体重はいつ減っていつ増えるのか?

shutterstock_204511198.jpg



ちはっす。

今回は、

体重とカロリーを理解すると絶対にダイエットは成功する

という記事の補足的な話です。

糖質制限者のような糖毒馬鹿の中には、いまだに「カロリー神話の崩壊」などと中学校の理科も理解できんような阿呆が多いので、ここは一つ、皆さんにおかれましては阿呆の寝言やデタラメに惑わされることなく、より理解を深め正しいダイエットに生かして欲しいと思います。


体重は常に減り続けている

脂肪だけを減らすダイエット方法を世界一解り易く解説する

という記事の中で、エネルギー収支のモデルについての説明をしました。
これは「摂取カロリーと消費カロリーガー!」と考えるよりも、エンジンを切らない車の様なものとイメージした方が実際のモデルに近い、という話です。

つまり、我々の身体というのは、寝ようがあくびをしようが生きている限りエネルギーを使い続けるということです。
そうするとエネルギー保存の法則により、何もない所からエネルギーが突然現れたり消えたりはしませんから、我々は身体の一部(脂肪や糖等)を使い、エネルギーを産生しています。

但し、エネルギーを使っただけでは体重は減りません。
脂肪1gをエネルギーとして使っても、1gの水と二酸化炭素に変換されるだけです。(質量保存の法則)
この水と二酸化炭素が体外に排出されることにより、初めて体重は減ります。

体重が減るというのは、何らかの物質が体外に排出されることなのです。
これはもちろん、発汗によっても体重は減るし、おしっこやうんこをしても減ります。
タンパク質を分解してエネルギーとして使ったり、糖を使ったりしても最終的には水と二酸化炭素が排出され体重は減ります。
結局、身体の何が減っても体重は減るのです。

この「何が減っても体重は減る」ということを理解するのは、かなり重要です。
これを直感的に理解するだけでも、単に体重が減ることを我々は喜べなくなります。

たいていの人はこの部分を間違えるので、単純に体重が10kg減ったら脂肪が10kg減ったと勘違いします。
厳密には「脂肪も減った」というだけで、タンパク質も糖も水分も減っています。
皮肉なことに、体重減少効果が大きければ大きいほど脂肪以外のものが多く減り、逆に人は喜びます。
脂肪は900kcalをエネルギーとして使っても、100gしか減らないのです。
「1ヶ月で〇〇kg減った!」と喧伝するダイエットは、効果が大きければ大きいほど駄目ダイエットなのです(笑)

ところで、↑の記事において、エネルギー保存の法則を体感できる手段として、何も食わなければ身体はエネルギーを産生するために身体を異化してエネルギーを得るので、体重は減り続けるというお話をしました。
これは例えば、1分とか10分単位で厳密に体重を計ると解るんですが、体重は減り続けています。
当たり前のことなんですが、我々の身体というのは、1分1秒毎に常に減り続けているのです。
デブには想像できないかもしれませんが(笑)


何かを食べた時以外に体重は増えない

そんな訳ですから、何かをしても何もしなくても、我々の体重は減り続けて行きます。
呼吸をすれば酸素を取り込み、酸素は赤血球とともに全身に供給され、糖や脂肪と結合しATPを産生し、最終的に二酸化炭素と水になり体外へ放出されます。
こうして我々は常にエネルギーを作り出し体重を減らし続けて生体を維持しています。

では、放って置けばモヤシに終結して行く我々の体重は、いつ増えるのでしょうか?

無論それは、何かを口にした時です。
逆に言えば、何かを口にした時以外は絶対に体重は増えません。
(ブドウ糖溶液の点滴を打ったとか、そういう反則は除く)

生物というのは基本飢餓を前提としているので、口にしたものはほとんど全てを吸収します。
(そもそも消化できないものは除く)
人間の小腸が長いのも、最後の一滴に至るまで搾り取ろうという魂胆なのです。
意外と貧乏性にできていると言うか、ケチ臭いと言うか、ケツの毛までむしり取ろうとするガメツイ高利貸しみたいなものです。

我々の身体は食べたものでできている

というのは正にこのことで、我々の減り続ける体重は何かを口にした時のみ増え、次の食事までは再び減り続け、という繰返しで、その収支でもって今の体重がある訳です。
「1日のカロリー収支」というのは、この繰り返しを1日というスパンで区切ったに過ぎません。

この単純な事実から、いろいろと解ることもあります。
それは、

同じカロリーなら脂肪を食べた方が体重は増えない

ということです。

例えば、脂肪は1gが9kcalなので、100kcalの脂肪なら、11.1gであるのに対し、糖質やタンパク質なら1gが4kcalですから25gで、倍以上の差があります。
単純に体重を減らしたいだけの短期のダイエットであれば、脂肪のみ摂取のカロリー制限を行えば激痩せできる訳です。
(カロリー制限が長期に渡れば、何を食っても結局モヤシに終結して行くので、大して差はなくなる。)

そしてもう一つ重要なことも解ります。

脂肪を減らしたいなら、低脂肪食が最も効率がよい

今まで説明した通り、我々の体重は1分1秒毎に減り続けています。
つまり、エネルギー源となる糖も脂肪も減り続けている訳です。
供給できるのは食事の時しかありませんから、この時脂質を減らせば当然のことながらそのストックが減って行くということになります。

糖質制限よりも脂質制限の方が体脂肪が減る

という記事で紹介しました通り、実際に検証してみてもそうなります。

さて、実は以上のことから、もっと凄いことが解るのですが、長くなるので次回に続きます。

-つづく-



o-Method

糖尿病Q&A
糖尿病、運動、食事、その他に関する質問はこちらで!


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly

スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

増減量とパフォーマンスの相関

王城先生の正しいご指導と、皆さまの体験談で勉強させて頂いております。

恥ずかしながら、失敗談をお話し致します。

糖質制限中止後から追い込むトレーニングができるようになったものの、6kgの体重増にもなったので、次なる手段として減量に着手しました。
4か月で3kg、無理のない減量だと踏んでおり、元の体重まであと3kg減の道半ばなのですが、比例して追い込むトレーニングも徐々にできなくなりました。
糖質制限など既に辞めているのですが、「体重減」というのは当然のことながら、脂肪もろとも筋肉も確実に減っているのですね。
私の場合はラントレーニングであるのですが、「軽量化を図りながら筋力アップをすれば楽に走られる」という目論見は簡単に瓦解しました。

「根性で何とか!!」と息巻いても、その状態では脚は動かず。
「100%振り絞っても、最後のスパートを更に追い込める・叩き込める!!」ではなく、80%の段階でダウンしてしまうという情けなさ。

一般のダイエットではないですが、単に「痩せれば良い」という訳にはいかないのですね・・・・。

ラグビーやアメフト、NBAの屈強な体躯の大男たちが、コート狭しと言わんばかりに恐ろしいスピードで駆け回っている動画を見ると、モヤシの私には痛烈に映ります。

しかし、体重制限により減量を強いられる種目のアスリートはどのようにパフォーマンスを保っているのかが、興味深いところです。
減量前と比べれば確実にパフォーマンスは落ちているはずなのですが、それを最小限に食い止めているのでしょうね。
計量後の過食行為で、体重はともかく、パフォーマンスも復調するとは到底思えません。

ボクサーの「鋭い切れ味」は、まさしく「神刀」のように思えます。
多少の減量程度で「ガス欠」になってしまう私が同じような事をすれば、すぐに刃が折れてしまいます。

ここが一流と凡人との大きな違いなのでしょうね。

2016/06/12 (Sun) 20:49 | さとう #- | URL | 編集
脂肪もたまって肥満の原因となり得る

E部先生の師範代格で、ブログ宣伝活動を続けてきた、「あらてつ」氏が、境界型糖尿病を発症したことで、
糖毒教界隈は大騒ぎ。何とか、過労のせいとかで、血糖値が上がっただけとして幕引きする動きが。


 E部先生は、本来のご専門の肺 それも結核で診療にあたられた方が人類に貢献できます。

糖質制限の前は、漢方・アトピー治療で有名になろうとしていた。その頃の本の著者紹介ですと、医学部時代の専門は、肺 循環器。肺の中も、結核がご専門だったのです。

ニュース、結核、世界で猛威 インド・中国で耐性菌まん延
2016/6/4 12:35

 日本でも毎年新たに約2万人の患者が発生し、2千人以上が死亡。65歳以上の患者が目立つ。

人口に対する患者の割合は欧米諸国と比べて高い水準にあり、厚生労働省は「結核の低まん延国といえない」としている。

2016/06/13 (Mon) 02:44 | けん #- | URL | 編集
Re: 増減量とパフォーマンスの相関

さとうさん、こんちは。

トレーニングのパホーマンスが落ちたり、追い込めなくなるというのは、筋量の低下、あるいはより短期的には筋グリコーゲンの不足が考えられます。

定期的にトレーニングしていると解りますが、直近の炭水化物摂取量が少なかったりすると、即座にトレーニングパホーマンスに現れます。

筋トレの場合、挙上重量が下がってしまうような場合は筋量低下が考えられますし、いつものレップ数、セット数、種目がこなせないような場合は、明らかに筋グリコーゲンが不足しています。

後者の場合は、炭水化物摂取量を一時的にでも増やせば解決します。

減量が必要な競技の場合は、計量が済んでからどれぐらい食えるかが勝負でしょうね(笑)
身体には悪いと思いますが。

2016/06/13 (Mon) 14:28 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 脂肪もたまって肥満の原因となり得る

けんさん、こんちは。

そう言えば、もやし教祖は、カバン持ちの血糖値爆発事件を重要視したのか、自身のブログで必死に言い訳をしていました。

糖質制限で耐糖能が悪化しても糖質を摂れば元に戻る(と思う)ので、問題はないそうです(笑)
信者はこんな与太話で、おしっこちびっています。

だったら最初からやる必要ないだろ、あほか(笑)
と思うのは私だけでしょうか?

仮にこれが100%本当だとしても、
「身体を動かさずにして動かなくなっても、リハビリすれば動くようになるから、そもそも動かす必要はない」
と言っているのと同じようなものです。

2016/06/13 (Mon) 15:55 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
グリコーゲンの即効性

王城先生、ありがとうございます。

>短期的には筋グリコーゲンの不足
奇しくも、本日それを痛感しました。

一昨日・今日はラントレーニングを実施しました。
一昨日は最悪で、全く思うように走られませんでした。
昨日は食事会に誘われたのですが、麺類など「炭水化物もの」が多かったのです。
糖質制限の方々からしてみたら、「悪魔の宴」でしょう(笑)

お付き合いなので無下に下膳するわけにもいかず、いつもより気持ち多めに麺料理を頂きました。

すると、本日のトレーニングは、追い込めなかったものの、幾分余裕をもって走る事ができました。
常識的な疲労状態を考えると、一昨日より速く走る事などできないはずなのですが、結果は正反対(一昨日より速い)になりました。
トレーニング後、「グリコーゲンは即効性があるのだろうか」と言う考えがふと頭をよぎりました。
帰宅後に先生からのご返信を読むと、その推測通りの事が記載されており驚きました。

糖質制限などもう辞めたものの、トレーニングの比率から勘案すると、糖質制限を再開したような状態かもしれません。

色々試したのですが、他の食物を摂取しても糖質の代替には成り得ません。
それが、高タンパク質(プロテインや豆腐)であったとしてもです。

私のようなヘナチョコパフォーマンスはたかが知れていますが、それでも「追い込む・追い込めない」の差はあまりにも大きいものです。
「追い込めない時」はそれだけでは済まず、トレーニングにより体調が悪くなるほどです。

過去に諸事情でトレーニングを辞めた際に糖質制限を始め、体重こそ不変でしたが、トレーニング再開時はしばらく外出がままならないほどになってしまいました。

一流アスリートがしばしば「食べないとやっていけない」と言いますが、レベルの差はあれ、それは「モヤシアスリート」である私にも当てはまりそうです。
少なくとも「糖質欠如」は死活問題である事は、間違いないです。



2016/06/13 (Mon) 20:43 | さとう #- | URL | 編集
あらてつ。

糖質制限で境界型になってしまったのに、そこへ糖質摂取したら、爆上げで余計悪化するんじゃないのかな。徐々にとって慣らしていくにしても、体重に反映されそうな気がする。下手すると内臓脂肪が余計貯まりやすくなるんじゃないのかな。
もはや、ハムスター化するしかないんでしょうね。
それとも、筋トレするのかな。

某ダイエットサイトは糖質制限者爆増中です。仲間が増えて嬉しいそうです。笑
しかも、裏(2ちゃん)で私の批判して憂さを晴らしておられます。笑
無知扱いです。笑
これだから、デブ女は嫌いです。

2016/06/14 (Tue) 00:38 | はるこ #mQop/nM. | URL | 編集
Re: グリコーゲンの即効性

さとうさん、こんちは。

グリコーゲンの即効性に関して言えば、低血糖になった時にブドウ糖を飲めば10分~15分ぐらいで嘘みたいに回復します。

2016/06/14 (Tue) 12:21 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: あらてつ。

はるこさん、こんちは。

内臓脂肪が増えるのは、脂質の過剰摂取または運動不足の場合です。

2016/06/14 (Tue) 12:23 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する