筋肉の減少はアルツハイマー病のリスクが増大する

dependent-441406_640.jpg



ちはっす。

加齢による筋肉の減少は、様々な健康障害、疾患の原因となりますが、アルツハイマー病にも関係していたという恐ろしい話です。

Association of Muscle Strength With the Risk of Alzheimer Disease and the Rate of Cognitive Decline in Community-Dwelling Older Persons.

これは、米国シカゴにあるRush University Medical Centerが970名の高齢者を平均3.6年間に渡り調査したところ、アルツハイマー病の発症や認知機能の低下に筋力の低下が関連していたという研究結果です。

このブログの読者の皆さんは、糖尿病の人やあるいは糖尿予備軍の方々が多いので、そういう人達は特に注意しなければなりません。
糖尿病患者は健常者と比べると、アルツハイマー病リスクは2倍に増えると言われています。
これは脳内のインスリン・シグナル系が破たんするためで、九州大学により報告されています。

糖尿病がアルツハイマー病の危険因子となるメカニズムを解明 九州大

また、アミロイドβの蓄積はアルツハイマー病の原因となりますが、インスリンというのはアミロイドβの分解にも関与しているので、インスリンが不足するとこのアミロイドβが蓄積しやすいのです。

そこに持って来て、糖尿病というのは異化が同化を上回って行くので、もれなく筋量は減少して行きます。

糖質制限は言うに及ばず、たとえカロリー制限と有酸素運動を行ったとしても、結局はモヤシかひょうたんにしかならないのです。
更にど~~~んとアルツハイマー病や認知障害のリスクが高まると言えるでしょう。

もっとも、筋肉隆々のジジイにボケられるよりも、モヤシやひょうたんにボケてもらった方がツッコみ易いのでいいかもしれません(笑)
今後、モヤシやひょうたんのボケ老人が増えて行くことになりましょうが、筋トレをやられている皆さんは、そういうボケ老人にしっかりツッコめるツッコミ老人になって下さい。

ありがとうございました。



o-Method

糖尿病Q&A
糖尿病、運動、食事、その他に関する質問はこちらで!


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly
スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

自転車

私はモヤシの糖尿病で、高強度筋トレをはじめました。
教えていただきたいのてすが、毎日、自転車通勤で20キロ走ります。これは有酸素運動になり、異化が亢進しますでしょうか。それとも脚の筋肉肥大になりますでしょうか。

2015/11/02 (Mon) 09:44 | ぽっくん #je1fz7cY | URL | 編集

アラフォーの女です!
王城さんのブログを拝見してトレーニングを始めました。
一年ほど続いていますが、ようやくスクワットとデッドリフトが60キロと70キロ出来るようになりました。
ベンチは40キロはギリギリですかね。
糖尿では無いのですがhba1cが少し高めなので、改善したいのと、スタイルが良くなればいいな、という希望で頑張っています😄
筋トレははまりますね!
食事に関しては大食いと言うこともあり、あまり気を使えないのですが、食べるわりに太らないのは運動のお陰だと思います。
今後もウェイトトレーニングに精進したいと思います!

2015/11/02 (Mon) 18:36 | ふみえ #sj93pB3o | URL | 編集
Re: 自転車

ぽっくんさん、こんちは。

栄養補給さえ十分であれば問題ないと思います。
(カロリーロスの状態が続けば、当然異化は亢進します。)

むしろ、筋トレと有酸素運動が両方できると前向きに考えましょう。
如何なる運動もやらないよりはやった方が効果があるのです。
そして、食事というのは運動と同じぐらい重要だと肝に銘じて下さい。

2015/11/02 (Mon) 23:49 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ふみえさん、こんちは。

女性で、その重量でスクワット、デッドリフトができれば、凄いですよ。
私が行ってるジムのベトナム人のモヤシ達より重いです(笑)

日本で通っていたジムでは、60歳ぐらいの女性が100kgのフルスクワットをやっていましたから、まだまだ頑張りましょう!

2015/11/03 (Tue) 00:04 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
ありがとうございます

王城さん、ありがとうございます。
摂取カロリーに気をつけて続けます。
モヤシのため、なかなか筋肉がつきませんが、やれるだけやってみます。

2015/11/03 (Tue) 09:32 | ぽっくん #je1fz7cY | URL | 編集

王城さんこんにちは。
記事に関係ない話をしますがお許し下さい。
ケトン体ダイエットをすることによって筋肉を増やしながら減量できるみたいなんですが本当でしょうか?私は糖質を取らないで筋肉がつくとは考えられなくて。
ちなみに、北島達也さんという筋肉マッチョさんがオススメするやり方みたいです。

2015/11/03 (Tue) 11:14 | かほ #wbR0s9Kc | URL | 編集
アミロイドβとインスリン

王城先生、こんにちは。
欠かさずに読ませて頂いておりますが、コメントは久しぶりです。
アミロイドβとインスリンの関係に関する記述に誤認があるようなのでコメントさせて頂きます。
血中に放出されたインスリンは、インスリン分解酵素によって分解され、血中インスリン濃度は下がっていきます。そして、アミロイドβを除去するのもインスリン分解酵素なのです。つまり、インスリン分解酵素は、インスリンを分解する片手間でアミロイドβを分解・除去しているので、インスリンを出し過ぎている初期の糖尿病患者のインスリン分解酵素は、アミロイドβまで手が回らずに蓄積させてしまいアルツハイマーを誘発する、という事なのです。王城先生がいつも仰られているように、糖尿病の生理的病態は、初期の『インスリンが充分に出ているにも関わらずインスリン抵抗性によって血糖値が上がってしまう高インスリン血症(インスリンが効かないので、β細胞がどんどんインスリンを出してしまう)』の状態から、さらに進んだインスリンすらもう出ない状態に変化していきます。インスリンが出ない状態になってしまえば、インスリン分解酵素はヒマになるのでアミロイドβをどんどん分解する事が出来ます。纏めますと、インスリン抵抗性によりインスリンを出し過ぎている初期の糖尿病患者(高インスリン血症患者)のアルツハイマーリスクが高い、という事です。
さらに言うとインスリンは強力な同化・成長ホルモンなので、癌細胞の増殖にも作用します。高インスリン血症はガンのリスクも高いのです。かと言ってインスリンは出せなければ死んでしまう超重要ホルモンです。筋トレしてインスリン抵抗性を下げまくり、AMPKによって非インスリン依存的に糖を筋肉に取り込ませれば、インスリンは必要最小限で効率的に身体に作用すると思いますので、先生の主張になんら影響を与えるものではありません。

2015/11/03 (Tue) 17:11 | クロ #- | URL | 編集
Re: ありがとうございます

ぽっくんさん、こんちは。

地道に続けて行けば必ず結果は出ます。
苔の一念、岩をも通す。
流した汗は嘘をつかない(サウナ除く)

頑張りましょう!

2015/11/03 (Tue) 20:45 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

かほさん、こんちは。

>ケトン体ダイエットをすることによって筋肉を増やしながら減量できるみたいなんですが本当でしょうか?

嘘です(笑)
そんなもので筋肉を増やしながら減量できるなら、コンテスト前のビルダーは全員ケトン食やってます。
北島なんとかさんについては、以前コメント欄で触れたことがあるので探してみて下さい。

いずれにしても、あの手のものはビジネスですから、あまり私にコメントを求めないで下さい(笑)
北島氏関連も商材会社のビジネスです。

2015/11/03 (Tue) 20:59 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: アミロイドβとインスリン

クロさん、こんちは。

なるほど。そうですか。
勉強になります。

高インスリン血症ががんのリスクを高めることは承知しています。
ただ、糖尿病が進行してしまえば(そもそもβ細胞が機能不全を起こして行けば)、高インスリンの状態など成りたくても成れないので、糖毒系の皆さんが言うような「インスリンがーーー」というのは、ピントがずれた話ですね(笑)

私が知る限り、健常者が食後にインスリンを分泌することでがんのリスクが高まるなんてことを検証した論文は見たことがありません。
それこそ、加工肉や赤肉を大量に食った方がリスクが高まるのではないでしょうか?(笑)

2015/11/03 (Tue) 21:14 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
糖質・インスリン恐怖症

王城先生のおっしゃる通りです。

糖質やインスリンを恐れる、というのは『死ぬリスクがあるから生きるのをやめよう!』と言っているのと同じですね。そして、人々をゾンビにしていくのが糖毒教ですね。

王城先生のブログで糖毒ゾンビが少しでも減るといいな、と思っていますが、ネタがなくなるのも困りますね(^∇^)

2015/11/03 (Tue) 22:29 | クロ #- | URL | 編集
Re: 糖質・インスリン恐怖症

クロさん、こんちは。

いや、ほんと、ネタがなくなるのが一番困るので「糖毒カルトは生かさず殺さず」がベストなのです(笑)

2015/11/04 (Wed) 00:31 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する