なぜベトナム人は痩せているのか?

aodai-262932_640.jpg


ちはっす。

なぜベトナム人は痩せているのか?

というタイトルの本を見つけたのです。
当然、読んでませんが(笑)

試しにそのワードでググってみると、いろんなサイトがベトナム人の痩せている秘密を解説していました。
検索1ページ目に出てきたサイトやブログをササッと斜め読みした結果、断言できます。

すべて間違い(笑)

そういう訳なので、「なぜベトナム人は痩せているのか?」という本当の理由を私が書きます。

ちなみに、ベトナム人の炭水化物摂取量というのは、総摂取カロリーの80%にもなります。
「糖質食べると太る」という糖質制限者の嘘八百も、ベトナム人を見ればよく解ります。
一般的なベトナム人というのはガリガリのモヤシで、背も小さく、その辺は逆に糖質制限者に似ています。

もちろんベトナム人の中にも、小デブやひょうたんはいます。
その理由も後述します。

ベトナム人が痩せているのは総摂取カロリーが少ないから

当たり前中の当たり前。
これ以外に理由はない。

ハーブが多いとか、野菜(というか、草や葉っぱ)が多いとか全く関係がありません。
そんなものいくら多くたって、総摂取カロリーが多ければ太ります。
(事実、ベトナム人にもデブはいる。)
エネルギーというのは、何もないところから突然現れたり、突然消滅したりしないのです。
(熱力学の第一法則)

実際のところ、ベトナム人と一緒に食事をしてみれば解りますが、逢中は本当に少食であまり食わない。
ローカルのレストランへ行って一番困るのは、一人前の量が極端に少ないことなのです。
一人前の量では全然足りません。
かと言って、不味いから二人前も食いたくないし(笑)

これは道端食堂でフォーなんかを食っても同じで、量が少ない上に油を使っていないので、カロリー自体は全然少ない。
コムザンというチャーハンの様な炒めものでも、量自体は少ないし、油は悪いし不味いしで、たくさん食べられないシステムになっています(笑)

ちょっと小じゃれたローカルのレストランでパスタを頼んでも、

これ一人前なの?

と聞きたくなるぐらい量が少なく、おまけに麺が茹で過ぎでフォーみたいになっちゃてて食えたものではありません。
ピザ屋へ行っても、ベトナム人はラージピザを3人ぐらいで食っていますが、あんなの私がいつも一人で食ってるサイズなのです。
(ラージピザ自体のサイズが小さい。)

モヤシはすぐに糖尿病になる

元々ガリガリのもやしベトナム人は、ちょっと脂肪が付き始めるとすぐに糖尿病になります。
実際、BMI22や23で糖尿病を発症する人達もいます。
前に記事で書きましたが、糖尿病発症率というのは、この10年で211%増と、驚異的な伸び率です。
肥満人口も確実に増えていますが、都市部と地方では倍ぐらいの差があります。

これは地方では都市部と比べれば、より伝統的なベトナム食が多い、つまり低脂肪・高炭水化物食(カロリーが低い)であると同時に、日常的に肉体を使った労働に従事する割合が多いためと言えます。

都市部においては、ファーストフードやケーキ、スイーツ類は、今やどこにでもあります。
加えて移動の手段はバイクや車ですから、意識して運動しなければほとんど身体を使うことがありません。

そしてモヤシが高脂肪食に晒されるとどういうことになるか?
ここは、ダイエットの鉄則を思い出して下さい。

カロリーオーバーになれば余分に摂取した脂肪はそのまま脂肪になるしか行き場がない

かくして、元々遺伝的に大して脂肪を吸収できないモヤシであれば、すぐに脂肪細胞が飽和状態になって炎症を起こしたり、内臓脂肪や異所性脂肪を形成し出したりし、糖尿病予備軍→糖尿病発症ということになります。

ベトナムの糖尿病人口を減らすのは簡単

まずは第一に、伝統的なベトナム料理に戻すことでしょう。
ファーストフード等が根付いてしまっては遅いですが、今ならまだ全然間に合います。
と、同時に糖尿病に対する啓蒙活動が必要です。
一般庶民のレベルでは「糖尿病?何それ?」のレベルですから。

ベトナム人の中には、「フォーやコメ等の炭水化物が原因だ!」という糖毒馬鹿みたいなのもいます。
馬鹿に国境はない、というのは正にこのことです(笑)
ほんの十数年前までは、糖尿病など全人口の1%ちょっとだったのです。
急激に増えたのは、この10年ちょっとの話なのです。
その以前の数千年もの間、ほとんどコメしか食ってないのに、何を言ってるんでしょうか?
そもそもベトナム人がフォーやコメを食わなかったら、ほとんど草や葉っぱしか食えません(笑)

で、ベトナムの糖尿病人口を減らす上で利点となるのは、

ベトナム人は割と運動好き

ということです。
運動好きと言うか、他にやることがないのです(笑)

夜になると、どこのグランドでも草サッカーをやっていますし、おばはんは公園に集まってエアロビクスをやっています。
日本大使館前でも、朝晩おばはんが50人ぐらい集まってエアロビクスをやっています。
ローカルのスポーツジムもやることがないベトナム人でいっぱいです。
私の家の近所だけでも、ローカルのスポーツジムが4軒もあります。
(内、1軒は丹下段平ジムみたいなジム。笑)
外人用の高級ジムまで入れると、もう解らないぐらいあります。

ただ、本当にやることがないから来ているだけなので、運動のやり方とか滅茶苦茶なのです(笑)
私が最初にジムへ行った時なんかは、分割トレーニングしている奴など一人もいませんでしたし、サプリメントを飲んだり、ストラップやパワーベルトを使っているものも皆無、全員がモヤシ重量で行き当たりばったりのトレーニングでした。
最近では、やる気のある奴は私の真似してプロテインを飲んだり、分割トレーニングをしています(笑)

そういう訳ですから、やり方さえちゃんと教えてやれば、暇だからやるのです(笑)

ベトナム共産党幹部も、私のブログを読んで勉強して欲しいものです(笑)



o-Method

糖尿病Q&A
糖尿病、運動、食事、その他に関する質問はこちらで!


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly
スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

お早うございます。

ベトナムの食生活のお話し面白かったです。
有り難うございました☆

日本人も昔?の粗食な食生活なら、糖尿病患者は少なかったと言うことですかね。

貧乏で本当の意味で粗食だった方々には、申し訳無い発言ですみませんが(苦笑)

「フォー」?と言えば、カップ麺のしか食べた事ありませんが、カップ麺のは(笑)美味しかったっぽいです。

ベトナムって衛生面では、いかがなものですかね?
御手洗いとか水洗ですか?

てか、ベトナムにプロテイン売っているのですね?
(そろそろ ビンタされそう 笑)

的外れなコメントで申し訳無いですが、先生のblogはツボるので、また寄らせてくださいね。

2015/10/21 (Wed) 08:43 | 亞雍 #- | URL | 編集
ベトナム料理

ベトナム人街もあって、結構ベトナム料理好きです。
(でもpho以外甘い味付け多いですよね!)
まぁあくまでアメリカで食べるベトナム料理なので、ベトナム人が作ってても本場とは違うのかもしれませんが。
ベトナムのお話興味深かったです。糖質多い食事で糖尿病にならないのかなぁって疑問に思ってましたし、細い人が多いのも気になってました。

2015/10/21 (Wed) 12:12 | 芽衣子 #- | URL | 編集
Re: お早うございます。

亞雍さん、こんちは。

以前記事で書いたので貼っておきますね。

>意外と知られていませんが、1950年代ぐらいまでの日本は、総摂取カロリーに占める炭水化物の割合は80%もありました。
総摂取カロリー量は現在とほとんど変わらず、現在の炭水化物摂取量は当時と比べると25%程減っています。
タンパク質摂取量はほとんど横這いで、当時と今でもほとんど変わっていません。
変わったのは脂肪摂取量で、現在は当時の3.5倍に増えています。
糖毒馬鹿の言う様に、脂肪が素晴らしくて糖質が糖尿病の原因であるなら、糖尿病患者は当時と比べて減っていなければなりませんが、糖尿病人口は当時と比べると何と35倍にも増えています。


ちなみに、ベトナム人に「衛生」という概念はないです(笑)
都市部のトイレは水洗ですが、1回流すと次流れるまでにかなり時間がかかるので注意が必要です。
信じられないことに、便座に土足で座って用を足す馬鹿がいるので殺意を感じます(笑)
あと、老若男女、手を洗ってもハンカチで手を拭かずに、その辺で手を振って終わりなので、床が濡れてて汚いです。
とゆーか、トイレに限らずどこへ行っても、ホテル以外は汚いです(笑)

2015/10/22 (Thu) 00:29 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: ベトナム料理

芽衣子さん、こんちは。

「ベトナム料理好き」ということは、食べたのはベトナム料理ではないです(笑)
ベトナム料理に似せた何か他の食べ物です。

甘い味付けというのは、恐らくブンチャかバインクアンでしょうが、味付け自体があるのはそれぐらいで、あとほとんどは味がないか、辛いだけか、臭いだけです。

ベトナム料理の不味さは「不味い」という次元を遥かに突き抜けています。
「コメ」ひとつとっても、臭くて食えないですよ。

2015/10/22 (Thu) 00:38 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

王城先生おはようございます。
先日、125ccバイクの件でご相談させていただいた件ですが、台湾製を勧めて戴いた先生のお言葉を胸にバイク屋に行きました。しかし、店員にベトナム人の手先の器用さ、真面目で勤勉、我慢強さを説かれ、結局ベトナム製を購入してしまいました!
ビンタお願いします!
(ちなみにその店員はベトナムに行ったことは無いそうです)
メットインから巨大ゴキブリが出てきたらどうしようと念入りに確認しましたが大丈夫でした(笑)

2015/10/22 (Thu) 00:44 | 元 糖尿病予備軍 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

元 糖尿病予備軍さん、こんちは。

>ベトナム人の手先の器用さ、真面目で勤勉、我慢強さ

ベトナム共産党のディスインフォーメーション工作は、日本で大成功してますよね(笑)

ちなみに、そのバイク屋の店員は、諜報機関においては「エージェント オブ インフルエンス」というカテゴリに分類されています。
これは本人に全くその気がなくても、プロパガンダや世論操作に利用できる人物ということです。

2015/10/22 (Thu) 01:01 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Agent of influence

久しぶりに「エージェント オブ インフルエンス」という言葉を目にしました。よくご存じですね。いつもながら、王城さんの博学さには驚かされます。

なんにせよ、情報の是非を自分で調べず鵜呑みにするひとはこれになりやすいです。しかし、糖毒カルトにいとも簡単に利用されてるUseful idiot(「役に立つ馬鹿」)が後をたたないのは困りものです。

ところで、「MEC食」ってW医師によって商標登録されてるんですね。登録するような代物ではないと思いますが。医師には宣伝や金儲けよりも、医療に専念して頂きたいものです。

2015/10/22 (Thu) 04:00 | Jo #- | URL | 編集
有り難うございました☆

記事を貼って頂きまして、有り難うございました。
そして、御手数御掛けしました。

ちゃんと初めから読めば解る話なのに、申し訳ございませんでした。

「はじめまして」から読ませて頂いていて、ベトナムの動画も拝見させて頂きました。
王城先生の住まいになる部屋、キッチン、バスルームなど、綺麗でした。

銀行の方の態度や食べ物の話、「死ねばいいのに」って度々出てくるのに、笑ってしまいます(爆)

他、ゆっくりですが隅々まで読んでいきます。

頭が悪く的外れな質問したときは、ビンタください(笑)

では、またです。(^o^)

2015/10/22 (Thu) 09:18 | 亞雍 #- | URL | 編集
Re: Agent of influence

Joさん、こんちは。

高校の時に将来外交官になろうと思い、外交官試験の暗号問題を解いていたのですが、その内諜報機関の方が面白そうだと思い色々調べていた時に、その辺のことが出て来ました(笑)
結局、日本には本格的な諜報機関がなかったのでやめました。

ところで、MEC食は商標登録されてるんですか?!(笑)
商魂逞しい医者ですね。
死ねばいいのに(笑)

2015/10/23 (Fri) 21:37 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 有り難うございました☆

亞雍 さん、こんちは。

最近、自分でもどこに何を書いたのかよく解らなくなってきたので、ブログの引っ越しをするつもりなのです。

ど~でもいいような記事は、たぶん移動しないと思うので、ど~でもいい記事優先で読んで下さい(笑)

2015/10/23 (Fri) 21:41 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する