲抑制剤の個人輸入代行・通販
正規品保証つきの海外医薬品なので、ダイエットや食欲抑制で薬やサプリの補助がほしい人にとって安心できます。

スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

毒のさしいれ

王城さんこんにちは!
筋トレ日数は少し減りましたが、楽しく頑張ってます! 完全に日常として組み込まれた感じです、うまいこといってます 笑

先日、仕事中に近所のデブのおばちゃんが「糖質オフアイス」なるものを差し入れで頂きました、おばちゃんには「みんなそろそろ気になるでしょ~笑」と言われ「ほー、これは気になりますね~」と、パクパク食べました。

気になる糖質量は15㌘前後でした。あ~!残念、これはモヤシ教の人たち食えねーなぁ!
と、気の毒になりました 爆
自分はアイスの後おばちゃんとショッパイお煎餅もボリボリ食べて満足でした。
これも筋トレと王城さんのおかげです。

王城さんも見つけたら食べてみてください!普通のアイスより少しあっさりしてまあまあ旨かったです!

2014/08/05 (Tue) 12:44 | いままん #- | URL | 編集
Re: 毒のさしいれ

いままん、こんちは。

やはり、夏はアイスとフラペチーノですね(笑)
私は、ここんとこ毎日セブンイレブンでチョコモナカアイスを買って食ってます。

糖質オフアイスで糖質量15gだったら、糖毒カルトは命懸けで食ってるんでしょうか?


2014/08/05 (Tue) 16:23 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

王城さん、こんにちは。
大変お世話になっています。
 私は糖尿病ではないのですが、いつも勉強させていただいています。高強度筋トレと糖尿病の関係については「アデノシン三リン酸」という旗本の次男坊のような名前だけが記憶に残っているにすぎませんが・・
 BMIが24なので減量しているつもりなのになかなか痩せず、何をやってもだめだ、とあきらめかけていたところに王城さんの「引き算でしかない」という一言で、気づいたのです。 食品交換表が頭に入っているので食事は考えて作るのに、それ以外にいろいろ食べていました。その余分なものを食べるのをやめて、我慢できない時にはプロテインを飲んだり、キュウリをかじったりして凌いでみたところ、1か月で2キロ減りました。もちろん筋トレも続けてきました。耐えられないような空腹感もなくなりました。
 体調もいいので、この調子であと5キロ減らしたいと思います。そうしたらフラペチーノ食べようと思います。(実は甘いものは欲しくなくなっています)
 
 おばはんの筋肉痛は2日後に来るので要注意です。
 
暑い日が続きます、ご自愛ください。

2014/08/05 (Tue) 18:50 | ポルコ・サルコぺニア #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ポルコ・サルコぺニアさん、こんちは。

ほんと暑いですよね~~~。

体重の増減というのは、最終的にはカロリー収支でしかありません。
余ったエネルギーというのは、使うか貯めるか捨てるか以外に行き場がないのです。

とは言え、個体差があるのでカロリー計算というのは、ある程度の目安にしかなりません。
同一個体でも、体組成や代謝能力が変われば、もはや数値は変わってきます。
例えば私の場合、カロリー制限していた頃は、おおよそ1日2100kcalでしたが、今そんな数値まで落としたら、即効で激痩せしてモヤシになってしまいます(笑)

重要なことは、何をどれぐらい食べたらどうなるか?ということをアバウト把握して置けば、調整が簡単になります。
あと、体重を減らすことに固執しない方が良いと思います。
減らすべきは、脂肪なのです。

↓の写真をご覧頂けると意味がよく解ると思います(笑)
http://livedoor.4.blogimg.jp/hamusoku/imgs/b/9/b97ff779.jpg

脂肪が減ったかどうかを確認するには、鏡と写真が一番です。
体脂肪計というのは、筋量が増えれば増えるほど誤差が大きくなります。
詳しくは↓をご覧ください。

体脂肪計の嘘
http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-131.html

2014/08/05 (Tue) 19:48 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

こんにちは。
 脂肪は想像以上に嵩が大きいですね。健診で医師に「高校時代と体重が同じ・・」と自慢して「昔は筋肉でしたから・・」と言われたことを思い出します。
 つい体重を減らすことに固執しがちになりますが、こちらのブログのおかげで、正気に戻ることができます。
 老後の楽しみに写真は撮っておこうと思います。
体組成計、買わなくてよかったです。
アドバイスありがとうございます。

2014/08/06 (Wed) 15:54 | ポルコ・サルコぺニア #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する