低炭水化物高脂肪食は除脂肪体重を減少させ心機能を損なう【スウェーデンの研究】

20170701.jpg



ちはっす。

以前の記事、

糖質制限・ケトンダイエットは体重が減少しても体脂肪が減りにくいというエビデンス


におきまして、同カロリーの高炭水化物食とケトン食において、どちらが体脂肪が減るか?という、The American Journal of Clinical Nutrition に掲載された論文を紹介しました。

結果はと言いますと、高炭水化物食の方がより脂肪は減り、ケトン食の方はより除脂肪体重(脂肪以外の筋肉等)がより減った、ということです。
「糖質制限で体重が減った!」と喜んでいる馬鹿は、除脂肪体重をせっせと減らして喜んでいた訳です(笑)

この研究は、人間において行ったものですが、今回ご紹介するNutrition & Metabolism(栄養と代謝)に掲載されたスウェーデンの研究はマウスで行ったものです。
本来なら、マウスで行ったものを先に紹介して、人間のものを後で紹介した方が流れ的には良いかと思いますが、まぁ、細かいことは気にしないで下さい(笑)
人間がやろうがマウスがやろうが、結果は大して変わらないということです。

A low-carbohydrate high-fat diet decreases lean mass and impairs cardiac function in pair-fed female C57BL/6J mice


【要旨】

背景:

過剰な体脂肪は、健康上の大きな問題であり、多くの慢性疾患発症の危険因子です。
アトキンスダイエットのような低炭水化物ダイエットは、急速な体重減少のために人気がありますが、長期的な結果は未だ議論の対象となっています。
スカンジナビアの低炭水化物高脂肪(LCHF)食は、スカンジナビア諸国では10年ほどの間人気があり、炭水化物含有量は約5%と非常に低く、脂肪が豊富で、飽和脂肪酸の割合が高くなっています。
そこで我々は、スカンジナビアの低炭水化物高脂肪食と同様の栄養素組成の食事で、マウスの代謝と生理的影響を調べ、器官、組織、および代謝に及ぼす影響について調査しました。


メソッド:

メスのC57BL/6Jマウス(*1)を、標準的な飼料または低炭水化物高脂肪食で4週間、同カロリーでペアフィードしました。(*2)
我々はエコーMRIを用いて体組成を測定し、2週間、4週間前後の有酸素能力を測定しました。
心機能は、4週間前後に心エコー検査により測定しました。
代謝率は第4週目に間接熱量計により測定しました。
マウスは4週間後に屠殺し、臓器重量、トリグリセリドレベルおよび血液化学を分析し、リアルタイムPCR法を用いて、マウスの心臓、肝臓、および脂肪組織において、主要なケトン生成、代謝、ホルモンおよび炎症遺伝子の発現を測定しました。


結果:

低炭水化物高脂肪食を与えたマウスの体重の増加は対照群の増加と同様でした。
しかしながら、対照群のマウスは研究を通して体組成を維持しましたが、低炭水化物高脂肪食マウスは、開始から2週間後に除脂肪体重が減少し、脂肪量が増加しました。
低炭水化物高脂肪食は、心臓トリグリセリド含量が増加し、心機能の障害、および有酸素能力が低下し、また、遺伝子発現、及び基質代謝の顕著な変化を誘発しました。


結論:

低炭水化物高脂肪食を摂取したマウスは、すでに2週間後に除脂肪体重は減少し、体脂肪率を増加させ、4週間後には心機能が悪化しました。
これらの知見は、ヒトの健康パラメータに対する低炭水化物高脂肪食の影響を調査する緊急の必要性を強調しています。


訳者注:

(*1)C57BL/6Jマウスというのは、ヒトの疾患のモデルとして使用される実験用マウスであるC57BL/6の亜系です。(C57BL/6は全ゲノムが公開されています。)

(*2)14匹のマウスの中から体重が一致した者同士をペアにし、一方には標準的な飼料、一方には低炭水化物高脂肪食(総カロリーの75%が脂肪、20%はタンパク質、5%は炭水化物)を与えた。


以上が、おおまかな内容です。

で、細かいところを見てみると、いろいろと面白いことも解ります。
人間の研究と違って、実験終了後、屠殺して調べているので、解ることも多いようです。
人間の場合は、いくらデブだからと言って屠殺する訳には行きませんから(笑)

例えば、臓器重量の違いを見てみると、対照群に比べ低炭水化物・高脂肪食群は、心臓、肺、肝臓等の臓器重量が減っています。
除脂肪量が減る訳ですから、筋肉以外の臓器もモヤシ化していく訳です。

長期ケトン食は耐糖能が悪化し、膵β細胞は減少する


通常、体重が同程度であれば、体表面積もほぼ同程度であるので、基礎代謝の差はさほど出ないはずなのですが、低炭水化物・高脂肪食群は除脂肪量が減ってしまっているので、総カロリー消費も減ってしまっています。
(対照群が456calに対し、低炭水化物・高脂肪食群は417cal。)

「糖質制限で基礎代謝アップ!」なんてのは、夢のまた夢であることが、ご理解頂けるかと思います(笑)
まぁ、逆に言えば「燃費が良い」ということですから、糖毒系の皆さんは、とりあえず涙を拭いて、前向きに油をすすって行って欲しいと思います。

更に、4週間後の心エコー検査では、低炭水化物・高脂肪食群の心機能低下が示され、最大好気性能力も低下したそうです。

糖尿病の皆さんに関連することで言えば、Glut4の発現は、低炭水化物・高脂肪食群でより低かったそうです。
また、白色脂肪組織におけるLPL活性は対照マウスより低く、マクロファージ特異的マーカー(炎症マーカー)の遺伝子は、より高い発現を示したそうです。

更に、肝臓組織中の脂肪含量は、対照群に比べ低炭水化物・高脂肪食群では、なんと2倍も高かったそうです。
肝臓重量が減ったのに、脂肪含量が増えるという目も当てらない有様となっています(笑)

以上のことから、何が解るか?と言いますと、

糖質制限というのは、いつ何どき、如何なる場合においても、常にカロリーロスでないと全く機能しない、ということです。
糖毒油漬けで、一丁前に食い始めれば、たちまち上記のような現象が起きてしまう訳です。

とは言え、以前の記事、

正しい糖質制限とは?

で書きました様に、永久にカロリーロスを続けるなんてことは不可能ですから、いつかは拮抗点に到達します。
そうすると、徐々に上記の現象が現れ始め、ドクターもやし教祖の様に、暁現象が起き出したり、おにぎりを食べれば血糖値爆発と、耐糖能は悪化し、すい臓・β細胞の機能障害は進行して行き、ニッチもサッチも行かないポンコツに成り果てるということです。



o-Method

2型糖尿病の完治を目指す会

糖尿病の完治を目指す人と完治した人が集まってます。


MonsterFactory
モンスターファクトリー・オンラインショップ
おまえら、たまにはここで何か買って下さい。


▼記事が面白かったらクリック!つまらなかったら懲らしめのためクリック!








にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


糖尿病 ブログランキングへ



follow us in feedly







スポンサーサイト
面白かった記事はブックマークしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

No title

いつも面白い記事ありがとうございます(^_^)/

筋トレで筋肉が増加したら、内臓も比例して大きくなると言う記事を読んだ事ありますが、それが糖尿病の治る鍵なのでは?と思っておりました。

糖質制限ではやはり逆に内臓も萎むんですね、考えると恐ろしいです(^_^;)

2017/07/02 (Sun) 05:14 | 青大将 #qbIq4rIg | URL | 編集
No title

玉城様こんにちは。
脂肪が増えて筋肉が減ったとは、糖質制限者にとっては何とも言えない結果ですね。
私でさえ、炭水化物を減らせば、必然と飽和脂肪酸が増え体に悪いのは何となく分かります。

出会いは本当に大切だと思います。
私は今の糖尿専門医(筋肉とバランスの摂れた食事を奨めてます)に出会え、玉城様のブログに出会え、私なりには良い方向に向かっています。

もし、私の何も知らずに糖質制限に出会っていたら・・・・・・。
考えると恐ろしいです。
偶然にせよ、まともな方々に出会えて私は幸いです。

糖質制限者も運が悪かっただけかもしれませんね。

そう言えば、糖質制限者は、糖質制限に関する論文類は引用してないですね。
町医者やジャーナリストとかの言葉や本だけで、あそこまで信じてしまうとは・・・。

2017/07/02 (Sun) 10:24 | これが最後のコメントです #mQop/nM. | URL | 編集

いつも楽しく読ませて頂いてます。
去年境界型がわかりどうしようと思い、ネットでしらべたら、某糖質制限の医者のブログにたどり着き、整体にも通ってて、整体師から糖質制限をすれば直ぐに血糖値が下がる言われました。
周りに糖質制限を勧める人しかいないなか、こちらのブログを発見し、糖質制限をしないですみました。
ただ境界型と言われショックから、食欲がなくなり、自分では意図しない緩やかな糖質制限に1ヶ月ほどなってしまいました。

その結果hba1cは0,3下がりましたが、血糖値が以前よりたかくなってしまいました。

現在はジムに通い食事も普通に食べて完治をめざしてます。

某ドクターはもうじじぃだからどうなろうがかまいませんが、あのじじぃの本を信じて糖質制限をし、悪化してしまう将来のある若い人をみると、あのじじぃの罪は大きいと思います。

2017/07/02 (Sun) 15:43 | ゆーた #DpkuJOD. | URL | 編集
No title

冒頭の写真、夢に出てきそうです・・・

2017/07/02 (Sun) 19:28 | 城田 #cInPZIZk | URL | 編集
はじめまして

玉城様 はじめまして。
この3月に妊娠糖尿病と診断されました。
妊娠糖尿病は出産したら治ると聞いてましたが、産後1ヶ月半血糖値が高いままです。
今は境界型ですが、このまま今までの食事をしていったら糖尿病になると思います。
糖質制限をしたり、炭水化物を少なくしています。
先日糖尿病専門の病院に行って、栄養指導が入ったのですが、授乳中ということでご飯は毎食200gは食べなさいと言われ、食べて試しに血糖値を測ってみたら160になり恐ろしくなりました。
おかずもラカントを使ったり糖質を気にして作ったものだったので、普通の調理をしていたら180もしくはそれ以上になるかと思います。

図書館で調べるのが面倒なので笑、でも糖尿病を治したいと思って辿り着いたのが玉城様のブログです^^
目から鱗でした。
今すぐにでもジムに行きたいのですが、2歳と1ヶ月半の子どもがいるので行きたくても行けない状態です。
なので、主人が1ヶ月で筋肉がついたというビリーズブートキャンプを今更ながら始めてみました。
ただ、出来ても1日に30分程度です。
あとは出来る時に2リットル入りのペットボトルをダンベル代わりに使って30回ずつ筋トレしている程度です。
こんな甘い筋トレで3ヶ月で境界型から脱出しようだなんて思っていません。
時間がかかってもいいので、前のように好きな時に好きなものを食べられるという状態に持っていきたいです。
特に今授乳中で常にお腹が空いているのに、食事コントロールをしないといけないのは非常に辛いです...
このビリーズブートキャンプ30分でもいずれ筋肉がついて糖尿病が治りますか...?
ちなみに私は身長156cm、体重44kgです。
先日のHba1cは5.5でした。(この1.2ヶ月食事コントロールしています)
自己測定器では空腹時血糖値は90前後、食後2時間の血糖値は炭水化物少なめの食事コントロールをして130前後です。
食後血糖値が高いです。
何か他に良い方法があれば是非教えて頂きたいです。
どうぞよろしくお願い致します。
こちらのブログ、お気に入りに入れさせて下さい。

2017/07/03 (Mon) 15:54 | ななしゅう #- | URL | 編集

すみません、玉城様のブログをまだほんの一部しか読んでいないのですが、糖質制限をしてはいけないのですか?
私は今炭水化物少なめ他も色々と糖質制限をしています。
カロリーはほとんど気にしていないのですが...
もし間違っていたらご指摘をお願い致します。
2度連続失礼しました。

2017/07/03 (Mon) 22:12 | ななしゅう #MroTSINg | URL | 編集
ななしゅうさんへ

何度かコメントしてますが、ココでのペンネームをど忘れしてしまったので、もーさんに変更しました。
ななしゅうさん、せっかくお子さんがいらっしゃるので、お子さんを抱っこして、いわゆる「たかいたかーい」をしてみたら如何でしょう?お子さんの体重が適度な負荷になって、良い筋トレになるかと思います。
糖もたんぱく質も摂ってから、食後の運動がてら、お子さんを持ち上げてあげれば、お子さんも喜ぶし、筋トレにもなるし、糖の消費で血糖値も下げられるし、良いこと尽くしのような気がします。
とは言え、私もド素人なので、正しいのか判りませんが、糖質制限するより遥かにマシかと。

2017/07/04 (Tue) 07:54 | もーさん #- | URL | 編集
Re: No title

青大将さん、こんちは。

糖質制限で内臓が縮むというより、除脂肪量が減ってしまう様なダイエットは、全てがそうなります。
まぁ、当たり前のことなんですが。

身体全体が縮んでいるのに、内臓や骨がだけがそのままということはあり得ないですよね。

2017/07/04 (Tue) 12:18 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
ななしゅうさんへ

糖尿病の人が何故糖質制限がよくないかと言うと、糖尿病は糖質を摂取すると、血糖値が跳ね上がるのが糖尿病なのですが、糖質制限するとhba1cは下がりますが、糖質を摂ると糖質制限をするまえより、血糖値があがるようになるんですよ。
なので糖質制限で糖尿病が悪化するといわれてるんです。
それと、筋肉は糖を取り込んでくれるのですが、糖質制限すると体重が落ち、筋肉も落ちるので、糖尿病が悪化する原因になるらしいです。
なのでここで頑張ってる方たちは、糖質をとりつつ筋肉増やすため、筋トレ頑張ってるんですよ。
糖尿病の知識あまりいけど、俺の言ってること多分あたってると思います。

2017/07/04 (Tue) 12:30 | ゆーた #DpkuJOD. | URL | 編集
Re: No title

これが最後のコメントですさん、こんちは。

糖毒馬鹿というのは、何か一つでも糖質制限に有利なコホート研究なんかが出ると、「科学的に証明されました!」とか「エビデンスレベルガー!」とか言い出して、おしっこちびり始めます。

しかしながら「如何なる統計も理論の証明にはならない」なんてことは、統計学の基本中の基本、当たり前中の当たり前のことです。
その辺のブログを書いている阿呆が、これを知らないというのはまだ許せるとしても、大学で統計学の基本ぐらいは習ったはずの街医者がそんなことも知らないのは、万死に値します。

論文というのは、一つや二つ読んだぐらいでは、真実など何も解らないのです。

そして、もう一つハッキリ言えることは、糖質制限など未来永劫、理論的に証明されることはありません。
何故かと言うと、街医者如きがせいぜい頑張って論文を書いたところで、都合の良いデータを寄せ集めたコホート研究とか、症例報告程度のものしか書けないからです。
こんなものでは、何の理論の証明にもならず、せいぜい信者がおしっこちびる程度のものです。

2017/07/04 (Tue) 12:44 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ゆーた さん、こんちは。

あのじじいは、同い年の舘ひろしや、年上の矢沢栄吉の恰好良さを見習って欲しいですね(笑)

2017/07/04 (Tue) 13:27 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ななしゅうさん、こんちは。

とりあえず、

http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-category-13.html

http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-category-12.html

http://ojyokoita.blog.fc2.com/blog-category-1.html

この辺のカテゴリから、読み始めて下さい。

2017/07/04 (Tue) 13:32 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
もーさんへ

アドバイスありがとうございます。
糖質制限でもなく有酸素運動でもなく筋トレなのですね。
我が子を持ち上げて運動とは思いもつきませんでした!
やってみます。

2017/07/05 (Wed) 11:58 | ななしゅう #- | URL | 編集
ゆーたさんへ

分かりやすい説明ありがとうございます。
通りで糖質オフ食事、有酸素運動しても血糖値が下がらないのが分かった気がします。
血糖値さえ上がらなければと、つい最近までバターとクリームチーズをたっぷり使ったチーズケーキをたくさん作って食べていました。
筋トレがんばります。

2017/07/05 (Wed) 12:06 | ななしゅう #- | URL | 編集
王城さん

お返事ありがとうございます。
まずは名前を間違えてしまい大変失礼しました。
ブログを読んで一部しか読まずに焦って長々と質問してしまいました。
途中まで読んで自分の今の治し方が間違いだと気付きました。
全部読んで筋トレ頑張って治していきたいと思います。
すみません、その前にまたいくつか質問させて下さい。
ビリーズブートキャンプは筋トレになりますか?
痩せ型糖尿病予備軍は食事前の筋トレでいいでしょうか?
今まで就寝前にやっていたので...
あと、食事コントロール中、ラカントは使っても大丈夫かどうか教えて頂けないでしょうか?
何度も質問してしまいすみません。
どうぞよろしくお願いします。

2017/07/05 (Wed) 12:26 | ななしゅう #- | URL | 編集
Re: 王城さん

ななしゅうさん、こんちは。

体型とか年齢・性別に関わらず、運動は食前に行うものです。
食後にできる運動というのは、運動というよりリラクゼーションの類です。

ビリーズブートキャンプというものを私は知らないので、これはお答えのしようがありません。
すんません。

ラカントは使っても大丈夫かどうかというのも、私には解りません。
必要があるかどうか、と聞かれれば必要ないと思います。

2017/07/05 (Wed) 13:52 | 王城 恋太 #- | URL | 編集
ななしゅうさんへ

ビリーズブートキャンプは、以前に糖尿病のブログ書いてた人がやってましたよ。
食事やると血糖値がめちゃ下がるらしいです。
でもその人、最終的に筋トレオンリーになってました。
ビリーより、筋トレの方が効果あるのかもしれませんね。

大城さん含め、糖尿病克服した人達のブログ読むと、みなさん筋トレで克服してるんですよ。

後はビリーズで頑張るのか、筋トレはじめるかは、ななしゅうさんが決めることだと思います。

2017/07/05 (Wed) 21:45 | ゆーた #DpkuJOD. | URL | 編集
王城さま

お返事ありがとうございました。
今まで食後にするものだと思っていたので、さっそく切り替えます!
プロテインも購入して、ジムには今は行けないので息子を抱えて筋トレ始めました。
もやし過ぎて既に筋肉痛ですが、がんばって続けていきたいと思います。
王城さまのブログに辿りつくまでの約2ヶ月、糖質オフで有名な先生の信者になって、何回か相談までもしていました。
それはそれは今まで使ったことのない量のバターや卵を食べていましたよ...
こちらに辿りつけて本当に良かったです。
色々読んでゾッとしました。
これからも勉強させて下さい!

2017/07/08 (Sat) 06:49 | ななしゅう #- | URL | 編集
ゆーたさん

教えてくださりありがとうございます!

私には強度でも皆さまから見たら低度筋トレなので、ビリーはどうなんだろと思っていました。
血糖値下がるのならば、やはり少なからず効果はありそうですね。
ビリーと筋トレ並行しながらやってみたいと思います。

2017/07/11 (Tue) 13:14 | ななしゅう #- | URL | 編集
No title

この研究はタンパク質の量については何も言及されてませんね。
糖質を下げる分タンパク質や脂質を増やすというのは糖質制限をするときには当たり前なんですが、この論文で糖質制限を論破できたというのはいかがなものかと?

2017/07/16 (Sun) 11:29 | tousituseigennsinnja #- | URL | 編集
Re: No title

tousituseigennsinnjaさん、こんちは。

わざわざ元ソースの論文記事のリンクまで貼ってあるのに、何をトンチンカンなことを言ってんですか?

読んでないの?

あなたの場合、難しいことは考えなくていいですから、糖質制限をお勧めします。

2017/07/17 (Mon) 15:16 | 王城 恋太 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する