ケトン代謝で運動能力向上!と夢見る馬鹿

20160911.jpg



ちはっす。

Early oxidative shifts in mouse skeletal muscle morphology with high‐fat diet consumption do not lead to functional improvements
(高脂肪食による骨格筋の形態における初期の酸化的シフトは、筋肉の機能改善につながらない。)

というカナダの研究があります。

ま、当たり前のことが当たり前に起こった、というだけの話なんですが、どういう研究かと言いますと、

高脂肪食・糖質制限ダイエットを行うと、短期間の内に骨格筋は酸化的代謝にシフトすることが知られています。
要するに、ケトン代謝というものです。

ほんじゃぁ、この代謝のシフトは、筋肉にどのような影響があるのか?ということを調べたものです。
つまり、この代謝シフトによって、筋肉の機能が向上したり、運動能力が上がったりするのか?ということです。

実験はマウスを使い、総摂取カロリーの60%を脂質とする高脂肪ダイエットで運動をしないグループ、コントロールされた標準的な食事で運動をしないグループ、同じく標準的な食事で運動をするグループに分け、3週間後の前脛骨筋(ぜんけいこつきん)とヒラメ筋 の形態と機能を調査しました。

まず、高脂肪食ダイエット群ではコントロール群に比べ、脂肪量が増加し、インスリン抵抗性が上がりました。

また、高脂肪食ダイエット群と運動を負荷したコントロール群では、両群とも筋肉の酸化線維の割合が増えました。
(つまり、TypeⅠの遅筋繊維の割合が増えた。相対的に速筋繊維は減る。)
上記の違いにも関わらず、全グループ間での脂肪酸の酸化速度には差がありませんでした。

更に、運動能力の改善を見るため、全グループにおいて実験前と実験後に有酸素運動を負荷したところ、運動訓練を受けたコントロール群は、運動訓練を受けないコントロール群と比べ、有意に運動能力は改善したが、高脂肪食ダイエット群では全く改善が見られませんでした。

結局、この研究の結果では、高脂肪・糖質制限を行い酸化的代謝を増やしても、脂肪量とインスリン抵抗性が上がるだけで、運動能力には全く改善が見られなかった、という結果になっています。

ちなみに、高脂肪食ダイエット群では、筋肉内の毛細血管の数も減っていたそうです。
筋肉内の毛細血管が少なかったり、毛細血管が拡張しないと、筋肉内にインスリンが行き渡らず、インスリン抵抗性は上がります。

体内でケトン体が増えるとインスリン抵抗性が増すというのは既に知られていたことですが、これは人間の身体にとっては至極合目的なことです。
ケトン体が増えれば増えるほど糖不足になって行くということですから、限られた糖は骨格筋が吸収している場合ではなく、優先的に脳や赤血球に供給しなければ人は生きて行けないからです。

筋肉の機能改善が起こらないというのも当然のことで、飢餓時に酸化的代謝にシフトして筋肉が機能改善し運動能力が向上して代謝が上がってしまったら、それだけで死期を早めることになります。
飢餓時というのは代謝が下がるから生きて行けるのです。

それを証拠に、糖質制限やMEC食をやってるモヤシやひょうたん、デブと、普通のロシア人の女とリングで戦わせてみれば解ります。
1ラウンドのゴングが鳴ったとほぼ同時ぐらいに、ロシア人の女に瞬殺されます(笑)


関連記事:

高脂肪食ダイエットはミトコンドリア生合成に関わる遺伝子発現が減少する



o-Method

糖尿病Q&A
糖尿病、運動、食事、その他に関する質問はこちらで!


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly

スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

No title

王城先生、おはようございます。
サイト更新が楽しみで毎日チェックしております!

さて早速ですが、私も以前よりなぜ糖毒教信者は有酸素運動が好きなのか?と
糖毒教徒で無酸素運動してる連中は絞れはするけどバルクが無さ過ぎなのか?という点は
感じておりました。
きっとGLUT4の活用なんて(彼らの思う)毒の利用だから否定しているアホばかりだからとは
思っていましたが脂質の過剰摂取でもこんな結果が出るんですね。まさに二重苦ですね。
そんな状態でヒッシになってる筋トレしてる糖毒教徒は可哀相過ぎですww
  
やっぱ筋トレ後はガッツリと炭水化物入れてるカラダとは一線を隔していたのは個体差だけでは
ないと判りスッキリしました。

これからも(反糖毒教人に)笑える記事の紹介、宜しくお願い致します。

2016/09/11 (Sun) 07:56 | ジャイアン #8b5.qSDU | URL | 編集
しょぼい筋トレでも筋トレ!できることをやる(^ ^)

しょぼい筋トレ続いています。おかげで、おにぎりが美味しくて美味しくて。
体力、筋力が少しずつ付いてきています。体重もサイズも減っています。



筋トレって、えらい簡単にサイズダウンできるんですね?


微動だにしなかった体重計の針が動いたとき、何事かと思いました。
サイズダウンではなくて、体力、筋力、持久力が欲しくて始めたので。


糖毒教は罪深いですね。好きでやっている分には構わないけれど、治る見込みのある人を「善意」で引きずり込むところが怖いです。

世の中の風潮。
油と砂糖といえば、スナック菓子やジャンクフード。これらを攻撃?するわけにはいかないので、「糖」を悪者にしようとしているとしか思えません。

アメリカから「ダイエットという概念」を輸入し始めたときから、健康的な小デフは減って、大デブとモヤシが増えたように思っていましたが、
王城ブログでいろいろとスッキリ出来ました。
マスメディアは間違った情報または誤認を誘致する情報しか流さないですね。これも情報操作なのかなぁ。

あ、あと筋トレのおかげで少し早寝早起きになりました。いいことづくめ!

2016/09/11 (Sun) 22:13 | めろん #- | URL | 編集
Re: No title

ジャイアンさん、こんちは。

バルク無さ過ぎというのは、糖毒トレーニーの致命的なところですね。

ビルダーでもダイエット期間に糖質摂取を減らし過ぎた者は、ことごとくモヤシビルダーになっています。
モヤシがカットを競い合って、会場からの「切れてる!切れてる!」なんて声援を聞くと、悲しくなりますね(笑)
そんなもの「ボディビル」じゃなくて、「ボディカット」だろ、と思います。
我々ファンとしては、問答無用の圧倒的な筋肉を見たい訳です。
カット出すだけなら、モヤシでもできますから。

もう見ただけで「恐れ入りました。」と言いたくなるような(笑)

モヤシビルダーなんか見ると、
「てめぇ、舐めてんのか?脛へし折るぞ。」
と思いますよね(笑)

2016/09/12 (Mon) 17:42 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: しょぼい筋トレでも筋トレ!できることをやる(^ ^)

めろん さん、こんちは。

善良で真面目な馬鹿が熱意と正義感に目覚めると、世の中の害悪にしかならないのです。
連中の行動は「善意」に基づいているので、最もタチが悪いと言えます。
ただの馬鹿の方が、解り易くてまだマシなのです。

2016/09/12 (Mon) 19:08 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
No title

このブログに呼応するかのように。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3936.html
こういう冗談は飲み屋でやっていればいいのに。

その前の記事も中学生の実験報告レベルでした。
そのうち脂肪でも血糖が上がる人がいるとか言い出しそうです。

2016/09/13 (Tue) 04:24 | hima #- | URL | 編集
No title

ケトン体怖いですよね😥
mecの人達増えてますよね(..;)
ほんとみんな炭水化物は太ると思ってますよね。
いつも質問ばかりで申し訳ないのですがささみや胸肉ばかり食べている場合おすすめの必須脂肪酸サプリメントは2種類ともとった方が良いですか?

2016/09/13 (Tue) 07:41 | あーさん #- | URL | 編集
なんかどんどんひどくなってきてるような・・・

教祖ブログで、「錦織選手は炭水化物を多くとることで強くなったというような内容の本ががありました。 先生のご意見をお聞かせください」というコメントに対して

教祖は、「この本は読みました。 「ブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源」とか、初歩的な間違いがあり、著者は知識不足です。 脳はケトン体をいくらでもエネルギー源として利用します。」

という質問の答えになってないトンチンカンな返事を書いてますが、教祖は日本語が理解できなくなってるんでしょうかね(笑)

2016/09/13 (Tue) 13:59 | 筋トレ三太郎 #lYzQuor. | URL | 編集
Re: No title

himaさん、こんちは。

まぁ、糖毒馬鹿というのは、だいたいが「ショコビッチガー!」とか「長友ガー!」とか他人のよく解らない話ばかりで、自分はどうかと言うと、ジジイ仲間でテニスやったらスタミナ抜群だったなんていう寝言しかありません(笑)

モヤシやひょうたん、デブが運動を語るなど100万年早いです。

とりあえず、ロシア人の女に瞬殺されずに逃げ回れるようになることを目指せ。
話はそれからだ。

2016/09/13 (Tue) 15:49 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: No title

あーさん 、こんちは。

必須脂肪酸については、米国糖尿病学会も摂取を推奨していますし、足りないようでしたら摂った方が良いと思われます。
特に、バランス的に足りなくなるのはオメガ3系です。
フィッシュオイルも良いです。

2016/09/13 (Tue) 16:10 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: なんかどんどんひどくなってきてるような・・・

筋トレ三太郎さん、こんちは。

やはりケトン脳の限界ではないでしょうか(笑)

確かに脳の神経細胞は、ケトン体をアセチルCoAに変換してTCA回路を回せばエネルギーを産生できます。
しかしながら、その50倍もあるグリア細胞はほぼ解糖系に依存しています。
しかも、脳の高次な処理を司っているのはグリア細胞ですから、神経細胞だけ動いていてもとりあえず動いているというだけでゾンビと同じです(笑)

もっとも糖毒信者になる様な馬鹿は、元からまともに脳など使ってませんから変わらないと思いますが。

2016/09/13 (Tue) 16:34 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
No title

返信ありがとうございます!
サプリメント使ってみます!(^^)

2016/09/14 (Wed) 09:56 | あーさん #- | URL | 編集
記憶障害でも起きているのでしょうか?

ドクター江部という人物、もしかして糖質制限のし過ぎで、脳のグリア体が縮退して記憶障害でも起きているのでしょうか?
himaさんがコメントされているURL( http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3936.html )には、長友選手は米を摂っていないような書き方をしていますが…。
元々の記事( http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3884.html )には、ヤマトさんが「長友選手は白米摂ってます」と、証拠付きでコメントしています。( http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3884.html#comment34856 )
ドクター江部って人は、そのコメントに対して「量は少ないと思いますが、白米や芋も摂っていますね」と応答しているのに。( http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3884.html#comment34862 )

自分自身で、長友選手が白米を摂っているというノートを確認しているのに、そのこと自体を忘れてしまっているのでしょうか?

2016/09/15 (Thu) 08:23 | 取り敢えず名無し #- | URL | 編集
Re: 記憶障害でも起きているのでしょうか?

取り敢えず名無しさん、こんちは。

糖不足でグリア細胞が動きませんから、脳での高次な処理はできないんです(笑)
腹減ったから飯食うぐらいはできますが。

とりあえず解糖系が動かないと、アストロサイト・ニューロン乳酸経路は動かないので、長期記憶形成はできません。
理論通りのことをしでかして、我々を笑わせてくれますね(笑)

2016/09/15 (Thu) 12:09 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
ケトン脳

モヤシ教祖の純理論では脳はケトン体100%でブドウ糖無しでもOKと思われ、脳はエネルギー源として、ブドウ糖よりもケトン体を好むとされているそうです。

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3938.html?sp

教祖大丈夫??唖然としちゃいました。

2016/09/15 (Thu) 13:38 | 山根 #rQfkOYfw | URL | 編集
Re: ケトン脳

私も読みました。
理論ではなく願望ですね。ジョコビッチも長友も糖質制限していてほしいという願望。
脂質と糖質は今の世の中気を付けないとすぐにとりすぎになりますし、一流スポーツ選手が食事に気を付けているのは当たり前。でもそれはスーパー糖質制限ではない。大体ジョコビッチはグルテンアレルギーでグルテンフリーの食事を始めたので、コメなどの穀物は普通にとっているはずです。

2016/09/15 (Thu) 14:00 | hima #- | URL | 編集
糖質制限信者より

こんにちは。はじめまして。

ブログをいろいろ拝見しましたが有用な内容の多くの記事を公開していただいている感謝を、たまたまこちらに寄せさせていただきます。ありがとうございます。

江部氏の長友に関する記事では長友の体脂肪率3パーセントという記述がありますがこれはわたしには驚きでした。体脂肪率3パーセントなわけないですからね。

私自身は江部氏のブログやほかの糖質制限肯定派の医師たちの著述からおおくの知識を得ているので、もやし博士などという揶揄に乗りたくはありませんが、実際、私自身もこれらの医師たちの著作やオンラインで公開されているブログを読むと、彼らが一様に運動の視点が皆無であり、対談などでは「運動苦手」「運動したことない」などとこぼしており、せいぜいスリムジーンズはけるとかそんな程度の報酬しかないような人たちであって、生物としてのエレメントをひとつ欠いている人たちだなという印象を持っていいたので、その点、無酸素運動の必要性有用性を強調なさっているあなたのブログの趣旨に賛同します。

ただ、私自身、素人ボディビルダーですが、どんなビルダーでも、トップビルダーでも糖質の摂取量はかれらの筋量を考えるとスーパー糖質制限食並みの低糖質食なのではないでしょうか。

王城さんは格闘技もなさっているようですが、たとえば、格闘家で現在はビルダーになっている角田信明氏でも、増量期で、一日の糖質摂取はそば一房、つまり糖質数十グラムを一日六分割、減量期ではゼロとなっています。

たとえば動画を引用なさっている著名ユーチューバ―のカトチャンは糖質量は彼が昼間はトレーナーとして勤務していることを考えるとやはりかなり少ない量なのではないでしょうか。

それになによりも糖質を制限することの有用性は除脂肪だけではありません。

私は二十年以上どうやってもなおらない鼻炎で鼻呼吸不能でしたが、糖質による身体への酸化ストレスや炎症効果に着目してからは、その本当に苦しかった鼻炎から奇跡のように解放されました(同様の症状を持つ家族は外科的に処置しています)。

私はやはりカルトにはまっている信者なのでしょうか?

2017/01/02 (Mon) 22:52 | 佐々木 #cl76GnhY | URL | 編集
Re: 糖質制限信者より

佐々木さん、こんちは。

高血糖でもないのに、糖質摂取で酸化ストレスや炎症が起こり、鼻炎が奇跡の様に回復したのでしたら、十分カルトの素質ありです。

角田師範はボディビルの大会では、カットが出た代わりに見事にバルクが消え去りましたね。

2017/01/03 (Tue) 17:29 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する