FC2ブログ

骨格筋に異所性脂肪が貯まるのにインスリン感受性が高い?!アスリートパラドックスとは?

ちはっす。以前の記事、わずか3日間の高脂肪食摂取で骨格筋のインスリン感受性は低下するでは、わずか3日間の高脂肪食摂取が骨格筋の異所性脂肪を増殖させ、インスリン抵抗性が始まる、というお話をしました。アスリート・パラドックスとは?そんな異所性脂肪なんですが、実は長距離ランナーのような持久運動を行っている人達にも骨格筋の異所性脂肪が多く、にも関わらず、インスリン感受性は高い、ということが古くから知られてい...

続きを読む

高強度の運動はあらゆる点で有酸素運動よりも優れている

ちはっす。糖尿病の運動療法の鉄則というのは、如何なる運動もやらないよりはやった方が効果があるですから、ウォーキングだろうが凧揚げだろうが、やらないよりはやった方が効果があります。とは言え、糖尿病の完治を目指すとなると、話は少々変わって来ます。今まで、いろいろと理論的な話をして来ましたが、至極簡単に言えば、糖尿病になったということは、今の「身体」ではダメ出しをくらったということで、完治したいなら丸っ...

続きを読む

高強度インターバル運動で高まる認知機能と脳内神経基盤の解明 【少しキツくても休み休みの運動で認知機能アップ!】

ちはっす。習慣的な運動というのは、生活習慣病予防や身体の健康のみならず、脳機能にも効果があり、認知症予防にも有効だということが近年解っています。とは言え、生き馬の目を抜くビジネス社会で生きるおっさん(おばはんも)にとって、運動時間の確保というのは、最も頭を痛める問題ではないでしょうか?もちろん、生き馬の目を抜かない世界で生きている人達も、何かと忙しいことかと思います。グータラの皆さんも「忙しい」と...

続きを読む

筋肉は使わなければ使わないほど筋肉合成能力も退化する → 高齢者が筋委縮すると、もはや元には戻らない

ちはっす。高齢者こそ筋トレをやった方が良い、いや、しなければならない、という話です。我々の身体というのは、ほとんどの器官において「使わなければ委縮する」という廃用性委縮が起こります。とりわけ筋肉や骨は、顕著にそれが現れます。例えば、1週間寝たきりだと、筋力は約20%低下します。4週間では、なんと筋力は88%低下し、5週間も寝たきりなら96%の筋力が低下します。これをリハビリで元の状態に回復しようとすると、1...

続きを読む

最近やたらジムが増えた件

ちはっす。しばらく日本へ帰っておりました。日本はどこへ行っても皆さん親切で、かえってこちらが恐縮してしまい「すいません、すいません。」と、米つきバッタの様に頭を下げっ放しで、心なしか猫背になったような気がします(笑)横断歩道を渡ろうとして待っていたら、なんと車が止まってくれるんですよ、日本は。あり得ないですよね。申し訳ないので、小走りで渡り去りましたよ(笑)スギ薬局のレジで並んでいても、横入りされ...

続きを読む