FC2ブログ

健常者と糖尿病患者の違いは何か?

ちはっす。今回は、健常者と糖尿病患者では何が違っているのか?という点について考え、何が悪くて、その違いをどう埋め合わせれば良いのか?という、糖尿病治療のヒントになるお話をしたいと思います。と、その前に、まずは「糖尿病」とは、どんな病気なのか?ということを正しく理解しておかないと、以降の話がチンプンカンプンになります。ほとんどのニューカマーの方々は、「糖尿病は高血糖になる病気」と理解していますが、こ...

続きを読む

膵臓に関しても、飽和脂肪酸の摂取が糖尿病を悪化させるというエビデンスはないと思います-はぁ?(笑)という話

ちはっす。先日、糖毒教団公式ブログを見ていたら、ドクターもやし教祖がコメント欄でアゴが外れそうになるようなことを書いていました。膵臓に関しても、飽和脂肪酸の摂取が糖尿病を悪化させるというエビデンスはないと思います。ま、いつもの「と思います。」という「だったらいいなぁ~」という話ですが、「高脂肪食や脂肪毒性がβ細胞の機能障害を惹起する」というエビデンスは、世の中に腐るほどあります。WHOや米国糖尿病学会...

続きを読む

妊婦の糖質制限で子どもが肥満、動脈硬化、高血圧に!

ちはっす。こんな記事を見つけました↓妊婦は気をつけて! 炭水化物抜きで子どもが肥満、動脈硬化、高血圧に妊婦が低栄養状態だと出生児に悪影響がある、というのは医学の常識で、多くのエビデンスがあります。とは言え、糖毒系のカルトというのは馬鹿ですから、糖質制限でも、しっかりとカロリーを摂取すれば問題ありません!(と、思われます)とか、言い出すに決まっています(笑)無論、信者は阿呆ですから、「と、思われます...

続きを読む

2018年に避けるべき最悪なセレブダイエット・トップ5に糖質制限が堂々の入賞(笑)

ちはっす。「糖質制限」という言葉は、英語ではローカーボかケトジェニックダイエットという言葉になります。「スーパー糖質制限」というのは、英語ではケトジェニックダイエットのことです。詳しくは、過去記事、スーパー糖質制限の嘘八百を参照下さい。さて今回は、英国栄養士協会(BDA)が「2018年に始めないほうが良いダイエット」を発表し、糖質制限が栄光あるそのTOP5に入賞した、というお話です(笑)2018年に避けるべき最悪...

続きを読む

47歳・親父は空腹時血糖値308 HbA1c 16.6 から4カ月で HbA1c 6.1 へ!

ちはっす。メールを頂きました。このメールが送信できる日が来る事を夢見て日々精進してまいりました!今年の8月5日に町の健康診断を受診した数日後、町の健康つくり課から直接電話が有り「健康診断について大至急お伝えしなければならない事項があるので、役場までお越しください。」と言われ、何事かと急いで役場を訪ねると「空腹血糖が308でHba1cが16.6で糖尿病と思われるので、指定の医療機関を受診して下さい。」と言われま...

続きを読む

痩せ型糖尿病の改善

ちはっす。ご質問を頂きました。9月1日から週3回ゴールドジムでパーソナルトレーナーをつけて筋トレを始めました。156cm43kgの痩せ型なので、始めは10kgのバーを持つだけでよろめいていましたが、3ヶ月後には最高50kgまで持ち上げることが出来るようになりました。スクワットも最高35kgまで出来るようになりました。筋トレと食事に気をつけ、hba1cは3ヶ月で5.5から5.0にまで下がり、もしや治ったかも?!と喜んでご褒美にブッフェ...

続きを読む

HbA1c 9.5 血糖値259から3か月後 → HbA1c 6.1 血糖値109 に改善した59歳・小デブ親父!

ちはっす。メールでご報告を頂きました。始めてメールいたします。私は今年の8月末に別の事で血液検査をしたところ、血糖値259HbA1c9.5の結果がでた59歳の小デブの男です。亡父も糖尿病でしたので以前からなんとなく予想はしていたものの、数値を見たときはいったいどうしたら良いか分かりませんでしたが、ひとまず情報を得ようとネットで検索していたところ王城さんのプログにたどり着きました。もやし教祖の糖質制...

続きを読む

インスリン注射と筋トレ

ちはっす。メールでご質問を頂きました。初めまして。糖尿病と言われました。ずっとラグビーをしていて辞めてからも食事が減らず空腹時191で14でした。そこでインシュリン注射をやるように昨日からなりました。ジムには基本朝に行くのですがやはり何も食べず筋トレをし、その後食事をするので大丈夫でしょうか?炭水化物は、何を食べればよいですか?3食取るべきでしょうか?昼、夜の食事前も筋トレを家でやったらよいですか?ブロ...

続きを読む

飽和脂肪酸による細胞の損傷を顕微鏡で観察

ちはっす。前回の記事では、脂まみれの身体が耐糖能を悪化させて行くことを説明しましたが、今回は、タイトルと同名の記事をご紹介します。飽和脂肪酸による細胞の損傷を顕微鏡で観察前回の記事はこれ↓糖質制限は、なぜ耐糖能が悪化するのか?飽和脂肪酸が実際に細胞を損傷する様を顕微鏡で観察した、という米国コロンビア大学の研究だそうです。日本語の記事なので、是非ご覧ください。脂まみれの身体というのは、耐糖能悪化のみ...

続きを読む

糖質制限は、なぜ耐糖能が悪化するのか?

ちはっす。以前の記事、糖質制限で糖尿病になる仕組みの続編と言いますか、追加みたいな記事です。前記事で説明しました通り、体内で慢性的に遊離脂肪酸濃度が上昇する環境が続くと、脂肪による慢性炎症により、膵臓のβ細胞の機能不全を惹起します。この「体内で慢性的に遊離脂肪酸濃度が上昇する環境」というのは、肥満や内臓脂肪の蓄積が原因になります。更に糖尿病になっても同じことが起きます。糖尿病になると、インスリン抵...

続きを読む

高齢者のタンパク質摂取量について

ちはっす。年を取ると、食が細くなるようです。何歳から?と言うと、これはかなり個人差があるようです。30歳を過ぎて、徐々に細くなる人もいれば、50歳を過ぎたあたりから・・・と、人それぞれです。食い意地の張ったデブには、想像がつかないことかもしれませんが(笑)高齢になれば筋肉は弱り、減って行きます。そんな時に食が細くなって行けば、益々筋肉は減り・・・と、悪循環です。そら、年取ったら死んで行く訳ですよね(笑...

続きを読む

筋肉を増やすと、なぜ糖尿病は早期改善するのか?

ちはっす。運動療法としての筋トレが糖尿病改善に効果がある、というのは、実は10数年以上も前から、米国糖尿病学会等では言われていたことです。最近では、日本でも筋トレの効果は見直されて来ています。とは言え、まだまだ「筋トレの正しい方法」が浸透している訳ではありません。筋トレというのは、筋肉を増やすために行う運動です。「筋トレやりました」→「糖尿病治りました」というほど、甘いものではありません。そもそも、...

続きを読む