【糖尿病】食後の運動療法が駄目なもう一つの理由

shutterstock_204511198.jpg



ちはっす。

以前の記事、

運動は食前か?食後か?

で、糖尿病治療のための運動を食後に行っても大した効果は上がらない、というお話をしました。
今回は、そのもう一つの理由をお話します。

まず、糖尿病治療の考え方として「肥満の解消」というものがあります。
要するに「デブは痩せろ」ということです。
しかしながら、これは「脂肪を減らせ」ということであって「筋肉を減らせ」という意味ではありません。
糖尿病治療で筋肉を減らしてしまっては、かえって逆効果で、むしろ増やさなければなりません。
(糖のおよそ8割は骨格筋が吸収する)

ここまでのお話は、どんなお医者さんでも、無論まともなお医者さんでも、糖毒系の馬鹿医者でもコンセンサスが得られることです。
言わば、当たり前中の当たり前の話です。
糖質制限をやっているモヤシやひょうたんが、脂肪もろとも筋肉も減らしながら「筋肉は減らない!」と必死で言い訳するのもそういうことです(笑)

さて、我々の筋肉というのは、常に分解と合成を繰り返しています。
放って置けば、おおよそ一定の量を保ちます。
「おおよそ」というのは、例えば負荷をかければ増えるし、栄養不足になれば減ります。

但し、負荷さえかければ増えるというものではなく、負荷をかけ、かつ十分な栄養を摂取した時に初めて増えます。
負荷だけかけて絶食すると筋肉は減るという研究結果があります。
栄養摂取についても同様で、タンパク質を過剰に摂取しても現在の負荷以上には筋肉は増えません。
(つまり、負荷をかけなければ今以上には増えない。)

ドクターもやし教祖は、ブログで自身のタンパク質摂取量を自慢していたりしますが、運動もしていない爺がタンパク質代謝回転に必要な量以上のタンパク質を摂取しても、単に腎臓に負担をかけているだけで、筋肉は増えません。
まぁ、容姿を見れば解りますが(笑)

この「筋肉が増える」とか「筋肉が減る」というのは、どういうことかと言いますと、例えば「筋肉が増える」というのは、筋肉の合成が筋肉の分解を上回った時に、総量として筋肉は増えます。
(筋肉が減るのは、この逆です。)

運動時というのは、身体は異化しエネルギーを産生します。
つまり、糖や脂肪、タンパク質、あらゆるものを分解しエネルギーを作り出します。
筋肉も運動時には、負荷による筋肉自体の損傷、エネルギーの産生等により異化します。
つまり、筋肉分解は加速し合成を上回るので、運動時、運動直後というのは総量として筋肉は減ります。
運動前あるいは運動時にアミノ酸を摂取するのは、運動時の筋肉分解を減らすという意味で理にかなっています。
(実際に筋肉分解は減る)

この「筋肉の分解」を最も劇的に食い止めるのは、実はインスリンなのです。
運動直後にプロテインとブドウ糖を摂取した方が良い、あるいは運動直後に食事を摂った方が良いというのは、筋肉の合成を加速する意味合いもありますが、分解を抑えるという意味も同じぐらい大きいのです。
無論、アミノ酸によってもインスリンは分泌されますが、ブドウ糖によるインスリン分泌には遥か及ばないという研究結果があります。

ほんじゃぁ、運動中にブドウ糖をガンガン摂ればええではないか!と思われるかもしれませんが、そうでもないのです。
運動中にブドウ糖を摂り過ぎ、大量のインスリンが分泌されると、身体は同化し始めますからエネルギー産生が上手く行かなくなるのです。
(つまり、逆に運動継続が難しくなる。)
運動中にブドウ糖を摂った方が良い場合は、疲労困ぱいした時や、あるいはそれに近づいた時、つまり低血糖の状態に近づいた時です。
この時、ブドウ糖を摂取しても、既にGLUT4はトランスロケーションされているので、少量のインスリン分泌、あるいはほとんどインスリン分泌なしで、ブドウ糖は速攻で吸収されます。
(つまり、更に運動を継続し、追い込むことができる。)

そういう訳ですから、運動直後の栄養摂取というのは、それまでの筋肉の分解を止め、今度は筋肉の合成を加速させる意味があります。
この栄養摂取によるインスリンの分泌は、その効果を2倍から5倍にするという研究があります。
しかも、このタイミングはGLUT4のトランスロケーションにより、インスリン感受性は上がっているので、大量のインスリン分泌は必要が無く、少量のインスリン分泌で間に合う訳です。

このタイミングというのは、一般的には「栄養摂取のゴールデンタイム」と言われていますが、糖尿病の運動療法というのは、ことごとくこの原理からズレています。

糖尿病の運動療法というのは、まず食事をしてインスリンを分泌します。
当然のことながら、インスリン抵抗性は亢進しているので血糖値は下がりません。
(あるいは、インスリン分泌の遅延、またはインスリン分泌不足により血糖値は下がらない。)

しょうがないので、運動してGLUT4のトランスロケーションにより非インスリン経路で糖を吸収し、血糖値を下げることにします。
しかしながら、↑の記事でお話した通り、食後というのは短時間の高強度運動などできませんから、低強度の有酸素運動をチンタラ、ダラダラとやることになります。

有酸素運動と言えども筋肉は分解します。
とは言え、糖尿病の運動療法では運動時や運動後に栄養補給などしませんから、筋肉は分解されるだけで、運動による筋肉の合成効果も大してありません。
(仮に栄養補給したとしても、速筋の負荷がほとんどないので、速筋が増えることはない。)
つまり、総量として筋肉は減ることはあっても、増えることはないのです。

そうすると、確かに体重は減りますが、それは単に脂肪もろとも筋肉も減らしているだけで、やってることは糖質制限と大して変わりません(笑)
違いがあるとすれば、糖質制限ほど耐糖能は悪化しないというだけで、これで糖尿病を治すにはハナから無理があります。
(改善はできても完治はない。)


参考文献:

Human muscle protein synthesis and breakdown during and after exercise



o-Method

糖尿病Q&A
糖尿病、運動、食事、その他に関する質問はこちらで!


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly

スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

Theme: 糖尿病 | Genre: 心と身体

コメント

はじめまして

いつも楽しみに拝読させていただいています^_^
妊娠糖尿病になり、産後、糖尿病に移行しないかヒヤヒヤしています。
今、スクワットはしていますが(お恥ずかしながら10回を3セット…)、妊娠中でもできる筋トレはありませんか??また、上の子がまだ2歳のイヤイヤ期ですのでなかなか食前にゆっくり筋トレすることができないのですが、何か対処法などはないでしょうか??
私も糖質制限を続けての健康体なんてイヤだ!なんか違う!と思っています。ですので筋トレ頑張りたいです!

2016/09/22 (Thu) 15:48 | ゆたんぽ #- | URL | 編集
ブログを紹介してもよ良いですか?

王城さん
初めまして。
Piccoloと申します。

私はアラフォー女子、糖尿病予備軍でした。
貴方のブログを読んでから有酸素運動から筋トレに切り替えた運動療法で予備軍から落選した様です。
有益な情報を提供してくださって、ありがとうございます!
王城さんのブログを私のブログにてご紹介させていただいても良いでしょうか?

宜しくお願いします。
これからも応援しています。

2016/09/23 (Fri) 05:31 | Piccolo #JalddpaA | URL | 編集
はじめまして

はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。
日々メソッドを参考に追い込んでいるんですが、ウチの妻も一緒に筋トレしたいとなり
2人で週3の筋トレに励んでおります。
そこで質問なのですが、妻は20代前半のころから(現41歳)尿タンパクの反応が僅かながらある体質らしく、そんな人がプロテインを摂取するのは控えた方がよろしいでしょうか?
どのサイトを見てもなんとなく信用出来なく、王城先生の見解も聞きたく質問しました。(医者に聞け!とビンタされそうですがw)。
どうぞよろしくお願いします。過去エントリやコメントに既出でしたらすみません。

2016/09/23 (Fri) 11:39 | たっちゃん #TT0fzUCU | URL | 編集
Re: はじめまして

ゆたんぽ さん、こんちは。

妊娠中の運動というのは、どれぐらいやっても大丈夫なのかは私では解りませんです。
これはお医者さんと相談して下さい。

ただ言えることはケトン体の数値には注意した方が良いと思います。
ケトン体が高いと、生まれてくる赤ちゃんの代謝に影響が出るというのは、数々の論文があります。

2016/09/23 (Fri) 12:02 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: ブログを紹介してもよ良いですか?

Piccoloさん、こんちは。

どうぞ、ガンガン宣伝しちゃってください(笑)

これからも是非筋トレを続けて下さい。

2016/09/23 (Fri) 12:04 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: はじめまして

たっちゃんさん、こんちは。

もちろんお医者さんと相談した方がいいのは言うまでもありません。

普段は食事のみで、トレーニング後だけプロテインを飲んでみてはどうですか?
それでおかしくなるようでしたら、本当に病院へ行った方が良いです。

2016/09/23 (Fri) 12:16 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
コメントありがとうございます。

快諾してくださりありがとうございます!

筋トレを始めてからお陰様で生まれて初めて腕立て伏せができるようになり身体を変えていくという新しい趣味ができました。締まったボディを目指してこれからも頑張ります!

今後もどうぞよろしくお願いします。

2016/09/24 (Sat) 01:04 | Piccolo #JalddpaA | URL | 編集
Re: コメントありがとうございます。

Piccolo さん、こんちは。

ご丁寧にどうも。
こちらこそよろしくお願いします。

2016/09/26 (Mon) 23:47 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する