糖尿病の原因でもある慢性炎症は遠隔臓器に波及する




ちはっす。

糖尿病の支配的な原因は脂肪による炎症というお話を、ちょっと前の記事でしました。
脂肪による慢性炎症は、インスリン抵抗性と膵臓のβ細胞の機能障害を惹起します。
一旦インスリン抵抗性が惹起されれば、脂肪の合成は滞り、脂肪の分解が亢進し、正に火に脂を注ぐ状態となります。

ところで、今まではこのインスリン抵抗性とβ細胞の機能障害にスポットを当てて話を進めて来ましたが、この慢性炎症というのは、他の遠隔臓器に波及することが解っています。

メタボリックシンドロームから様々な生活習慣病が顕在化する過程では、脂肪組織局所において細胞間相互作用により誘導される炎症の慢性化と線維化が契機となり、生体の恒常性維持機構である臓器代謝ネットワークが破綻して全身の遠隔臓器に波及・拡大化する
細胞間相互作用と臓器代謝ネットワークからみた生活習慣病より)

つまり、慢性炎症は一つの臓器にとどまらず、他の遠隔臓器において慢性炎症を誘導するということなのです。
例えば、脂肪組織や筋肉の異所性脂肪などが炎症を起こし、遊離脂肪酸の放出が増加すれば、それが今度は膵臓の炎症を惹起し、β細胞の機能障害を引き起こす、ということです。
その炎症が血管に波及すれば動脈硬化を引き起こし、肝臓なら肝硬変等、心臓なら心不全、腎臓なら腎機能障害、という具合に全身に波及して行くということです。

最初に述べた様に、インスリンが働かなくなると脂肪の分解が亢進します。
この脂肪分解により放出される遊離脂肪酸、とりわけ飽和脂肪酸が病原体センサーであるTLR4を介してマクロファージを活性化し、その結果、炎症性サイトカインであるTNFαの産生が亢進することにより炎症が起きます。
それ故に、米国糖尿病学会(ADA)では、飽和脂肪酸の摂取量を総カロリーの7%~10%未満にするよう指導しているのです。

また、糖尿病の運動療法というのは、血糖コントロールのみならず、この増え過ぎた遊離脂肪酸をエネルギーとして使ってしまうという意義もあるのです。

但し、運動療法の間違いは「脂肪を燃やすなら有酸素運動」というトンチンカンな念仏をいつまでも唱えていることです。
確かに、脂肪が使われる割合は有酸素運動の方が多いに決まっていますが、それは絶対量ではないのです。
ちょっと考えれば、頭の不自由な方々にも解りそうなものですが、ピョコピョコ歩いたり走ったりするぐらいなら糖をエネルギーとして使う割合なんか低いに決まってるじゃないですか(笑)
同じ時間の有酸素運動と高強度の運動を比べれば、糖を使う量も脂肪を使う量も、圧倒的に高強度の運動の方が多いのです。


o-Method

糖尿病Q&A
糖尿病、運動、食事、その他に関する質問はこちらで!


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly
スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: タイトルなし

管理人のみ閲覧できます さん、こんちは。

おっしゃる通りだと思います。
たぶん、その方は治らないと思います。
根本的な何かが欠けているような気がします。

2015/10/09 (Fri) 16:32 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

けるさん、こんちは。

>MECをしている他の方々からは、それは好転反応で良いことだと言われた

良い訳ないじゃないですか。血尿がでてるのに(笑)
当然のことながら、腎臓も高脂肪に晒されれば炎症を起こしますので気をつけて下さい。

まー、しかし、そんなカルト集団を1カ月で脱会できて良かったですね。

2015/10/09 (Fri) 18:47 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
内臓脂肪と痛風の関係

王城さんこんにちは〜♪

最近になってネットで「尿酸が高いのは内臓脂肪を蓄えている証拠」という記事を見つけました。尿酸の産生が増加するまでの仕組みが詳しく書いてあり、読んでから(痛風にしても糖尿病にしても)内臓脂肪が多いとろくなことないなぁと改めて思いました。

僕の尿酸値(今年の春7.5mg/dL)が今現在どの位なのかちょっと気にはなってますが、今年の春と比べても(見た感じと体脂肪計の数値から)内臓脂肪は減っているという事と、病院に(検査と結果で)2回行くのが面倒臭い(←これが一番の理由です 笑)のと、尿酸値7.0~7.9mg/dL で痛風の発症率は2%(アメリカ調べ。日本はデータ無し)というのを知って、来年の健康診断でもいいかなぁと今は考えてます(なので経過報告はもう少し先になりそうです(^_^))

あと、腹巻きの効果ですが、お腹が冷えると内臓脂肪が付きやすくなるようなので、した方がそれなりの効果があると信じて相変わらず寝る時に着用してます(暖かくてホント超気持ち良いですよ〜^^)


あと、toshitsubakaさんのブログは僕も読んでからランキングクリック&拍手してきました^^
あのブログへの激しいツッコミから何からとてもアグレッシブな方ですね!(笑)

2015/10/10 (Sat) 17:38 | 田中ヒロシ #- | URL | 編集
Re: 内臓脂肪と痛風の関係

田中ヒロシさん、こんちは。

toshitsubakaさんのブログは私も毎日ランキングクリックしています(笑)

MECおばはんは、fc2にギャーコラ文句を言ったことが恥ずかしくなってランキングから消えたのでしょうか?

「糖尿病はなるべく早く発見しよう!!」というおばはんの記事も笑わせて頂きました。
早く発見したって治んないんだから大して変わらんだろ、と思ったのは私だけでしょうか?(笑)

2015/10/11 (Sun) 02:14 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する