飽和脂肪酸・動物性脂肪は糖尿病のリスクを2倍に高める

20160907.jpg



ちはっす。

またしても糖毒系の方々にとっては残念な結果が発表されてしまいました。

飽和脂肪酸・動物性脂肪は2型糖尿病のリスクを高める

元の論文は、The American Journal of Clinical Nutrition に掲載された、

Total and subtypes of dietary fat intake and risk of type 2 diabetes mellitus in the Prevención con Dieta Mediterránea (PREDIMED) study

という論文です。

これは元々は、心血管系疾患の一次予防における地中海食の効果を調べることを目的とした研究だった訳ですが、飽和脂肪酸や動物性脂肪の摂取が多かった者は、そうでない者と比べ、糖尿病を発症した者が2倍も多かったことが判明したという話です。

ほんじゃぁ、その心血管系疾患と飽和脂肪酸の関係はどうなのよ?と言いますと、
同じく The American Journal of Clinical Nutrition に掲載された論文があって、

Dietary fat intake and risk of cardiovascular disease and all-cause mortality in a population at high risk of cardiovascular disease

飽和脂肪酸の摂取は、心血管系疾患のより高いリスクと関連していたという結果になっています。

正に踏んだり蹴ったりの結果ですが、ま、要するに「脂肪は素晴らしい!脂肪万歳!くるくるパ~に光を!」なんて言ってるような奴は、糖尿病になるか、あるいは心不全で早く死ねるリスクが高いということです。



o-Method

2型糖尿病の完治を目指す会

糖尿病の完治を目指す人と完治した人が集まってます。


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly

スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

Theme: 糖尿病 | Genre: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する