インスリン不足はアルツハイマー病の危険因子

糖尿病ブログらしいタイトルになってきましたね(笑)

University of Ulsterという英国の大学のホームページに「アルツハイマー病研究における進展」と題するレポートがありました。(原題はBreakthrough in Alzheimer's Research 13th September 2012

ちなみに、この大学は英国大学総合ランキング65位の大学です。
大したことないですね(笑)

そんな四流大学のレポートですが、いきなり冒頭に恐ろしいことが書いてありました。

2型糖尿病はアルツハイマー病の危険因子だと知られている・・・

えぇぇっ!マジで!
知らなかったよ。
道理で最近やけに物忘れが酷くなったのは、そのせいなの?!

インスリン不足やインスリンの作用が低下していると、脳がブドウ糖をエネルギーとして取り込めず、神経細胞が損傷を受け脳内の信号に障害が出るそうです。

えぇぇっ!マジで!
そんなこと言ったら、糖質制限やってるひょうたん親父はどうなっちゃうの?!(笑)
「脳はケトン体もエネルギーとして使える!」なんて息巻いていた親父ですが、筋肉が溶けるどころか、脳まで溶けちゃうじゃん(笑)
ひょうたん親父が頭が悪いのは、そのせいなのか?!

しかし、ご安心下さい。
↑のレポートによると、GLP-1を使ったラットの実験では、脳の神経細胞が新生され、脳の記憶を司る海馬の中で神経細胞が作り出されたそうです。
(あくまでラットでの実験ですが。笑)
GLP-1というのは小腸下部から分泌されているインクレチンという消化管ホルモンの一種で、インスリン分泌促進作用があり、グルカゴン分泌抑制作用、体重抑制作用もあります。
糖尿病治療の現場では、GLP-1受容体作動薬として使用され、これはGLP-1のアミノ酸配列を変更し、GLP-1をDPP-4(インクレチンを分解してしまう酵素)によって分解・不活性化の影響を受けにくい構造に作り直したものです。
ただ、GLP-1受容体作動薬というのは、インスリンの代替薬ではないので、インスリン自体の分泌に問題がある1型糖尿病の方等には効きません。
その場合は、やはりインスリンを直接投与しかないのではないでしょうか。

そうは言っても、これでは依然として糖質制限をしているひょうたん親父は救われません。
このまま糖質制限カルト派が増えていけば、10年20年先にはボケたモヤシやひょうたんが街中を徘徊するというゾンビの世界みたいになってしまうのでしょうか?(笑)

しかし、ご安心下さい。
実はこれは随分前に米国で発表されていたことなんですが、糖質制限を長期で行うと、ケトン体で体内のPHが酸性になり、この状態が長期間続くと骨粗しょう症の重大な危険性が増大するそうです。
http://www.atkinsexposed.org/atkins/42/peeing_your_bones_down_the_toilet.htm
シカゴとテキサス大学の研究では、糖質制限を始めわずか2週間後、毎日尿中にカルシウム258mgを失っていたそうです。

ま、つまり、ボケる前に骨粗しょう症にでもなれば、少なくとも徘徊することはないんじゃないでしょうか(笑)
根本的な解決にはなってませんが、ボケたモヤシやひょうたんにウロウロされるよりはマシです。
(我々が。笑)
部屋の中でモゾモゾ蠢くボケたモヤシやひょうたんの世話をする介護士の方々は大変でしょうが、これも天命と割り切って頑張って下さい。

とは言え、これではひょうたん親父自身の解決にはなっていないので、もう少し明るい話題を。
American Heart Associationは、糖質制限による心臓不整脈、心臓の収縮機能障害、突然死等を警告しています。
こっちの方がポックリ逝けるんじゃないでしょうか(笑)

スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

思わず・・・

前から思っていましたけど王城さんて文章力ありますねー!ブログのひとつひとつが読み応えあります!今回の記事なんか読んでいて、もやしオヤジさんには悪いけど笑っちゃいました。

2012/09/29 (Sat) 22:48 | minus-max #- | URL | 編集
Re: 思わず・・・

minus-maxさん、こんばんは。

ありがとうございます。

>悪いけど笑っちゃいました。

悪くないです。笑ってやって下さい(笑)

たまに、昼時にひょうたん親父と一緒になることがあり、昼飯を食うことがあるんですが、
昼飯時って、ほんと食うものがないんですよ。
定食屋はすべてNG、牛丼屋は牛丼ライトがあるすき家しか駄目だし、ケンタッキーは衣があるから駄目と抜かすし、「一人で食えよ」と思います(笑)
本来なら「病気なんで可哀想だなぁ」と思うところなんですが、全然思えないですね(笑)

2012/09/30 (Sun) 19:35 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する