糖質制限は糖代謝異常を引き起こし、長期的には糖尿病を発症する

20160907.jpg



ちはっす。

以前の記事、

長期ケトン食は耐糖能が悪化し、膵β細胞は減少する


の中で、米国生理学会が発行するEndocrinology and Metabolism(内分泌学と代謝)に掲載された論文を紹介しましたが、今回は日本語で書かれた研究を紹介します。

高脂肪食飼育による糖代謝異常に関する研究


この研究では、食餌比率を下記の様に分けた(同カロリー)4群のラットを100日~400日後の結果を調査しました。

正常食グループ: タンパク質(24)、糖質(62)、脂肪(10)
高脂肪グループ: タンパク質(35)、糖質(21)、脂肪(40)
高蛋白グループ: タンパク質(65)、糖質(21)、脂肪(10)
高糖質グループ: タンパク質( 5)、糖質(80)、脂肪(11)

結果は、

高脂食群は他の3群と異なり糖代謝の障害をみることが明らかとなった。

興味深いことに、高タンパク質群においては耐糖能は正常の範囲で、つまり4群のうち高脂肪食グループのみが糖代謝の異常を来たしたということです。

さらに各群について肝総脂質を測定するともちろん高脂食群でもっとも高値を示した。

その後、今度は等カロリーとはせず、自由に食餌を与え高脂肪グループと正常グループを比較したところ、高脂肪群では飼育日数の増加につれ耐糖能に異常を来たし、400日前後でほぼ糖尿病状態になりました。

さて、以前の記事、

糖尿病患者が朝食を抜くと糖尿病は憎悪する


で、紹介しました通り、

WHOの75gOGTT(経口糖負荷試験)の指針によれば、OGTTの前少なくとも3日間は150gの糖質を摂らなければなりませんし、前日からOGTTまでは少なくとも8時間以上絶食しますが14時間以上絶食してはいけない、とあります。
わずか3日間の糖不足や14時間以上の絶食により、耐糖能は悪化してしまうからです。


高脂肪・低糖質食は、それ自体が血中の遊離脂肪酸濃度を増加させます。
加えて脂質代謝が亢進し、脂質代謝が亢進すれば、当然脂肪の分解も亢進し、血中の遊離脂肪酸濃度は増加します。
実際、この研究では高脂肪食群は正常群と比べ、血中の遊離脂肪酸濃度は約1.6倍増加していました。
こうして体内で増加した遊離脂肪酸は、身体の各臓器に流入し、内臓脂肪や異所性脂肪を形成したり、炎症を惹起すると考えられます。

論文では、

かくのごとく長期投与の成績では脂肪酸の異化作用と、これら遊離脂肪酸の作用があいまって糖代謝障害の中心的存在となっていると考えられる。

と、述べています。

また、肝臓においては、脂肪の蓄積が顕著となると同時に、

肝グリコーゲン減少とともに(飽食時の測定で正常群は49.8mg/1g,実験群は32.2gm/1g)、糖代謝異常の成立に重用な役割をはたしてい る。
グルコキナーゼ活性の低下は、肝における代謝障害のトリガーとして注目に値する事実であり、グルコース6-フォスファターゼの増加は糖尿病肝のそれと同様の態度である。


と、述べています。



o-Method

2型糖尿病の完治を目指す会

糖尿病の完治を目指す人と完治した人が集まってます。


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly







スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

スクワットについて

王城様
毎度ブログ拝見させて頂いております。

記事とは無関係なのですが、スクワットについて教えてください。
現在はローバーのパラレルでスクワットしているのですが、フルボトムの方がより全身に対しての効果は高まりますか。
ヒザを守るためにはフルボトムは避けなさいと言われたこともあり、どうしようか考え中です。

よろしければお考えをお聞かせください。

2017/04/27 (Thu) 09:00 | Nekoh #- | URL | 編集
Re: スクワットについて

Nekoh さん、こんちは。

どちらでも良いと思います。

何が何でもフルスクワットとか、デッドリフトは何が何でも床引きとこだわる人もいますが、限界まで行うならどっちでも良いと私は思います。
パーシャル過ぎるのもどうかとは思いますが(笑)

実際問題として、身長が高い人が同重量でパーシャルで行っても、身長が低い人のフルレンジよりも仕事量は多いですから、糖尿病治療的にも、一概にどっちが良いとは言えないです。

2017/04/27 (Thu) 12:49 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: スクワットについて

王城様
ありがとうございます。
追い込みやすい方で継続します。

2017/04/28 (Fri) 00:52 | Nekoh #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する