インスリンとドーピング

ちはっす。

オリンピックやスポーツ界で時々話題になるドーピングのお話です。
ドーピングと言えば、アナボリックステロイド(筋肉増強剤)で、ボディビル業界でも話題となります。
日本の場合は、ドーピングのチェックに結構厳しく、ナチュラルなビルダーがほとんどなのですが、海外のプロ・ビルダーとなると、逆にナチュラルがほとんどいません。
プロレスラーにもステロイドユーザーは多く、往年の名レスラー、ダイナマイト・キッド(初代タイガーマスクのライバル)は、今はステロイドの後遺症で車椅子生活を送っています。
米国のプロレス団体・WWEでは、クリス・ベノワの一家心中事件以来、ドーピングチェックを義務化し、違反者を処罰するようになっています。

で、ボディビル業界でアナボリックステロイドとともに人気なのが、インスリンなのです。
インスリンの持つ筋肉同化作用と抗異化作用を早くから取り入れています(?)
他のメリットしては、ステロイドよりも安く入手でき、ドーピング検査で見つかりにくいということがあります。
デメリットは、致死量を上回れば、死んでしまうことです。

糖尿病患者の筋肉が減少してしまうことも、納得して頂けると思います(笑)

何でこんな話をしたかと言いますと、時々インスリンを処方されている方からご相談されることがあるのです。
インスリンの煩わしさや、インスリンを打っていると自分が病人ということを思い知らされ気が滅入る、etc.

何言ってんですか?!

インスリンを合法的に使えるなんて、そんな良いことないじゃないですか?(笑)
理由をご説明しましょう。

まず、たいていそういう相談をくれる方は、HbA1cも9~10以上のデブの方です。
そして、それぐらいのデブというのは、カロリー制限をして高強度で筋トレをガンガンやれば、インスリン抵抗性なんぞものの1カ月ほどで改善できます。
ところが、インスリン抵抗性自体が改善しても1カ月後のHbA1cは、せいぜい8前後です。
つまり、2ヶ月目以降というのは、インスリンでドーピングしているのと同じなのです(笑)

こんなチャンスは、一生に一度あるかないかです。
せっかくインスリンを処方してもらいながら、筋トレをやらない奴は阿呆なのです(笑)
ここで、最もやってはいけないことは、インスリンを処方されながら運動もせず、グダグダ食っていつまで経っても痩せない豚です。
確実に糖尿病は悪化して治らなくなります。

そういう訳ですから、インスリンを処方されたデブは、全く悲観する必要はないどころか、むしろ感謝すべきです。
注意点は、常時ブドウ糖を携帯すべきで、トレーニング以外の時も、万が一のことを考え携帯すべきです。
でないと、本当に死の危険性があります。

MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック。つまらなかったら懲らしめのためにクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ





twitterでフォローしたい奇特な方は


▼ホエイ・プロテインが安い!特用5kg!


















海外で流行りのダイエット薬や食欲抑制剤の個人輸入代行・通販
正規品保証つきの海外医薬品なので、ダイエットや食欲抑制で薬やサプリの補助がほしい人にとって安心できます。

スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

インスリンが必要なデブ

王城先生
ご無沙汰してます

インスリンが、手頃なドーピングアイテムであることは有名でしたが(私は某元力士が暴露した時に知りました)
意外と簡単には手に入らないものです。

ソースは俺

きっと私の担当医は、デブかモヤシが好きで、マッチョが嫌いなのでしょう(笑)

2014/08/22 (Fri) 15:15 | 北のデブ代表 #- | URL | 編集
Re: インスリンが必要なデブ

北のデブ代表さん、こんちは。

私も入院を勧められた割には、インスリンを処方してくれませんでしたね(笑)
ま、しかし、アマリールでも十分ドーピングですよ。
低血糖で倒れそうになるぐらい効いてましたから。

2014/08/22 (Fri) 17:18 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
日焼けが痛い!

先生、我が家は3日程家族旅行してきました、少し羽目を外し牛丼やら寿司やら食いまくりました。
まあこんな時はこんなもんです。
元々食いまくる予定で、旅行前日にデッドリフト頑張ったかいがあり回転寿司10枚位と揚げ物等たらふく食って血糖値が1時間後でも108で2時間後は二桁ありました(まだネシーナ飲んでますが)、死にますがスクワットとデッドリフトは強烈に効きます(笑)。
ところで、旅行中埼玉県の川越水上公園プールというでかいプールに行ってきたのですが、以前は他の人の身体はあまり気にならなかったのですが、筋トレしてると他の方の身体が目についてしょうがありませんでした(オナゴのけつじゃありませんよ。)
)(笑)。
まだまだでありますが来年の今頃には泣く子も黙る身体になって見せます!。
で、他の方の身体は半分デブ、3分の1はガリ、残りがまあまあと僅かにかっこいいとの感想でありました。
本日はまたスクワット等やってきました!。
ただし、暑さと疲れに負けレッグプレスがMAX120キロとしょぼいのしかあがりませんでした(泣)。



2014/08/22 (Fri) 20:51 | 越後の健康豚 #- | URL | 編集
初めまして

初めまして。2ヶ月ほど前から王城さんのブログを拝見させて頂いています。

当方、1年前に糖尿病と診断され(その時のHbA1cは16.7、身長161cm、体重は52kg、一番太っていた時の65kgから13kgも痩せた状態での発覚です)、すぐさま点滴でインスリン打たれて、3日間で血糖値が基準値内まで下がりました。退院時に薬剤師から薬を貰って、栄養士からエネルギーコントロール食の方法を教わって、いよいよ糖尿生活の始まりです。

・・・さて「運動と食事制限の開始だ!」といきこんでいた矢先に、逆流性食道炎と言う病気に罹ってしまい、食事制限どころじゃなくなってしまいました。(逆流性食道炎は物を食べると吐き気がする病気なのです。しかも痛くて苦しくて歩く事もままなりません。)

中略(笑)

そんなこんなで、今年の1月頃にはモヤシやひょうたんよりも酷いガリガリ人間になってました。しかしその頃には逆流性食道炎の病状が良くなりつつあったので、糖尿病に良いとされるウォーキングを朝昼晩と始めることにしました。そして4月からはジョギングの開始・・・したのもつかの間、6月に太腿を痛めてしまい、しかも消化器内科の先生から「胃に悪いから食後のジョギングは止めて下さい」との指示が下りました。

そう、この時です、運命的な出会いがあったのは!絶体絶命と思った矢先に、王城さんのブログを見つけてしまったのです。王城さんの記事に目から鱗が落ち、藁をも掴む気持ちで自重の腕立てと腹筋を開始、そして2か月後には自分でも筋肉が増えているのが分かる状態までになりました。そして月イチの病院での血糖値検査で、食後2時間の値が70mg、HbA1cは毎日ジョギングしている時とほぼ同じ5.6%と言う結果が!(検査の前の食事は、6枚切りのトースト2枚、ウインナー2本、ジャムたっぷり、ささ身と野菜のポン酢和え、野菜サラダ)

普通に食事をしていても血糖値が上がらないどころか、低血糖スレスレじゃないですか!もう驚きです!これだけ血糖値が下がると、薬を飲むのが怖いくらいです。(薬はジャヌビアとメトグルコ)
この時点で確信しました、王城さんのメソッドは最強じゃないかと!そして一昨日から区のトレーニングジムに通いだしました。高強度筋トレの開始です。今までは適度な糖質制限をしていましたが、一昨日からはカロリー制限食に切り替え、少しでも前に進もうと奮戦中です。今の体重は49kg、高強度筋トレに慣れるまではこの体重を維持して、慣れてきたら少しづつ体重を増やしていこうと思っています。

本当にありがとうございました。王城さんのブログに辿り着かなかったら、今頃は途方に暮れていたと思います。これからも応援しています。カルト教に負けないように、多くの糖尿患者を救って下さい。切な願いです!それでは・・・長文、失礼しました。

2014/08/23 (Sat) 06:49 | sai #SFo5/nok | URL | 編集

うーん。そうなんだ、と改めて納得しました。筋トレをしながらインスリンを使えば、糖の細胞への取り込みを手伝ってくれるので筋肉がつきやすいと解釈してよろしいでしょうか。

今まで、糖尿病患者は糖の取り込みが悪く、そして食事前に筋トレを行うと低血糖を起こすというデメリットばかりに視点がいっていました。言われてみれば単純な理論なんですがまったく発想が浮かびませんでした。

ありがとうございます。
患者さんに楽しい糖尿病人生を歩んでもらうのにとても約に立っています。

2014/08/23 (Sat) 10:09 | アン #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/08/23 (Sat) 10:14 | # | | 編集

いつもありがとうございます^^

「王城メソット」を開始して4か月目に入りましたが、おかげさまで体重は90.6kgから今朝71.6kgと、A1cは5.6へと大改善しました。(デブからもやしになっています(笑))

重量も徐々にUPしながら、かなりあげられるようになりましたが、神経系の影響で筋量はおそらく増えていないでしょう。ただ、鏡の前ではまるで別人28号です(笑)

食事制限もほぼ解除しましたが、体重が少しずつ減ってきます、明らかに筋肉に介入して基礎代謝が上がっていると思います。

それと今回のインスリンですが、私のようにおそらくインスリン分泌が低下していても筋トレによって、筋肉内のグリコーゲンが減ったので、血中の糖を取り込みグリコを産生するときにインスリンを必要としていないことが、筋トレの強度、頻度など糖摂取、薬の服用などで肌感覚でわかるようになりました。(気のせいでしょうが(笑))

そこでご相談なんですが、商号変更を
「55歳のデブジジィ」
   ↓
「横浜のいけいけ55!」に変更したいのですが、先生の許可を上申します(笑)


毎日ブログ楽しみにしております、ありがとうございます。

2014/08/23 (Sat) 13:25 | 55歳のデブジジィ #bPqjyi3g | URL | 編集
Re: 日焼けが痛い!

越後の健康豚さん、こんちは。

海やプールへ行くと、デブとモヤシとひょうたんがほとんどですね(笑)
時々、世間一般的に「細マッチョ」と称される者がいますが、あれは日本でしか通用しないです。
グローバル社会では、完全に「モヤシ」です(笑)

2014/08/24 (Sun) 00:27 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 初めまして

saiさん、こんちは。

とりあえず、改善・完治に向けての方向性が見えただけでも、大進歩ではないでしょうか。
後は、続けるだけです。
続けて行けば体型も変わって来るので、面白くなり益々続けられるという好循環になると思いますよ。

ま、治りもしないモヤシやひょうたんなど束になってかかって来なさい、という感じです(笑)

2014/08/24 (Sun) 00:35 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

アンさん、こんちは。

ドーピング業界(?)では、インスリンの持つ筋肉合成と抗異化作用を狙って使っています。

糖尿病になると、とかく高血糖ばかりクローズアップされますが(糖が吸収できない)、実は同時に筋肉も減少しているのです(筋肉合成と抗異化作用が効かない)

そもそも高齢者というのは、加齢により筋肉減少→耐糖能悪化で、糖尿病になると更に筋肉が減ってしまいます。

2014/08/24 (Sun) 00:48 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

55歳のデブジジィさん、こんちは。

そうですね。
71.6kgでしたら、もはやデブジジイではないですもんね。
「横浜のいけいけ55」でよろしいかと思います。
来年56に変わるんですか?

2014/08/24 (Sun) 02:18 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

王城さん、お返事を有難うございました。

僕が一番痩せた時の体格は、お腹だけが出て、その他の部位は骨皮状態・・・まるでビックリひょうたん人間状態でした。

その姿を鏡で観る度に、「長生きできないかもしれない・・・」と本能が叫んでおりました。それとそのひょうたんみたいな身体つきが嫌で嫌で、自分に自信が持てなくなりました。

糖質制限をしてひょうたんみたいな身体になっている人達は、自分の身体を見て泣けてこないのでしょうか?僕は絶対に嫌です。糖質制限をしなければ死んでしまうと言うなら話は別ですが、その他に糖尿病を寛解させる手段があのなら、まずはそちらを試してみる。糖質制限はそれが失敗してからでも遅くはないのではないかと思うのです。

ひょうたんからもやしになったばかりの人間が、こんなに偉そうに語ってしまいちょっと恥ずかしいのですが、後ろ向きよりも前向きに一歩づつ前進して生きいる人達の方が僕は好きなんです。

2014/08/25 (Mon) 14:32 | sai #SFo5/nok | URL | 編集

王城さん、度々失礼します。

カルトの教えで、「狩猟・採集時代700万年間に対して、穀物を日常的に食べ始めたのは、農耕開始後の約1万年に過ぎない。糖質制限食こそが人類本来の食生活であり・・・」云々と言う下りがありますが、同じような屁理屈を言わせてもらうと、「生命の誕生は40億年前の海、生物が陸上へ進出したのはせいぜい4-3億年。カルト理論で解釈すると、生物は長い間海で生きていたのだから、海で生きることが生物本来の生き方なのだ!」と解釈しても良いことになります。

そんなアホな!ですよね?(笑

つまらない屁理屈でコメント欄を汚してしまい申し訳ありません。どうしても王城さんに聞いて頂きたかったので、勢い余って書いてしまいました。それでは失礼します。

2014/08/25 (Mon) 18:02 | sai #SFo5/nok | URL | 編集
Re: タイトルなし

saiさん、こんちは。

ひょうたんになりましたか(笑)
いや、失礼。

デブが糖質制限で痩せた場合というのは、ひょうたんかモヤシにしかなりません。
生理的事実です(笑)

ところで、糖毒カルトが言う「狩猟時代ガー」というのは、ただのデタラメ、捏造です。
中高生時代にちゃんと教科書を読んでおけば、こんなインチキ話を有難がることもありません。
詳しくは、
【人類700万年の本来の食事】
http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-entry-156.html
を参照下さい。

どっちかと言うと、もう人間やめて海かサバンナにでも帰った方が良いと私も思います(笑)

2014/08/25 (Mon) 20:19 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する