カーボドリンクとブドウ糖はどちらがいいのか?

20161009.jpg



ちはっす。

メールでご質問を頂きました。

昨今トレーニング中にカーボドリンクを飲むのが流行っています。
カーボドリンクとブドウ糖では何が違うのでしょうか?
そもそもブドウ糖ではダメなのでしょうか?


トレーニング中の栄養補給には、カーボドリンク等のサプリメントかブドウ糖か?というご質問なんですが、結論から先に言うと、

ブドウ糖で十分です。

何故かと言うと、ブドウ糖の方が圧倒的にコストパホーマンスが良いからです。
巷のサイトやブログでは、「マルトデキストリンガー!」とか「浸透圧ガー!」とか「消化吸収ガー!」とか言ってますが、そんなものに何の意味もないことを説明致しましょう。

そもそも、ブドウ糖を水と一緒に飲んで血中に吸収されるまでにどれぐらいの時間がかかるか知っていますか?
ブドウ糖というのは酵素分解(消化)される手間がないので、ものの数分から10分ぐらいで吸収されます。
(で、なかったら、低血糖状態になった糖尿病患者は死ぬ。)

低血糖になったことがある人は解ると思いますが、全身から力が抜け、手が震え出した状態で飲んでも、ものの10分もあれば嘘のように回復します。
こんな速攻で吸収されるものより、更に吸収が早いと言っても、ほとんどコストに見合う差はありません。

中には「胃にもたれる」という意見もありますが、それは飲み方が間違っています。
トレーニング中に、胃にもたれるほど一度に大量に摂取しては逆効果なのです。


運動中のカーボドリンクやブドウ糖には飲み方がある

トレーニング前やトレーニング中に大量のインスリンが分泌するような飲み方をしては駄目なのです。

運動中というのは、身体は異化してエネルギーを産生します。
そのエネルギーを運動の継続に使います。
具体的には、血中の遊離脂肪酸濃度や血糖値は上昇します。

ところが、運動中に大量のインスリンを分泌するとどうなるかと言いますと、身体は同化し始めます。
血中の遊離脂肪酸濃度や血糖値は一気に下降し、一時的なエネルギー不足になってしまうのです。
こうなると、しばらく休憩しないことには、まともな運動は継続できません。

時々、糖尿病患者で「運動すると逆に血糖値が上がる!」と騒いでいる阿呆がいますが、これは身体が産生したエネルギーをほとんど使えていないのです。
つまり、「フンガ!フンガ!」と鼻息だけ荒くても、運動らしい運動になっていないというだけです。

そういう訳なので、ブドウ糖というのは、一気に大量に摂取するのではなく、疲れたら補給→疲れたら補給と、徐々に補給して行くのが正解で、前半から後半にかけ徐々に量を増やして行くという飲み方が正解です。
運動後半になり、疲労困ぱいが近づくにつれ、身体はエネルギー不足に対処するため、ノルアドレナリン等を活発に放出し、更にエネルギーを供給しようとします。(更に異化が亢進する)
この様なエネルギー不足の状態では、同化している場合ではないので、少々のブドウ糖摂取ぐらいではインスリンは分泌されません。
(もちろん、大量に摂取すれば分泌されます。)

飲み方としては、ブドウ糖20g~30gを水に溶かし(お好みでアミノ酸を入れても可)、トレーニング中、チビチビ飲めばOKです。
低血糖状態になった場合は、一気に飲めば10分ぐらいで回復します。
トレーニング時間が長い人は、途中でまた作って飲めば良いです。

サプリメントというのは、なかなか効果が体感できるものは少ない、と言いますか、そもそも効果があるのかないのかも疑わしいものが多いですが、ことブドウ糖に関しては抜群に効果が体感できます。
しかも安い(笑)
こんないいものありません。



o-Method

MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly

スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

ブドウ糖のとりかた

すんごい勉強になります!
この辺り、ちゃんとわかってなかったなーっていうのが、前の「運動は食前か?食後か?」の記事でも実感しました。
確かに、運動前にインスリンが大量にでちゃったら何してるこっちゃ?ですね。
(ま、分泌不全なので大量には出ないんですが(笑) )
運動前に大福食っても途中で低血糖になったことありますが(-_-;) 
・・・なるほどって感じです。

ワタシはコスパとあまり甘くない、ってので粉飴(マルトデキストリン)で、トレーニング中のドリンク作ってますが、そろそろ無くなるころなのでブドウ糖に変えてみようと思います。

2016/10/10 (Mon) 12:43 | domojan #- | URL | 編集
Re: ブドウ糖のとりかた

domojanさん、こんちは。

マルトデキストリンが駄目という話ではないですよ。念のため。
大して効果の差はないけど、ブドウ糖の方が安いというだけです。

2016/10/11 (Tue) 15:45 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
No title

ありがとうございます!そうですね、どっちでもいいんですよね(笑)
ついこの前まで粉飴がAMAZONで1Kg 500円で買えたので利用していたんですが…ついに値上がりしてしまいまして…
ブドウ糖デビューしてみます♪

2016/10/11 (Tue) 18:27 | domojan #- | URL | 編集
砂糖じゃだめなんですか!

もっと安く、砂糖だと効果は薄いのでしょうか?

2016/10/12 (Wed) 07:19 | HENJIN #mQop/nM. | URL | 編集
Re: 砂糖じゃだめなんですか!

HENJINさん、こんちは。

砂糖ではあまり効果的ではないです。
運動中の低血糖解消は、砂糖を分解した内のブドウ糖しか使えません。(果糖部分はほとんど使えない)

そうすると同量のブドウ糖を摂取しようとすると、砂糖の方が量を多くしなければなりません。
当然量が増えれば、果糖の量も増えるので、余計なカロリーが増えますし、何より果糖は肝臓で代謝されるので、運動中に肝臓に余計な負担を掛けるのは避けたい。
運動中というのは、肝臓には乳酸の代謝を全力でやってもらわねば、これまた運動の継続ができなくなるのです。

2016/10/12 (Wed) 19:47 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
No title

 そういうことですか、有難うございます。

2016/10/15 (Sat) 20:24 | HENJIN #mQop/nM. | URL | 編集
No title

はじめまして、
ブドウ糖についての接種方法はわかりましたが、
糖尿病の人が筋トレ中にブドウ糖を接種する際の
詳しい方法を教えてもらえませんか?
又は詳しい方法を教えたサイトがあれば
教えて下さい。

2017/09/22 (Fri) 08:00 | がやん #24FJNFM2 | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する