糖質制限で筋トレをやっても大して筋肉が増えない理由

weights-646496_640.jpg



ちはっす。

今回は、糖質制限をしながら筋トレを行っても究めて効率が悪いのは何故か?というお話です。

前々回の記事、
糖質制限の効果!3カ月で17キロ減!

で、ご理解頂けます様に、糖質制限+筋トレでは、まるで筋トレの効果が現れていません。

筋肉量を維持したり筋肉量をを増やすために、最も重要なことは、適切な運動と適切な食事です。
そのどちらが欠けても、筋肉の発達は究めて効率が悪いものになります。
それを理解するためには、まずは「筋肉とはどういうものか?」ということを知る必要があります。

筋肉は負荷がなければどんどん減る


我々の筋肉は、ある日突然増えたり減ったりするのではなく、常に分解と合成を繰り返しています。
1日の内でも、腹が減ったり運動をすれば筋肉は分解され、食事をすれば合成されます。
概ね1日の活動量や食事の量が一定であれば、筋肉量も一定に維持されて行きます。

ところが、筋肉というのは負荷をかけなければどんどん分解され減って行きます。
一番解り易いのが、寝たきり状態と無重力状態です。
あるいは、腕や足を骨折した経験のある人なら解ると思いますが、3~4週間ギブスで固定すると、見るも無惨なほど筋肉は減ってしまいます。
逆に言えば、負荷をかければ筋肉は増えて行きます。
要するに負荷に応じて、筋肉は増えたり減ったりするのです。

材料が無ければ筋肉は増えないが、材料だけでも筋肉は増えない


筋肉の材料は、ご存じの通りタンパク質です。
当然のことながら、筋肉の材料であるタンパク質を補給してやらなければ筋肉は合成のしようがありません。
しかしながら、材料をいくら補給したところで、今の負荷以上には筋肉は大きくなりません。

つまり、筋肉を増やすためには、材料の補給と負荷が必要な訳ですが、まだそれだけでは足りないのです。

エネルギーがなければ筋肉は動かない


実は糖質制限をしながら筋トレをやる上で決定的に効率が悪いのは、この部分なのです。
筋肉、とりわけTypeⅡbの速筋というのは、糖をエネルギーとして使っています。
筋肉に十分なグリコーゲンが蓄えられていなければ、筋肉に高負荷をかけられません。
(すぐに疲労困ぱいする。)

糖質制限よりも脂質制限の方が体脂肪が減る

で明らかにした通り、糖質制限で最初に減るのはグリコーゲンと水分なのです。
(ちなみに、2011年5月31日~6月4日に米国デンバーにおける第58回American College of Sports Medicine:ACSMで発表された研究結果でも明らかにされています。)

つまり、糖質制限をしながら筋トレを行うということは、常にエネルギーが十分でないまま筋トレを行うことになります。
したがって、本来もっとかけられるはずの負荷がかけられないのです。
(その前に疲労困ぱいする。)
本人がいくら努力したつもりになっても、努力になっていないのが「糖質制限+筋トレ」ということです。

解り易い例で言えば、それまで十分な炭水化物を摂取してトレーニングを行っていた人が、糖質制限を行った場合です。
まず、それまでの重量・レップ数が上がらなくなりますし、それまでと同じメニューをこなせなくなります。
(つまり、負荷が下がる。)

こうして本来かけられるはずの負荷がかけられない筋トレを続けても究めて効率が悪いトレーニングとなり、結果として、前々回の記事の様なことになるのです。

運動全般に言えることですが、筋グリコーゲン貯蔵量を最大限に高めておくことは、運動それ自体のパフォーマンスを高める上で欠かせないことなのです。
そして筋肉というのは、今ある筋肉で十分間に合う程度の負荷なら、筋肥大など起こらないということです。



o-Method

糖尿病Q&A
糖尿病、運動、食事、その他に関する質問はこちらで!


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly
スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

初めまして

最近こちらのブログを知り、楽しく読んでいます。
1日に何度も血糖値を上げるのは良くないと聞いてましたが、玉城さんのブログを読んでそこまで気にしなくなりました。
質問なんですが、果物による糖質だと筋肉には効果ないと思いますか?そして肝臓や膵臓に本当に良くないんでしょうか?

2015/11/01 (Sun) 14:05 | なべ #- | URL | 編集
Re: 初めまして

なべさん、こんちは。

果物の糖質が何で効果がないのですか?
肝臓や膵臓に良くないというのも、理由がイマイチ解りません。

そもそも糖や脂肪が毒性になるのは、高血糖や高脂肪の状態が続く糖尿病患者あるいは予備軍ぐらいです。

2015/11/02 (Mon) 01:09 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

ありがとうございます。世間的に果糖はインスリン分泌を促進しないとか、中性脂肪を増やしやすいとか言われてるんで聞いてみました。
玉城さんのブログ見てて、最近流行りのオーガストも糖尿なのかな なんて思えてきました。

2015/11/02 (Mon) 10:14 | なべ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

なべ さん、こんちは。

果糖そのものが中性脂肪を増やすということはないです。

2015/11/02 (Mon) 23:55 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 玉恋さんのファンです♡

kyさん、こんちは。

長過ぎます。勘弁して下さい。

2015/11/02 (Mon) 23:57 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

笑 

残念ですね~ またトライします♡

ところで玉恋さんに直接指導をしてもらうにはどこのジムにいけばいいんですか?
ベトナム?

2015/11/04 (Wed) 16:07 | ky #mQop/nM. | URL | 編集
Re: タイトルなし

kyさん、こんちは。

他のサイトのリンクやコピーを貼って「どう思いますか?」というのは、まず答えがもらえないと思って下さい。
何故かと言うと、いちいち読むのが面倒臭いのです(笑)

直接指導は、ベトナム・ハノイでのみ受け付けています。
ホエイプロテイン1kgで、3回指導します(笑)

2015/11/04 (Wed) 23:21 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する