糖尿病と診断されたら何をすべきか?-完結編

前回で終了したかと思いきや、今回が最終回です。(たぶん)

最後に、このシリーズのタイトルでもある「糖尿病と診断されたら何をすべきか?」ということに触れたいと思います。
結論から言いますと、何をやってもいいんです(笑)
それは、つまり、個々の目的やライフスタイル、好みで決めれば良いのです。

私が全編を通じて言いたかったことは、それぞれの療法の意味と理論を正しく知り、自分の目的と合ったものを選択すれば良いということです。
しかしながら、「糖質制限こそ素晴らしい!」とか、「有酸素運動と食事制限だ!」みたいな話では、私のような「普通の生活に戻りたい」という人達のニーズには答えられません。
だから、誰でもかれにでも、そんなものを押し付けるのは明らかに間違っています。
私にしてみれば、こんにゃくラーメンとか何とかパンみたいなものを一生食い続けたり、血糖値に怯えながらモノを食ったりではなく、オムライスの大盛を食っても血糖値が正常なことの方が正しいことなのです。
また、運動に関しても、深夜徘徊みたいなウォーキングを毎日やるなんてことよりも、週3回程度の運動の方が、私にすれば遙かに合理的なのです。

とは言え、ひょうたん親父のように糖質制限を続けていくというのも一つの選択です。
それはそれでりっぱなことですし、私の知ったことではありません(笑)
ただ、モヤシやひょうたんになりたくない人達や、一生食事制限なんてイヤだと思っている人にそれを勧めるのは大間違いだということです。

そういう意味では、糖尿病臨床の現場では、まるっきりインフォームドコンセントがなっていません。
医師に知識が無いのか、とりあえず血糖値さえ下げれば文句ないだろうと思っているのかは知りませんが、例えば、病院で糖質制限や食事制限と有酸素運動を勧められれば、恐らくほとんどの人が疑いもなくそれを実行するでしょう。
やっかいなことに、一応それで血糖値は下がりますから、みんな感謝します(笑)
しかしながら、結果として待っているのは、全員がモヤシやひょうたんになって一生そんなことを続けなければならないという現実です。
そこんところは、病院でもらうパンフレットを見ても「糖尿病は一生治りません」と書いてありますから、それはそれでみんな納得します(笑)
全員が納得しているんだから、問題ないと言えば無いですし、糖尿病のブログでも始めれば、一生ネタはつきません(笑)

ただ、もし仮にこのブログを読んでいる人の中に「普通の生活に戻りたい」、「一生食事制限なんてイヤだ」、「毎日ウォーキングなんてイヤだ」という人がいるなら、その理論と方法は全てこのブログに書いてあります。
少なくとも、2型の糖尿病でインスリン感受性が悪いだけなら、完治できます。

そういう訳ですから、私はもう糖尿病に関してはネタがなくなりましたから、このブログの更新もしばらくお休みさせて頂きます。
まぁ、ひょうたん親父との絡みで笑える話がありましたら、またUPしたいと思います(笑)
時々ブログはチェックしていますので、ご意見・ご質問等ございましたら、コメント頂ければ幸いです。

それでは皆さん、ごきげんよう。

さようなら、糖尿病!



スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

おめでとうございます

以前書き込んだおやじです。
先ずは、正常化おめでとうございます。
前の日記に、半年後の検診って、かかれていたので、
あ、もう、blogが終わるって。思っていました。
最後は少しまるくおさめましたね(笑)

当の私も筋トレ頑張っています。
Hbh1cも、11.2→8.2→6.5と、二ヶ月でかなり改善。
三ヶ月で、正常化になるはず。
王城さんみたいに、すごい激しく筋トレはしてないから
こんなもんかな♪

色んな人に希望を与えるhpだと思います。
筋トレのことでも良いからたまにかいて、下さいね

2012/07/15 (Sun) 12:37 | おやじ #- | URL | 編集
Re: おめでとうございます

おやじさん、ありがとうございます!

> 最後は少しまるくおさめましたね(笑)

そうですか?(笑)
やはり、高強度筋トレというと、他の病気や怪我でできない方もいらっしゃいますから、そこんところは個々人に合わせて療法を選択するしかないかな、と思います。
ただ、足が悪い方なら上半身という具合に、できることを精一杯頑張れば必ず道は開けると思います。
できるくせにやらない奴は、一生ふすまパンでも食ってれば良いと思いますが(笑)

> Hbh1cも、11.2→8.2→6.5と、二ヶ月でかなり改善。

おお!これは素晴らしい!
私以外にも効果があるということは、理論は間違っていないと益々確信が持てます(笑)

ところで、「HbA1cは、短期間で急激に落とし過ぎてもいけない」と医者に言われませんでしたか?
私は主治医に言われたんですが、こっちだって「いくつ下げよう」と思ってやってる訳ではないので、そんなこと言われても困るんですよね(笑)
まぁ、結局無視したというか、対応のしようがなかったので放っておきました(笑)
取り立てて今のところ悪影響は無いようです。

> 筋トレのことでも良いからたまにかいて、下さいね

そうですね。時々は更新するようにします。
おやじさんも、あと1ヶ月頑張ってください!
正常になったら、また是非コメント下さい。

ありがとうございました。

2012/07/15 (Sun) 21:06 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

急激に、下げるなとは、いわれませんでしたね。
最初町医者にいって、重度の糖尿だから総合大病院紹介されて
そこで、みてもらいましたが、その医者は、
私のような重度にも、薬与えずに、頑張ってみる?
と、言ったノー天気な医者です。

なので、投薬も無くいまに至ってます。
その先生、某糖質制限の病院の近くの医者と知り合いらしく
裏話が聞けておもしろいです。


ネットをみる限り、下げすぎは、良くないとか、目に来るとか
書かれていますが、眼医者いわく、出る人と出ないひとがいるよ、とのこと。
ま、謎が多い病気みたいですね。
急激に、患者も増えているし、これから色々わかってきたり
薬ができたりするんでしょうね。

ダイエット+筋肉も、方法のひとつとして増えるでしょうね。

ま、一病息災で、自分のからだのことを考える機会に
私はなりました。
これからも、からだのことを考えて、長生き長生き。

よーし、今日は腕筋だぁ!

2012/07/17 (Tue) 11:50 | おやじ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

「急激に下げるな」と言われても、無茶ですよね(笑)
そんなことがコントロールできるなら、そもそも糖尿病にならんだろう、と私は内心ツッコんでいました。

私は薬を飲んでいた時期は、かなり低血糖に悩まされましたから、もしかしたら薬なしぐらいがちょうどいいかもしれませんね。
アマリールを飲んでいた初期の頃は、運動前と運動後にブドウ糖を飲んでいましたから、一体全体何のために筋トレやってるのか、訳が解りませんでした。

某糖質制限のドクターのブログは、ひょうたん親父に勧められて読んだことがあります。
医者があんなことを言ってはいけませんね(笑)
10年も糖質制限を続けている努力と根気はりっぱなことだとは思いますが、まぁ、喩えて言うなら、試合に出ないボクサーが「俺はボクシングの試合で負けたことがない!」と言うのと同じ様なものです(笑)
負けない代わりに永久に勝てませんし、勝つ可能性のある者までもが勝てなくなります。
あんなことは「ガリガリのモヤシやひょうたんになって一生続けても良い」と思える人だけに勧めるべきです。

2012/07/17 (Tue) 13:49 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
初めまして

糖尿病事で片っ端から、検索していたら、王城さんのブログに目がとまりました。話しの内容も面白く、かつ理論的だったので興味深く、拝見しています。何とか完治できないものかと、悩んでます、(2型糖尿病)インスリン分泌に異状があっても筋トレで改善できますか?ジャヌビアとアマリールの服用で空腹血糖値が200位です。

2015/01/18 (Sun) 16:40 | ドリーム #9ygIODjo | URL | 編集
Re: 初めまして

ドリーム さん、こんちは。

インスリンの分泌異常や分泌低下の場合、完治は難しいと私は思うのですが、過去に報告頂いた方の中には何故か完治としか思えないレベルまでいってしまった人も何人かいます。

改善できるかどうかと問われれば、間違いなく改善できます。

過去記事でも触れていますが、糖尿病というのは放っておいたら確実に悪化して行きます。
「薬飲んでるだけ」とか「糖質制限やってます」というのは、放っておくのと同じことです。
気が付いた時には、おにぎり1個食っただけで血糖値爆発という取り返しのつかないポンコツに成り果てます。

あと、筋トレと食事というのは二つでセットですから、その辺も是非過去ログを参照して下さい。

頑張りましょう!

2015/01/19 (Mon) 00:01 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する