病院で「痩せろ」と言われる意味を正確に説明できない奴は一生糖尿病が治らない理由



という、長いタイトルの話です。

そりゃそうですよね。
意味も解らないことに方法論を語ったところで、トンチンカンな話になるだけです。

毎度お馴染みのフレーズですが、「痩せろ」という意味は「脂肪を減らせ」という意味です。
それ以外に何も減らすものはありません。
筋肉を減らしたところで、糖尿病が悪化することはあっても改善できる訳ではないのです。

では、何故脂肪を減らさなければならないのか?

2型糖尿病というのは、インスリン抵抗性と膵臓(β細胞)の機能障害が相まって進行して行きます。
そのどちらも脂肪による炎症が支配的な原因です。
だから病院では「痩せろ(脂肪を減らせ)」と言われます。

この体内で起きる慢性炎症というのは、糖尿病以外にも様々な病気の原因となります。
糖尿病患者に癌発生率が多くなるのも、慢性炎症が関係しています。

現在米国では、糖尿病治療のアプローチとして、この慢性炎症という点からの治療法の研究がされています。

Joslin Scientists Find that Salsalate Lowers Blood Glucose in Type 2 Diabetes

↑の研究では、糖尿病患者に抗炎症剤を投与すると、実際に血糖値が下がる、と報告しています。
(この研究は、米国糖尿病学会のサイトにもありますので、興味のある方は探してみて下さい。)

とは言えですね、そもそも炎症の元となる脂肪を減らさなければ根本的な解決にはならない訳です。
かくして、糖尿病患者は脂肪を減らすことになります。
これは痩せ型の人でも、自己免疫疾患等によるβ細胞の機能障害でもない限り、同じことなのです。

内臓脂肪はアジア人2型糖尿病患者における有効な治療ターゲット

さて、ここまでのことは現代医学においてほぼ世界共通のコンセンサスが出来上がっています。
(糖質制限のようなカルト思想は除く。)

しかしながら、ここからが問題なのです。

現在病院で勧められる食事療法と運動療法というのは、「体重を減らす」指導です。
「体重を減らす」ことと「脂肪を減らす」ことは、意味合いが違います。
「体重を減らす」ダイエットというのは、ひと言で言えば、脂肪もろとも筋肉も減らすということです。

以前に記事で書いたことがあるのですが、「効果があるダイエット」と喧伝すればするほど駄目ダイエットなのです。
「短期間で何キロ減少!」などと競うダイエットは、脂肪以外のものを減らした方が確実に体重減につながるからです。
(例えば、筋肉、水分、筋グリコーゲン等。これらはすべて脂肪より重い。)
逆に言えば、短期間で減らせるカロリーなどしれてますから、脂肪だけ減らしたとすれば体重は微減程度です。

糖尿病患者というのは、インスリン抵抗性またはインスリン分泌不足により身体の異化が亢進し、発症した時点では既に筋肉は減っています。
この上更に筋肉を減らしてしまっては、ますます血糖コントロールがし難い身体になります。
摂取した糖の7割~8割は筋肉が吸収する訳ですから、そもそも糖を吸収する器を減らしてしまっては逆効果になる訳です。


o-Method

糖尿病Q&A
糖尿病、運動、食事、その他に関する質問はこちらで!


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly
スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

内臓脂肪か 体脂肪か

こんばんは、日本は新米のシーズンを迎えお米が美味しいです。
 先日は筋子を解してイクラを作り一塩した生鮭を焼いて親子丼にしました。夕べはとろろごはんをどんぶりで。
糖質三昧の日々です。
 太りそうですが、少し前に記事にされていた血糖値を下げるために食後に運動するより食膳にした方が効果が高いという趣旨を参考にここ最近、朝食前に20分~30分坂道ウオーキングをしてみました。加えて急な坂を5分ほど入れてみたのですが。
 ここ三年微動だにしなかった体重減りました
 67.8k→66.1k
 内臓脂肪6.5→5.0です。
 体脂肪率、脚部を除けば31%台から29%台に
 
 またまだデブではありますが内臓脂肪が減ったのは素直に嬉しいです。閉経が来たら体脂肪より内臓脂肪がついてインスリン抵抗性が上がる可能性がある身としては減らせるうちに減らしたいですから。
 久々に会った近所のおばちゃんに「痩せた?」と聞かれる程度にはなっているみたいです。
 脂肪繋がりで書かせていただきました。
 ありがとうございました、これからもインスリン抵抗を念頭に脂肪と戦っていきます。

ところでツイッターで呟かれていた糖質制限で糖尿を治す方法はこちらのサイトさんのこの記事の趣旨でよろしいのでしょうか。
『体重はカロリーだ』
http://wp.w8eq.com/?p=1071

実は私、こちらのサイトで『タンパク質に含まれている炭素ってどこに消えるの』という頓珍漢な疑問の答えを知った口でして。
 サイト主さんの趣旨は概ね賛成なのですが『運動をしないと筋肉は減りませんか』という質問に対しての『運動をしなくても筋肉は減らない』という返事に
『筋力』を念頭に置く患者と『筋肉量』を重視する医者との食い違いを見た気がしました。
 と、共にヘルシーな食事をとっていたはずの女性トレーナーが肥った原因が『プロテイン』にあったことを教えられたのは内緒です。
 男性ホルモンを持たない女性が筋肉量にそぐわないプロテインを摂取するとどうなるか……通りで『プロテイン 女性 太る』という検索ワードが一発で出るわけですね。
 太れない女性は太るためにプロテインを取るらしいですよ、初めて知りました。
 勉強になるなー……

2015/10/01 (Thu) 20:56 | 風鈴 #- | URL | 編集
北のデブ代表

王城先生
ご無沙汰でした。

今月ついに最後の20代を迎える私が通ります。

最近、祖父が亡くなり、かなりバタついてましたが、生きてます。(むしろ以前より健康です)

現在絶賛婚活中で、良い報告ができるまで、おとなしくしてるつもりでしたが、

「痩せろ!デブ」

と言われたので、内容も無いのに、来てしまいました(笑)

2015/10/02 (Fri) 01:15 | 糖尿取締役 #- | URL | 編集
Re: 内臓脂肪か 体脂肪か

風鈴さん、こんちは。

そのブログは読んだことがないので、暇な時にでも読んでみます。

>運動をしなくても筋肉は減らない

これは微妙にそうとも言えるしそうとも言えないのです。

筋肉というのは負荷が減ると減るのです。
一番解り易いのが無重力状態とか寝たきりです。
どんどん減ります。

あと、デブが10kgとか20kg減量すれば、減った分の負荷がなくなるので筋肉も減ります。
もちろん、運動してた人がしなくなれば減ります。

運動しなくても減らない状態というのは、元々運動してなくて、1日の活動量もほぼ一定で、それに見合った栄養を摂取している場合には減らないです。(ほぼ一定)

厳密に言えば、筋肉というのは(脂肪も同じですが)24時間絶え間なく合成と分解を繰り返しています。
「運動したら筋肉が増える」というのも、厳密に言えば違うのです。
運動直後というのは、逆に筋肉は減っています。
その後の栄養摂取で、以前よりも合成が上回るので筋肉は増えるのです。

2015/10/02 (Fri) 02:03 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 北のデブ代表

糖尿取締役 さん、お久しぶりです。

婚活デブになったのですか?(笑)

素敵なお嫁さんを見つけて下さい!

2015/10/02 (Fri) 02:05 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
糖質制限で糖尿を治す方法

ちなみにですね。

治るかどうかと言われると、たぶん治らないですが、それでも巷の糖毒馬鹿よりは確実に改善できる方法を私は知っています。
何故かと言うと、糖毒馬鹿はただのカルトですが、私は糖質制限を正しく理解しているからです(笑)

もちろん、教えません(笑)

2015/10/02 (Fri) 02:16 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
やはりそうですよね

『運動をしなくとも筋肉は減らない』
テスト中に三日間泳がなかっただけでも鈍った水泳部時代を考えるだけでも首を捻る趣旨だったので。寝たきりの老人やだんだん硬直していく植物状態の方を見れば想像もつきますし。
宇宙飛行士の方は骨量も激減するそうですね、動くことは大切です。
筋肉が保たれる理屈は王城先生と同じ旨を述べられていました。
……ちなみにサイト主さんは教祖様と同じTVでも取り上げられたお医者様ですww
『肥満』を専門にしているようです。

 正しい糖質制限、周知徹底されていたらダイエットでやっていたママ友がジムに通っているにもかかわらず、
萎んだ風船
になることはなかったのかもしれません。あんまりひどいんで止めたんですけどダメでした。
 あれを見ながら『痩せた』ということでやり始めたママ友が出てきているのが怖い、私の周辺です……

2015/10/02 (Fri) 11:24 | 風鈴 #- | URL | 編集
病院で痩せろといわれましたが

ご無沙汰しています

今日、健康診断で58kgまで落ちました。というか落とす事が出来ました。脂肪を落としてです。標準56.4kg。
初めのころの記事にカロリー制限をきっちりやれば、そのうち標準体重になる、とありましたが全くそのとおりですね。ただ当初は筋肉も落ちましたが、取り戻しました。
以前は見せかけの筋肉(太ったがために太くなった筋肉)だったのが、役に立つ筋肉に変わったのも事実です。
体がスッキリしたのに、腕や足が以前より太いので、家では「猿人?」のようだと言われて・・・(かなり・・)

a1c他は3週間後に通知が来ます。
と言っても、健診とは別に、明日かかりつけの病院で測るので、a1cは明日わかりますが(今日と明日では変わらないですし)。

2月に糖尿が発覚して、「とにかく痩せましょう」と言われた時は、腹に内臓脂肪をため込んでいましたので、何となく理解しましたが、理論的な事はほとんどこちらのブログで勉強させて頂きました。
体脂肪率は15~19%(本当にあてにならない)、朝と夜で4%も変わらないでしょう。どれを信じてよいのか・・。
以前の記事にあるように見た目で判断しています。
とにかく、顔とあごの下、お腹とお尻がスッキリしました。

言い方は適切でないかも知れませんが、糖尿と診断されて、かえって良かったのかも知れません。
いろいろな面で、改善されています。
初めのころの記事にある「流した汗はウソをつきません」という言葉、珍しい言葉ではありませんが、結構、頭に残っています。

タイトルを見て、そう言えば「痩せろ」と言われたなぁ、と思い書き出したのですが、とりとめもない記事になってしまいました。


2015/10/02 (Fri) 15:52 | テコテコ #- | URL | 編集
とても気になります!

王城さんこんにちは^^

今日の昼食でトマトとモッツァレラチーズを食べました♪
濃厚な味わいのチーズにトマトの酸味は良く合ってとても美味しかったです!(夕食でも少し食べました^^)

あと話は変わりますが、「糖質制限で(糖毒馬鹿よりは確実に)糖尿を改善する方法」はとても気になります!(このブログ記事のどこかにヒントあるのかな〜?と勝手に推測して、かれこれ10分は探してますが「健康そうなお尻」という事以外、今のところ何も分かってません…んー、もうちょっと見てようかな?)

2015/10/02 (Fri) 21:26 | 田中ヒロシ #- | URL | 編集
Re: やはりそうですよね

風鈴さん、こんちは。

でも、体重はカロリーだ!というのはその通りですよ。

長期で見れば、所詮カロリー収支ですから。
短期で見れば、抜いたものから順に落ちて行くというだけです。
(当たり前ですが)
糖質制限ダイエットなら糖(グリコーゲン)が最初に抜けますし、脂質制限ダイエットなら脂肪が抜けるということです。
でも、長期で見れば、どちらもモヤシと、結局カロリー収支なのです。

2015/10/03 (Sat) 01:10 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 病院で痩せろといわれましたが

テコテコさん、こんちは。

とりあえず、順調そうで何よりです。
結果が楽しみですね!

「流した汗は嘘はつかない!」というのは、実はキックボクシングやっていた頃にジムにいた熱い親父の口癖なのです(笑)

2015/10/03 (Sat) 01:23 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: とても気になります!

田中ヒロシ さん、こんちは。

大した話じゃないですよ。
まぁ、糖毒馬鹿には解らないと思いますが。

もちろん、教えません(笑)

2015/10/03 (Sat) 01:34 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
MECおばさんがパラノイアみたいでこわいです。

糖質制限してるのに痩せない、体脂肪率へらない、血糖値さがらない、の3重苦にも関わらず、「健康になるブログ」(笑)を書いているMECおばさんが攻撃度を増しているようです。

とある糖質制限提批判ブログ、なんとMECおばさんから「削除」の要請を受けたらしいです。
 
MECおばさん、自分で自分をネット上で検索して、あちこちチェックして回ってるんでしょうか。自意識過剰というか、むしろ不気味です。 専業主婦で暇なんだったら、運動すればいいのにと思います。

2015/10/03 (Sat) 03:43 | Jo #- | URL | 編集
報告致します

王城さん

病院に行ってきました。
Hba1c 5.9(NGSP) 食後2時間137。

かろうじて正常値になりました。今日はお祝いです。
ドクターからは「糖尿病はもういいよ、現状維持」と言われました。続けて「油断しないでね、今のままよ、今のまま」

別に糖質制限してませんし、カロリーを厳守(たまに飲みすぎてハメはずし)しているだけなので、気は楽です。あっ、晩酌はしません。
カロリー制限も慣れると結構いろいろな物が食べられます。
食事は普通に1日当たり、炭水化物240g前後、タンパク質
110g前後、脂質40g前後とっています。
脂質を抑えるのが通常の食事では難しいですが、鰻、サバ等の時は多くても良いことにしています。
以前と変わったのは、夜中の4食目がなくなり、牛肉豚肉の割合が減って、野菜と魚と鶏ムネ肉を食べるようになった事でしょうか。
あとプロテイン。もちろんホエイです。

某教祖の毎日新聞のWEB記事には、野菜と魚を中心とした食事をやめて糖質制限を始めた、と書いてあります。
やめずに、筋トレでもしていたら今頃治っているのではないでしょうか。

私は、以前にも書きましたが、2月末にa1c 7.6、食後2時間 205で糖尿病と診断されました。
よく言われるカロリー制限と有酸素運動(歩けないので自転車)、1か月後 a1c6.4、それから3カ月6.4のままでしたが、こちらのブログに出会って、発症から5か月後 6.2、本日(7カ月) 5.9となりました。食後血糖値も1か月前が115、本日は137でしたが範囲内です。

最初の2週間は軽い糖質制限をしていました。が、それでも炭水化物は1日180g以上摂っていました。(制限とは言えないかも)
私はまだ軽い方なのでしょうし、人それぞれ状況が違いますからあまり強く言えませんが、食事療法と運動療法を効果的に取り入れて、内臓脂肪を落とせば治るものなんだ、と実感しました。
たかが数字とは言え、今日はけっこう嬉しかったんですよ。しっかり糖質を摂って下げたのですから・・・。

ありがとうございました。
ブログは引き続き拝見させて頂きます。

2015/10/03 (Sat) 11:56 | テコテコ #- | URL | 編集
Re: MECおばさんがパラノイアみたいでこわいです。

Joさん、こんちは。

三重苦ってヘレンケラーみたいですね(笑)

そのブログは見てみましたが、「糖質制限だらけの大運動会」は最高です(笑)
モヤシやひょうたんがヒョコヒョコ走り回っている姿は笑えるので、是非やってもらいたいです。

MECおばさんは、毎日1時間ぐらい運動してますよ。
私は今週は1回も運動していないので、明日はジムへ行こうと思ってます。

しかし、ああいうブログ同士は最高のボケとツッコミで、エンターテイメントとしては非常に面白いんですが消されちゃうんですかね?
続けて欲しいですね(笑)

ま、如何せんボケてる方にボケの自覚がないですから腹立つんでしょうね(笑)

2015/10/04 (Sun) 02:28 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 報告致します

テコテコさん、こんちは。

良かったですね!
嬉しい気持ちは本当によく解りますよ。

最近の私は、トレーニングもサボリがちで適当になっていますから、また明日からガンガン行きたいと思います。
皆さんの声を励みに、また今頑張ってらっしゃる皆さんに負けないよう。

テコテコさんも是非運動は続けて下さい。

2015/10/04 (Sun) 03:00 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 糖質制限で糖尿を治す方法

Joさん、こんちは。

はずれ(笑)

と言いますか、そんな難しい話じゃないです。

2015/10/04 (Sun) 03:16 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

え、ハズレですか? もっと勉強して出直してきます(笑)

2015/10/04 (Sun) 04:09 | Jo #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Joさん、こんちは。

たぶん、難しく考え過ぎです。
もっと単純なことです。
でも、とりあえず改善できるだけですよ。
続けて行けばモヤシ教祖のように膵臓がポンコツになってモヤシになるだけです。

2015/10/04 (Sun) 14:45 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
糖質制限で糖尿を治す方法

何となくわかったような……結論としては
『長期的視野でいえば糖尿病学会は正しい』ということでしょうか。

前提として肥満の糖尿患者がスーパー糖質制限をするとして、食事はMEC食を中心、キャッチフレーズまんま運動はしないとする。
 最初はグリコーゲンがなくなるのでガンガン痩せ血糖値は下がる。しかし低糖質を蛋白質で補うために糖新生で低血糖も起きず絶好調  
 しかし、糖質を制限しているためにインスリンの分泌が少なく、ラードコーヒーやチーズの脂肪分が同化されないばかりかせっかく取った蛋白質も筋肉へと同化されない
 それでも頑張る膵臓を苛める血中脂肪。やがてただでさえ少なかったインスリン分泌が『糖』以外の理由で更に分泌量を減らしてしまう→少量の糖質で血糖値爆上がり。
 こうしてもやしひょうたんが誕生するとなると、とりあえず脂質を制限するということでいいのでしょうか。
そしてたとえ脂質制限したとしても筋肉への同化作用が低下しているのでもやしになる……私にはこの考えしか浮かびません。
こういった過程を避けるとなると結論は『糖尿病学会の方針は正しい』ということに落ち着くことになると思いました。

 糖質制限を聞いたときに即身仏でも目指してるのかと思ったけど、改めて見直してみると修行の『五穀断ち、十穀断ち』って筋肉と脂肪を落とす手段としてうまく考えられている気がしますww

 ところでここ数日答えを考えている間に、キケンを伴うけど効率的に短期間で脂肪を落とす方法を思いつきました。
題して『雪の八甲田山ハイキングツアー』……極寒の中、体脂肪を使って体温を保とう……みたいな。北極探検の方は一日5000キロカロリーを必要とするというところからww
エスキモーの食生活を良しとする方たちにお勧めしたい、彼らがなぜ高脂肪食なのかを実感できると思います 笑

2015/10/09 (Fri) 23:01 | 風鈴 #- | URL | 編集

エスキモーの人々が肉食だったのは、野菜が栽培できない極寒の地で、寒さに耐えうる体脂肪を得るために高カロリーの肉食が必要だったというのはその通りですね。

アメリカでアンチ糖質制限の最先鋒のひとりでもある Dr.McDougallが最近のレビュー記事でまとめています。
--> http://www.forksoverknives.com/extreme-nutrition-the-diet-of-eskimos/

肉食過多の食生活が引き起こす問題は多々ありますが、まぁいずれにせよ、動脈疾患のリスクは確実にあがるでしょう。どうして誰もMECカルトの詐欺医師Wを訴えないんでしょうか。

2015/10/10 (Sat) 05:30 | Jo #- | URL | 編集
Re:糖質制限で糖尿を治す方法

風鈴さん、こんにちは。

糖尿病が亢進するとグリコーゲンが減っても血糖値は下がらなくなります。
MECおばさんのようにね。
MECおばさんも見ているようだから何故かは言いません。

2015/10/10 (Sat) 16:56 | こぶ平 #- | URL | 編集
内臓脂肪と痛風の関係

王城さんこんにちは〜♪

最近になってネットで「尿酸が高いのは内臓脂肪を蓄えている証拠」という記事を見つけました。尿酸の産生が増加するまでの仕組みが詳しく書いてあり、読んでから(痛風にしても糖尿病にしても)内臓脂肪が多いとろくなことないなぁと改めて思いました。

僕の尿酸値(今年の春7.5mg/dL)が今現在どの位なのかちょっと気にはなってますが、今年の春と比べても(見た感じと体脂肪計の数値から)内臓脂肪は減っているという事と、病院に(検査と結果で)2回行くのが面倒臭い(←これが一番の理由です 笑)のと、尿酸値7.0~7.9mg/dL で痛風の発症率は2%(アメリカ調べ。日本はデータ無し)というのを知って、来年の健康診断でもいいかなぁと今は考えてます(なので経過報告はもう少し先になりそうです(^_^))

あと、腹巻きの効果ですが、お腹が冷えると内臓脂肪が付きやすくなるようなので、した方がそれなりの効果があると信じて相変わらず寝る時に着用してます(暖かくてホント超気持ち良いですよ〜^^)


あと、toshitsubakaさんのブログは僕も読んでからランキングクリック&拍手してきました^^
あのブログへの激しいツッコミから何からとてもアグレッシブな方ですね!^^(笑)

2015/10/10 (Sat) 17:22 | 田中ヒロシ #- | URL | 編集
Re: 糖質制限で糖尿を治す方法

風鈴さん、こんちは。

糖質制限で糖尿病は治らないです。
ただ、現在糖質制限をやっている人達よりも遥かに改善できるやり方がある、ということです。
もちろん、運動などやりません。

でも教えません(笑)
ヒントも与えません。
メールでの問い合わせも不可です。

糖毒馬鹿はこのままでいいのです(笑)
信仰心が彼らを救ってくれます。

2015/10/11 (Sun) 01:37 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Joさん、こんちは。

肉食(動物食)が、何故野菜を食べなくてもいいかと言えば、丸ごと食うからビタミンも炭水化物も摂取できるからなんですね。
糖毒馬鹿というのは、肉食=焼き肉程度の想像力と知識しかないのです。

2015/10/11 (Sun) 01:42 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: Re:糖質制限で糖尿を治す方法

こぶ平 さん、こんちは。

MECおばはんは糖質摂ってないのに早朝高血糖というのは、かなり逝っちゃってますね。
心配で夜も眠れません。

恐らくβ細胞はかなり委縮し、α細胞が徐々に増大していると思います。

2015/10/11 (Sun) 01:48 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
ありがとうございます

王城先生>
>現在糖質制限をやっている人達よりも遥かに改善できるやり方がある

 掲示板で痩せて体力の落ちてしまった方々の苦闘ぶりを目の当たりにしてこれまで広く言われてきた方法で改善するのは難しいと感じ、前提を『糖尿デブ』にしてみたのですが。
 『デブ』限定でこれまでの先生の記事の内容から『脂質制限』になるのでは、と推論しました。

メールで答えなんて求めません、もし当てられたらご褒美にこの記事のトップのお尻を先生の美尻に変えてほしかっただけです 笑()

Joさま>
 他愛のない雑談にそのような指摘があるのだと教えて頂いて恐縮です。
 ナショジオやヒストリーチャンネルが大好きな私としては肉食獣が獲物のどこから食べているか、枝肉を主体として与えている動物園がどう肉食獣のエサを管理しているかを考えればわかりそうな気もするんですけど。
 そういえば製薬会社をぼろカスに言いながらビタミン剤を愛用している方もいらっしゃいましたね。あの方は動物園型の肉食獣のようなものでしょうか。

こぶ平さま>
 内緒ですとおっしゃられたのでぼかして書くつもりでしたが王城先生が触れられていらっしゃるので……某臓器に暴走が起きていると解釈しております、で本来ならば 即対応するアレが働いていないか、鈍っていると思っています。
 某とかアレですみません

2015/10/11 (Sun) 10:09 | 風鈴 #- | URL | 編集
Re: ありがとうございます

風鈴さん、こんちは。

おっさんのケツなんか汚いだけです(笑)

そんなもの貼って喜んでくれるのは髭熊姉さんだけです。

2015/10/15 (Thu) 00:26 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する