中高年の2型糖尿病リスクは筋肉量と関係している

20170227.jpg



ちはっす。

アジア人は西洋人と比べ、BMIが低くても2型糖尿病を発症する傾向があります。
大して肥満でもなく、むしろ痩せ型であるにも関わらず糖尿病を発症する人が多いということです。

この違いは、体脂肪(または内臓脂肪)および筋肉量の差に起因する可能性があります。

私が現在住んでいるベトナムでも、近年糖尿病が増えていますが、BMI25以下で発症する人の割合がかなり多く見られます。
私はBMIで言えば、27、28ぐらいあるので、健康診断でベトナム人医師に当たると、

「数値的には問題ないですが、糖尿病予防のために体重を減らした方が良いです。」

と、よく言われます(笑)
無論、これは間違いで、糖尿病予防のために減らすべくは「脂肪」であり「体重」ではありません。

で、今回は、欧州糖尿病学会の学会誌である Diabetologia に掲載された論文を紹介します。

Low muscle mass and risk of type 2 diabetes in middle-aged and older adults: findings from the KoGES


この研究は、韓国人6895人を調査した研究で、約9年間に渡る追跡調査中、1336名の参加者が2型糖尿病を発症し、平均年齢は52.1歳であり、平均BMIは24.4でした。
そして、骨格筋量と糖尿病発症との間には逆相関があった、とあります。

論文の結論では、

低筋肉量は、中年および高齢の韓国人の成人において、一般肥満とは無関係に2型糖尿病のリスク増加と関連していた。

と言っています。

筋肉量の低下が糖尿病リスクを増大させ、糖尿病を発症するとますます筋肉が減少するという無間地獄の様なモヤシスパイラルに陥る訳です(笑)

このような状況を受け、米国スポーツ医学会や米国糖尿病学会では、少なくとも週に2回の筋トレを推奨しています。
無作為比較試験からのエビデンスは、筋トレが糖尿病患者の血糖コントロールを改善し、グルコースの取り込みを増加させ、糖尿病患者の脂質および心血管疾患リスクプロファイルを改善することを示しています。

さらに、健康専門家のフォローアップ研究は、糖尿病の一次予防における筋トレの関連性を調査し、有酸素運動とは独立して、男性における糖尿病のリスクを34%低下させる、というエビデンスがあります。

Resistance Training for Diabetes Prevention and Therapy: Experimental Findings and Molecular Mechanisms


生物学的老化は、典型的には、体脂肪量の漸進的増加、および除脂肪体重の減少、特に、筋肉減少と呼ばれる骨格筋の損失と関連する。

グルコースおよび中性脂肪を消費する主要部位である骨格筋量は、30歳後に3〜8%の割合で減少し、グルコース不耐性および糖尿病発症リスクの上昇につながる可能性がある。

低下した代謝速度、低下したグルコース取り込み、および脂質酸化能力を含む老化による筋肉量の減少による代謝の結果、正常な老化および、または身体活動の低下が代謝障害のより高い罹患率をもたらすことが理解される。

疫学研究のエビデンスから、筋力はメタボリックシンドロームと全死因死亡率の両方に反比例することが示されている。


つまり、「アンチエイジングガー!」とか「老化ガー!」とか、いくら能書きを垂れたところで、筋肉量を増やさないことには何ともならないということです。

この論文の結論では、

筋トレはインスリン感受性および耐糖能を改善することが証明されており、糖尿病患者の代謝の健康状態を改善し、代謝リスクを低下させる有効な手段である。

筋トレに応答して増加したエネルギー消費および運動後の酸素消費量が、代謝の健康に寄与する重要な全身要因であり、筋トレの有益な効果は有望である。

これは、筋トレが私たちの時間が足りない忙しい社会での適切な訓練モデルとみなすことができる。
伝統的な長時間持久トレーニングとは対照的に、高強度・低容量の筋トレは、代謝の利益を提供するための時間効率のよい戦略となり得る。

筋トレの好ましい効果は、糖尿病患者に有益であるばかりでなく、しばしば、サルコペニアおよび筋力低下に苦しんでいる高齢者の生活の質を有意に改善し得る。


と、言っております。



o-Method

2型糖尿病の完治を目指す会

糖尿病の完治を目指す人と完治した人が集まってます。


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly







スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

Theme: 糖尿病 | Genre: 心と身体

コメント

筋トレ直後の温泉長風呂について

温泉つきジムに加入し筋トレを初めた糖尿ぽっちゃりさんです。
筋トレ後の温泉長風呂が大好きでほぼ毎日満喫していますが、ネット検索すると筋トレ後の長風呂は筋肉増加によろしく無いとのこと。
糖尿病改善のための筋トレに励んでいる人間にとって長風呂はやめたほうが良いのでしょうか?
見解が聞きたいです。

2017/05/11 (Thu) 01:01 | けず #- | URL | 編集
Re: 筋トレ直後の温泉長風呂について

けずさん、こんちは。

恐らく、筋トレ後は筋肉の炎症を抑えるためにむしろ冷やした方が良い、ということで、長風呂はよくないということなんでしょうけど、どうなんですかね?(笑)

個人的には、リラックスできるなら別に構わないと思うんですが。

ただ、確かに追い込んだ後は、私の場合、サウナとか入る気があまりしないんですよね。
どちらかと言えば、身体を冷やしたくなります。

2017/05/16 (Tue) 12:21 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する