オカルトダイエットの見分け方3

ちはっす。

前回は、運動は高強度であればあるほどカロリー消費は大きくなり体重が減り易くなる、というお話をしました。
まぁ、これは直感的にご理解頂けると思いますが、もう少し理論的に説明したいと思います。

運動を行うと体内でATP(アデノシン三リン酸)が大量に消費されます。
ATPというのは、我々が何をするにも使われるエネルギーの源みたいなもので、アデノシン(アデニンという塩基にリボースが結合したもの)に3つ連結したリン酸基がくっついています。
このリン酸同士の結合を高エネルギーリン酸化結合と言って、非常に不安定な結合なんですが、それ故に結合のために高エネルギーを伴っています。
このATPからリン酸が一つ切断された時のエネルギーを我々は使っています。
(切断されたリン酸基が他の分子とより安定な結合をした場合、 エネルギーが余剰となる。)
結果、ATPが分解されると、ADP(アデノシンにリン酸が2個結合したもの)とAMP(アデノシンにリン酸が1個結合したもの)が増えて行きます。

さて、AMPが増えて行くと、その増加に反応して、AMPK(AMP活性化プロテインキナーゼ)というタンパクリン酸化酵素が活性化されます。
このAMPKというのは細胞のエネルギー恒常性の最上位の調節因子であり下流のシグナル伝達を通じ、基本的に消費されたATPのレベルを回復させようと働きます。
良い子の皆さんは既にご存じの非インスリン経路でのGLUT4のトランスロケーションもAMPKのおかげです。
つまり、AMPKというのは、細胞内のエネルギー減少を感知し、糖や脂肪やタンパク質の合成を抑制し、一方で糖や脂肪やタンパク質の分解を亢進してATPが産生される方向に誘導するのです。
(異化を亢進させ同化を抑制する)
AMPKを活性化すると、癌細胞の増殖ですら抑制できてしまいます。

したがって、運動というのは高強度で行えば行うほど異化が亢進(脂肪も筋肉も分解)します。
(だから痩せると言えるんですが。)
これは筋トレと言えども例外ではなく、一旦は筋肉も脂肪も分解されます。
皆さんが張り切って筋トレやっても、筋トレ直後というのは筋肉は逆に分解されているのです(笑)
では、何故筋肉がでかくなるかと言いますと、その後の合成(同化)が分解(異化)を上回るから筋肥大して行くのです。
逆に言いますと、その後の合成が上回らなければ筋肥大は起きないのです。(当たり前)
で、その後の合成(同化)に何が重要かと言いますと、これひとえに栄養補給(食事)なのです。
私が「運動と食事はセット」と再三口を酸っぱくして言っているのもこういうことなのです。

いや~今回はためになる話でしたね(笑)
私も真面目な話をしようと思えば、できるんです(笑)

-つづく-

MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が更新してなくても1日1回クリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ





twitterでフォローしたい奇特な方は


▼ホエイ・プロテインが安い!特用5kg!


















スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/04 (Wed) 21:32 | # | | 編集
Re: タイトルなし

anneさん、こんちは。

大変良い質問です。
記事の続きでも触れようと思っていました。

もちろん、余分に摂った分というのは体外に排出されない限り同化されます。
一つ残念なことに、アミノ酸というのは恒常的に体内にプールする場所がないのです。
筋肉というのは、我々が思っている以上に合成と分解を繰り返していて、その再合成に使用されなかった分はエネルギーとして使われます。
糖新生にも使われたりしますが、糖に変換する前に手っ取り早くケト酸の形からアセチルCoAに変換して使う場合も多いです。
それでも余れば体外に放出されます。

ほんじゃぁ、トレーニングの1時間~1時間半前ぐらいに食事摂ればどうか?というと、この時間帯にガッツリ食事を摂ると、消化に血液を取られてしまって、ただでさえショボい糖尿ヘタレのトレーニングが益々ショボくなってしまうのです(笑)
だいたい食後に高強度の運動などできません。
せいぜいできるのは深夜徘徊ぐらいです。

ですから、時々「食後に筋トレやってもいいですか?」というご質問はよく頂くのですが、実は内心「お前ホントに筋トレやってんのか?」と言いたくなる時があるのです(笑)

2015/03/06 (Fri) 22:59 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

ありがとうございます。人間に体は奥深いですね。
王城さんの話の最後のオチは思わず吹き出してしまいました。
たしかに、軽い筋トレでは血糖は下がりにくいですね。
自分の限界に追い込む筋トレは、かなり素人には難しいです。
そこまで追い込めないのは、真剣さが足りないと言われてしまえばそれまでですが、気持ちだけはあります。
このブログを励みにしています。
今、職場の休憩時間にもできる効果の高い筋トレを模索中です。なにか、よいアドバイスがありましたらお願いします。(高強度に追い込めないうちは、こまめな筋トレに励もうと模索中です)

2015/03/07 (Sat) 10:22 | anne #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

あ、anneさん、前のコメントでまとめて答えてしまいましたので、よろしくお願い。

2015/03/08 (Sun) 15:53 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する