「日本の女子学生の13%が援助交際」国連報告者の発言に外務省が怒った本当の理由

girl-114441_640.jpg



ちはっす。

面白いニュースを見つけました。

「日本の女子学生の13%が援助交際」国連報告者の発言、外務省が撤回要求

国連特別報告者のマオド・ド・ブーア=ブキッキオ氏が「(日本の)女子学生の13%が援助交際を経験している」と記者会見で発言した

これに対し外務省は、

「発言は不適当かつ極めて遺憾」
「13%という数値の情報源と根拠を開示すべき」


と抗議し、撤回を求めた。

これを受け、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は、

数字について「公式な数値を受領したことはない」ことを認めた上、「13%という数字は公開情報から見つけた概算であり、援助交際が緊急に対応すべき事象である点を強調するために言及した」と説明した。

おいおい、そういうのを捏造と言うんだろ。(笑)
外務省が怒るのも当然だと思いますが、世界に向けて売春婦扱いされた日本の女子高生や女子大生も怒るべきでしょうね(笑)

当然のことながら、外務省は、

全く説得的でなく、発言は不適当かつ極めて遺憾
国連の肩書きを持つ者が発言することであたかも事実であるかのような誤解を生むことになり、影響は深刻
情報源も明らかにできないような信頼するに足りない情報を記者会見や報告書で引用することは到底受け入れられない


として発言の撤回を強く求めています。

何か普段よりも増して外務省が怒ってると思いませんか?

それもそのはずで、私はその理由を知っているのです(笑)
立場上、本音が言えない無念さを晴らすべく、官僚の皆さんに代わって私が代弁しようじゃありませんか。

実は、このマオド・ド・ブーア=ブキッキオというおばはんは、オランダ出身の弁護士なのです。

オランダと言えば!

16歳以上で売春が合法なのです。(笑)

お前が言うな、ばばあ。

2億5千万歩譲って、「女子学生の13%が売春」と言う数字が正しかったとしましょうか?

おまえんとこの国の女は16歳で職業売春婦になるが、日本の女は高校に通いながら売春するのだ。

日本の女の方が立派ではないか(笑)

このウスラトンカチ

ということが言いたかった訳です(笑)

頑張れ外務省!

我々日本国民がついてるぞ!



o-Method

糖尿病Q&A
糖尿病、運動、食事、その他に関する質問はこちらで!


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly
スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する