ハノイの長い夜-後編

ちはっす。

このブログのタイトルも「ハノイからこんにちは!」に変えようかと思ってる王城です。

昨晩の停電は、ほんの数十メートル先の建物の電気はついていたので、近所のカフェでコーヒーでも飲んで時間を潰すことにしました。
最近では、カフェでコーヒーを注文するにも不自由はなくなりました。
別にベトナム語を覚えた訳ではありません。
会社の日本語ができるベトナム人に「ホットコーヒー砂糖なし」と紙に書いてもらい、それを店員に見せているだけです。
なんつうか、「初めてのおつかい」みたいな感じです(笑)

しかし、今回は新たな問題が発生しました。
テーブルに灰皿が置いていないのです。
ベトナムのカフェで禁煙なんてしゃら臭い店はありません。

Could you give me an ashtray please?

なんて言っても、店員はポカ~ンとしています。

Por favor cenicero!

пепельница, Пожалуйста!

と、スペイン語とロシア語も通じません。
Astrayだ!!灰皿だ!解らんか、こら。

結局、勝手に厨房に入って行き灰皿を見つけたら、店員は納得していました(笑)

会計の時、店員はパンフレットみたいなものを見せて、10月15日までは50%オフだから9000ドン(45円)でいいみたいなことを言っています。
言わなきゃ解んないのに律儀な人だ、と思い、10000ドン(50円)渡して「釣りはとっとけ。」と言っておきました。
5円だけど(笑)

カフェを出て、更に夜のスラム街を散歩していると、突然りっぱなホテルが現れました。
ベトナムって、りっぱなホテルがあっても周りは戦後の闇市みたいな感じなのです。
中にシャレたオープンカフェがありました。
ここなら絶対にコーヒーが美味いに違いない!と思い、迷わず入りました。
何が感動かって、ここではちゃんと英語が通じるのです。
知らない店で初めて意思の疎通ができた感じです(笑)
そして、ベトナムへ来て初めてまともなコーヒーを飲ませてもらいました。
りっぱそうなホテルだったので「コーヒーも500円ぐらいかな。」と思い、ウエイターに10万ドン(500円)を渡し、「釣りはいいよ。」と言うと、

「Sir, これは貰い過ぎです!」と言います。

「あれ?!そうなの?いくら?」と聞くと、

「4万ドン(200円)です。」

やすっ。
言わなきゃ解んないのに律儀な人だ、と思い、5万ドン(250円)渡して「釣りはいいよ。」と言うと、
「Thank you very much, sir!」と最敬礼で通りまで送ってくれました(笑)
50円だけど(笑)

そんなこんなで部屋に戻ると、いつの間にか停電も復旧していました。
もう疲れたんで「寝よ」と思いベッドに入ると、突然部屋がノックされてギョっとしました。
ここの建物は、シャッターみたいな扉で完全に遮断されるので、人が中に入って来ようがないのです。
恐る恐るドアを開けると、暗闇の廊下に孫を抱いた老婆が立っていて心臓が止まりそうになりました(笑)
危うく悲鳴を上げそうになったんですが、老婆は私にメモを渡しました。
メモを読むと大家さんからのメッセージで英語で、「メイドに渡す鍵が足りないのでスペアキーをこの婆さんに渡してくれ。」と書いてありました。

何だよ。びっくりさせんなよ。

と、思ったのも束の間、スペアキーは会社に置いてあることを思い出しました。
さぁ、ここからが大変です。
この婆さんがベトナム語以外の言葉をしゃべれるとは到底思えません。
私はパンツ一丁のまま、底抜け脱線ゲームの様なジェスチャーで説明するんですが、婆さんはケタケタ笑うだけで全く理解できません。
しゃーないんで、メモ用紙の裏に事情を書き、「これ大家に持ってけ!」と追い返しました。
婆さんは笑いながら帰って行きました。

こうしてハノイの長い夜は深けて行きました。

もうマジで帰りてーわ。


sharebook_logo.png
facebook上の新しい広告システム「SHAREBOOK」
シェアするだけで報酬が貰える、拡散すると更に追加報酬が加算されます

MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が更新してなくても1日1回クリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ





twitterでフォローしたい奇特な方は


▼ホエイ・プロテインが安い!特用5kg!


















海外で流行りのダイエット薬や食欲抑制剤の個人輸入代行・通販
正規品保証つきの海外医薬品なので、ダイエットや食欲抑制で薬やサプリの補助がほしい人にとって安心できます。

スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

お疲れ~

そういいながら結構楽しんでるんちゃうか😄

年末はどうすんの?

忘年会やりたいね。

2014/10/10 (Fri) 02:23 | ボビー #9wbkgK9. | URL | 編集
なんだか楽しそう

王城さんこんにちは!
気付いたらずいぶん遠くにおられるようで、びっくりしました、けど何だか楽しそうで良かったです!

ジムとかあるんでしょうか?
すごい人がいそうですね…(笑)

2014/10/10 (Fri) 08:10 | いままん #- | URL | 編集
Re: お疲れ~

そう言えば、12月にビザが切れるので、一旦帰国するかこちらで申請して延長しなければいけません。
是非とも一旦帰国を望みたい(笑)

2014/10/10 (Fri) 12:32 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: なんだか楽しそう

いままんさん、こんちは。

ベトナムには、丹下段ペイジムのような小さなジムが結構あります。
一番安いところは、月500円というところがありました。
でも、ここでトレすると健康になると言うよりは病気になりそうでした(笑)

凄い人はいません(笑)
基本的に糖毒モヤシのような小男しかいません。
時々デブがいるぐらいです。

2014/10/10 (Fri) 12:42 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

色々大変そうですが、楽しそうですね。
今日はビックマックとハンバーガー食べましたが(炭水化物量は約80 g)が食後2時間血糖は106でした。晩ご飯も鍋食べながらご飯食べて、〆にうどんでしたが、ほとんど血糖は上がりませんでした。たまに、200ぐらいまで上がる事があるみたいですが、筋トレ初めて一ヶ月なのでこんなもんですかね。やっぱり筋トレですね。

2014/10/11 (Sat) 23:12 | 40のおっさん #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

40のおっさん、こんちは。

ブログなので楽しそうに書いているだけで実際には何も楽しくはないです(笑)

ところで、ベトナム人は朝から晩までコメばっか食ってますが、みんなモヤシです。
脂肪摂取量がかなり少ないせいだと思います。
富裕層になると、バーガーキングやらケンタッキーやらピザなどを食い出し、とたんに豚になり出します。

「炭水化物は太る」というのは、極東のカルト集団の迷信のようです(笑)

2014/10/12 (Sun) 00:49 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

ご返信ありがとうございます。
研究者の端くれなので色々と論文を探してみたのですが、高強度トレーニングで血糖値が改善される事が報告されているのは結構ありますね。10分エルゴ漕いで、二週間で改善するというのがあります(http://jap.physiology.org/content/111/6/1554)。
糖毒教はごまかしているだけで糖尿は治らないし、他の病気にかかるリスクを考えてませんね。

2014/10/12 (Sun) 23:21 | 40のおっさん #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

40のおっさん、こんちは。

そうなのです。
糖尿病治療の運動療法のポイントは、高強度の運動であることです。
この点において、「無理せずマイペースで!」というのは、かなり疑問が残ります。
第一に、元々グ~タラの糖尿デブは、何の無理もせずマイペースで生きていたから、糖尿になったのです。
そんなグ~タラにマイペースを勧めたところで、何かが改善されるとはとても思えません。
正しくは、「死ぬ気でやれ!」です(笑)
トレーニングで死んだところで、放っておけば遅かれ早かれ死ぬんですから、大して変わりません(笑)

2014/10/13 (Mon) 17:06 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する