自宅でできる血糖コントロールに適した運動

ちはっす。

このブログを読んでる方々は、ウォーキングとかジョギングとかやってる人は少ないのではないでしょうか?
私もやってません(笑)
ま、しかし、やってはいけないという訳ではないですよ。
ダイエットという観点で言えば、単位時間当たりの効率が悪過ぎるので私ならやらない、というだけの話です。

糖尿病の方の中には、血糖コントロールのために夜な夜な深夜徘徊したりジョギングしている人も多いと思います。
とは言え、もし私が筋トレ以外で自宅でできる運動を選んでいたとしたら、迷わずロープ(縄跳び)を選んでいたと思います。
ロープの方が短時間で済ませられるからです。
糖尿病の運動療法で何ゆえロープが脚光を浴びないのかは、糖尿病治療7不思議の一つです。

当ブログでも過去にロープを紹介したことはあるのですが、意外とスルーされたと言うか、書いた本人もスルーしてしまいました(笑)

自宅でできる運動や筋トレ

しかしながら、今こそロープです。
特に意味はないんですが、誰も言わないから先に言っておこうと思って(笑)
血糖コントロールという点で言えば、ウォーキングやジョギングに比べれば圧倒的に効果があります。

ただ注意点が何点かあります。
デブは膝を痛めやすいので、板か土の上でやった方が良いです(コンクリートは避ける)
シューズもクッションが良いものでやる。
ロープも本格的な良いもの、割と重めのものを買う。
ぴょんぴょんと小学生みたいに飛ばない。(跳び方は過去記事のビデオ参照)
最初の内は慣れないので難しくて引っ掛かりまくると思いますが、慣れてくるとリズミカルに格好よく跳べるようになります。
格好よく跳べるようになると、ロッキーみたいな気分になれます(笑)
この点がウォーキングやジョギングにない魅力です。
ロープを格好よく跳べるだけで、周りは「おおっ!」となります(笑)

どうせ糖尿病を治すなら、格好よく治した方がいいじゃないですか?
モヤシやひょうたんになって、おからとチーズ食って油すすって恰好良いですか?(笑)


o-Method

糖尿病Q&A
糖尿病、運動、食事、その他に関する質問はこちらで!


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が更新してなくても1日1回クリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ





twitterでフォローしたい奇特な方は


▼ホエイ・プロテインが安い!特用5kg!

















スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

なぜ縄跳びが効くんでしょう

縄跳びに対する読者の反応がなんでこんなにも薄いんでしょうか。個人的には大変参考になったのですが。

私は糖尿病でも境界型でもなく至って健康なので、さしあたっては一日のトータル運動量をこまめに増やすように心がけています。(ウォーキング含む。というか、職場である自分の研究室まで自宅から徒歩20分なんで知れてますが)

もともと痩せ体質なので、ダイエット目的ではなく運動量のプラスアルファとして縄跳びって良さそうなんで、朝と晩にとり入れようと思います。

ところで、縄跳びの縄って必要なんでしょうか。その場で飛んでるだけではだめなんですか?重めのロープのほうがいいってことは、縄を使うことによって鍛えられる腕や手首の筋肉とかあるんでしょうか。

間抜けな質問で申し訳ないです。(縄なしでいいんなら室内でもできるし便利なんですけど。せまい自宅で自重トレ中心なんで、用具購入にセコくなってしまいました。)

2015/08/25 (Tue) 03:32 | Jo #- | URL | 編集
Re: なぜ縄跳びが効くんでしょう

Joさん、こんちは。

縄跳びが効くのは単純にウォーキングやジョギングよりも強度が高いからです。
紹介した様にやれば初めての人なら、3分3ラウンドもやったら死にそうになります。
ま、ただ、キックのジムとかだと準備運動で5~10ラウンドやるので、糖尿病の運動不足恐るべしです(笑)
縄なしはダメです。それだとただの「跳び」になってしまってジョギングと大して変わらなくなってしまいます(笑)
もちろん、やらないよりは、やった方が良いです。

2015/08/25 (Tue) 23:00 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する