血糖値230からの生還

ちはっす。

モヤシ洗脳(ひょうたん洗脳とも言う)が解け、糖毒真理教脱会→糖尿病完治という方からご報告頂きました。

今日、人間ドックでOGTTの2時間値が正常値(<140)になったことを確認しました。去年は230超えでしたから、筋トレさまさまです。その前の1年間は頭の悪い奴ら御用達の「糖質制限=やってる奴は馬鹿そのもの」を1年もやっていたので、地獄で気が付くのがもう少し遅ければ、取り返しのつかないところでした。おかげさまで体重は8kg増えて、上半身の筋肉もオヤジにしては標準以上になって、いい気分です。
王城メソッドと異なり、「中強度筋トレ」ですが、それでも効果は絶大です。

すばらしい!
何が素晴らしいと言って、特筆すべきは体重8kg増えて糖尿病が完治されたという点でしょう。
普通だったら逆に糖尿病になるか、糖尿病の方なら悪化するかというところですが、何故これで治るのかという点を理解できた人は糖尿病完治へ一歩近づいたと言えます。
実際私も、糖尿病発症時点と現在とではBMIはほとんど変わっていません。

無論これは体重が増えた(筋肉が増えた)から糖尿病が治ったというのはなく、身体が同化できるようになったから体重(筋肉)が増えたという訳で、つまりは薬の力を借りずに身体が同化できるようになることが「糖尿病が治る」ということなのです。
そもそも糖尿病というのは同化できなくなる病気ですから、同化できるようになれば糖尿病ではなくなる、というのは当たり前の話なのです。

ところが、この当たり前の話が意外と知られていません。

そこで、ニューカマーの方々のために糖尿病の成り立ちを簡単に説明したいと思います。
良い子のみんなも一緒に復習しましょう。

一般的に、糖尿病と診断される以前に、まずはインスリン抵抗性から始まります。
インスリン抵抗性の支配的な要因は脂肪の過多、とりわけ内臓脂肪や異所性脂肪と呼ばれるものです。
やっかいなことに、この内臓脂肪というのは見た目が必ずしも太っていなくても蓄積していたりします。
内臓脂肪の多くは腸間膜に蓄積しており、大量の遊離脂肪酸が門脈を通じて肝臓に流れ込みます。
体内の遊離脂肪酸濃度が上昇すると、インスリン抵抗性を惹起したり、大量の遊離脂肪酸はその界面活性作用により細胞膜を溶解し細胞を破壊したりします。
ただこの段階では、まだ糖尿病とまでは行きません。
人間の身体というのは、インスリン抵抗性に晒されるとβ細胞を増殖して対応します。
つまりインスリンが効かない分、インスリンを大量に分泌して辻褄を合わせようとします。
ここで血糖値を計っても正常の範囲内なので、異変は見逃されることになります。
もちろん、インスリン濃度や遊離脂肪酸濃度から総合的に判断して異変に気付くことはできるでしょうが、この段階では一見健康そのものなので、検査自体をすることもないと思います。

さて、この状態が放置されて行くと、徐々に悪循環が悪循環を生むようになって行きます。
インスリン抵抗性により脂肪の分解が亢進し更なる遊離脂肪酸が増え、体内で増えた遊離脂肪酸は更なるインスリン抵抗性を惹起し、同時にβ細胞環境内で増えたパミチン酸等の遊離脂肪酸は徐々にβ細胞の機能障害をもたらします。
ある時点でインスリン抵抗性とインスリン分泌の拮抗点が崩れれば、ついには血糖値が上がり始めます。

身体が糖を取り込めなくなると、更に悪循環が続きます。
「糖不足」と身体が感知すると、これに対応しようと肝臓の糖放出や糖新生が始まり、更なる高血糖をもたらします。
この「なんちゃってエネルギー不足」に対応すべく体内では更に脂肪が分解されて行きます。
糖新生が追い付かなくなると(そもそも追いつく訳がないんですが。笑)、ケトン体が生成され始め、これが増え過ぎると身体は酸性に傾き、更にインスリン抵抗性が上がります。
ちなみに、糖新生が亢進すると、PEPCKとG6Paseという酵素の発現が増加し、これらもインスリン抵抗性を高めます。
そもそも糖新生が亢進する時というのは、身体は飢餓を感知している訳で、インスリン抵抗性を高め脳や赤血球に優先的に糖を供給する(骨格筋等は後回しにする)、ということは究めて合理的な働きなんですが、糖尿病になるとこれが完全に裏目となります。
ま、踏んだり蹴ったりとも言います(笑)
ここに来て身体は完全に異化モードに突入して行きます。(もやしスパイラルとも言う。)
この辺りに来ると、喉が異様に乾いたり、寝ている時に足がこむら返りを起こしたり、何にもしていないのに体重が減って来たり、身体がだるかったり、「何となく変だな」という自覚症状が表れ始めます。
ただ鈍感な人間(私。笑)は、よもや自分が糖尿病等とは露にも思いませんから、喉が渇いたと言ってはコーラをガブ飲みしているのもこの頃です(笑)

そして何かのきっかけで糖尿病が発覚することになります。

ーつづくー

糖尿病Q&A
糖尿病、運動、食事、その他に関する質問はこちらで!


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が更新してなくても1日1回クリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ





twitterでフォローしたい奇特な方は


▼ホエイ・プロテインが安い!特用5kg!

















スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

応援したいです

続編を楽しみにしております。 王城先生の理論とメソッドは素晴らしい。見習って、生化学の勉強を始めていますが、どの本がお勧めですか。

日本では、ライ○”ップのCMが流れ、E部教祖が2冊本を出し、週刊白澤状態です。ケトン食ダイエットの本とかココナッツオイルで万病を治す、毎週のように家庭医学コーナーに出るようなクソ本を出しています。大書店の専門医学コーナーに糖質制限の本は全くありません。ゆほびかとか家庭医学レベルでのみ威張っている内弁慶どもですね。
 もし、アメリカ糖尿病学会ADAが糖質制限に舵を切ったのなら、E部とかは、先駆的功労者として、アメリカ糖尿病学会総会に招待講演されると思うのですが、発表すらできていないで、日本で、家庭医学本で吠えているだけというのは (爆。

 白澤は、順天堂大学教授ではありますが、名義のみの特任教授のようで、正規の順天堂大学の研究室教授にリストに名前がありません(笑い。 おまけに町医者で、診療をして小遣い稼ぎまでしている。医学研究もせず、よほど暇なんでしょうね。
 E部教祖の母校(学部だけですが)の京大の正規の糖尿病・内分泌・栄養内科のHPでは、ちまたの民間療法にだまされないようにと警告を発しています。これは、○○制限食のことでは(爆
http://metab-kyoto-u.jp/to_patient/online/a012.html#1

週刊SPA今週号では、失敗体験談として、糖質制限食は、ダメ、最悪 死を招くと書いてあります。

2015/07/08 (Wed) 01:32 | おっちゃん #- | URL | 編集
Re: 応援したいです

おっちゃん、こんちは。

図書館に通うのが良いです。
私もそうしました。
生化学の教科書なんかもいろいろと揃っています。
読んでいると、高校で習った化学すら忘れていることに気付きます(笑)
そんな時、図書館は便利です。
場合によっては、中学校の理科まで遡らないといけません(笑)

例えば、不飽和脂肪酸の二重結合ガーと言われても、たいていの人は、あれ?二重結合って何だっけ?となります(笑)
そんな時に図書館は便利なのです。

2015/07/11 (Sat) 00:31 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
はじめまして

ブログ、とても参考になります!
私は糖尿病では無いですが、予防?のためにもジムで筋トレをしております。
さて、少し質問をさせてください。
糖質制限をすると耐糖性が悪くなる、との事ですが、これは健常者でも同じ現象が起こるのでしょうか?
(糖尿病になりやすくなるのか)
糖質制限はダイエットとしてはストレスが溜まりにくいので、例えば脂質に気を付けつつ、たんぱく質をしっかり摂れば、数ヵ月くらいなら大丈夫なのでしょうか。

2015/07/11 (Sat) 17:22 | ふみえ #sj93pB3o | URL | 編集
Re: はじめまして

ふみえさん、こんちは。

健常者であれば、そんなに気にする必要はないと思います。
ただ、極端に糖質摂取を減らして糖新生をフル回転させるなら、何のためにタンパク質を多く摂取してるのか意味が解らなくなります。
最初から炭水化物を摂取した方が早いですから。

健常者が脂質摂取が少々多くても、アンダーカロリーならそんなに気にする必要もないと思います。
但し、オーバーカロリーになれば、余分に摂取した脂質はそのまま脂肪として蓄積されることを肝に銘じましょう。
炭水化物だけなら、少々オーバーカロリーになってもグリコーゲンと水分が増えるだけで脂肪は増えません。
つまり、体重は増えても脂肪は増えません。

いずれにせよ、カロリー制限とて広義の意味では糖質制限であり、脂質制限なのです。

健常者が耐糖能が悪くなるというのは、体重が減ることにより筋量自体が減ってしまう場合や、脂質を過剰に摂取、あるいは脂肪が蓄積することにより、臓器(とりわけ膵臓)が炎症を起こしてしまうような場合です。
ですから、健常者の場合は、ダイエット方法そのものよりも以上のことに気を付けた方が良いです。

2015/07/11 (Sat) 18:41 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
なるほど

王城さんのブログに何度も書いてありましたが、脂肪の取りすぎこそ体脂肪の増加や膵臓のダメージに直結するのですね。
改めてわかりました。

糖質制限のサイトを色々見ると、動物性脂肪(バターやラード)は総摂取カロリーのかなりの割合を占めた方が体に良いと書いてあったりしますが、言語道断ですね(>_<)
中には毎日バターを150~200グラム摂取するように指導するHPもありました。

ダイエットは脂質と糖質を控え、たんぱく質をしっかり摂りつつ、カロリーを抑えるという昔ながらの方法がベストですね。
ありがとうございましたm(__)m

一年ほど筋トレを続けて少しやる気が無くなっていたのですが、初心に帰って頑張ります!
最近サボり気味で筋肉が落ちつつあったので、2日やって1日休む方法のトレーニングから始めたいと思います。

2015/07/11 (Sat) 22:41 | ふみえ #sj93pB3o | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する