路上のヒエラルキー

20161031.jpg



ちはっす。

お待たせしました。
一部マニアの皆様に好評の「真実のベトナム」シリーズのお時間がやって参りました。

先日、ホアンキエム湖で知り合ったフィリピン人観光客のお姉ちゃんが滞在するホテルへ遊びに行った帰りの話です。
草木も眠る丑三つ時にバイクで走っていると、さすがにこんな時間ともなるとバイクも車もまばらです。
家の近所まで来たとき、大通りの真ん中に道を塞ぐようにタクシーとバイクが停車していました。

何事か?と思い、減速しながら横を通り過ぎようとすると、タクシーの運転手がバイクの男にボッコンボッコン殴られていました(笑)
タクシーの運転手は謝っているのですが、全然許してもらえず殴られています。
相手が謝っているのにかさにかかって攻撃するというのは、中国人やベトナム人のディフォルトです。

ちょっと可哀そうに思えたので、誰よりも愛深き故に愛を捨てた男・聖帝わしとしては、助けてあげようと思ったのですが、ふと考えました。

タクシーとバイクということは、これは恐らく交通上のトラブルがあったに違いありません。
とは言え、バイクの男の尋常ではない怒りっぷりは何なんでしょうか?
そもそも私はハノイに来て以来、おばはん同士の路上の喧嘩は月に一度ぐらいのペースで見ますが、男同士の喧嘩はほとんど見たことがありません。
女の性格がどうしようもない分、ハノイの男は意外と優しいのです(笑)

恐らくこれはタクシーの運転手の方に非があったのではないか?と考えられます。
と言いますのも、基本的にベトナム人は阿呆なので、路上では「大きい方が優先」と考えます。
つまり、歩行者よりも自転車、自転車よりもバイク、バイクよりも車、車よりもバス・大型車というように、路上でのヒエラルキーが決まっています。

これは単なる「優先」という意味ではなく、「身分」と言った方が正確で、純然たるヒエラルキーを形成しています。
ですから身分の高い者は、身分の低い者には傍若無人な態度を取ります。
例えば、反対車線にバイクばかりが走っていれば、車は平気でクラクションを鳴らし、パッシングしながら反対車線を走って来ます。
バイクは黙って避けなければなりません(笑)
驚くべきことに、こういう時、怒るバイクは一人もおらず、皆当たり前のように避けて行きます。

但し、このハノイの路上でのヒエラルキーは2年ほど前から若干の修正があり、現在では身分の低い者から、歩行者、自転車、バイク、車、大型車、聖帝わし、というように決まっています(笑)
まだまだハノイ市民の間には周知が徹底していないので、たまに車のドライバーなんかが引き摺り下ろされ殺されかけますが、ほぼ全員がすぐに謝るので、こういう場合は聖帝の慈悲で許されます(笑)

さて、話を戻すと、このタクシードライバーとバイクの男との間にも、似たようなことがあり、恐らく憎たらしいクラクションの鳴らし方をしたり、憎たらしい運転でもしてバイクと接触したのでしょう。
ただ、相手には「聖帝の慈悲」はありませんから、謝っても許してもらえなかっただけだと思われます。

そうやって考えていたら、だんだんタクシーの運転手に腹が立って来て、「ざまぁみやがれ。」と思えて来ました(笑)

私は、心の中でタクシーの運転手に向かい、

その痛みを胸に刻み、真っ直ぐ生きよ!

と声をかけ、夜の街を後にしました。

めでたし、めでたし。



o-Method

MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly

スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

Theme: ベトナム | Genre: 海外情報

コメント

No title

海外では安易にトラブルに首を突っ込まない方が良いですね。

僕もカンボジアでは銃を突き付けられ、タイでは裏社会の人間と揉めた連れに巻き込まれて一緒に業務用冷蔵庫に入れられそうになりました。

常に死を意識するのは必ずしも悪い事ばかりではありませんが、出来れば避けたいものです。

糖尿も同じですね。 糖尿になって改めて自分の体に向き合うようになり、むしろ前より健全な毎日が送れていますが、発症せずに済むならその方が良いのはいうまでもありません。

2016/11/01 (Tue) 05:15 | 噛ませ豚 #XmMyWn3s | URL | 編集
Re: No title

噛ませ豚さん、こんちは。

ハノイの場合は、とりあえずおばはんの肉切り包丁に気を付ける必要があります(笑)

2016/11/01 (Tue) 17:09 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する