糖尿病発症から1ヶ月でHbA1c 9.6 から 6.9 で完治目前!

weights-646496_640.jpg



ちはっす。

今回は、Twitterでダイレクトメッセージを頂いた方をご紹介します。

この方は、1ヶ月ほど前にHbA1c9.6というりっぱな数字で糖尿病を宣告されたデブ型の人です。
そして先日、病院で検査され、HbA1c6.9と劇的改善中です。

もちろん、カロリー制限と筋トレです。

このペースなら来月にもHbA1cは、正常値に収まるような勢いです。
今の状態でも、糖代謝は改善しているはずですから、恐らく食後高血糖にもならないのではないでしょうか。
私の場合でも、カロリー制限と王城メソッドを始めるやいなや食後高血糖にはならなくなりましたから。

糖質制限を十数年続けて、おにぎり食ったら血糖値が爆発するドクターもやし教祖とは、えらい違いです(笑)

この方の場合、全くの筋トレ初心者ですから、1ヶ月でのこの改善は大したものです。
これひとえに、私のおかげと言いたいところですが、こればかりは本人のヤル気と頑張りの賜物です。
まぁ、究極的には、治す気があるかないかだけの差なんですが。

とは言え、無論、改善のスピード、完治までの道のりというのは、個体差(個人差)があります。

毎度言いますように、速攻で完治できるのは、発症後まもないデブなのです。
過去紹介した記事を参照頂ければ解る通り、この手のデブは、ほぼ数カ月以内に100%完治しています。

糖尿病というのは、罹病期間が長ければ長いほどβ細胞の委縮は進行して行くので、余計なことをやっていれば治りにくくなります。
つまり、糖代謝を改善しないことには、β細胞の機能障害は進行して行くということです。
そしてβ細胞の機能障害が進行すれば、更に糖代謝が悪化という悪循環になります。

一方で、痩せ型のもやし糖尿病も治りにくい筆頭と言えます。
痩せ型のもやしの場合、筋肉の絶対量が不足しています。
血糖のそのほとんどは、骨格筋が吸収する訳ですから、これではそもそも吸収する器が足りないという状態になります。

更に筋肉の不足は、たとえ本人が努力しているつもりでも、運動の強度自体が上がらないということになります。
運動の強度を上げようと思ったら、筋肉が必要なのです。
かくして、運動の効果がなかなか現れ難いということになります。

つまり、元々器が足りないところに持って来て、動かなければグリコーゲンの消費量も少ないですから、ますます血糖を吸収できない、ということです。

加えて、痩せ型もやしの場合、皮下脂肪が付きにくいと、かえってデブよりも内臓脂肪や異所性脂肪が付き易いという点もあります。

このようなハンディキャップを背負いながら糖尿病になると、今度はインスリンの作用が効かなくなり、筋肉は分解に向かい、合成され難くなるという、無間地獄の様なもやしスパイラルになります。

以上の説明を聞くと、ほとんど絶望的な気分になりますが、治るか治らないかというのは、絶望するか、適当な言い逃れをこしらえて逃げるか、前へ出るか、だけの違いです。

痩せ型の人が、いくら治り難いと言っても、筋トレをやる前とやってからでは確実に数値は良くなっているはずで、要はその積み重ねなのです。
糖質制限とは違い、筋トレの場合は、やり始めたら逆に耐糖能が悪化したなんてことは200%ありません。

但し、健常者が普通に筋トレを行っても、筋肉を増やすということは難しい上に、糖尿病患者の場合はインスリンの作用不足という絶対的なハンディキャップがあります。
故に、合理的なトレーニングと食事、強度の高い運動が必須なのです。
ちんたら歩いて糖尿病が治るなら、世の中の糖尿病患者のほとんどは治っているはずです。

私や他の読者の方々が完治できたのは、治すための治療を行ったからです。



o-Method

2型糖尿病の完治を目指す会

糖尿病の完治を目指す人と完治した人が集まってます。


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly







スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

Theme: 糖尿病 | Genre: 心と身体

コメント

いつも為になるブログありがとうございます

こんばんわ。
もともやしで境界型のつっとんです。
自分なりの高強度を意識した筋トレを半年近くやってますが、食事制限開始が遅く、血糖コントロールまでは早かったもののなかなか完治までには至れてません。

いつも為になるブログ拝見させて頂き、とても感謝してます。この恩は完治報告でと思い、筋トレメニューと食事制限をこなしてましたが、肩を壊し、腰と右膝の痛みまでが続き、なんとか整骨院通いして繋いでいた筋トレの情熱もいよいよ落ちて、心が折れそうなところにこのブログを拝見しました。
適当な言い訳をつけて逃げる側に回らない様になんとかしがみつきたいと思います。

追伸、
日本食って飽和脂肪酸を制限するのには、かなり最適なんですね。王城メソッドはご先祖様が整えて下さった日本の食文化に感謝すらできる本当に素晴らしいものだと思います。

いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

2017/05/14 (Sun) 03:17 | つっとん #55n5OO3s | URL | 編集
いつも拝見しています

私も、現在、標準体形(164㎝、55k)と思うのですが、治療当初は、やはり糖質制限食で、確かに体重は、5k減ったものの糖代謝機能は、糖質制限では改善しないのではと疑問に思い、色々調べていた時にこちらを見つけました。
私の場合、境界型4年、糖尿3年間放置(HbA1c6.8、糖負荷試験空腹時145、120分後238)しており昨年秋から薬(コレステロールを下げるもの)と食事制限と筋トレでHbA1c6.2、血糖値122、182に改善したものの、ブログのように即改善せず、悩んでいたところでした。
7年も、放置していたわけなので、少しでも改善しただけ良しとしなければならないのですが、最近は、HbA1c6.2、血糖値130前後でなかなか改善せず不安になります。もし、可能であれば、肥満型体形でなく放置期間が長い人にアドバイスがあれば、よろしくお願いします。一度、筋トレ直後の検査では血糖値は、89だったので効果はあるはずなのですが。本ブログでも報告ありますしね。

2017/05/14 (Sun) 23:35 | 痩せの糖尿 #rn9AgCSk | URL | 編集
改めて

今回も気合の入る記事、ありがとうございます(^^)
ワタシも長期間糖質制限&境界型長期間放置で王城さんのブログに行き着いてますから、昨年末にHba1c5.4まで下がったものの、完治には一筋縄にはいきません(^_^;)
ワタシは王城さんの書かれていた、β細胞の生死速度のこと、身体の中で「高脂肪状態」「高血糖状態」を作らない状態を、いかに長期間続けることができるかどうか、がこれからの要だと思っています。なので、自分がどんなもんをどのくらい食べたら、どのくらい血糖値があがるのか、把握して食生活を管理することはとても必要だとも思っています。

ジムのフィジーカーの兄さん達やビルダーさんの努力とストイックさに比べたら、まだまだ自分は甘い要素いっぱいだな、と痛感する今日このごろなので、逆に言うとまだまだ頑張れる要素がある、ということです。
時々挫けそうになるのが人間です。
そういう意味でも王城さんが時々、こういった記事を書いていただけるのはとても励みになるし、また頑張ろうとも思えるのは、ワタシだけじゃないんだな、と先のお二人の書き込みを見て改めて思いました。


改善じゃなく、完治。人間の身体の不思議さを自らの手で示したいですね!頑張ります!

2017/05/15 (Mon) 10:40 | domojan #- | URL | 編集

糖と結びついてしまったヘモグロビンの寿命は、3ヶ月くらいですよね。

1ヶ月で下がるのは、なぜなのか、疑問が残ります。

なぜ?

2017/05/16 (Tue) 00:35 | じゃ #- | URL | 編集
Re: いつも為になるブログありがとうございます

つっとん さん、こんちは。

日本食は、ほんとに理想的な食事だと思います。
ただ、難点を言えば、タンパク質量が足りないんですよね。

まぁ、プロテイン飲めばいいんですが(笑)

2017/05/16 (Tue) 12:24 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: いつも拝見しています

痩せの糖尿さん、こんちは。

7年放置したら7年かけて治すぐらいの心構えでないと、なかなか難しいと思います。

ただ、できることを確実にやって行けば、必ず結果は出ます。

頑張りましょう!

2017/05/16 (Tue) 12:28 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 改めて

domojan さん、こんちは。

ハードコア系のジムなんかに行くと、趣味でやってる奴が死に物狂いでやってるのに、糖尿病患者のぬるさは何なの?と、思いますよね(笑)

あんなトレーニングを見てから、糖尿サイトの「無理なくウォーキング」なんていう記事を見ると「一生血糖値計ってろ。」と思ってしまいます(笑)

2017/05/16 (Tue) 12:36 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

じゃさん、こんちは。

それはHbA1cのことをもう少し詳しく調べれば解ります。

2017/05/16 (Tue) 12:37 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: 俯瞰

トンビ さん、こんちは。

貴重な情報をありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

某糖尿病学会は、何故だか情報を出し惜しみします(笑)
米国糖尿病学会のように一般向けとPro向けに分け、すべての人が閲覧できるようにできないものでしょうか?

そして、某専門医の場合、患者の方から私の所にも相談メールが来たりします。
つっこんだ質問をしたりすると、キレられるそうです(笑)

2017/05/23 (Tue) 12:38 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する