糖質制限を行うと2型糖尿病患者の死亡率が高まる

shutterstock_204511198.jpg



ちはっす。

2型糖尿病患者の炭水化物摂取を脂質に置き換えたらどうなったか?、という割と新しめの論文です。
(2015 Aug 28.)

The association of substituting carbohydrates with total fat and different types of fatty acids with mortality and weight change among diabetes patients.


この研究では、6192人の2型糖尿病患者を約10年間追跡調査したところ、炭水化物を総脂質または飽和脂肪酸に置き換えると、全死亡リスクが高まり、一価不飽和脂肪酸に置き換えた場合は低かった、と言っています。

また、心血管疾患による死亡リスクは、飽和脂肪酸または多価不飽和脂肪酸に置き換えると高まった、そうです。

論文の結論では、

In diabetes patients, substitution of carbohydrates with SFAs was associated with a higher (CVD) mortality risk and substitution by total fat was associated with a higher all-cause mortality risk.

糖尿病患者においては、炭水化物を飽和脂肪酸に置き換えることは心血管疾患による死亡リスクが高まり、総脂質に置き換えることで、全死亡リスクが高まった。

と、述べています。

と、まぁ、ここでこの記事は終わってもいいんですが、このままだと糖毒系の人達があまりにも気の毒なので、朗報を一つ。

The 5-year weight was lower when carbohydrates were substituted with total fat or MUFAs.

5年間の体重は、炭水化物を総脂質または一価不飽和脂肪酸に置き換えた方がより低かった。

ま、ただ体組成の何が減ったかまでは解りません。
あと、これは糖尿病患者のデータなので、単に病状が悪化して異化が亢進しただけかもしれません。
健常者の場合の研究結果では、同カロリーなら何を減らしても結局体重の減少は同じだった、という研究結果があります。

The Latest Studies on Protein ("Low-Carb") Diets, and How They Affect Weight Loss and Muscle Mass

ま、いずれにせよ、糖尿病患者が炭水化物を減らし飽和脂肪酸に置き換えれば、モヤシやひょうたんに一層磨きがかかり、早く死ねるということです。



o-Method

糖尿病Q&A
糖尿病、運動、食事、その他に関する質問はこちらで!


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly

スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

日本の糖尿病人口

確かに、糖質制限なんかしてると、正しい糖尿病治療をしてる人より「(悪化して)早く死ねるということ」になるかもしれませんが、糖尿病も心血管疾患も、トータルの経過としては、時間をかけて悪化していく病気です。

本年度(2015)のInternational Diabetes Federationの統計によると、成人の糖尿病有病者数のトップは、今やぶっちぎりで中国です。(2位はインド)
近い将来、世界経済や医療面、環境面も含めて、えらいことになりそうな気がします。

残念なことに、日本は、国の糖尿病有病者数の世界ランキングにおいて、昨年よりランクが上がって9位になっています。(糖尿病関連の医療費総額では世界4位)
もはや対岸の火事ではなく、憂慮すべき状態でしょう。

(日本語のニュース) http://www.dm-net.co.jp/calendar/chousa/population.php

(英語オリジナルソース) http://www.diabetesatlas.org/

2015/12/11 (Fri) 04:12 | Jo #- | URL | 編集

王城さん、いつも有意義なパンチの効いた記事をありがとうございます!

脂肪摂取の研究に関して、疑問に感じていたことがあるのですが、もしよろしければご意見を伺いたくて…。
炎症を引き起こす飽和脂肪酸として、パルミチン酸の研究がほとんどのようなのですが、これは、パルミチン酸が一番代表的な飽和脂肪酸だから研究材料になりやすいだけであって、飽和脂肪酸はどれでも炎症を引き起こすのか、それともパルミチン酸だけが炎症を引き起こすからなのか、どちらなのでしょうか…?
飽和脂肪酸でも、もっと低分子のものならあまり悪さはしないなんてことはあるのでしょうか?

おまけなのですが、今日、TV番組で、風邪引きのときに使う油脂は、バターが一番消化がいいからオススメ(天ぷらに使うサラダ油は最悪とのことでした)と言っていて、う~ん?と思いました。

2015/12/11 (Fri) 22:33 | Y #- | URL | 編集
Re: 日本の糖尿病人口

Joさん、こんちは。

糖尿病予防というのは、難しいでしょうねー。
そもそも糖尿病になるような奴は、自分はならないと思ってますからね(例:わし。笑)

今の病院の食事・運動療法みたいな悠長なことをやっていても、しっかり守った挙句に結局血糖コントロールができるだけですからね。
まぁ、それすらできないグータラが糖質制限やMECをやる訳なんですけど。

糖尿病になっても速攻で対処すれば治るという選択肢も、ちゃんと教えるべきでしょうね。
世の中には少なからず「治したい」という人もいますし、全員にそれをやれと言っても無理ですし。

2015/12/14 (Mon) 20:50 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Yさん、こんちは。

炎症自体は増え過ぎればどれも危険だと思いますよ。
と言いますか、どんな栄養素も摂り過ぎれば必ず弊害があります。

それは糖質でも、ビタミンでも、必須脂肪酸でも同じです。

ペットボトル症候群なんかは、糖分の摂り過ぎが原因ですからね。

脂肪についても同じです。
脂肪それ自体が悪いのではなく、増え過ぎるから厄介なことになるのです。
特にインスリン抵抗性があれば、ただでさえ脂肪が分解され遊離脂肪酸が増えるのに、そこで高脂肪食を摂るなど阿呆のすることです。

2015/12/14 (Mon) 21:02 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

王城さん、お忙しいところ、ご回答をありがとうございました。
栄養素を問わず、また脂肪も、飽和、不飽和、分子量を問わず、とりあえず摂り過ぎが害を及ぼすということですね。
必要カロリー内に収めて、消費しきってしまうというのが、特に糖尿病の人の場合は大事なのですね。
肝に銘じます!

2015/12/15 (Tue) 14:02 | Y #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

Yさん、こんちは。

そうです。
必要なものを必要なだけ摂れば問題なしです。

2015/12/15 (Tue) 23:02 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
脂質を増やす論文だけ?

人間とねずみの研究で、炭水化物を脂質に置き換える論文が紹介されていますね。
普段の食事で炭水化物を減らしたら、野菜や蛋白質も増えそうですが、全部脂質に置き換えるのには、びっくりしました。応用できなそうな、不思議な研究ですね。
それに、脂質80%の食事だったら、研究するまでもなく、体に悪そうだと予測できます。
炭水化物を脂質以外のもので置き換える研究はありますか?

2016/11/14 (Mon) 20:28 | しまっす #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する