糖質制限の嘘八百!米国糖尿病学会は本当は何と言っているのか?

meat-658029_640.jpg



ちはっす。

この前、日本最大級の医療専門サイト(主催者側発表)m3.comを見ていたら、臨床・賛否両論というコーナーで、北里大学北里研究所病院糖尿病センターの山田悟氏の話が掲載されていました。
m3は、20万人以上の医師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト(主催者側発表)らしいです。

どんな話かと言いますと、

山田氏はまず、2013年に糖質制限食を糖尿病治療食として無条件で第一選択肢の1つに採用した米国糖尿病学会の勧告を紹介(Diabetes Care 2013Nov;36(11):3821-3842)。
前回改訂(2008年)より5年が経過し、「糖質制限食に関する様々なエビデンスが蓄積され、全面的に糖質制限食が認められるようになった」と説明した。
2008年版での糖質制限食は、肥満治療に限り第一選択肢として認めながらも、『1年まで』と期限が定められていたが、新たな勧告で期限を撤廃。同時に、『腎機能、脂質プロファイルのモニタリング』の必要性についての記述も撤廃されているという。

(引用終わり)

ということらしいです。

結論から言うと全部嘘なんですが(笑)、悪意のある嘘なのか、単に英語が読めないのかは解りません。
恐らく両方だと思います。
いくら悪意があっても、高卒程度の英文読解力があれば、「いくら何でもこりゃまずいな。」と気付くはずです(笑)

何故こんなデタラメや寝言の類が堂々とまかり通っているのか?、と言いますか、何故誰も指摘しないのかは甚だ疑問に思います。
もっとも、糖尿病人口が増えたと言っても、日本人全体で見れば7~8%ぐらいのものですし、糖質制限をやってる人達はそのまたごく一部ですから、世間一般から見ればどうでもいいことだからかもしれません(笑)
てゆーか、そもそも、こんなこと知らないと思います。

で、今回は、ほんじゃぁ、

米国糖尿病学会は本当は何と言ってるの?


と言う話です。

まず、ADA(米国糖尿病学会)のサイトは、大まかに言うと2種類あります。
一つは医療従事者向けの

http://professional.diabetes.org/

もう一つは、

糖尿病患者、一般人向けの

http://www.diabetes.org/

北里大学の山田何とかが言う、

2013年に糖質制限食を糖尿病治療食として無条件で第一選択肢の1つに採用した米国糖尿病学会の勧告

というのは、上記二つのサイトの如何なる関連資料を読んでも、米国糖尿病学会はそんな勧告をしていません。
それどころか、2013年のADAのStandards of Medical Care in Diabetes(糖尿病医療ケアの基準)を読んでも、糖質制限などただの一言も出て来ません。

唯一出てくるのが、減量の話の中で、
短期間(2年まで)において、カロリー制限、ローカーボ(低炭水化物)、地中海ダイエットは効果があるでしょう。」
という話だけです。
詳しくは、過去記事でも書いているので参照下さい。

米国糖尿病学会(ADA)が糖質制限を認める!

糖質制限とローカーボ(低炭水化物)は何が違うのか?


ここで注意して頂きたいのは、米国糖尿病学会が言う「ローカーボ(低炭水化物)」と糖質制限原理主義者(いわゆる糖毒カルト)が言う「糖質制限」とは、全く意味が異なるものだということです。

糖毒カルトが言う「糖質制限」とは、簡単に言えば「糖質を脂質に置き換える」ものです。
つまり、根底にあるのは糖は毒なので、糖質の摂取は少なければ少ないほど良い。
その分のカロリーを脂質に置き換えても(脂質を大量に摂取しても)、問題はない、というものです。

米国糖尿病学会が言うローカーボというのは、ひと言で言えば、
おまえ食い過ぎだから、炭水化物も減らせ。」
ということです。
間違っても、糖質を脂質に置き換えるなんて話は出て来ません。
Standards of Medical Care in Diabetes 2013 を読んでも、「ローカーボを行う場合においては、飽和脂肪酸摂取量は総カロリーの7%以内にせよ。」と、言っているのです。

これは米国のデブ事情にも関係していて、とにかく米国のデブというのは世界最強のデブと言いますか、食う量も半端ではありません。
日本のデブがモヤシに見えるぐらいのデブなのです。
一般的に米国でローカーボと言うと、多過ぎる炭水化物摂取量を減らすダイエットのことで、糖毒カルトが言うような「糖質制限」というのは、「ketogenic diet ケトンダイエット」のことです。

つまり、米国糖尿病学会は、糖毒カルトが言うような「糖質制限」などハナから視野に入れていないのです。
それを証拠に、糖尿病患者向けの米国糖尿病学会のサイトを読んでみましょう。

米国糖尿病学会は脂質摂取について何と言っているのか?


米国糖尿病学会の脂質摂取についての見解

まず、米国糖尿病学会は、脂質について「不健康な脂質」と「健康な脂質」という言い方をしています。
不健康な脂質というのは、当然のことながら飽和脂肪酸のことです。

何故飽和脂肪酸摂取を減らさなければいけないのでしょう?
飽和脂肪酸は血中コレステロール値を上げるからです。
高コレステロールは心疾患の危険因子になります。
糖尿病になると心疾患のリスクが高まるので、飽和脂肪酸摂取を減らすことは、心臓発作や脳卒中などの危険を減らします。


と、書かれています。

そして飽和脂肪酸を多く含む食品として、ラード、牛肉、ソーセージ、ベーコン、チーズ、バター、ココナッツオイル等、ほとんど糖毒カルト御用達の食品群がズラリと並んでいます(笑)

更に、
糖尿病患者、健常者に関わらず、飽和脂肪酸の摂取量は総摂取カロリーの10%以下にすべき(1日およそ20gまで)
と言っています。

(ちなみに、健康な脂質というのは、ω3系の必須脂肪酸のことです。これらは摂取を推奨しています。)

さて、

この様に、米国糖尿病学会のサイトをほんのちょっと読むだけで、糖毒カルトが言うところの「米国糖尿病学会ガーー!」とか、「世界の潮流ハーー!」という寝言が如何に嘘八百でデタラメであるということがご理解頂けると思います。
飽和脂肪酸の摂取量を20gまでに抑えてどうやって糖質制限をするのでしょうか?
ほんとんどタンパク質しか食えなくなっちゃうじゃないですか(笑)

そもそも米国糖尿病学会は、「糖は毒」なんて阿呆なことは、ぜーんぜん言ってないのです。
「砂糖を減らせ」とは言っていますが。
それらは上記サイトの「炭水化物」の章を読めば、誰にでも解るんですが、ま、きょうのところは、これぐらいで勘弁しといてやります(笑)



o-Method

糖尿病Q&A
糖尿病、運動、食事、その他に関する質問はこちらで!


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly
スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

イギリスでは

ちなみに、ADAと同様の活動をイギリスでおこなっている機関はDiabetes UKですが、その基本姿勢を以下のリンクでまとめています。

糖尿病患者の食生活Q&A:
https://www.diabetes.org.uk/Guide-to-diabetes/Enjoy-food/Food-and-diabetes/your-queries-answered/

注意して頂きたいのは、ここで使われている「Low-carb」の定義は「一日の総カロリーの45%以下」です。詳細は以下の通りです。
https://www.diabetes.org.uk/About_us/What-we-say/Food-nutrition-lifestyle/Low-carbohydrate-diets-for-people-with-Type-2-diabetes/

ちゃんと読んで理解すれば、糖毒カルトの教祖が説いている糖質制限にはかなりの誤認・歪曲が含まれているのは明らかですし、ましてやMEC食にいたっては信頼できる医学的根拠はほとんどなく、もはや正気の沙汰ではないと思われます。

2015/11/15 (Sun) 01:50 | Jo #- | URL | 編集

こんばんは!

早くも筋肉痛です.....

よく、糖質制限の人のお話しを聞いていると

インスリンが悪者みたいに言ってて、
糖質摂取したときのみ、インスリン分泌ある、との
お話しですが、

脂肪酸やタンパク質のみを摂取しても
インスリン分泌しますよね?

100歩譲って、すい臓休ませるために
インスリン分泌抑えたいという事に
矛盾している気がしますが。
大量にお肉なんて食べてても
しっかり、インスリン分泌させていて、
続けて行くうちに抵抗性で、
いよいよ、分泌できなくなるんじゃないんでしょうか?

尿酸値も最初は高くても、しばらくすると
下げてくるとあります。

教祖の尿酸値も確か低く、体質だと思うみたいな
コメントあったかと。

それって、インスリンが高い状態で尿酸値の再きゅうしゅうが
こうしんしてたのから
インスリンが出せなくなったからなのでしょうか?

実際のところ、糖質のみがインスリン分泌
させるというのは、正しいのでしょうか?

2015/11/15 (Sun) 04:19 | とも #- | URL | 編集
蛇足ながら

基本的な英語の補足をここでするのは気が引けるのですが、念のため:
上記のDiabetes UKのリンクページにあるように、炭水化物は必要ないとか、糖尿病患者は糖質制限すべき、などという意見に対するDiabetes UKの見解は 「disagree」ですが、これは語調としては「don't agree」よりも強い表現です(日本語だと同じ意味に訳されがちですけど)。

言わば、たんに「賛同できない」というよりも、はっきりと「異議をとなえる」というスタンスです。

2015/11/15 (Sun) 06:33 | Jo #- | URL | 編集
Re: イギリスでは

結局、世界の潮流どころか、極東のカルト集団ぐらいしか油すすって暮らしてる奴なんかいないですね(笑)

2015/11/16 (Mon) 00:14 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

インスリンを分泌させるのは糖だけではないですよ。
もちろんタンパク質でも分泌はされます。

2015/11/16 (Mon) 00:17 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 蛇足ながら

Joさん、こんちは。

それはやはりちゃんと説明頂いた方が解り易くてよろしいかと思います。
fxckin' ridiculous ということですね!(笑)

2015/11/16 (Mon) 00:25 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

玉恋さんこんにちは

ブドウ党、ご存知ですか?

ここの党首はいろいろと血糖値の検査してますが、上がらないようですね。


http://www.carbofree.jp/smbg/pork/
「脂質・タンパク質も血糖値を上げる」と糖尿病学会のエライさんは仰いますが….

http://www.carbofree.jp/smbg/lard/
実験A-18 タンパク質や脂質でも血糖値が上がる?その3 限界超えてラードを食べたら血糖値は上がるのか?


験B-8 タンパク質や脂質でも血糖値が上がる?その2 プロテインをあほみたいに飲んだら血糖値は上がるのか?
http://www.carbofree.jp/smbg/protein-powder/


ま、ここは結局、サラシア茶の販売なんですが笑

しかし元気です、この人。

2015/11/16 (Mon) 08:25 | ky #mQop/nM. | URL | 編集

はじめまして。

糖毒教でしたっけ?
日本語を知らない連中だと思いますよ。
「カロリー制限」「脂質制限」のように摂取する量を規制するのなら正しい使い方ですが、
制限とは置き換える意味では使わないし、「糖は毒」とか本来の意味からすれば糖毒ではなく糖害ですね、これは間違いです。
炭水化物系を政府が毒物指定してるなら話は別でしょうけど、問題になっているのは糖質の過剰摂取なんですから。
ローカーボの方が本来の正しい使い方です。

あと某MECおばさんのようにフードファティズムな人が多すぎます。
まあ、フードファティズムを警鐘するT氏一派もM社の回し者のようで遺伝子組換え食品を日本国民に強引に食べさせようとしていますけど。
どんな食品(サプリやプロテイン含む)にも栄養素もあれば毒性(正確には害)もあるので、何事も程々がいいみたいですね。
筋肉は鍛えていますけど、程々で申し訳ない。

2015/11/16 (Mon) 16:33 | swordedge #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

kyさん、こんちは。

脂質・タンパク質だけ摂っても、糖がないから血糖値の上がりようがないです。
上がる場合は、分岐鎖アミノ酸のバリンなんかが糖新生に使われて肝臓が糖を放出する場合ですが、ロイシンはインスリン分泌を促しますし、イソロイシンはそれとは別に骨格筋の糖吸収に働きますから、結局上がらないと思います。

2015/11/16 (Mon) 20:37 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

swordedge さん、こんちは。

日本語どころか、英語も解らないくせに「米国糖尿病学会ガーー!」とか言ってますね(笑)

糖毒真理教がフードファティズムというのは、随分前にブログに書いた覚えがあります(笑)

2015/11/16 (Mon) 20:43 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
陰謀論

初めまして。
健康診断で、糖尿病予備軍とはいえませんが、経過を見る診断をもらいにわかに勉強しているものです。どちらかと言えば痩せ型で、昨今の健康診断は基準が厳しいこともわかりました。
とはいえ、この痩せた体形で基準に引っ掛かった原因は、王城さんのブログを読み、昔から部活動などでハードに練習しても筋肉がなかなかつかなかった、この同化の才能のない体質によるものだとわかりました。
こんな体質を持って生まれたと、加齢による筋肉の減少や運動習慣の減少を止めるためにも筋トレをしていった方がよいのだと思いました。
血糖値を下げるには糖質を制限すればいいという、あほらしい対処法に傾倒する前にこちらのブログを知ることができて本当に幸いでした。

ところで、MEC食なるものはブログを拝読して初めて知ったのですが、話題の方のブログで、糖尿病専門医がなぜ糖質制限を採用しないかを明快に説明した素晴らしい記事と紹介された記事を読んで驚いてしまいました。お読みになっているかもしれませんが
http://www.wound-treatment.jp/new.htm#1114-06:00-2

外科的病を最新治療するのがむしろ専門外の内科、内科的病はむしろ外科が治療できる・・・確かに病院のリストを見ると、本当にそういう病院が掲載されているんです。
こんな明らかなこじつけによる陰謀論を素晴らしいという人がいるんですね…
でも、MECの方のブログは知識がない人がざっと読んだだけだと、なんだか筋の通ったことを言っているようにみえるのが怖いです。よく読むと、自分の経験から生じてしまった思い込みばかりが根拠になっているとわかるのですが。

王城さんのブログが人の目につきやすくなっていることが救いです。ありがとうございます。

2015/11/17 (Tue) 10:03 | MISA #Qi8cNrCA | URL | 編集
Re: 陰謀論

MISA さん、こんちは。

馬鹿は「パラダイムシフト」と言えば、突拍子もないことも「新発見」と思うようです(笑)

デタラメや寝言がパラダイムシフトと言うなら、とんぼ、蝶々も鳥の内というものです。

2015/11/17 (Tue) 22:04 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

お返事ありがとうございます。
パラダイムシフトって言っても、アトキンスダイエットというものがだいぶ昔にすでに流行ったんですよね。

記事の医師のように、英語が読めない可能性もありますが(私も読めませんが。恥)、おそらく自説を正当化にするためにあえて限りなく誤訳するような医師もいることは確かで、医師にもいろいろというのは十分承知です、が、曲がりなりにも医療を志した人間、患者の病や命を救いたい気持ちは根底にないわけがないとも思うのです。それを、医師、それも専門にした医師のほとんどが患者を救うことを第一にしていなくて、あのようなこじつけが真実なのだ!というのを鵜呑みにしてしまうのは、やはり偏食が人の脳?心?まで狂わせてしまうのではないかと思ってしまいました。

件の陰謀論の医師は今日のブログにジョコビッチが糖質制限しているから勝てて、錦織は炭水化物を食べているから負けたなどと書いていましたが、ちょっとネット見ただけでもジョコビッチはグルテンを避けただけで米・そば・はちみつはむしろ食べているとありました。

糖質制限の嘘八百、本当にそうですね。
ジョコビッチくらいは大したことないですが、米国糖尿学会の嘘は糾弾されるべきクラスではないかと思います。(MECの方が読んでくれたらなどと淡く期待しながら。笑)

2015/11/17 (Tue) 23:47 | MISA #1jhbtX.k | URL | 編集
Re: タイトルなし

MISAさん、こんちは。

糖毒真理教は、最初は勘違いの善意から始まったと思うんですね。
ところが、米国糖尿病学会に関する捏造が始まった辺りから、もう引き返せないビジネスになっていますよね。
ですから、今は「信者」と言うより「お客さん」なんですよ(笑)

ダイエットやトレーニング関係もビジネスが絡んでくると、必ず「糖質制限」と言い出します(笑)
吉〇メソッドやラ〇ザップなんかもそうですね。
ラ〇ザップも当初、ドクターもやし教祖に接触があったと、教祖のかばん持ちのブログに書いてありました(笑)
教祖側は断ったらしいですが(笑)

時々このブログにも質問がある北〇何とかというのも、商材会社のビジネスですからね。
「全米でNo.1になったボディビルダー」というのも、実際にはローカル大会のライト級です。
ライト級なんて米国では見向きもされない階級なんですが(笑)
全米でNo,1というのは、ミスターオリンピアでの優勝者のことですが、もちろんヘビー級でプロ・ボディビルダーのことです。
過去日本人では、山岸選手が8位だったか9位だったかで最高です。
そもそも日本人でプロ・ボディビルダーというのは、山岸選手ぐらいしかいないのです。

あ、そう言えば、昨日カトちゃんのジムに山岸選手が来ていたらしいです(笑)

2015/11/18 (Wed) 01:57 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

おはようございます。連投最後にしますね(笑)
今、toshitubakaさんのブログを読み、陰謀説をズバッと斬っていただいて朝からすっきりしました(笑)

スタートは善意の勘違いというところが糖質制限が一般にまで根強く浸透した原因でもあるんでしょうね。ママ友にも結構糖質0ビールに夕食の主食を抜いても軽い肥満からちっとも痩せない人がちらほらいますが、ずっと続けてるんですよね…

巷に本や食品・健康食品、糖質制限系のフィットネス、溢れてきていますもんね。糖質制限の食べ物は普通よりたいてい高そうですし。

北何某さんはそれを生業にして、一生懸命トレーニングしても大した結果が出せないというのは、やっぱり方法として邪道を取っている結果なんでしょうね。もしその要因がよくわかっていているとしたら、ビジネスのためにやっているということで合点が行きます。

自分のことを書いていませんでしたが、まだ幼い子がいるためジムなどにはいけないのですが、子供の幼稚園の送迎を自転車に変えるというのをやってみています。できる限りのスピードで20分×4(2往復)。とりあえず自転車は他にも利点があったので、筋トレでなくて申し訳ないのですが。
今月から始めただけで、食事は変えていないのに少しウエストのあたりがすっきりしてきたようです。何もやらないよりはマシ、体重ではなく脂肪を減らし筋肉をつけることと、王城さんが言われていることを多少なり実感いたしました。
先の糖質制限に傾倒しているママ友にも教えてあげたいところですが…

自転車が軌道に乗ったら、上半身を鍛えるためにダンベルなども取り入れたいと思います。

2015/11/18 (Wed) 10:08 | MISA #1jhbtX.k | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/18 (Wed) 10:17 | # | | 編集
ジョコビッチは糖質を食べて勝っている。

くだんの医師は、英語ばかりでなく、日本語の翻訳本も読めないのでしょうかね。
ジョコビッチの本を読めばわかるように、彼の体に合わない小麦グルテンの摂取をやめて勝てるようになりましたが、
糖質一般を制限はしていません。食べています。

E部先生 糖質制限は危険ですか という本を出していますが、
はい、危険です でFA (笑

最近は、超専門外の精神病の本も出していますね。

2015/11/19 (Thu) 01:06 | おっしゃん #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

MISA さん、こんちは。

そういう意味で言えば、私もかなり糖毒真理教のケツをふいていますよ(笑)
最近は特に脱会信者の方々が増えましたからね。

何で私がドクターモヤシ爺の汚いケツをふかなければならないのか、訳が解りません。

現在信者の方は、よ~く考えて下さい。
確かに私は、糖毒カルトをコケにして楽しんでいますが、それは面白いからなんです(笑)
「今すぐ糖質制限はやめなさい!」なんて、ひと言も言っていないですよ。
むしろ、是非続けて欲しい。
これからもやめる必要は全くないです。
そもそもあなた方がいなくなっては、ネタがなくなってしまいます(笑)

糖尿病に成り立ての人で迷っている方は、事実だけよく調べて自分で決めたらいいです。
「絶対に治したい」と言う人だけ来て下さい。

あ、それから、元ビルダーで「糖質制限ガーー!」と言う人は、自分が身体を作る時には糖質制限なんかしてませんからね(笑)
ちゃんと糖質も摂っています。
某●本選手は、ステロイドも使っての身体ですから。

2015/11/19 (Thu) 01:26 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: ジョコビッチは糖質を食べて勝っている。

おっしゃん さん、こんちは。

実はブログのネタにしようと思っていたのですが、教祖は付け焼刃のアドラーの知識で本出していますね(笑)
最近では「治らなくていい病気もある」とか言い出しています。

普通だったら、ドンガラガッシャ~~~ンとズッコケルところですよ(笑)

え、ええぇぇぇっ!
今までの「糖尿病が良くなる」は何だったの?!

みたいな(笑)

でも信者は阿呆ですから、そんな教祖の言葉をありがたがっています(笑)

2015/11/19 (Thu) 01:49 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
糖毒カルトとケトン中毒

いつも楽しく読ませてもらってます。

ところで、糖毒カルトではないけど、ケトン体を崇め奉ってる新型カルトもいる様です。この頃観察してる奴は
「糖質50g以上摂るとケトン働かない」とか
「ケトン出てれば糖新生なんて滅多に起らない」とか
「ケトーシス状態の方が筋肉の発達が促される」とか
「肝臓にも筋肉にもアミノ酸の蓄えはあるので滅多に筋肉は分解されない」とか言ってます。

特に「何それ?」と思ったのは、毎日糖を殆ど摂らずに、糖枯渇&ケトン漬けの日々を送ってるもやし教祖の空腹時血糖値が爆発してる理由を
「肝臓に蓄えられたグリコーゲンガー」とか言い出したところです。

そんなにケトン体の事を知らないと言うか殆ど興味のなかった私ですが、遅ればせながら情報をあさってみたところ、「ぜ~~~~んぶ嘘」としか思えないのですが、いかがでしょうか?

2015/11/20 (Fri) 21:07 | 惰性トレーニー #sAx6XONs | URL | 編集
Re: 糖毒カルトとケトン中毒

惰性トレーニーさん、こんちは。

まぁ、ほとんど嘘ですね(笑)

もやし教祖の場合、糖新生は亢進していますから肝臓は糖を放出するんですが、その程度で血糖値が上がってしまうような耐糖能異常が問題な訳です。

2015/11/21 (Sat) 00:44 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
RE:糖毒カルトとケトン中毒

お返事ありがとうございます。ところで「肝臓に蓄えられたグリコーゲンガー」の意味は、
もやし教祖の空腹時血糖値爆発の理由は糖新生が起こったせいじゃなく、肝臓にストックされてた糖が放出されたせいだと言う理屈でした。
それってあり得ないと思うのですが?だってもやし教祖の食生活では、余って肝臓にストックされる糖なんて出るワケないので、糖新生以外で血糖値が上がるはずないと思うのですが、この認識は合ってますよね?

2015/11/21 (Sat) 01:03 | 惰性トレーニー #sAx6XONs | URL | 編集

いつも楽しく読ませていただいてます。
とても勉強になります。
ところで、この記事の山田なんとかさんですが
糖毒モヤシさんと違ってケトーシス反対派みたいですよ。
1日130g程度の糖質は摂る緩め糖質制限推奨みたいです。

まあ、どうでもいいですけど。

2015/11/21 (Sat) 11:06 | ニャン太郎 #- | URL | 編集
Re: RE:糖毒カルトとケトン中毒

惰性トレーニー さん、こんちは。

もちろん糖質をほとんど摂っていなければ、肝臓のグリコーゲンも筋グリコーゲンも普通の人より断然少ないのは間違いないですが、どれぐらいの量かと言われれば解りません。
解剖してみれば解りますが、それが解ったところで糞の蓋にもならないので、どっちでもいいです(笑)

2015/11/22 (Sun) 00:11 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ニャン太郎 さん、こんちは。

あ、そうなんですか。

そう言えば、北里大学って犬や猫を診ているのかと思ってましたが、人間も診るんですね(笑)
知りませんでした(笑)

2015/11/22 (Sun) 00:19 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

モヤシ教祖は、馬鹿は馬鹿なりに、無い知恵絞ってブログ書いてますし、その努力は買いたいです。(MECおばさんのブログ同様、笑わせてもらえますから)

しかしながら、MECの詐欺医師Wの場合は、明らかに糖質制限ブームに乗った売名行為でしょう。彼のツイッターとfacebookにざっと目を通したんですが、宣伝ばかりで医学的説明はみじんもなく、彼が引用するのはいつもD級雑誌のオンライン記事か、そうでなければ信者のブログという有様です。

困ったことに、それを盲信する人たちがいることです。(たぶん簡単だから)
ツイッターで糖尿病の母親のことをW医師に相談した人に対する彼の返事をみて、心配になりました。
https://twitter.com/kamukamunabe30/status/615308105807572992?ref_src=twsrc^tfw

医師ともあろう者が、こんな無責任なアドバイスを診察もせずにしていいものなのでしょうか。モヤシ教祖よりも、たちが悪い気がします。

2015/11/22 (Sun) 02:56 | Jo #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Joさん、こんちは。

MEC教祖のメルマガって有料だったんですね(笑)
商魂逞しいですね。

世の中、本当のことを書くと一円にもならないということが、よく解りました(笑)
ま、しかし、私は今後も頑固一徹、本当のことしか書きません。

あ、そう言えば、モンスターファクトリーオンラインショップの収入が月5000円ぐらいありました(笑)
これじゃぁ、キャバクラにも行けません。
時給換算したら、ベトナム人といい勝負です(笑)

2015/11/23 (Mon) 00:11 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

なるほど、タンパク質摂取でインスリンは分泌するけど血糖値は上がってないんですね。

玉恋さんのコメントに
〉インスリンを分泌させるのは糖だけではないですよ。
もちろんタンパク質でも分泌はされます
とあったので、インスリン分泌=血糖が上がる と思ってしまいました。

こんなに人気のブログでも、モンスターファクトリーの収入そんなに少なかったなんて笑ってしまいました (笑)



2015/11/23 (Mon) 16:47 | ky #mQop/nM. | URL | 編集
Re: タイトルなし

ky さん、こんちは。

せめてモンスターファクトリーオンラインショップの収入でキャバクラぐらい行かせて欲しいです(笑)

もしくは、ハノイのVIPマッサージでもいいです。

2015/11/24 (Tue) 02:30 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

まさかそれくらい行けるでしょう~!!笑
でも、お酒飲むんですか??

仕事で行ってるとおもうんですが、日本に帰って来ないんですか?

2015/11/24 (Tue) 07:53 | ky #mQop/nM. | URL | 編集
Re: タイトルなし

ky さん、こんちは。

お酒はほとんど飲まないですね。

2015/11/26 (Thu) 00:58 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

煙草はおやめになりましたか?
ご存知の通り、喫煙は糖尿病だけでなく、いろんな面で体に悪いです。(なんかチェック入れまくりですが、王城さんには健康を維持して頑張っていただかないといけないので)

2015/11/26 (Thu) 18:17 | Jo #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Joさん、こんちは。

タバコはベトナムに来て、むしろ増えました(笑)
ベトナム人を相手にしていると、タバコの本数が増えます。

タバコとお姉ちゃんは、なかなかやめられません(笑)
どっちかやめろ、と言われたらタバコをやめますが。

2015/11/27 (Fri) 01:47 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
喫煙と糖尿病

えぇ~~っ!
お姉ちゃんは王城さんの健康に害を及ぼさないですが(普通は)、煙草は明らかに害があるでしょう。

王城さんのことですから百も承知のことでしょうが、僭越ながら、あえて以下のリンクを張らせていただきます。

Smoking & Diabetes:
http://www.diabetes.ca/diabetes-and-you/healthy-living-resources/heart-health/smoking-diabetes

喫煙と糖尿病:
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/tobacco/t-03-004.html

2015/11/27 (Fri) 03:04 | Jo #- | URL | 編集
Re: 喫煙と糖尿病

Joさん、こんちは。

すいません。
お気を遣って頂きありがとうございます。

これからは、タバコを吸うのをちょっとづつ減らしてオッパイを吸う回数を増やします。

2015/11/28 (Sat) 02:51 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する